【2021年7月乗車記/山陽本線山口地区の115系3000番台は乗り得列車】青春18きっぷチャレンジ⑪

広告
広告
広告

2021年7月乗車記。青春18きっぷチャレンジ。山陽本線岩国駅では「必ず乗り換え」となる。新山口からやって来た115系3000番台はわずか5分で折り返す。この車両は2ドア・転換クロスシート車で115系の中でも最も快適!乗り得列車であった!日没が19時過ぎだったの柳井付近まで夕暮れの瀬戸内海が車窓から楽しめた

広告
広告

「青春18きっぷ」の基本的な使い方等については下記リンクのブログをクリック

【基本的な使い方を詳しく解説!JR在来線全線の普通・快速列車に乗り放題!】「青春18きっぷ」の使い方① (railway-topic-kh8000show.net)

【応用編/人身事故での遅れ・不通区間・紛失したら…利用中にトラブルに遭遇した場合は?】「青春18きっぷ」の使い方② (railway-topic-kh8000show.net)

【新幹線や特急でワープするのはアリ?追加費用は何円必要?何分速くなる?】「青春18きっぷ」の使い方③ (railway-topic-kh8000show.net)

【青春18きっぷチャレンジ!1日Max最も長くて何キロ乗れるか?】「青春18きっぷ」の使い方④ (railway-topic-kh8000show.net)

前回までの続きは下記をクリック

【2021年7月乗車記/静岡→北九州へ1日で行く!朝一番の東海道線浜松行きで前面展望を楽しむ】青春18きっぷチャレンジ① (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年7月乗車記/「地獄の静岡」!掛川始発の211系オールロングシート+トイレなし!】青春18きっぷチャレンジ② (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年7月乗車記/速くて快適!313系5000番台特別快速(豊橋→米原)に乗る】青春18きっぷチャレンジ③ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年7月乗車記/米原→大阪・両数的に少ない225系JR西日本の新快速に乗る】青春18きっぷチャレンジ④ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年7月乗車記/大阪からも225系の新快速でさらに西へ】青春18きっぷチャレンジ⑤ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年7月乗車記/定番の難所!姫路~岡山間は”ウラのウラルート”が簡単?】青春18きっぷチャレンジ⑥ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年7月乗車記/”ウラのウラルート赤穂線”に115系魔改造車キター!】青春18きっぷチャレンジ⑦ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年7月乗車記/20分に1本・3~4両の山陽本線岡山→福山/岡山の列車が広島県を長々と走る】青春18きっぷチャレンジ⑧ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年7月乗車記/福山駅と糸崎駅で乗り継ぎ/予定通り進むのを諦めて227系RedWing撮影会?】青春18きっぷチャレンジ⑨ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年7月乗車記/糸崎→岩国/夕方ラッシュのど真ん中に227系RedWingまさかの3両!】青春18きっぷチャレンジ⑩ (railway-topic-kh8000show.net)

【日付】2021年7月22日(木、海の日)

【列車番号】3347М(山陽本線新山口行き)

【時刻】岩国18:49→新山口20:44

【車両】115系3000番台(広セキ=下関総合車両所、4両、N02編成、クハ115-3002)

★2021年7月乗車記。山陽本線山口地区の115系3000番台は115系の中で最も快適😆乗り得列車で岩国から新山口へ😆

↑2021年7月乗車記。広島県から山陽本線を乗り通す青春18きっぷチャレンジを行うと、概ね岩国駅で乗り換えとなる😫

【「必ず乗り換え」になる岩国駅😫】

以前は岩国駅で乗り換える事無く新山口・下関方面まで行く列車があったが、広島地区は227系のみになった結果岡山・山口地区からの115系等の国鉄型車両の乗り入れは無くなった😫つまり境界付近の駅(糸崎や岩国など)で「必ず乗り換え」を意味するようになった😫国鉄時代からJR発足30年目頃までは普通列車も長距離運転が当たり前だった山陽本線。車両に新旧差が生じた結果ダイヤも分断された格好だ😫

↑岩国駅はホームがリニューアルされていた😲古き良き時代の国鉄の雰囲気が漂う駅と言う印象があったものの今や完全に打破された😫鉄道ファン的な視線では残念な所もあるが、日常的な利用者にとっては使いやすい構造になった事は歓迎すべきことだ😆

↑九州方面に向かう貨物列車が通過する😆やはり山陽本線は物流の大動脈なのだ😆ダイヤ的には旅客列車の合間を縫って走っている😆1071列車の鹿児島貨物ターミナル行きと思われる🤔幡生(下関の1つ手前)には21時00分着なので岩国19時前に発車する旅客列車に乗っても到達出来ない時間帯だ😅停車駅が少ない分、貨物列車は意外と速いのである😆EF210電気機関車は直流専用機なので交流電化の九州は走る事が出来ず、幡生で交直流機関車のEH500やEF81に付け替える必要がある😅

