【2022年4月現地調査と撮影記/登り坂のホーム】中央東線韮崎駅は1面2線しかないのに折り返し運転が出来る理由とは?

広告
広告
広告

2022年4月現地調査と撮影記。JR中央東線の韮崎駅ホームは1面2線しかない。そこに甲府方面からの韮崎行きと言う列車が1日に数本あるが、なぜ折り返し運転が出来るのだろうか?その答えはホームの先に引き込み線があるためだった。有人駅ではあるがみどりの窓口は閉鎖し指定席自動券売機で対応。ホームは松本方面に向かって登り坂だった

広告
広告

【日付】2022年4月7日(木)

【場所】韮崎駅(JR中央東線・山梨県韮崎市)

★2022年4月現地調査と撮影記。登り坂のホーム😏JR中央東線韮崎駅は1面2線しかないのに折り返し運転が出来る理由とは?🤔

↑2022年4月撮影記と現地調査。時刻表を見ていると山梨県のJR中央東線は特急「あずさ」「かいじ」と言った優等列車をメインに、地域輸送を担う普通列車が1時間に1~2本程度運行されている😆「Suicaエリアが韮崎まで」と言うのは随分前の話で、今や(2022年4月時点)篠ノ井線の松本までの全駅(辰野経由を除く)がSuicaエリアになっている😆

【山梨県内における中央東線の普通列車の運行区間・本数は?🤔】

↑山梨県内におけるJR中央東線の普通列車は211系(0番台・1000番台・2000番台・3000番台、6両か3両)が主体だ😆元々は東京の東海道線や高崎線で走っていた車両を若干改造した上で、所属を長ナノ(長野総合車両センター)にしている😆長野県内のJR各線(JR東海管内の飯田線や中央西線にも1日数本乗り入れる)でも走っているが、本数的には長野県内よりも山梨県内の方が多い😆基本的な運行系統は?🤔

  • 高尾~甲府~小淵沢(この系統の本数多い、1時間に1~2本、原則6両で運転)
  • 高尾~甲府(同上)
  • 高尾~松本(1日に数本程度)
  • 甲府~松本(1時間に1本程度、3両が多い)
  • 甲府~韮崎(主に朝や夜)
  • 甲府~塩山(1時間に1本程度)

などである。本数で見てしまえば、高尾~甲府間は1時間に2本程度となる事が多い😆但し昼間は利用が減るため甲府方面から塩山までの運転も1時間に1本程度ある😆塩山行きの場合始発駅はバラバラで、松本、小淵沢、韮崎、甲府となる🙄

イレギュラーなパターンもいくつかあって、立川始発(終着)の列車があったり、長野行きの”ロングラン普通列車”も鉄道ファンの間(特に乗り鉄諸君)では有名だ😆その他は大月発着も設定されているが、これは東京からの中央線快速(E233系)が直通してくるパターンと(中には富士急行線直通もある😲)甲府方面への発着もある。甲府方面発着は意外と本数が少なくあったとしても朝や夜の一部に限られる😲私の頭の中では甲府駅から乗車する場合🤔

高尾方面は1時間に2本

松本方面は1時間に1本

と”脳内時刻表”に記憶している😆それでも例外があって昼間(主に10~16時)は塩山止まりが入る関係で勝沼ぶどう郷~高尾までは1時間に1本となる😩逆に朝や夕方は韮崎行きや小淵沢行きが追加で入って来ることが多い😆

↑上記の事はあくまでも普通列車の話で特急となると話が全く異なる😲簡単に説明すると新宿~松本間の「あずさ」が1時間に1本が基本で甲府~八王子間は原則ノンストップ😆この通過駅の穴を埋めるのが「かいじ」でこれも1時間に1本が基本😆つまり甲府~新宿間は1時間に2本特急がある事になる😇車両は原則E353系(写真)の9両か12両で全席指定😅自由席は無い😩

【2020年8月乗車記/中抜けしてE353系特急かいじ23号に乗る】鉄道友の会静岡支部乗り歩き例会「富士山をめぐる鉄道」⑤ (railway-topic-kh8000show.net)

↑詳しくはE353系特急かいじの乗車記ブログで🥺

【1面2線しかない韮崎駅のホーム😲しかも登り勾配😩】

↑話は戻って韮崎駅😅自動改札機対応で一応は有人駅であるものの、駅員がいる気配がしない😫一応列車が発車・到着する時にホームに向かって放送。乗り越し精算や諸々の対応が今の業務らしく、駅員の人数そのものも昔に比べれば少なくなったと思う🙄元々は「みどりの窓口」設置駅であったが、今や消えてしまい時刻表や臨時列車運転日の案内看板と化している😩

