【2021年11月乗車記/自動改札機が使えない!乗り越し精算方法は?】近鉄80000系ひのとりブルーリボン賞受賞記念乗車券で近鉄電車に乗る

広告
広告
広告

2021年11月乗車記。近鉄80000系ひのとり「ブルーリボン賞受賞記念乗車券」で近鉄電車に乗る。近鉄線が1,000円有効なきっぷで自動改札機が使えない。桑名駅で養老鉄道から乗り換えると乗り換え改札口は自動改札機しか無く有人改札口(有人通路)がない!そこにあったのはまさかのあの機械だった!今回の乗車は桑名→東青山間としたが運賃は1,090円で90円不足。乗り越し精算の場合追加料金は何円払えば良いのか?「伊勢中川発東青山行き」と言う”謎の列車”に乗る

広告
広告

鉄道友の会が毎年最優秀新型車両に称える「ブルーリボン賞」、優秀新型車両に称える「ローレル賞」とは?🤔と気になった方は、下記のブログ記事で詳しく説明したのでクリック↓

【詳しく説明!過去の受賞車両は?】鉄道友の会が毎年贈る「ブルーリボン賞」「ローレル賞」とは一体何なのか? (railway-topic-kh8000show.net)

2021年ブルーリボン賞・ローレル賞の結果については下記ブログで詳しく説明したのでクリック↓

【近鉄80000系・JR東日本E261系・JR東海N700S】鉄道友の会が贈る2021年ブルーリボン賞・ローレル賞が決定 (railway-topic-kh8000show.net)

2020年11月開催の鉄道友の会主催例会・近鉄80000系ひのとり8両営業運転開始前の乗車・撮影会については下記ブログで詳しく説明したのでクリック↓

【2020年11月乗車記と乗り鉄/まずは名鉄特急パノラマSuper”後面展望”で名古屋へ送り込み】鉄道友の会主催例会「近鉄特急ひのとり80000系8両営業開始前の乗車・撮影会」①

【近鉄名古屋駅で道に迷う/名古屋~伊勢中川間は自由行動に】鉄道友の会主催例会「近鉄特急ひのとり80000系8両営業開始前の乗車・撮影会」②

【2020年11月乗車記と乗り鉄/近鉄特急伊勢志摩ライナー7015列車・名古屋→伊勢中川DXカーに乗る】鉄道友の会主催例会「近鉄特急ひのとり80000系8両営業開始前の乗車・撮影会」③

【2020年11月乗車記と乗り鉄/東青山駅で「ひのとり」同士がすれ違う!大阪線の急行で伊勢中川→青山町】鉄道友の会主催例会「近鉄特急ひのとり80000系8両営業開始前の乗車・撮影会」④

【青山町車庫でひのとり8両撮影会に参加!80000系となった理由は?】「近鉄特急ひのとり80000系8両営業開始前の乗車・撮影会」⑤

【2020年11月乗車記と乗り鉄/レギュラーシート(普通車)に乗って細かくチェックする】「近鉄特急ひのとり80000系8両営業開始前の乗車・撮影会」⑥

【2020年11月乗車記/鉄道友の会主催例会・プレミアムシートは最高級の乗り心地を実現!】「近鉄特急ひのとり80000系8両営業開始前の乗車・撮影会」⑦ (railway-topic-kh8000show.net)

「2021年11月の鉄道友の会主催例会・近鉄80000系ひのとりブルーリボン賞受賞記念乗車・撮影会に参加」の前回までの記事は下記をクリック

【2021年11月乗車記/ローレル賞受賞!新幹線N700Supremeで名古屋へ】鉄道友の会主催例会・近鉄80000系電車「ひのとり」ブルーリボン賞受賞記念の乗車・撮影会に参加① (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年11月乗車記/1979年ブルーリボン受賞!名古屋→青山町・近鉄30000系ビスタカー貸切列車に乗る!】鉄道友の会主催例会・近鉄80000系電車「ひのとり」ブルーリボン賞受賞記念の乗車・撮影会に参加② (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年11月撮影記/青山町車庫で80000系ひのとり・21020系アーバンライナーnext・30000系ビスタカーの3車両を揃えた撮影会】鉄道友の会主催例会・近鉄80000系電車「ひのとり」ブルーリボン賞受賞記念の乗車・撮影会に参加③ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年11月乗車記/青山町→名古屋/近鉄特急ひのとり貸切列車に乗る!】鉄道友の会主催例会・近鉄80000系電車「ひのとり」ブルーリボン賞受賞記念の乗車・撮影会に参加④ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年11月乗車記/元東急7700系と元近鉄620系どれが新しい車両かよくわからない】養老鉄道線(大垣→桑名)に乗る (railway-topic-kh8000show.net)

