【2021年9月乗車記/夕方の特急能登かがり火10号に乗る/ガチな特急だった!】北陸乗り鉄大作戦⑰

広告
広告
広告

2021年9月乗車記。681系特急能登かがり火10号に乗る。その前に七尾駅と和倉温泉駅を現地調査する。有人駅だったが(寂しい雰囲気の和倉温泉駅は2022年春から無人駅)みどりの窓口が閉鎖されみどりの券売機できっぷ販売。夕方に運行するのでホームライナー的な列車(気軽に乗れる)かと思ったが実態は指定席主体の”ガチな特急”だった

広告
広告

前回までの続きは下記リンクをクリック

【2021年9月乗車記/デッドセクション後面展望で見る】北陸本線普通列車は521系2両ワンマン列車なのに全駅全ドア開く (railway-topic-kh8000show.net)

【秘境駅なのに設備が近代的!ICカード利用可!どこにでもあるタイプの待合室?】北陸本線南今庄駅現地調査 (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/小浜線敦賀→小浜/125系3ドア車だが中央ドアが使えない?地域交通として機能】北陸乗り鉄大作戦① (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/小浜線加斗~若狭本郷間の若狭湾が見える絶景車窓!実はマジな徐行だった!】北陸乗り鉄大作戦② (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月現地調査/縦列停車が当たり前の東舞鶴駅/日本海の国防を担う舞鶴港】北陸乗り鉄大作戦③ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/北陸3県4日間乗り放題「北陸観光フリーきっぷ」の旅/新幹線から公衆電話が消えた】北陸乗り鉄大作戦④ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/681系特急しらさぎ1号米原→福井/名列車の証「列車番号1」】北陸乗り鉄大作戦⑤ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月現地調査/新幹線駅大絶賛工事中で大きく姿が変わる北陸本線福井駅】北陸乗り鉄大作戦⑥ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/えちぜん鉄道勝山永平寺線の1両の電車!のどかな車窓】北陸乗り鉄大作戦⑦ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/元飯田線119系がえちぜん鉄道でもMC7000形として元気に活躍】北陸乗り鉄大作戦⑧ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/車窓は北海道!1両だけの電車えちぜん鉄道三国芦原線に乗る】北陸乗り鉄大作戦⑨ (railway-topic-kh8000show.net)

【元々は国鉄が乗り入れていた?三国港駅/清水の舞台から飛び降りる」とはまさにこんな感じの東尋坊を現地調査】北陸乗り鉄大作戦⑩ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月北陸本線・九頭竜線越前花堂駅を現地調査/北陸新幹線が目の前で建設中】北陸乗り鉄大作戦⑪ | (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/福井鉄道F1000形FUKURAMに乗る】北陸乗り鉄大作戦⑫ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/特急らしい特急!683系4000番台特急サンダーバード13号に乗る】北陸乗り鉄大作戦⑬ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/時代の最先端を進む七尾線に乗る!信用乗車方式・4両ワンマン運転】北陸乗り鉄大作戦⑭ (railway-topic-kh8000show.net)

【七尾線の宝達駅を現地調査/2つある駅舎/何気に一線スルー配線/唯一のトンネル】北陸乗り鉄大作戦⑮ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/IRいしかわ鉄道の521系100番台が七尾線に乗り入れる!】北陸乗り鉄大作戦⑯ (railway-topic-kh8000show.net)

【日付】2021年9月21日(火)

【列車番号】141D(のと鉄道線・穴水行き)

【時刻】七尾16:20→和倉温泉16:27

【車両】のと鉄道NT204ともう1両

【列車番号】3010М(特急能登かがり火10号・金沢行き)

【時刻】和倉温泉17:30→金沢18:31

【停車駅】七尾、羽咋、宇野気、金沢

【車両】681系(N11編成・3両・元北越急行所属車・3号車自由席クハ680-2501)

★2021年9月乗車記。ホームライナー的な特急…と思いきやガチな特急だった😲特急能登かがり火10号金沢行きに乗る😆

↑2021年9月乗車記と現地調査。IRいしかわ鉄道所属七尾線用の521系100番台に乗り終点の七尾に到着😆お客は一斉に改札口に向かう😥この先はのと鉄道線に乗り換える事が出来るが、その場合も改札口を通る事になる😥

【七尾駅を簡単に現地調査する😆有人駅だが「みどりの窓口」が廃止され「みどりの券売機」設置へと転換😥】

↑七尾駅を簡単に現地調査する😆有人駅であるものの改札業務しか行わない😫元々あった「みどりの窓口」は閉鎖されてしまい、「みどりの券売機プラス」設置。これは遠隔操作できっぷ購入出来る券売機で画面上に出てくるオペレーターと話ながらきっぷを買う事が出来る😆しかし、一部のきっぷが買えない事、他駅からの利用もあるため待ち時間が長くなる傾向だ😫もちろんタッチパネルを操作してきっぷを買う事も出来る😆

↑のと鉄道線ホームへと向かう😆特に改札を行う事は無くそのまま乗る事が出来る😅「北陸観光フリーきっぷ」の効力は次の和倉温泉駅までなので、1区間だけだがのと鉄道線の車両にも乗れる😆

【和倉温泉駅を現地調査する😆賑やかな雰囲気が消えた駅になっている😞】

↑珍しく2両も連結していたのと鉄道線の普通列車であったが、どうやら七尾~和倉温泉の1区間だけは通学の高校生で混雑するのでその対応だった😅車内は高校生だらけで一般客が乗るとアウェイ感満載の雰囲気だ😫