↑キハ40が来た😆岩徳線の車両だ😆青春18きっぷチャレンジを岩国~徳山間で行うと、山陽本線経由か岩徳線経由を選択する事が出来る😆距離的には後者の方が短い。フツーならば短い方が到達時間が速いのであるが、後者は典型的なローカル線😅本数も山陽本線と比べると大幅に少なく、両数も2両が主体😅山口地区の山陽本線は2~4両が主体だが、4両運転の事が多い😆

【115系の中でも最も快適😆乗り得列車😆115系3000番台の普通列車で夕暮れの瀬戸内海が見える車窓😳】

↑18時44分に新山口発岩国行きの3342М115系3000番台が到着😆折り返し18時49分発の3347М新山口行きに変わる😲

岩国駅は車両を止める事が出来る側線がいくつかあるので、一旦そちらに入って車内整備を受けて、その後新山口方面に向かう列車として営業に就く運用かと思っていた😅運転士・車掌も車両ともどもわずか5分で折り返す😲山口地区の場合、乗務員の事務所は徳山、新山口、下関にあるので、そこまでの乗務が基本的な乗務行路。3347Мの場合は徳山で交代であった😌

車内の写真は特に撮っていないが、115系3000番台は2ドア車😆ドア付近はやや長いロングシートになっているが、基本的には転換クロスシートだ🥳227系が広島地区に導入される前は岡山まで乗り入れていたが、227系だけになった結果、今や山口地区(岩国~下関)だけで運用される車両になった😆私に言わせれば115系3000番台は乗り得列車だ🥳

↑南岩国~藤生

3347Мは18時49分に岩国駅を発車。折り返し時間が短くバタバタした感じであったが、車内を見渡すと一通り座席が埋まる程度😌広島地区と比べれば利用は少ない😔この日は7月であったが1年で最も日没が遅い時期😆山口県内まで来ると日没時間は19時30分頃でその頃まで車窓が楽しめる😆正確には日没の15分くらい前から暗くなるので、車窓撮影は段々と難しくなる😧

山陽本線で最も車窓が良いのは岩国~下関にかけてと私は思っている。本当は全区間明るい時間帯に見たかったが、静岡県内を朝一番列車で出発しても岩国駅の到着はどんなに速くても18時頃となる😅予定より1本遅い列車の乗車であったが、予定通りの列車に乗ったとしても下松辺りが良い所である😔かつては「ムーンライトながら」と言う列車があって、これに乗れば夏場だと明るい時間でも山口県内の山陽本線の車窓は楽しめた😆「ムーンライトながら」は2020年3月限りで廃止になったのでそれも出来なくなった😔その日のうちにみたいならば新幹線課金して距離を稼ぐしかなく、少なくても青春18きっぷだけで距離を稼いで、静岡県内の自宅を出発した当日に、山口県内の山陽本線の車窓を見る事が出来ないダイヤなのも、時代の流れなのだろうと思う😔

↑藤生~通津

瀬戸内海の車窓が続くようになるのが山口県内の山陽本線の車窓😳以前は富海駅の現地調査もした事があるが、近くの海岸の風景が非常に良かった😆山口県内の山陽本線の駅は「昔のまま」残っている事が多くて、現地調査したい所も山のようにある😳今回は時間的に無理なので、別の機会で行いたいと思った次第。

米原から途切れる事無く続いてきたICOCA(交通系ICカード)利用可能エリアは南岩国駅で途切れてしまう😫但し実際には米原~南岩国間を途中下車無しで乗り通してICOCA等の交通系ICカードは使えない😫概ね乗車駅から200キロまでしか使う事が出来ないので、長距離乗車が前提ならば定価の紙の乗車券、青春18きっぷの方が断然お得だ😇なお、ICOCAエリアが途切れる南岩国~下関間は使う事が出来ない😫(2021年11月現在)

2022年春から南岩国~徳山間でもICOCAが使えるようになる😆しかし山口県内で分断された格好で、新山口~下関間は引き続き使えない😫一応は下関駅では交通系ICカード対応の改札機もあるが、これはICOCAエリアではなくJR九州のSUGOCAエリアのため😅「エリアまたぎ」の問題が出てくるので意図的に使えない区間を設けているのだろうが、2021年3月から熱海駅や米原駅と言った会社境界駅でも双方のICカードエリアから使えるようになった😆この両駅の場合はJR東海のTOICAが乗り入れる立場のため専用出場改札機がある😲下関駅までICOCAが拡大した場合は同じような対応となるのだろうか?🤔

