【2022年1月乗車記/世界初の乗り物!バスと鉄道が1台で両方乗れる!】阿佐海岸鉄道DMVに乗る④

広告
広告
広告

2022年1月乗車記。阿佐海岸鉄道DMVに乗る!世界初の乗り物!バスと鉄道が1台で両方乗れる!阿波海南文化村→道の駅宍喰温泉までの乗車。車内はフツーのマイクロバス。道路を走行するためシートベルト着用が必須。阿波海南駅のモードインターチェンジでバス~鉄道に変わる時は阿波踊りの曲が車内で流れる。線路走行中は車輪から振動が伝わる独特の乗り心地。甲浦駅では鉄道~バスに戻るが急勾配急曲線で一気に道路へ

広告
広告

牟岐線・阿佐海岸鉄道の過去の乗車記は下記リンクをクリック

【2019年12月乗車記/JR四国で完乗が難しい?牟岐線徳島→中田/国鉄最短路線小松島線の廃線跡を】JR完乗を目指せ!⑦ (railway-topic-kh8000show.net)

【2019年12月乗車記/海は見えず四国の奥地へ向かう?牟岐線4551D南小松島→海部】JR完乗を目指せ!⑧ (railway-topic-kh8000show.net)

【2019年12月乗車記/DMVが牟岐線を走る?海部駅で接続する阿佐海岸鉄道に乗る】JR完乗を目指せ!⑨ (railway-topic-kh8000show.net)

阿佐海岸鉄道DMVの乗車記・撮影記の前回までの内容は下記リンクをクリック

【2022年1月乗車記/徳島~阿波海南間のJR牟岐線もセットで付いて来る】阿佐海岸鉄道DMVに乗る① (railway-topic-kh8000show.net)

【2022年1月現地調査/鉄道~バスに変わる阿波海南駅のモードインターチェンジとは?】阿佐海岸鉄道DMVに乗る② (railway-topic-kh8000show.net)

【2022年1月現地調査/阿波海南駅でバス~鉄道に変わるシーンを記録(撮影・見学)する】阿佐海岸鉄道DMVに乗る③ (railway-topic-kh8000show.net)

阿佐海岸鉄道のDMVの説明については下記リンクをクリック

阿佐鉄パンフのコピー (asatetu.com)

阿佐海岸鉄道DMV93形気動車 – Wikipedia

【日付】2022年1月7日(金)

【便名】119便の道の駅宍喰温泉行き

【時刻】阿波海南文化村14:02→道の駅宍喰温泉14:37

【車両】DMV931号車(青)

【運賃】800円(事前に「発車オーライネット」でクレジットカード決済が必要)

★2022年1月乗車記。世界初😍レールと道路の両方を走る事が出来る夢の乗り物🤩阿佐海岸鉄道DMVに全区間乗る😆

↑2022年1月乗車記と撮影記と現地調査。前回までは(上記リンクをクリック)阿佐海岸鉄道のDMV車両を間近で見学したり、阿波海南駅のモードインターチェンジでバス~鉄道に変わる所を見た。今度はいよいよ阿佐海岸鉄道DMVに乗る😆始発駅が阿波海南駅の1キロ手前の阿波海南文化村と言う所なので歩いて向かう😅

【阿波海南駅から阿波海南文化村へ歩いて向かう😅】

↑GoogleMapsによれば阿波海南文化村まで歩いて約1キロ15分であった😅経路的には単純で阿波海南駅前を通る国道55号を道なりに進む😆

↑盛土の上を走る牟岐線の線路😆この付近はJR四国の管理である。阿佐海岸鉄道は国道55号をバスとして走る区間だ😅

↑交差点が見えて来る🙄「この辺を曲がるのかな?」と思っていると正解だった😆

↑コンビニ(ローソン)まで行くと実は多少行き過ぎだった😥少し戻って曲がる事になる😥それにしてもコンビニはローソンが多く阿波海南駅前にもあるし、この店ともう1つこの近所にも別にあるらしい🙄