↑前回までの関連した乗車記・撮影記は上記リンクをクリック

★2021年11月乗車記。「近鉄80000系ひのとりブルーリボン賞受賞記念乗車券」を使い近鉄電車に乗る😆

↑2021年11月乗車記。近畿日本鉄道(近鉄)80000系「ひのとり」が2021年に鉄道友の会から最優秀新型車両の称号「ブルーリボン賞」を受賞🥳式典は2021年11月6日に大阪上本町駅で執り行われた🥳近鉄はブルーリボン賞受賞を記念し、同日から2022年3月31日までの間「記念乗車券」を発売🥳

【近鉄80000系ひのとりブルーリボン賞受賞記念乗車券とは?🤔】

↑これが「近鉄80000系ひのとりブルーリボン賞受賞記念乗車券」🥳”小さい紙の切れ端”である😅「記念乗車券」そのものは「80000系ひのとり」+「過去にブルーリボン賞を受賞した車両」の2タイプが1セットになって2,000円で発売🥳私は鉄道友の会主催の撮影会(詳しくは上記リンクをクリック)の際に近鉄から頂戴した「お土産」の中に入っていた😆「80000系ひのとり」のモノは切り離さず「永久保存」として、「過去にブルーリボン賞を受賞した車両」の方は切り離して使う事にした😆

”小さい紙の切れ端”なので効力があるか疑問に思う所もあったが、結果から言って当然有効な乗車券であった😆「記念乗車券」の効力は「近鉄線1,000円分区間の乗車券」として使える😆近鉄線の場合、乗車駅から65キロ先までが1,000円以内の運賃だ😆66キロ以上は1,000円以上になってしまうが、乗りこした分は不足分を追加するだけで良い(詳細は後術)。あくまでも「乗車券」なのでこれを「特急券」として代用する事は出来ない😫近鉄特急に乗車したい場合は別途特急券を現金等で支払う事になる🤑

【「近鉄80000系ブルーリボン賞受賞記念乗車券」は自動改札機が使えない😫有人通路を通れば良いが、桑名駅の養老鉄道との連絡改札口には有人通路が無い😥】

【乗車日】2021年11月7日(日)

【列車番号】1031列車(五十鈴川行き急行)

【時刻】桑名10時22分→伊勢中川11時18分

【停車駅】富田、四日市、塩浜、伊勢若松、白子、江戸橋~伊勢中川までの各駅、松阪、伊勢市、宇治山田、五十鈴川

【車両】2610系(4両・L/Cカー)+1201系(2両・ロングシート)

↑2021年11月乗車記の養老鉄道編(詳しくは上記リンクをクリック)の続き😆

桑名に10時18分着の列車で到着😆10時22分発の近鉄名古屋線の五十鈴川行き急行に乗り換える😆養老鉄道線は元々近鉄の路線でそういう「歴史的な経緯」により近鉄線とホームが隣り合っている😆しかし、運賃体系・運行形態は大幅に異なるためバリケードで遮られている。当然「乗り換え改札」が存在し、これを通れば近鉄線にダイレクトに乗り換えが出来る😆

↑桑名駅の乗り換え改札口は撮影していなかったので、他社の同様のもので代用😅これは南海電車の和歌山市駅。南海線からJR和歌山行き列車に乗り換えるにも「乗り換え改札口」がある😆実はこれと全く同じものが桑名駅の養老鉄道線~近鉄線の乗り換え改札口にあった😲

まず養老鉄道の駅員に大垣~桑名間の自社線の紙のきっぷを渡す。それはそれで終了なのであるが、「記念乗車券」を見せてこれで近鉄線に乗りたいと言うと、そもそもこの「記念乗車券」が有効なきっぷなのか?わかっていない模様😥そもそも「記念乗車券」は自動改札機が使えない😫😱

桑名駅の乗り換え改札口には有人通路が無い😥他社という事もあるが、前日から利用可能になった”新商品”であまり知名度が無い事もあって「わかりません」と言わんばかりであった😥「どうすればええんや?🤔」と言う話になるが、乗り換え改札口の前にインターフォンがあった😲「これで質問してくれ」との事😰

このインターフォンには記載台とマイク・ボタンがあった😲これは最近各社で拡大している機械と同じで社によって名称は異なるが、JR西日本で言う「改札口コールシステム」だった😲これが近鉄にもあるとは知らなかった😅記載台はカメラになっているので、そこに「記念乗車券」を置きインターフォンを押す😰

