【W69安牛駅(宗谷本線)/「駅としての終わり」を感じた/ホームは立派だが…】北海道の駅を現地調査㊻

広告
広告
広告

2020年9月にW69安牛駅(宗谷本線)を現地調査(駅訪問)する。安牛駅の周辺は人が居る建物が皆無。駅舎は車掌車改造のタイプだが「JR安牛駅」と言う表示がサビで消えている。想像以上に荒廃しており「駅としての終わり」を感じた。ホームは棒線駅だが作りは立派。元々は2面2線の相対式だったがどのような歴史だったのか気になる

広告
広告

【日付】2020年9月25日(金)

【場所】安牛駅(W69・宗谷本線)

【備考】安牛駅は2021年3月13日付けで廃止😔

前回までの続きは下記リンクをクリック

【北海道の玄関!新函館北斗駅/新幹線ホームと新幹線改札内部はどうなっているのか?】北海道の駅を現地調査①

【北海道の玄関!新函館北斗駅/面白い宣伝!北口と南口の差がハンパない!】北海道の駅を現地調査②

【新幹線が3時間に1本しか止まらない!北海道新幹線と道南いさりび鉄道の木古内駅】北海道の駅を現地調査③

【2020年9月乗車記と乗り鉄/電化路線なのにキハ40室蘭本線室蘭支線/M35母恋駅】北海道の駅を現地調査④

【M36室蘭駅/国鉄室蘭本線の歩道橋/室蘭港から白鳥大橋が見えず!/女性の裸の銅像】北海道の駅を現地調査⑤

【H14南千歳駅(千歳線)/乗り換え駅の役割が強い】北海道の駅を現地調査⑥

【W48名寄駅(宗谷本線)/稚内方面行きの本数が極端に少なくなる!最北の貨物駅】北海道の駅を現地調査⑦

【W72幌延駅(宗谷本線)/北緯45度の町!北半球のど真ん中にある駅】北海道の駅を現地調査⑧

【W74豊富駅(宗谷本線)プロローグ編と乗車記/幌延駅から沿岸バスに乗る!】北海道の駅を現地調査⑨

【W74豊富駅(宗谷本線)/家庭的な駅舎!謎の客車がある?!】北海道の駅を現地調査⑩

【W33南比布駅(宗谷本線)/立地が良いのに利用者が少ない不思議な駅】北海道の駅を現地調査⑪

【W34比布駅(宗谷本線)/ピップエレキバンと本当に提携!日高晤郎と樹木希林が夢の共演?!】北海道の駅を現地調査⑫

【W35北比布駅(宗谷本線)/周囲は何もない自然と線路に近い駅!駅ノートが…】北海道の駅を現地調査⑬

【東根室駅(花咲線・日本最東端の駅)立派な板切れ駅!日本最東端区間の前面展望・乗車記】北海道の駅を現地調査⑭

【根室駅(花咲線)昔は栄えていた/いろいろ面白い根室市中心部!】北海道の駅を現地調査⑮

【A69網走駅(石北本線・釧網本線)/網走刑務所・網走監獄をイメージさせる駅舎】北海道の駅を現地調査⑯

【W36塩狩駅(宗谷本線)/9月後半に紅葉が楽しめる!駅舎になぜかSTVラジオのタイムテーブルが】北海道の駅を現地調査⑰

【W39東六線駅(宗谷本線)/「駅」ではなく「乗降場」!板切れホームを持つ出自とは?】北海道の駅を現地調査⑱

【W41北剣淵駅(宗谷本線)/実は利用者がいる!蜂が飛ぶ駅舎!雰囲気が良い立派な板切れ駅】北海道の駅を現地調査⑲

【W43下士別駅(宗谷本線)/殺風景なコンクリートホーム/住宅用の玄関が駅舎にある】北海道の駅を現地調査⑳

【宗谷本線名寄駅手前に見える謎の「SLキマロキ編成」を詳しく見る】北海道の駅を現地調査㉑

【F41(臨)ラベンダー畑駅(富良野線)/臨時に作った事がよくわかる駅!ファーム富田にも行く】北海道の駅を現地調査㉒

【F42中富良野駅(富良野線)/ファーム富田から歩く/中富良野町営ラベンダー園/虹の富良野・美瑛ノロッコ号】北海道の駅を現地調査㉓

【W49日進駅(宗谷本線)/風景や雰囲気が自然に溶け込む板切れホーム】北海道の駅を現地調査㉔ (railway-topic-kh8000show.net)

【大和田駅(留萌本線)/自然に還りつつある元列車交換可能駅!車掌車タイプの駅舎】北海道の駅を現地調査㉕ (railway-topic-kh8000show.net)

【W51智恵文駅(宗谷本線)/元々は列車交換が可能!近くに郵便局もある!意外とバカに出来ない駅!】北海道の駅を現地調査㉖ (railway-topic-kh8000show.net)

