【2021年9月現地調査/新幹線駅大絶賛工事中で大きく姿が変わる北陸本線福井駅】北陸乗り鉄大作戦⑥

広告
広告
広告

2021年9月に福井駅(北陸本線)を現地調査(駅訪問)する。特急しらさぎから下車するとホーム全体が屋根に覆われた高架ホーム。乗車位置表示は列車ごとに分かれている。恐竜も出迎える。何気に近代的だったのが改札口でICカード専用改札機まであった。大絶賛工事中の北陸新幹線福井駅の真下に仮設通路があり大きく様子が変わる

広告
広告

前回までの続きは下記リンクをクリック

【2021年9月乗車記/デッドセクション後面展望で見る】北陸本線普通列車は521系2両ワンマン列車なのに全駅全ドア開く (railway-topic-kh8000show.net)

【秘境駅なのに設備が近代的!ICカード利用可!どこにでもあるタイプの待合室?】北陸本線南今庄駅現地調査 (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/小浜線敦賀→小浜/125系3ドア車だが中央ドアが使えない?地域交通として機能】北陸乗り鉄大作戦① (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/小浜線加斗~若狭本郷間の若狭湾が見える絶景車窓!実はマジな徐行だった!】北陸乗り鉄大作戦② (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月現地調査/縦列停車が当たり前の東舞鶴駅/日本海の国防を担う舞鶴港】北陸乗り鉄大作戦③ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/北陸3県4日間乗り放題「北陸観光フリーきっぷ」の旅/新幹線から公衆電話が消えた】北陸乗り鉄大作戦④ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/681系特急しらさぎ1号米原→福井/名列車の証「列車番号1」】北陸乗り鉄大作戦⑤ (railway-topic-kh8000show.net)

【乗車日】2021年9月20日(月・敬老の日)

【場所】福井駅(北陸本線)

★福井駅(北陸本線)を現地調査😆何気に近代的😆遊び心もある😆北陸新幹線福井駅大絶賛工事中😆

↑特急しらさぎ1号(詳細は上記リンク5回目をクリック)で福井に到着😆この後は「北陸観光フリーきっぷ」は一切使わず😫別料金でえちぜん鉄道に乗る事になる😆最短乗り換えでは面白くないので、福井駅(北陸本線)を簡単に現地調査(駅訪問)する😆「福井駅(北陸本線)」と断ったが、単に「福井駅」だと岡山県の水島臨海鉄道にも同名の駅が存在するため、これと区別した😅

【福井駅の北陸本線ホームは恐竜の乗車位置案内😆】

↑福井駅の北陸本線ホームは全て屋根に覆われている😲これは北陸地区の主要駅共通の設備で雪⛄による除雪や分岐器の不転換を防止し少しでも暖かく過ごしてもらうためだ😌ホーム自体は高架構造で2005年から今の構造になっている😲そのため地上時代の福井駅がどうなっていたのか?私にはわからない。高架化した理由は「踏切を解消するため」で高架になる理由ではよくある内容だ😅

↑福井駅の金沢方は暗い😰どんなに明るく撮影してもこんな感じ😧これでも午前10時過ぎだ😧そもそもこの部分は12両の特急サンダーバードでもない限り止まらない場所で、お客が積極的に近づくような場所でもない😫そこにチラホラと人の姿があったがそれは同業者(撮影者)であった🙄

↑福井駅のホームに列車撮影マナー向上を訴求する案内😅言われてみれば「当たり前」と言う事ばかり😅この時は同業者が少なくノンビリと撮影する事が出来た😌

↑521系の2両が主体の普通列車。長くても4両でこれは石川県や富山県と変わらない。ホームの真ん中付近に止まるので、金沢方の暗い部分は余計必要とされない😫北陸新幹線が福井県内にも出来れば、特急サンダーバード、特急しらさぎと言った長編成を組んだ列車は消えてしまうため、余った部分は立入禁止⛔になるだろう😫

↑乗車位置表示。キレイに足跡👣が付けてある🤣左側にはしらさぎ、右側にはサンダーバードとある😲北陸特急は短時間に特急が続く事があるため、乗車したい特急で整列位置に差を付けているのだ😲これはとても珍しい😲

↑時刻表と列車編成の案内。北陸本線の主要駅時刻表はとてもシンプルでわかりやすい😆列車編成の案内は特急に限った話で、列車によって両数が異なるため。特急サンダーバードだと6~12両、特急しらさぎだと6~11両、特急ダイナスターは6両、特急おはようエクスプレスは3両と実にバラバラ🙁奥にある自販機は「ちゃお」と言う北陸独自のブランド?で昔は富山県や石川県でもよく見たような気がした🙄

↑普通列車用の乗車位置表示は遊び心がある🤣福井県らしく恐竜のマークが乗車位置を示す数字と一緒にデザインされ、整列位置はツバメ?となっている。

↑福井駅の恐竜にはいろんな仲間がいるらしい😆

↑福井駅の改札口の手前にもいろんな恐竜🤣記念撮影用のパネルに加えて、リアルに恐竜がベンチに座っている😖とても隣に座る事は怖くて出来ない😖恐竜もCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染防止対策が行われているらしく、マスクをしている😷