私→「昨日(2021年11月6日)から使えるブルーリボン賞記念乗車券で乗車したいのですが?」

インターフォンの声(どこかの駅の駅員)→「どちらまで行かれます?」

私→「(伊勢)中川まで」

インターフォン→「それでは改札機を開けますのでお通りください」

私→「日付証明が必要と書いてあるけど、どうすれば良いですか?」

インターフォン→「車掌からもらってください」

↑このようなやり取りをすると、自動改札機OPEN🥳🤣まさに「改札口コールシステム」だった😆

【「近鉄80000系ブルーリボン賞受賞記念乗車券」で1,000円以上の運賃区間へ行く場合は?😥】

↑なんとかギリギリ間に合った😌

とりあえず車掌から日付証明を受ける😅これは「青春18きっぷ」と同じルールだった😲近鉄の急行も今や自動放送が導入されている😲基本的な内容はこれで伝えられるが、関西私鉄らしく自社からの宣伝もしっかりと行う😏宣伝内容も自動放送になっている事例が僅かながらあるが(京阪電車が代表例)、ほとんどは車掌がマイク放送する😏

これが終わると車掌の所へ。当然”新商品”の事は知っており(知っていないと困る、JRではあるあるだったりする)日付証明を受けるのだが、生憎そのようなスタンプ印は持っていないという。代わりに改札済みである印を押すのでこれで「改札した事」にするという😲下車駅では有人改札口を通れば良いとも教えてもらう😆

だが実は他にも疑問があった😥桑名駅のインターフォンで「どこまで?」と聞かれた際に「(伊勢)中川まで」と答えた。桑名~伊勢中川間は1,000円以内で済むので、伊勢中川駅でそのまま下車すれば良い😌しかし、本当の目的地は大阪線の東青山駅😥当初は伊勢中川駅の改札口を出場→ICカードで再入場と言う方針だったがそれが面倒だったので方針転換😅

桑名~東青山=1,090円

↑つまり90円不足するのだ😱この場合どのように精算するか?🤑

JRの場合は乗り越した分の運賃は101キロ以上の乗車券は「新規乗車」とみなす。つまり別途乗り越した分の駅間の乗車券を買う必要がある🤑

一方で、100キロ未満の乗車券(または大都市近郊区間内で完結する乗車券)の場合は、「下車した駅までの運賃と発売した区間の運賃の額を比較し差額分だけ徴収する」🤑

桑名~伊勢石橋間が62,4キロなのでこの区間が1,000円以内になる。東青山まで行く場合は、伊勢石橋~東青山間の10,1キロ分が乗り越しとなるので、前者が適用ならば追加料金は300円🤑後者が適用ならば追加料金は90円で済む🤑・・・私鉄の場合この辺のルールは社により異なる。東青山駅で精算するつもりでいたので、金額を何円用意すれば良いのか?確認しておきたかった😅

この答えは後者であった🤑つまり東青山駅(無人駅)の回収箱に「記念乗車券」と不足分の運賃90円を投入すれば良いのだ😆

↑桑名からは1031列車の五十鈴川行き急行に乗る😆前4両が転換クロスシートになっていた事はわかっていたが、特に移動する事なくロングシート側のク1308に留まる😅

近鉄名古屋線の急行は何気に速かったりする😏近鉄特急と比べれば停車駅が多いのでこれと比べれば遅いが、伊勢若松で後から来る7015列車賢島行き特急伊勢志摩ライナーに追い抜かれる際に止まった時間はわずか2分だった😲通過列車が通り過ぎればスグに発車するダイヤが組まれているのだ😆

名古屋線~大阪線に入るため伊勢中川駅で乗り換え😅「連絡の大阪上本町行き急行」がある列車だと特急と同じく対面での乗り換えとなるが、1031列車ではそれが無いため階段乗り換え😩

だが1031列車は伊勢中川駅で11時18分~11時30分まで12分も止まる😫関西私鉄でこれだけの長時間停車は異例なのであるが、この間に名古屋発の7011列車賢島行き特急しまかぜに抜かれる😅それでも長い😫

↑11時25分着の925列車・伊勢中川行き急行が到着😲この列車は大阪上本町発で2021年7月のダイヤ変更で昼間の大阪線の急行を宇治山田方面へ直通させない代わりに、伊勢中川で名古屋線から来る急行に乗り継ぐ事が出来るダイヤにしたのだ😲そのため1031列車は12分も止まるのであった😲