【W52智北駅(宗谷本線)/北の大地の風景!駅舎(待合室)がプレハブ小屋!】北海道の駅を現地調査㉗ (railway-topic-kh8000show.net)

【W50北星駅(宗谷本線)/名物駅舎「毛織の★北紡」/豪華に通過するキハ261系特急サロベツ1号】北海道の駅を現地調査㉘ (railway-topic-kh8000show.net)

【W53南美深駅(宗谷本線)/水田(稲作)の北限/南美深待合所/非常に理想的なローカル線の駅】北海道の駅を現地調査㉙ (railway-topic-kh8000show.net)

【W54美深駅(宗谷本線)/公共施設の雰囲気がする駅舎/美幸線があった歴史/15時台が最終列車!】北海道の駅を現地調査㉚ (railway-topic-kh8000show.net)

【W56紋穂内駅(宗谷本線)/初野駅に行けず/駅舎がボロボロ/何気に広いホームに歴史を感じる】北海道の駅を現地調査㉛ (railway-topic-kh8000show.net)

【W57恩根内駅(宗谷本線)/夕陽を浴びる駅舎/駅前から路線バスが発車/裏手に国道40号】北海道の駅を現地調査㉜ (railway-topic-kh8000show.net)

【恵比島駅・明日萌駅(留萌本線)/留萠鉄道と言う炭礦鉄道の名残で広い構内だった!2つある駅舎!】北海道の駅を現地調査㉞ (railway-topic-kh8000show.net)

【真布駅(留萌本線)/存在感が強烈!崩れ落ちそうな待合室!1両に満たないホームからキハ54に乗る】北海道の駅を現地調査㉟ (railway-topic-kh8000show.net)

【石狩沼田駅(留萌本線)/不思議な雰囲気!元々は2面3線ホーム!駅舎には「自動車乗務員休憩室」もある!】北海道の駅を現地調査㊱ (railway-topic-kh8000show.net)

【秩父別駅(留萌本線)/いろんな表情をしたハロウィンのカボチャがお出迎え!】北海道の駅を現地調査㊲ (railway-topic-kh8000show.net)

【W80稚内駅(宗谷本線)/日本の最北端の鉄道駅!駅舎の外にも線路が延びる!北防波堤ドームも】北海道の駅を現地調査㊳ (railway-topic-kh8000show.net)

【W78抜海駅(宗谷本線)/訪問の価値あり!日本最北端の木造駅舎!ホームから見ると美しい】北海道の駅を現地調査㊴ (railway-topic-kh8000show.net)

【W77勇知駅(宗谷本線)/カルビーのポテトチップスのキャラクターが目印?!】北海道の駅を現地調査㊵ (railway-topic-kh8000show.net)

【W76兜沼駅(宗谷本線)/駅舎前の灯油タンクにカルチャーショックを受ける】北海道の駅を現地調査㊶ | (railway-topic-kh8000show.net)

【W75徳満駅(宗谷本線)/予想外の廃止駅!国道40号沿い・超景色の良い展望台が近くにある】北海道の駅を現地調査㊷ (railway-topic-kh8000show.net)

【W73下沼駅(宗谷本線)/愛嬌タップリのキャラクター「ぬまひきょん」が居た!夢いっぱいの駅舎】北海道の駅を現地調査㊸ (railway-topic-kh8000show.net)

【W71上幌延駅(宗谷本線)/北緯45度線の近く!「何もない」姿は感動もの】北海道の駅を現地調査㊹ (railway-topic-kh8000show.net)

【W70南幌延駅(宗谷本線)/「ミナミほろりんさん」と言うキャラクターが登場!駅舎のドアをオープンすると感動的!】北海道の駅を現地調査㊺ (railway-topic-kh8000show.net)

↑YouTubeの現地調査系INTER URBAN6304氏の安牛駅の動画も参考にした。以下は私が実際に現地調査した内容を書く。但し上記動画は2016年9月に撮影したもので、私が現地調査(2020年9月)と異なる点もあるのでご了承いただきたい

★W69安牛駅(宗谷本線)を現地調査😆「駅としての終わり」を感じた😔激しく衰退する駅舎とホーム😔

↑W69安牛駅(宗谷本線)を現地調査😆南幌延駅からクルマで進むが周囲には人が居るような建物がほとんどない😔道路だけが立派に整備されており、ほとんどの人は「通過点」に過ぎないのだろうと思う😔

【ボロボロの駅舎に「駅としての終わり」を感じた😔】

↑安牛駅の駅前にクルマを止める。駅前通りはご覧の通り。立派な道路ではあるが少なくても安牛駅の手前300メートルほどは人の姿が全くの皆無と言って良い😔北海道の駅だとこのような立地条件も珍しくないが、それでも1キロ圏内には少なからず人が居そうな建物の1つや2つあるものだ😅ところが安牛駅の周辺は1~2キロのエリアであっても人気(ひとけ)が無く、「完全な秘境地帯」と言える😱これは上記動画を観てもわかるだろう。