↑これでもか!🥳と言うくらい「世界初が走る町」と言うDMVを宣伝するノボリが立っている🥳

↑阿波海南文化村に到着😆この区間はバスによる運行のためDMVのりばは「バス停」と言う形だ😳

↑「世界初」が走る町。DMV運行開始を祝う横断幕🥳一部違うとの指摘もあるようだが、道路と線路の両方を走り旅客営業する乗り物は阿佐海岸鉄道DMVが世界で初めてとされる🥳その辺細かい事に文句を言うつもりはないが、それにしても「世界初」と言うキャッチコピーと言うかパワーワードが強烈過ぎる🤩これは乗り鉄(鉄道ファン)としても乗りたくてたまらないだろう🥳

↑阿波海南文化村は地元の歴史や文化を知る事が出来る施設らしい🙄飲食店や土産物店もあるが営業時間は11時~14時と昼間限定😅近くには大きな病院もあるのでDMVと言う公共交通機関が発着する場所としては最適だ😆

【阿佐海岸鉄道DMVが路線バスとして阿波海南文化村に来る🥳】

↑阿波海南文化村のDMVの駅にある飲料水の自販機はDMVデザイン🥳中身はコカ・コーラのようだ。

↑阿波海南文化村に阿佐海岸鉄道DMVがバスとして到着🥳

↑阿波海南文化村に到着したDMV931号車は、まずお客を降ろす。数人がここまでの利用であった。鉄道のように車内整備等は一切なく、下車が済み次第折り返し便として乗る事が出来る😆

この際に「発車オーライネット」で予約した内容をDMVのりばに居る地元ボランティア?(要は改札係)に「乗る便名、下車する駅(バス停)、予約した時の氏名」を告げる。この時は偶然運転士が不在だったため(ちょっとした休憩中だったらしい)このような対応であったが、基本的には運転士とのやり取りになるようだ。利用状況を知るには専用のタブレット端末で確認出来るようだ🙄

【阿佐海岸鉄道DMVの車内は至ってフツーのマイクロバス😑】

DMVは至ってフツーのマイクロバスの車内🥳😂決して広くて快適な車内とは言い難い😫進行方向に向かい右側が2人掛け、左側が1人掛けの座席だ。一般的な路線バスとしても多くのバス会社が導入している「いすゞエルガ」の車内と比べてしまえば”窮屈”である😫

2人掛けの座席に荷物でも置こうものならば、それだけでも圧迫感がある😒もちろん荷物棚は頭上に設置されていない😫足を広く伸ばす事も出来ず、座席もリクライニングしない😫要するにフツーのマイクロバスとDMVは全く同じ車内なのだ😫

↑DMV931号車の運転席を見る😆運転士は右側の専用ドアから乗り降りする😲お客は運転席手前の折り戸ドアの所から乗り降りするので、全く場所が違う。DMVをバスベース乗り物と考えた時、やはりマイクロバスと同じような作りである。

阿佐海岸鉄道DMVは原則事前予約が必要であるがそれは「遠方から来たお客」に対して。地元の利用者も当然居るので、地元客用に5席分は実質的な”飛び込み客用”である😲それでも空席が発生すれば、「遠方から来たお客」も事前予約なしで乗る事が出来る😲そのため整理券発行機が設置されている😲なお、ICOCA等の交通系ICカードは使えない😫

阿佐海岸鉄道の運賃支払いは独特な仕組みをしていると鉄道時代(上記ブログをクリック)にも記したが、DMVになってからも基本は変わっていないらしい。お客は乗車するバス停(駅)で整理券を受け取り、下車するバス停(駅)で運転士に直接運賃を支払う🤑ちゃんとした電気で動く運賃箱はなく、枡形のアクリル板で出来た簡易な運賃箱に投入する形。そのため車内では両替する事が出来ないらしい🙄阿佐海岸鉄道DMVに乗る際にはお釣りが出ないように小銭の用意が必要だ🤑