↑16時30分発の金沢行き特急花嫁のれん4号が発車する🤩全車指定席の観光特急で車両が気動車と言うのも特徴🤩電車だと交直流電車が必要なので気動車を選択したなのだと思うが、のと鉄道線には直通せず七尾線のみの運転である🤩種車が古いので果たしていつまで活躍するのか?🙄疑問だが、「花嫁のれん」の記録(撮影)はそこそこあった方が良いだろう🤩

↑和倉温泉駅のホームは2面2線の相対式。駅舎前の1番のりばがメインで観光地らしく「歓迎看板」もある😆和倉温泉駅ホームの雰囲気だけを見ると華やかな駅のようにも見えるのだが😱

↑閉鎖された「みどりの窓口」😞「みどりの券売機」(プラスではない、2022年春以降はプラスになった模様)と七尾線・のと鉄道線の近距離乗車券を販売する券売機だけがあった😞一応有人駅であったが改札業務だけだったものの、2022年春には廃止されて無人駅となった😞温泉駅と言うと熱海駅や伊東駅と言った賑やかな雰囲気を思い描くがそれには程遠く、あくまでも街の玄関に過ぎないのは残念だ😞

【特急能登かがり火10号はホームライナー的な列車かと思ったが、実は”ガチな特急だった”🤩】

↑和倉温泉駅では特にやる事が無く待合室で待つ事に。17時15分頃から改札が始まり再びホームへ入る。17時30分発の金沢行き特急能登かがり火10号に乗る😆その乗車記である。

車両は681系の3両で2・3号車が指定席、1号車が自由席。意外にも指定席の比率が高い😲金沢~和倉温泉間しか走らないので、2号車も自由席で良いのでは?🙄と思ってしまうが、2022年春のダイヤ改正で近畿圏の特急は全て指定席になったので、これ以上自由席が増える雰囲気がないのが今のJR西日本😩「サンダーバード」でさえも自由席を1両減らしており、理由は収入アップのためと言う露骨なもの😩「北陸観光フリーきっぷ」だと自由席は乗り放題だが、指定席やグリーン車は追加料金が必要だ💸

↑和倉温泉駅から指定席に乗るお客は少ない。むしろ自由席に乗るお客の方が多かった。それでも列車全体では数える程度の人数しか集まらない😩特急能登かがり火10号の外観を一通り記録(撮影)する🤩元々は北越急行所属の車両であったが、2015年の北陸新幹線開業後はJR西日本に移籍し、主に「能登かがり火」や「しらさぎ」と言った特急が働き場所だ😆

↑1号車自由席のクハ680-2501🤩他の681系と大きく変わる事はない🤩自由席に乗ったお客も数えるほどで和倉温泉駅を発車。次の七尾駅でまとまって乗るかと思ったがそんな事も無く😩夕方の時間の特急なので通勤客の利用も見込めそうだが、それがかなり少ない😫東海道線静岡地区で走る「ホームライナー」のような要素を持った列車かと思ったが、夕方だからと言って自由席を増やすわけでも無いし、通勤客が乗るわけでも無い。それは偶然だったなのかもしれないが、少なくても「ホームライナー的な列車」とは言い難い😫

千路~羽咋

夕焼けの里山の風景を見る事が出来る時間帯だ😆交換可能駅では一線スルー配線になっている事が多いので、特に減速する事も無く高速走行する🤩金沢行きの場合は右側通行する駅も多い🤩

羽咋には17時54分~17時55分の停車。わずか2人しか自由席には乗らない😞指定席もそんなに多くのお客が乗ったような形跡がない😞空席がかなり残っている。何とも寂しい車内である😞気軽に乗れる特急とは言えず”ガチな特急”😏金持ちには関係ない話だが、そうではない大半の一般人にとってはハードルが高い列車。七尾線の特急料金は安く抑えてあるものの(B特急料金を適用)私鉄特急ほどの気軽さは無い😩

宇野気には18時11分~12分の停車であったが、同じく乗るお客は少ない😞これで空気輸送が確定😩この先は終点の金沢まで止まらない😩七尾線を通り抜けて速度が落ちたと気付くと津幡駅。しれっとIRいしかわ鉄道線に入る😅

結論から言うと、こんなにも利用が少ないため2022年春のダイヤ改正で特急能登かがり火10号は廃止となった😱代替となる列車もなく17時以降に和倉温泉駅や七尾駅から金沢方面に向かうのであれば、普通列車しか選択肢が無い😩これも利用状況によって決まった事だから仕方のないことであろう😩それにしても夕方の特急能登かがり火10号は乗るハードルが高く、気軽さが全くなく、”ガチな特急”だとは思いもせぬ事だった😩

18回目に続く(下記リンクをクリック、7月15日公開)

【2021年9月乗車記/あっという間に着いてしまう!金沢~富山だけの新幹線「つるぎ722号」に乗る】北陸乗り鉄大作戦⑱ (railway-topic-kh8000show.net)

広告
広告
広告

KH8000

ご覧くださいまして、ありがとうございます。 当ブログは鉄道・バス・ヒコーキ・船について、読者の皆様が”乗りたくなる”公共交通機関の魅力をお伝えします。 実際に私が乗った時・撮った時の感想などについて「乗車記」「撮影記」として、各地の秘境駅や注目の鉄道駅に直接訪問し現地で知り得た事を「現地調査」として、”他所よりも詳しく”、鉄道系YouTuberに負けぬほどの勢い・情報量・知識・感動体験を当ブログでお伝えします。 私はJR全路線全区間乗車(JR完乗)済みで、鉄道友の会の正会員(一応某支部の幹部・撮影会などの行事についても詳しくお伝えします)です。当ブログのフォロー(ブックマーク)は誰からも大歓迎です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。