山梨県内の中央東線ではここ2~3年徹底的に「みどりの窓口」を閉鎖している😩特急停車駅は流石に有人駅であるが、そうではない駅は無人駅も少なくない😩

これも近年JR東日本が行っている合理化の影響で、2026年頃までに定年退職者等で社員数が約1~2万人も減るとの試算から駅員の人数は必要最小限にして、「中編成」と言われる3~6両の普通列車も車掌乗務を廃止😭公表はされていないが中央東線の普通列車もその対象で、211系が引退したら普通列車から車掌が消えるのは決定的である😱その際に車両をE131系のような新車にするのか、他線からE233系を転用改造するのか?不明だが、どちらにせよ関心事である🤔

↑きっぷは券売機で…である😅韮崎駅は特急停車駅なので指定席自動券売機が2台もあるが、いずれも「話せる」タイプでは無く自分でタッチパネル画面を見ながら操作となる😫結局はSuica等の交通系ICカードを乗車券として、特急(あずさ・かいじ)はチケットレス(えきねっとから購入)にしてくれ🤩と言うのがJR東日本の本音である。

↑韮崎駅のホームは1面2線の島式。他に線路メンテナンス用の車両を止める事が出来る線路があるものの、ここに旅客列車が入る事は無い😌決して幅が広くない島式ホームで、甲府・東京方面行きは1段低い場所にある😲中央で1段登って小淵沢・松本方面行きは1段高い場所である😲松本方を見るとホーム自体が登り坂😱甲府方はこの逆で降り坂😱

↑韮崎6時59分発の420М甲府行きは降り坂の途中で止まる😲写真からはわかりにくいが😰それにしても冬の朝日が美しい🤩何とも”映える写真”が撮れてしまったと個人的には評価している🤩

↑韮崎駅から小淵沢方面に向かう211系に乗ると、車両の前から後ろにかけて登り坂のため傾いている😲これはクルマでも言える事で、登り坂で停車した際に前側が高い位置で後ろ側が低い位置になる事と全く同じである😲国鉄時代は坂が急すぎたためスイッチバックを行っていた😲これも1970年に複線化により改称し今の形になっている😲

※この項目の写真は2021年12月5日に撮影した

【韮崎駅の松本方に謎の線路🙄引き込み線(中線)に折り返し列車が入る😲】

↑韮崎駅のホームの松本方にエレベーターを設置😌その隣に階段があるがエスカレーターは無い😩平日朝の韮崎→甲府間は意外と本数が多く10分に1本列車が来る😲これは県庁所在地の甲府へ向かう通勤通学客が多い証拠である😆逆にこれが甲府→韮崎間となれば30分に1本程度で人の流れがダイヤだけでよくわかる😂

↑韮崎駅の下り線を見ると松本方に向かって登り坂が続く😩

↑韮崎駅の上り線ホーム。パッと見では坂になっているとは見えない🤔それよりも気になったのが対応出来る両数。普通列車は6両が最大だが特急あずさは12両が最大のため松本方の12号車ともなればホームのスペースが狭くなる😅韮崎駅そのものは12両対応のホームなのだ😆

↑とりあえず行ける場所まで行ってみる😆黄色い線の内側に入り安全を確保した上での撮影記と現地調査であるのは言うまでもない😅いろんな電気的な機械が並ぶがその1つ1つがどのような役割をしているのか?よく分からない🙄

↑カメラをズームすればこんな感じ😆この写真は説明が必要だ🙄左側のトンネルは下り線(松本方面行き)が使う線路。右側の大きくカーブしている線路は上り線(東京方面行き)が使う線路。ここまでは至って普通の複線区間であるが(正確に言えば上り線側にはトンネルが無いのは大きな注目点だが)、上り線と下り線のっ中央にも線路がある😲しかも途中で分岐して下り線側から入る事も出来れば、上り線側に入る事も出来る😲

↑そこに7時54分発の530М高尾行き(211系6両)が到着😆あえて障害物を入れる構図から撮影してみたが、左隅の下り線との間にもう1本線路がある😲その線路は沈み込む(下がる)ように出来ている😲

↑530М高尾行きの後ろ2両はエスカレーター・階段付近に止まる。甲府方面に向かう列車は後ろ寄りの車両が混雑しやすい😫

↑8時02分発の427М松本行き。211系の6両。韮崎駅の登りを進みそのままトンネルに吸い込まれる😏

まだ使っていない上り線と下り線の間にある線路。韮崎止まりの列車が折り返し運転のため使うだろう🙄と思いそれが来る8時15分頃まで待ってみる。

↑8時14分着の329М韮崎行きは到着後、お客全員を下車させる😅行き先幕も「回送」に変わってしまう😅下車が完了するとドアが閉まりスグにホームから離れる😲向かった先は?🙄