近鉄は利用者が減っているとして「減便ダイヤ」を2021年7月から行っているが、大阪線の青山駅~伊勢中川の急行・普通列車は本数が減っている😫伊勢中川~宇治山田~鳥羽間も供給過剰だとして昼間に関しては名古屋線からの急行のみが直通している😫

【1時間に1本だけの伊勢中川発東青山行き普通列車に乗る😆】

【列車番号】1190列車(東青山行き)

【時刻】伊勢中川11時42分→東青山11時58分

【車両】1437系のク1541+モ1441の2両

↑近鉄大阪線の謎の列車?の乗車記。伊勢中川駅は全てのホームに特急が入るとは限らない😲山側の6番のりばは概ね3両程度しか長さが確保されていない😲このホームから発車するのは2両の列車だけで「近鉄時刻表」を見ると「伊勢中川発東青山行き」と言う短い区間でしか走らない普通列車があった😲

大阪線の急行は伊勢中川駅を出ると榊原温泉口まで止まらない。榊原温泉口~桜井までは長い各駅停車となる。だったら伊勢中川~榊原温泉口までの途中駅にも止まれば良いのに?🤔と思うが急行はそれが出来ない😫なぜならば通過駅は2両~3両分程度しかホームの長さがないため😩具体的には川合高岡、伊勢石橋、大三(おおみつ)の3駅で、これら駅への輸送を確保するために”大阪線の謎の列車”があるのだ😌

榊原温泉口は特急停車駅であるが線路配線の都合で折り返す事が出来ない。次の東青山駅まで進みこの駅で折り返す事になる。東青山駅までが「伊勢」でこの先にある青山トンネル(約5,6キロ)を越えると「伊賀」になるため、同じ三重県でも文化的には大きく異なるし、人の流れも変わってしまう。「伊勢」の地域内輸送に特化した列車と言って良い😏

↑後ろ車両のモ1441に乗る。オールロングシートで2両で10人程度の車内😅東青山駅で折り返しによる運転扱いがあるためか?ワンマン化されず車掌が乗務している😌

↑車内は液晶画面による案内装置があった😆近鉄の一般車両は10年以上新車が入っていないが、それでも今の時代にあった改造が進められているため「古さ」を感じない😏

↑伊勢中川駅を発車。デルタ線には「赤福」をはじめいろんな看板がある😆鉄道系YouTuberスーツの看板は大阪線側・名古屋線側・短絡線側で全く異なるデザインである事にも気づく😅知らんけど🤣

↑川合高岡~伊勢石橋

↑大三駅

近鉄特急がジャンジャン走る中でも地域交通の足である普通列車の存在を忘れてはならない😆最も基本となる列車で普通列車を無しにしては特急列車はあり得ない。これは近鉄に限った事ではないが、どうしても近鉄の利用となると特急に偏りがち😥そこであえて遅い列車、すなわち普通列車に乗ってみたのだ😆

人の流れとしては利用が多い松阪市内(松阪駅や伊勢中川駅)から郊外へ帰るため、下車しか続かない。余程の用事がない限りは東青山行きの普通列車に乗るようなお客もいない😰一応ダイヤ上は榊原温泉口や東青山で後から来る大阪上本町急行に接続するので、奈良・大阪方面への利用もあって良さそうだ😆

東青山駅に到着😆そのまま折り返すが、それについては東青山駅現地調査の記事で詳細は述べる。「近鉄80000系ブルーリボン賞受賞記念乗車券」は同駅の回収箱に投入して、「記念乗車券」の使用は終わりとなった。

次回に続く(下記リンクをクリック、1月22日公開)

【東青山駅行き列車が折り返す/近鉄所有の自然公園「東青山四季のさと」】D56東青山駅(近鉄大阪線)を現地調査 (railway-topic-kh8000show.net)

広告
広告
広告

KH8000

ご覧くださいまして、ありがとうございます。 当ブログは鉄道・バス・ヒコーキ・船について、読者の皆様が”乗りたくなる”公共交通機関の魅力をお伝えします。 実際に私が乗った時・撮った時の感想などについて「乗車記」「撮影記」として、各地の秘境駅や注目の鉄道駅に直接訪問し現地で知り得た事を「現地調査」として、”他所よりも詳しく”、鉄道系YouTuberに負けぬほどの勢い・情報量・知識・感動体験を当ブログでお伝えします。 私はJR全路線全区間乗車(JR完乗)済みで、鉄道友の会の正会員(一応某支部の幹部・撮影会などの行事についても詳しくお伝えします)です。当ブログのフォロー(ブックマーク)は誰からも大歓迎です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。