運転席は右側にある。これは道路を走るためで日本では当たり前の事。鉄道モードになっても同じで「右ハンドルの鉄道」は阿佐海岸鉄道だけではなかろうか?🙄マイクロバスだと運転席の隣に助手席があって座席を設けている事も多いが、阿佐海岸鉄道DMVにはそれが無い😫助手席部分はDMVになった事によりいろんな機械を搭載しないとならなくなり、それを置く場所に転用された😅そのため運転席は「1つの個室」のようになっている😲COVID-19の対策でアクリル板が設置されているのももはや当たり前のような感じで、COVID-19と言う疫病が消えてもそのままのような感じがする🙄つまり、運転席と客席を分離する目的のものではなかろうか🙄

↑DMVの運転席😲マイクロバスをベースにした作りだが、やはりDMVにした事により、路線バスで必要な機器、鉄道で必要な機器も搭載😲「機械室」と化している😂道路を走行する時の方法は基本的なバス(クルマ)と変わらず、足元のペダルで前進・制動等の操作を行い、ハンドルで曲がる。これが鉄道になるとギアレバーが鉄道で言うマスコン代わりになり、この調整で速度を速めたり制動操作を行うようだ😲ギアレバーは道路走行中は「D」(ドライブ)設定で、停車中は「P」(パーキング)になっているだろうから、バス(クルマ)としてのDMVはオートマチック車のようだ🙄

【バスとして阿波海南文化村を発車するDMV🥳】

↑ここからは乗車記である。阿佐海岸鉄道DMVは阿波海南文化村~阿波海南駅の間はバスとして走行する。そのためバスのルール(道路交通法や道路運送車両法等)が適用😅車内には路線バスでお馴染みの「お願い」と記された表示もあった😲つまりDMVはバスでもあり、鉄道でもあるという1つで2つの乗り物なのだ🥳

シートベルトを着用してください

阿佐海岸鉄道DMV車内の案内

道路を走行するため、お客にもシートベルト着用が求められる😅鉄道区間(阿波海南~甲浦)は法律上はシートベルト着用義務は本来無いのであるが、阿佐海岸鉄道DMVでは安全のため鉄道区間でもシートベルト着用が推奨されていた😌

↑液晶画面による案内は何でも行う事が出来る😆一般的な運賃表はもちろん、徳島県・高知県の観光案内、DMVの案内等が表示。これは液晶画面による案内だからこそ出来るもので、一昔前までの3色LEDでは文字情報だけのものとはお客に与えるインパクトも違う😆

阿波海南文化村からは私をのみ3人が乗車した。😲阿佐海岸鉄道DMVの運賃は100円単位で分かりやすい😆

【阿波海南駅でバス~鉄道へモードチェンジする😆車内では?🙄】

↑阿波海南駅で3人乗る。2人が事前予約で、残り1人が予約なしの”お遍路さん”だった😲この後DMVはモードインターチェンジに進む

阿佐海岸鉄道 DMV931号車 阿波海南駅でバス~鉄道にモードチェンジする

モードインターチェンジの役割や外観については前回以前のブログ(上記リンクをクリック)に譲るが車内では「モードチェンジ」と称する”儀式”が行われている感じがしなかった😲スムーズにタイヤ→車輪に切り替えが出来ている証拠だ😆最前列に座っていたので「ウィーン」と言う機械的な音と言うか振動を感じる事はあった😅このモードチェンジと言う”儀式”は15秒ほどで終わるのだが、車内では🙄

ただいまからモードチェンジを行います。スタート!~♪阿波踊りの音楽~フィニッシュ!

DMVがモードチェンジを行っている間に流れた車内放送

「モードチェンジ」と言う”儀式”をどうやら「阿波踊りの音楽」で誤魔化しているらしい😂

この間15秒ほどであるが、運転士は乗ったまま🙄ボタン操作を1つか2つやるだけで完了するようだ😲その後は車輪がちゃんとレールと接合しているか確認する必要があるため、一旦下車して外周点検。特に問題なければ鉄道として発車する流れだ。今度はギアがマスコンに変わるのだ😲