藤生、通津といかにもローカルな駅が続く🥳これが天下の山陽本線の駅なのか😲と思うほどで駅員も居ない😲車掌がきっぷの回収を行う事も無く、ドアを開けてホームの安全を確認し時刻になればドアが閉まる😌恐らく多くの駅には近距離乗車券が購入出来る券売機があるので、「きっぷが買えない」と言う事例はないはずだ🤔

↑神代~大畠

遂に月🌔が見えてきた😆という事はそろそろ車窓撮影も終了を意味する😫iPhoneで撮影した写真であるが段々とシャッタースピードが落ちて来て、撮影出来た画像を見るとブレたものが増え始める😫こうなれば「商品にならない」ので終わるしかない😫柳井港まで来れば完全に暗くなってしまったので、以後は九州に到着するまで車窓撮影は出来なくなる😫これが冬だともっと早い時間(今回の乗車パターンで行けば広島県の西条付近で終了?)となるだろう😧それでも到着した駅のホーム程度は問題なく撮影出来る😆しかし、疲れてきたのでその気も無くなる😫同時に「新幹線の誘惑」も急速に出てくる😏

【今日2回目の「いわた駅」と「島田駅」😏】

柳井駅には19時22分。飲食店やスーパーマーケット等規模の大きな街だ😆高校生が乗るものの決して通学距離は長くない😅少しすると車内も空いてきて1両に10人も居なくなる😔やはり夜間の移動は少ないらしい。

岩田駅は東海道本線の磐田駅と、島田駅は東海道本線の島田駅と今日2回目の同じ駅名😳もちろん場所は全く違うし遠く離れている。「いわた駅」は漢字が違うが、「島田駅」は東海道本線の方は「しまだ」と読むが山陽本線の方は「しまた」と読む😏短い区間であればJR京都・琵琶湖線の新快速に乗れば同じ列車が2度「たかつき駅」を通る事は有名😆青春18きっぷチャレンジで1日に2度同じ読み方・書き方をする駅を通るのは案外珍しい😲

岩田駅は暗くて様子が見えなかったが、島田駅は以前現地調査した事がある。ホームの長さこそは長いが駅周辺はどこにもでもある「田舎の街」😇こういう駅は好きなのであるが、東海道本線の方を知っているのでそれと比較するとギャップの激しさに衝撃を受ける😱やはり名前が同じでも駅舎・ホームの作り、駅周辺までは完璧に同じではないのだ😆

【夜はローカル線並みの静けさ😔】

徳山には19時56分の到着。岩徳線の2239Dから接続を受ける。徳山は山口県内でも大きな街で、新幹線「のぞみ」も止まるので大都会なのかもしれない😆3347Мは20時02分まで停車し、乗務員が交代する。車内は座席がほぼ埋まった😲ほとんどが通勤利用客だ😆

徳山を発車すると引き続き福川、戸田、富海と言った小駅に止まって行く。徳山の賑わいぶりとは対照的でローカル線並みの静けさ😔人の気配すら感じない駅も少なくない😔徳山から乗ったお客は少しずつ降りて行く。山陽本線は九州に向かう幹線路線でありながらも普通列車しか止まらない駅だと国鉄時代の駅舎やホームがそのまま残っているものの、利用は少なくこれが山陽本線なのか😲と思う有様だった。

徳山を発車すると段々と眠くなる😪決して寝る事はなかったが、新山口からスグに接続する列車は無い😱34分待ちで後続の3349М下関行きへの乗り換えとなる😩下車駅は新山口にこだわる必要もなく、途中の小駅下車でも面白そうだったが、そこまでの体力も無くそのまま新山口まで乗る😅今思えば小駅で下車して簡単に現地調査しておくべきだった😩

12回目に続く(下記リンクをクリック、12月13日公開)

【2021年7月乗車記/「新幹線の誘惑」と戦う!夜遅い新山口→下関間の山陽本線に乗る】青春18きっぷチャレンジ⑫ (railway-topic-kh8000show.net)

広告
広告
広告

KH8000

ご覧くださいまして、ありがとうございます。 当ブログは鉄道・バス・ヒコーキ・船について、読者の皆様が”乗りたくなる”公共交通機関の魅力をお伝えします。 実際に私が乗った時・撮った時の感想などについて「乗車記」「撮影記」として、各地の秘境駅や注目の鉄道駅に直接訪問し現地で知り得た事を「現地調査」として、”他所よりも詳しく”、鉄道系YouTuberに負けぬほどの勢い・情報量・知識・感動体験を当ブログでお伝えします。 私はJR全路線全区間乗車(JR完乗)済みで、鉄道友の会の正会員(一応某支部の幹部・撮影会などの行事についても詳しくお伝えします)です。当ブログのフォロー(ブックマーク)は誰からも大歓迎です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。