↑安牛駅の駅舎は車掌車改造のタイプ😆しかし他駅との決定的な違いは「駅」と言う雰囲気を一切出していない事。どう見ても「廃屋」「廃墟」で少なくても遠方から来た者から言わせれば「お客を招き入れる建物には見えない」のであった😱

駅舎はボロボロ😢サビがあちらこちらに浮き出ている😰元々は「JR安牛駅」と言う事が入口付近に表示されていたが、今やそれさえも消えてしまった😭とても駅には見えない😔

↑それでも辛うじて「JR安牛駅」と言う表記がホーム側では残っていた😌「大型車の」と言う表示があるもののこれは誰かが貼ったのであろう😅

↑駅舎の中はとてもシンプル😆他の車掌車改造タイプと大きくは変わらないが、幌延町の駅には「飾り」が多いのである意味「場違い感」もある😅

↑時刻表と運賃表。本数は1日3往復で10時21分発の稚内行きの後は12時00分発の名寄行きと段々と感覚が広がる。これが昼間の実質的な列車で、それ以外は朝と晩に1往復ずつのダイヤだ。やはり昼間の列車本数が薄すぎるのが宗谷本線を使った現地調査(駅訪問)を難しくしており、地元住民の買い物や通院と言った日常的な利用も難しくしている。厳しいとは思うが昼間にもう1~2往復程度の列車が無いと「使い物にならない」😩

↑駅舎の出入口付近もシンプル。どこの駅にでもあるような掲示物や「空を飛ぶ熊」🐻もいた。長椅子にポツリと駅ノートがあるだけで駅舎の外も中も寂しさを感じる😔

【安牛駅のホームを見ると2面2線だった歴史が信じ難い😔】

↑安牛駅のホームを現地調査する。駅舎の感じからして板切れ駅だろうと思ったが、実際には立派な作りだった😆概ね2両程度の列車に対応しており、下沼駅などと作りが似ている😆安牛駅も国鉄時代は荷物の取り扱いがあったとされる。2面2線の相対式ホームを有していたので駅の規模としては立派だった😆

しかし、国鉄の合理化や利用者の減少で荷物の取り扱いが終了し、無人駅になると交換設備も撤去😔棒線駅になると安牛駅の周囲はさらに衰退し、2020年9月時点では「廃屋」と化した駅を見ると、そのような歴史があった事がにわかに信じ難い😫北海道の駅は今と昔で極端に姿が変わっている駅が多く、今は酷く衰退しているが昔(国鉄時代)は栄えていたのだ。私としては昔の事が知りたい次第。しかし、資料が多く残っていないためネット検索程度の調査ではわからない😩昭和年間の鉄道本を読み漁るしかないのであろうか。

↑安牛駅のホームはやはり立派😆稚内方を見るとよくわかる😆線路設備が良い=駅周辺の街も賑わか😆という事がイコールでない事が安牛駅の現地調査でわかってしまった😔

【安牛駅は2021年3月13日に廃止😭】

安牛駅は近年1日平均利用者数が0,2人程度であった😔JR北海道は安牛駅の廃止を決めて幌延町に通告。幌延町は駅間距離が前後の駅と短い事から南幌延駅を存続とさせて、前後の安牛駅と上幌延駅の廃止を決断😔2021年3月13日付けでこの両駅は廃止となった😭

廃止後この両駅の車掌車改造の駅舎は別の場所に移設され、自由に見学が出来るようになったという。廃止後の駅は跡形もなく消されるため、今やホームがあった姿を見る事は出来ないだろう😩駅前の道こそは存続するものの安牛駅の敷地内は入れなくしているはずだ😔

「駅としての終わり」を感じたのが見た限りの印象😔安牛駅の廃止は現地調査を行った時点では事前の情勢分析等で知り得ていたが、そんな事をやらなくても現地調査して現地の様子で廃止が目に見えてわかる駅はそう多くないし、廃止がわかってしまうだけ衰退しているのは、非常にショックな事であった😱

47回目に続く(下記リンクをクリック、7月12日公開)

【W68雄信内駅(宗谷本線)/「廃村の秘境駅」立派過ぎる駅舎とホーム】北海道の駅を現地調査㊼ (railway-topic-kh8000show.net)

広告
広告
広告

KH8000

ご覧くださいまして、ありがとうございます。 当ブログは鉄道・バス・ヒコーキ・船について、読者の皆様が”乗りたくなる”公共交通機関の魅力をお伝えします。 実際に私が乗った時・撮った時の感想などについて「乗車記」「撮影記」として、各地の秘境駅や注目の鉄道駅に直接訪問し現地で知り得た事を「現地調査」として、”他所よりも詳しく”、鉄道系YouTuberに負けぬほどの勢い・情報量・知識・感動体験を当ブログでお伝えします。 私はJR全路線全区間乗車(JR完乗)済みで、鉄道友の会の正会員(一応某支部の幹部・撮影会などの行事についても詳しくお伝えします)です。当ブログのフォロー(ブックマーク)は誰からも大歓迎です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。