【2021年9月乗車記/福井鉄道F1000形FUKURAMに乗る】北陸乗り鉄大作戦⑫

広告
広告
広告

2021年9月乗車記。福井鉄道福武線F1000形FUKURAMと言う新しい路面電車に乗る😆JR越前花堂駅から福鉄花堂駅に行くが道がよく分からない。やって来たF1004編成は3車体連結(つまり3両)で路面電車としては広い・長い車内だ。急行運転もありこれに乗ってみるとJR等の普通列車と全く同じような乗り心地だ

広告
広告

前回までの続きは下記リンクをクリック

【2021年9月乗車記/デッドセクション後面展望で見る】北陸本線普通列車は521系2両ワンマン列車なのに全駅全ドア開く (railway-topic-kh8000show.net)

【秘境駅なのに設備が近代的!ICカード利用可!どこにでもあるタイプの待合室?】北陸本線南今庄駅現地調査 (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/小浜線敦賀→小浜/125系3ドア車だが中央ドアが使えない?地域交通として機能】北陸乗り鉄大作戦① (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/小浜線加斗~若狭本郷間の若狭湾が見える絶景車窓!実はマジな徐行だった!】北陸乗り鉄大作戦② (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月現地調査/縦列停車が当たり前の東舞鶴駅/日本海の国防を担う舞鶴港】北陸乗り鉄大作戦③ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/北陸3県4日間乗り放題「北陸観光フリーきっぷ」の旅/新幹線から公衆電話が消えた】北陸乗り鉄大作戦④ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/681系特急しらさぎ1号米原→福井/名列車の証「列車番号1」】北陸乗り鉄大作戦⑤ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月現地調査/新幹線駅大絶賛工事中で大きく姿が変わる北陸本線福井駅】北陸乗り鉄大作戦⑥ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/えちぜん鉄道勝山永平寺線の1両の電車!のどかな車窓】北陸乗り鉄大作戦⑦ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/元飯田線119系がえちぜん鉄道でもMC7000形として元気に活躍】北陸乗り鉄大作戦⑧ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/車窓は北海道!1両だけの電車えちぜん鉄道三国芦原線に乗る】北陸乗り鉄大作戦⑨ (railway-topic-kh8000show.net)

【元々は国鉄が乗り入れていた?三国港駅/清水の舞台から飛び降りる」とはまさにこんな感じの東尋坊を現地調査】北陸乗り鉄大作戦⑩ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月北陸本線・九頭竜線越前花堂駅を現地調査/北陸新幹線が目の前で建設中】北陸乗り鉄大作戦⑪ | (railway-topic-kh8000show.net)

【日付】2021年9月21日(火)

【列車番号】不明(福井鉄道福武線の越前武生行き)

【時刻】花堂8:43→越前武生9:22

【車両】福井鉄道福武線のF1000形FUKURAM(F1004編成)

【列車番号】不明(福井鉄道福武線の急行鷲塚針原行き)

【時刻】越前武生10:12→福井城址公園10:58

【車両】同上

★2021年9月乗車記。福井鉄道福武線の3車体連結の新しい路面電車F1000形FUKURAMに乗る😆

↑2021年9月乗車記。JR北陸本線越前花堂駅と福井鉄道福武線(以下、「福鉄」または「福武線」と略)花堂駅は徒歩連絡が可能😆両路線はほぼ並走する形で、JRは駅間が長く速く到着出来るが、福鉄はこの逆である😅越前花堂駅から少し進むと踏切が見えてきた😆これが福武線のもので

↑F1000形FUKURAMが通過した😆この車両に乗りたいものの特に車両運用などわからずとりあえず近くの花堂駅へ😅

【ホームへの入り方がよくわからない花堂駅😫】

↑GoogleMapsを参考に花堂駅へ向かうが場所がわかりにくい😫挙句の果てには近くの道路から駅舎(ホーム)まで満足に通路さえ無いのにジャンプして行ってくれ(黒い点線で表現)とイライラする次第😡