【鉄道として走る阿佐海岸鉄道DMVと車内から見た景色🥳】

↑阿波海南駅を発車🥳鉄道としてDMVが走り始めた🥳まさにレールの上をマイクロバス車体の鉄道車両が進んでいるのだ🥳

↑阿波海南~海部間の高架線を走る阿佐海岸鉄道DMV🥳

↑海部駅に到着😆元々は2面2線のホームで1面1線ずつをJR四国と阿佐海岸鉄道が使っていた。画像左側が前者で同右側が後者ののりばであったが、DMVになってからは海部駅自体が棒線化😲前者のホームと線路だけを使うようになり、後者のホームには不要となった鉄道時代の気動車が止まっていた😲DMVになったため気動車を営業運行する事が出来ずそのままになっている😞数社が中古車として欲しいと名乗りを挙げているらしいが🙄

↑発車時の液晶画面による案内😆あくまでもバスの発車である🤣

↑海部駅を発車すると鉄道時代のホームが大きい事に気付く😲DMVになってからは専用ののりば・おりばを設置したため、この部分でDMVの乗り降りは出来ないが、撮影等で立ち入りする事は可能のようだ😆「やはりDMVは小さな乗り物」そんな印象を与えてくれた😅

↑海部駅を発車すると長いトンネル😲もちろん車輪により前に進む。独特な乗り心地で「レールの上を全て進む」ような感じだ😆DMVは決して速い乗り物ではなく、私の体感的に40~50㎞/hであった。トンネル内は他の鉄道用トンネルと同様「真っ暗」😰DMVのヘッドライトが頼りになる😥

↑DMVとして乗る阿佐海岸鉄道阿佐東線は車窓や見え方が大きく変わるわけではない😲変わるとしたら鉄道時代のホームとの高さの違い程度だろう。

↑宍喰駅に到着。阿佐海岸鉄道の本社がある駅だ。特に乗り降りするお客もおらず発車する。

↑宍喰駅を発車すると信号場らしき場所に車庫😲ここでも鉄道時代に走っていた車両が止まっていた😲

↑やはりトンネルが長く続く😅車窓が楽しめるのは一瞬だけでトンネルがメインの鉄道だ😆海から離れた場所にあるので、南海トラフ巨大地震で懸念される津波のリスクも確かに低い😌ここで旅客輸送を継続するためには、海沿いの国道よりも山の中の鉄道の方が無難と言う事がわかる😆

【甲浦駅で鉄道~バスにモードチェンジする😆】

↑甲浦駅に到着😆鉄道モードとして走行するのはここまで😥DMVとホームの間には大きな段差があるため乗り降りする事が出来ない😫ホームの端まで進み一旦DMVは止まる🙄どうやらここでモードチェンジするようだ。つまり車輪を収納しタイヤをここで出し入れする😲

↑DMVの車体が下がる😆これで鉄道からバスへモードチェンジする😆つまり、阿波海南駅の逆の事をやる事になる。車内ではやはり「阿波踊りの音楽」が流れていた😂甲浦駅の高架線にある元鉄道ホームからはバスとして走行するのであるが、なぜ地上でモードチェンジしないのか?🙄

↑急な坂をDMVが進む😲

↑元々駅舎として使っていた建物。DMVになって待合室になったらしい🙄甲浦駅モードインターチェンジは時計のある部分の高架線にあるのだ。急勾配急曲線の高架線は車輪走行(つまり普通鉄道)では無理な線形でそれは、ゴムタイヤによるバスによる出番だ😲

地上にモードインターチェンジを作る事も出来るのだろうが、車輪を出した状態で元々からある高架線のレール部分まで急勾配を登る・降りる事が出来るか?と考えてみると疑問だ🙄‰換算すれば30前後は平気であるだろうから、これは流石に技術上無理なのではないか?🙄DMVが鉄道として走行出来る条件の一つとして「比較的平坦で曲線が緩い」事なのであろう🙄

【再びバスとして甲浦駅~道の駅宍喰温泉まで走る阿佐海岸鉄道DMV😆】

阿佐海岸鉄道 DMV931号車 甲浦駅~海の駅東洋町(バスで走行)