↑上り線と下り線の間にある線路であった😏専門的には「中線」(ちゅうせん)と言うが、一般的には「引き込み線」という事が多いだろう。

↑少し寝たような感じ🥱で完全停車😆車内では運転士と車掌が移動しているはずだ。この先は行き止まり部分なのだ😲この引き込み線は6両までならば対応可能にも見えた🤔しかし、朝の韮崎駅上り線は列車本数が多くスグにホームに入る事が出来ない😫

↑8時18分発の424М塩山行き(211系の6両)が小淵沢方面からやって来た😆

↑引き込み線に入った211系はヘッドライトが点いた🤩これで信号さえ変われば(上り線の線路さえ空けば)韮崎駅の上りホームに入る事が可能だ😆

↑そうは甘くなかった😰この時間帯の甲府方面行き列車は3両・6両を織り交ぜながら10分に1本😲こんなに本数が多いとは初めて知ったが、行き止まり部分に入った211系N318編成はなかなか発車出来ず、8時27分発の426М塩山行き(N304編成)にも道を譲る😆

↑426塩山行き発車後、ようやく韮崎駅のホームに入る事が出来た211系1000番台N318編成😆

【中央東線の211系はオールロングシートorボックス席車両の二択😆どちらに乗れるかは時の運😏】

↑韮崎始発8時36分発326М甲府行きに乗る😆

↑真ん中の車両であるモハ210-1002はボックス席があった😆中央東線の211系はオールロングシートorボックス席の二択😏車両運用そのものは共通しているので、毎日同じ列車でボックス席に座れるとは限らない😰まさに「時の運」である😰私の中ではボックス席の車両が来る事は最初から諦めているので、中央東線の211系=オールロングシートと言う覚悟がかなり昔から出来ている😏

途中の竜王駅で下車するためロングシート(連結部付近)に座る。JR東海の「ゆっくり発車」に慣れ過ぎているためか😰JR東日本の「スグ発車」にはまいった😵

つまり車掌が乗務する列車では、ドアを閉めたら車掌が発車を指示する合図(ブザー)を鳴らすように…と国交省の規則で決まっているが、JR東日本の電車だけはそれを無視した形で、車掌がドアを閉めて全てのドアが閉まると点灯するランプが点けば=発車して良いとみなして、スグに発車する😵しかもいきなり力行(アクセル)マスコンを5段全開で入れてしまうので(クルマで言えば急発進に等しい)、モーター直下の連結部分では衝撃とも言える揺れもある😵ある意味JR東海の「ゆっくり発車」に”平和ボケ”していた事に気付かされた😂

【まとめ】

  • 韮崎駅のホーム自体が登り坂。松本方面に向かっては登り、甲府方面に向かっては降る事になる
  • 1面2線ホームの韮崎駅で折り返し運転が出来る理由は、ホームの松本方に引き込み線があり、ここに入って向きを変えれば甲府方面に戻れるため
  • 韮崎駅の朝の甲府方面列車は10分に1本と意外に本数が多い
  • 韮崎駅自体は有人駅だが、「みどりの窓口」が閉鎖されたため、特急のきっぷであっても「指定席自動券売機」で買う事になる。乗車券はSuica等交通系ICカードを使う事が前提

次回に続く(下記リンクをクリック、5月9日公開)

【貨物列車の基礎知識/タンク車(タキ)の入替に名無しのディーゼル機関車が活躍!】山梨県唯一の貨物駅・竜王駅を現地調査① (railway-topic-kh8000show.net)

広告
広告
広告

KH8000

ご覧くださいまして、ありがとうございます。 当ブログは鉄道・バス・ヒコーキ・船について、読者の皆様が”乗りたくなる”公共交通機関の魅力をお伝えします。 実際に私が乗った時・撮った時の感想などについて「乗車記」「撮影記」として、各地の秘境駅や注目の鉄道駅に直接訪問し現地で知り得た事を「現地調査」として、”他所よりも詳しく”、鉄道系YouTuberに負けぬほどの勢い・情報量・知識・感動体験を当ブログでお伝えします。 私はJR全路線全区間乗車(JR完乗)済みで、鉄道友の会の正会員(一応某支部の幹部・撮影会などの行事についても詳しくお伝えします)です。当ブログのフォロー(ブックマーク)は誰からも大歓迎です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。