↑それでも歩いて問題なさそうな公道があったので進んでみると、花堂駅の駅舎とホームが見えてきた😌

↑ここから直接ホームに入る事は出来ないらしい😫

↑資材置き場?のような空き地の所にようやくホームへ入れそうな通路を発見😩

↑やっとホームに入る事が出来た😌駅舎側のホームが田原町方面に向かうのりばで、今立っているホームが越前武生に向かうのりば…のはずだ😥

↑8時41分発の福井駅行きの電車が来た😆但しFUKURAMではなく、名鉄から移籍してきた880形と称するタイプの車両らしい😥福鉄の乗車は今回が二度目であるがFUKURAM以外の車両には乗った事が無い😥意図的にFUKURAMに乗っているという所もあるが、この880形と言われる車両の細かい特徴や出自はよくわからない😫名鉄が運営していた岐阜の600ボルト路面電車区間で使われていた車両(路線は2005年頃に廃止)…とは聞いた事がある。

【福井鉄道福武線F1000形FUKURAMで越前武生へ😆】

↑880形とすれ違うようにやって来たのがFUKURAMだった🤩

↑FUKURAMはこう見えて3両の車両を連結している🤩富山地方鉄道(旧富山ライトレール)のポートラムに代表されるような低床路面電車は2両連結(2車体)が多く、同じ富山地鉄のセントラムや万葉線のアイトラムなど全国的に広がっている。一方でFUKURAMは輸送力を確保するため3両連結(3車体)でこのタイプの車両はそう多く走っていない。地方私鉄にとっても車両費が高いので”高い買い物と地方交通の切り札”の一例として取り上げる例もある😥鉄道友の会から2014年にローレル賞も受賞している。

F1000形は4編成のみしかなく、福武線と乗り入れ先になるえちぜん鉄道三国芦原線の田原町~鷲塚針原間で運用されている。えちぜん鉄道も似たような車両を提供しておりこちらは黄色一色の「キーボ」と言われる名前で、運行時刻が固定(時刻等はえちぜん鉄道ホームページを参照)している😆

↑3車体連結とは言え1車体当たりの長さは決して長くないため、1両と言う単位で見ればかなり小ぶり😅これが3車体(つまり3両)全体で見れば「長い路面電車だな😏」と思ってしまう。基本的な座席の構造は富山地鉄等と同じくボックス席メインだ🥳

↑両開きドアでかなり広い印象😆整理券発行機の上には除菌スプレーもある😅福鉄ではICカードが導入されていない😫そのため現金支払いで乗るしかない🤑

↑後ろから車内全体を見る😆「F1004-3」と言う車両番号で、中間車は「F1004-2」、先頭車両(越前武生方)は「F1004-1」とハイフン以降は号車番号(何車体目)を示している😆これもFUKURAMのひとつの特徴だ😆

花堂~越前武生までは専用軌道を走行する😆道路のど真ん中を通る併用軌道は福井市中心部に限られる😅福鉄では「大型車」と称する一般的な鉄道車両もラッシュ時を中心に使用していたようだが、今や路面電車中心となり、線路規格が「大型車」用の車両に対応しているので、「小型車」である路面電車が使用するものとしては、ちょっと勿体無いような気がする😅富山や高岡の路面電車とは異なるバスの延長のような乗り物ではなく、駅間も長いため「しっかりとした鉄道」と言う乗り心地である😆人の流れが逆のため終始車内は10人以下であった😅

【越前武生駅を現地調査😆駅名が新幹線駅になる?🙄「たけふ新」とある意味”先祖返り”🤣】

↑越前武生駅を現地調査😆地面にへばりつくようなホーム😅これが福武線の標準的な駅で、越前武生駅も例外ではない😅「大型車」と言う車両がある際には、車両との段差が極端に大きすぎるので、旅客用ドアに梯子を付けて乗り降りさせていた逸話も残る🤣

↑花堂駅付近で見かけたF1003編成が各駅停車の田原町行きとして発車する😆ホームは3線分で1線は基本的に使わず(車両の洗車をしていた)のこり2線でやり繰りする😆それでも越前武生までくれば1時間に3本の(急行が1本、各駅停車が2本)本数となる😅