↑甲浦駅からは再びバスとして走行する😆鉄道乗車としては阿波海南~甲浦間だけ十分であるが、運行区間全てに乗っておく😆地理関係がよくわからなかったが、甲浦駅から見ると海の駅東洋町、道の駅宍喰温泉は、阿波海南方面へ戻る事になる😲そのため土日祝日だけ運転の室戸岬行きが経由地として未設定なのも納得であった。経路的には国道55号線を道なりに進む。意外とバスとしての乗車時間は長くない😲甲浦駅から10分足らずで終着だ。

↑終着の道の駅宍喰温泉に到着😆私と同じ考えの人もいるようで、全区間乗車して1往復と言う人が折り返し便に乗るのだった😆ここでもボランティア?と思われる地元の人が乗車の確認や案内業務を行っている。「手探り」でDMVと言う乗り物を運転開始したという印象だ。

★まとめ~今後のDMVはどうなるのか?🙄

阿佐海岸鉄道DMV乗車記としては以上の通りであるが、他にも閉塞(信号システム)の確保が興味深く「DMVの運転面」では他にも知りたい事が次々と出て来た😆今後もDMV自体は乗るだろうから、DMVの仕組みや特徴をもっと勉強してから改めて乗ると、別の視点で乗車記を書く事が出来るのでは?とも思った。

DMVは地域交通の切り札とも言われる事があるが、元々の輸送密度(平均乗車人数)が低い路線に適した乗り物に見えた。阿佐海岸鉄道の鉄道時代の輸送密度が150人前後だったので、21名乗りのDMV(マイクロバス)2台で続行運転すれば、ある程度の需要を賄う事が出来る😆あくまでも計算上は😅

今後は「いすゞエルガ」や「三菱エアロエース」と言った大型バスタイプのDMVの登場も期待したくなるが、それは今後の技術開発だったり、そもそもそれが必要な客数が居るのか?と言った需要がカギを握る。

この日は金曜日だったので客数が少なかったが、それでも私が見た限りは10名に達する便がなかった😞「地域の足」としては”そんなもの”なのかもしれないが、国道55号のクルマの台数を見れば典型的な「クルマ社会」と言う事がわかる。結局は「世界初」とか「DMV」を”見せ物”とするのではなく、「地元の人」に乗ってもらわないと意味がない。「地元の人の足」としてちゃんと機能しないと、今度は阿佐海岸鉄道存廃問題になりかねない。

DMVの寿命は15~20年程度であろう。種車のマイクロバスがそれくらいの寿命だから。阿佐海岸鉄道もそれくらいは走ってほしいと考えているが、1台導入するだけでも決して安い金額ではない。中古の鉄道車両を導入する事さえ出来ない会社も多い中で、将来的に今のDMVの置き換えと考えた時に、新型にする事が出来るのか?と言った将来的な事も気になる。

DMVが欲しい地方路線は探せば他にもたくさんあると思うが、今後DMVそのものが全国でどれだけ拡大するのか?大いに注目だ。初期費用が非常に高いとされるが、公共交通機関をバス一本化にするのか+鉄道を加えるのか?🙄それはその路線に置かれた地元のニーズが最終的な決め手になるのではないかと思う。

広告
広告
広告

KH8000

ご覧くださいまして、ありがとうございます。 当ブログは鉄道・バス・ヒコーキ・船について、読者の皆様が”乗りたくなる”公共交通機関の魅力をお伝えします。 実際に私が乗った時・撮った時の感想などについて「乗車記」「撮影記」として、各地の秘境駅や注目の鉄道駅に直接訪問し現地で知り得た事を「現地調査」として、”他所よりも詳しく”、鉄道系YouTuberに負けぬほどの勢い・情報量・知識・感動体験を当ブログでお伝えします。 私はJR全路線全区間乗車(JR完乗)済みで、鉄道友の会の正会員(一応某支部の幹部・撮影会などの行事についても詳しくお伝えします)です。当ブログのフォロー(ブックマーク)は誰からも大歓迎です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。