【寂しい越美北線のホーム😔】

↑福井駅の1番のりばと3番のりばは北陸本線が使う。間に抜けた2番のりばはホームを敦賀方に進むと見えてきた。改札口と連絡する階段からは遠い😩この2番のりばは決して長くないホームだ🙄

北陸本線の整列位置表示とはまるで対照的😑「安く作りました」と言わんばかりに赤いテープで立つ位置が示されているだけ😩

↑あまりにもシンプルな時刻表があった🙄「越美北線」と書いてある。つまり福井の次の越前花堂で分岐し越前大野・九頭竜湖に向かう路線だった😲基本的にはキハ120の1両運転で、越美北線に所属する車両はたったの5両しかないので、長い両数を組む事は出来ない😩写真は2021年10月ダイヤ改正前に撮影した。この改正で越美北線は利用者が少ないとして減便😔6時03分発の列車が廃止されてしまい、福井駅からの越美北線は9時08分発が朝一番列車になっている😱

当分の間列車が来ないので、越美北線ホームに来る人は居るわけがない😞列車が来ないからと言って閉鎖されているわけではないし、中間改札があるわけでもない。越美北線ではICOCA等のICカードは使えないという旨の案内があったので「違う路線」と意識してしまう😔越美北線は通称「九頭竜線」とも言う。一度だけ乗った事があるが気付いてみたら10年以上ご無沙汰だった😩機会があれば再びに乗りに行きたい😆

【何気に近代的な改札口になっていた😆】

↑改札口は自動改札機になっていた😲しかもICカード専用改札機まである😆一昔前までは自動改札機なんて無縁で有人改札だった。そのイメージで改札口に行くと大胆な変貌ぶりに良い意味で言葉を失う😲

「北陸観光フリーきっぷ」も自動改札機に投入すればそのまま回収となる😔これで「ゆき券」の効力は失い、北陸地区の乗車と富山~名古屋~静岡の行程は「かえり券」を使う事になる。前述の通りこの日は「かえり券」は一切使わず😅

↑改札口はご覧の通り。何気に近代的になっている😆有人改札口は精算所と併設で、少し離れた場所に「みどりの窓口」がある。今や有人窓口よりも「みどりの券売機」の通路数が圧倒的に多い😲これも時代の流れなのだろう。

【北陸新幹線福井駅大絶賛工事中😆】

↑「みどりの窓口」を過ぎるといきなり仮設通路😲

↑「はやく、つよく、すすめ!」と言う力強い標語😲「北陸新幹線を大阪へ。」ともある。どうやら福井県内の行政機関が作ったポスターらしい🤔

↑結構長い通路🙄”どんつき”(突き当り)には「えちぜん鉄道→」と言う表示。えちぜん鉄道に乗り換えるためには2021年9月現在この通路を通らないとならないらしい。

↑仮設通路の天井は仮のモノ。この上には線路らしきものが見えた😲つまり仮設通路の真上に北陸新幹線福井駅を大絶賛工事中なのだ🥳とは言っても高い仕切りに隠れているので、仮設通路の通行人が中の様子を見る事は出来ない😫当然と言えば当然だ😅

↑北陸新幹線福井駅のすぐ隣にえちぜん鉄道福井駅😲新幹線駅の外にも資材置場等があるため仕切りで隠されている🙄高さがあるため中の様子は完全にわからない。今の(2021年9月現在)福井駅は「仮の形」なのだ😅

↑新幹線駅なのでJVと言われる共同企業体により建設が進む。「福井駅」と言う表札があったが見た事が無いマーク🤔どうやら鉄道・運輸機構(JRTT)らしい🙄北陸新幹線は整備新幹線と言われており、線路などの施設はJRTTの所有で各JR旅客会社が借りる形で新幹線を運行している。

↑北陸新幹線の整備効果に関する看板🙄これは「本当に公式のもの」である😆これによると福井から金沢まで20分、富山まで40分、長野まで1時間30分、東京まで2時間50分で結ばれるという😲かなりの”時短”が実現するわけだ😆

↑駅舎の一部はほぼ出来ている😆これからは内装工事がメインになると聞いている。福井駅の現地調査はこれで終わる事にして、元飯田線119系が今も頑張っている活躍するえちぜん鉄道に乗る事にした😆

7回目に続く(下記リンクをクリック、2022年5月7日公開)

【2021年9月乗車記/えちぜん鉄道勝山永平寺線の1両の電車!のどかな車窓】北陸乗り鉄大作戦⑦ (railway-topic-kh8000show.net)

広告
広告
広告

KH8000

ご覧くださいまして、ありがとうございます。 当ブログは鉄道・バス・ヒコーキ・船について、読者の皆様が”乗りたくなる”公共交通機関の魅力をお伝えします。 実際に私が乗った時・撮った時の感想などについて「乗車記」「撮影記」として、各地の秘境駅や注目の鉄道駅に直接訪問し現地で知り得た事を「現地調査」として、”他所よりも詳しく”、鉄道系YouTuberに負けぬほどの勢い・情報量・知識・感動体験を当ブログでお伝えします。 私はJR全路線全区間乗車(JR完乗)済みで、鉄道友の会の正会員(一応某支部の幹部・撮影会などの行事についても詳しくお伝えします)です。当ブログのフォロー(ブックマーク)は誰からも大歓迎です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。