↑越前武生の時刻表。朝と夕方に本数がやや厚くなるが基本的には1時間に3本程度である😆右側は路線図で、駅名が横長になっているのは急行停車駅😆

↑完全な列車別改札であった😅発車の10分くらい前までは閉ざされた状態となる😅

↑越前武生駅の駅舎😆事務所も兼ねているらしく旅客が入れるのは1階部分だけ。待合室も完備で乗車券以外にも「福鉄グッズ」なるものも多数取り揃えていた😆

元々は「武生新」と称していたいが2010年に今の「越前武生」に改名。これがそのまま続くと思いきや、北陸新幹線の「南越」と言う仮称だった福井~敦賀間の中間駅は「越前たけふ」に決まった😲福鉄側の駅は「越前武生」のままでも問題ないが、漢字と平仮名の違いだけで読み方は同じ、しかもそう遠くない場所にあれば紛らわしい😵そこで福鉄側も駅名を変更する事になり「たけふ新」とある意味”先祖返り”する事になった🤣

【福鉄越前武生駅~JR武生駅は歩いてスグ😆】

↑越前武生から徒歩5分ほどでJR北陸本線武生駅に行く事が出来る😆この間にスーパーマーケット「平和堂」があるのでこの建物を通り過ぎればスグだ😆

↑改札口は有人だった😅ICカード用の簡易改札機があるので自動改札機は未設置。待合室などあって暇をつぶす事は出来そうな駅舎であるが、発車案内装置による時刻によれば、乗ろうとした9時58分発の金沢行き特急サンダーバード7号の表示が無い😥次は10時29分発の普通列車😰

↑運休だった😱COVID-19で利用者が減少しているための処置で、「JTB小さな時刻表」等の市販の時刻表には運休する事が書いていない😱JR西日本のホームページや各種乗り換えアプリで探せば一発でわかるのだろうが、乗り鉄諸君諸氏の多くが使うであろう「紙の時刻表」ではそこまで対応していないのは、どうしようもない😫仕方ないので越前武生駅に戻る😫

【路面電車の急行に乗る😆】

再び福鉄FUKURAMの乗車記🤣今度は越前武生10時12分発の急行鷲塚針原行きに乗る😆Yahoo!乗換案内と称するアプリで調べると、福井城址公園には10時58分、すぐに乗り換えて福井駅には11時05分頃には到着出来るという😌そうすれば福井11時36分発の金沢行き特急サンダーバード13号に間に合いそうだ😌

運賃は400円🤑その分の乗車券を買って乗る😆それにしても路面電車で急行運転するのは珍しい🤣車窓を見てみればどんどん左から右に流れてゆく速いもので、JRの列車と大して変わらないものがあった😆

福井鉄道福武線 家久駅(ホーム)
家久~サンドーム西
花堂駅(通過)
赤十字前駅
赤十字前~商工会議所(専用軌道から併用軌道に変わる)

福井市内中心部が近づけば利用者も増えて、気づけば座席も多くが埋まる😆急行運転は専用軌道区間が中心で、併用軌道区間は各駅停車で進む🙄

↑福井城址公園で下車する。福井駅方面への乗り継ぎとなるため、乗車券は運転士に見せて反対側のホームに移動する。「福井駅経由越前武生行きの各駅停車」に乗って5分もすれば福井駅に到着となった😆福鉄のFUKURAMは路面電車ながらも乗り心地はJRやえちぜん鉄道の電車とほぼ同じであった🤣これは意外と富山や高岡にはない「新しい路面電車」なのかもしれない😆

13回目に続く(6月17日公開、下記リンクをクリック)

【2021年9月乗車記/特急らしい特急!683系4000番台特急サンダーバード13号に乗る】北陸乗り鉄大作戦⑬ (railway-topic-kh8000show.net)

広告
広告
広告

KH8000

ご覧くださいまして、ありがとうございます。 当ブログは鉄道・バス・ヒコーキ・船について、読者の皆様が”乗りたくなる”公共交通機関の魅力をお伝えします。 実際に私が乗った時・撮った時の感想などについて「乗車記」「撮影記」として、各地の秘境駅や注目の鉄道駅に直接訪問し現地で知り得た事を「現地調査」として、”他所よりも詳しく”、鉄道系YouTuberに負けぬほどの勢い・情報量・知識・感動体験を当ブログでお伝えします。 私はJR全路線全区間乗車(JR完乗)済みで、鉄道友の会の正会員(一応某支部の幹部・撮影会などの行事についても詳しくお伝えします)です。当ブログのフォロー(ブックマーク)は誰からも大歓迎です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。