【2021年11月乗車記/ローレル賞受賞!新幹線N700Supremeで名古屋へ】鉄道友の会主催例会・近鉄80000系電車「ひのとり」ブルーリボン賞受賞記念の乗車・撮影会に参加①

広告
広告
広告

近畿日本鉄道(近鉄)80000系電車「ひのとり」が2021年ブルーリボン賞受賞!鉄道友の会主催例会の乗車・撮影会に参加した!具体的な行事の内容と参加条件は?近鉄名古屋駅集合であったため同年にローレル賞受賞の東海旅客鉄道(JR東海)の新幹線車両N700Supremeに乗って名古屋へ。乗車記のネタとしてローレル賞受賞のプレートを車内で探すが無い!

広告
広告

鉄道友の会が毎年最優秀新型車両に称える「ブルーリボン賞」、優秀新型車両に称える「ローレル賞」とは?🤔と気になった方は、下記のブログ記事で詳しく説明したのでクリック↓

【詳しく説明!過去の受賞車両は?】鉄道友の会が毎年贈る「ブルーリボン賞」「ローレル賞」とは一体何なのか? (railway-topic-kh8000show.net)

2021年ブルーリボン賞・ローレル賞の結果については下記ブログで詳しく説明したのでクリック↓

【近鉄80000系・JR東日本E261系・JR東海N700S】鉄道友の会が贈る2021年ブルーリボン賞・ローレル賞が決定 (railway-topic-kh8000show.net)

2020年11月開催の鉄道友の会主催例会・近鉄80000系ひのとり8両営業運転開始前の乗車・撮影会については下記ブログで詳しく説明したのでクリック↓

【2020年11月乗車記と乗り鉄/まずは名鉄特急パノラマSuper”後面展望”で名古屋へ送り込み】鉄道友の会主催例会「近鉄特急ひのとり80000系8両営業開始前の乗車・撮影会」①

【近鉄名古屋駅で道に迷う/名古屋~伊勢中川間は自由行動に】鉄道友の会主催例会「近鉄特急ひのとり80000系8両営業開始前の乗車・撮影会」②

【2020年11月乗車記と乗り鉄/近鉄特急伊勢志摩ライナー7015列車・名古屋→伊勢中川DXカーに乗る】鉄道友の会主催例会「近鉄特急ひのとり80000系8両営業開始前の乗車・撮影会」③

【2020年11月乗車記と乗り鉄/東青山駅で「ひのとり」同士がすれ違う!大阪線の急行で伊勢中川→青山町】鉄道友の会主催例会「近鉄特急ひのとり80000系8両営業開始前の乗車・撮影会」④

【青山町車庫でひのとり8両撮影会に参加!80000系となった理由は?】「近鉄特急ひのとり80000系8両営業開始前の乗車・撮影会」⑤

【2020年11月乗車記と乗り鉄/レギュラーシート(普通車)に乗って細かくチェックする】「近鉄特急ひのとり80000系8両営業開始前の乗車・撮影会」⑥

【2020年11月乗車記/鉄道友の会主催例会・プレミアムシートは最高級の乗り心地を実現!】「近鉄特急ひのとり80000系8両営業開始前の乗車・撮影会」⑦ (railway-topic-kh8000show.net)

★2021年11月乗車記と撮影記。鉄道友の会主催例会・近畿日本鉄道80000系電車ブルーリボン賞受賞記念乗車・撮影会に参加🥳

↑2021年11月乗車記と撮影記。鉄道友の会が毎年最優秀新型車両を称える「ブルーリボン賞」に2021年は近畿日本鉄道(近鉄)80000系電車「ひのとり」が受賞🥳鉄道友の会の会員投票では1,000票以上を獲得し、2位の東日本旅客鉄道(JR東日本)E261系サフィール踊り子を大きく引き離した😳

既定の通り最多得票数を得た近鉄80000系「ひのとり」がそのままブルーリボン賞を獲得🥳得票数で2位以下の車両は選考委員会による会議で優秀車両である「ローレル賞」を選定した結果、E261系サフィール踊り子と東海旅客鉄道(JR東海)のN700Supreme(N700S)の2車両を選んだ🥳

【東海旅客鉄道(JR東海)N700Supremeローレル賞授賞式が開催されたが最少人数だけ参加の「式典だけ」で終了😞】

2021年鉄道友の会ローレル賞贈呈式を開催<東海旅客鉄道N700S>(2021年10月30日) – 鉄道友の会 (jrc.gr.jp)

↑2021年10月30日(土)午前中に東京駅でN700Supremeのローレル賞授賞式が挙行された🥳通例では鉄道友の会の多くの役員、一般会員、鉄道会社関係者、マスコミも呼ぶ大掛かりな行事なのだが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の対策のため「最少人数」で実施された😱そのため一般会員には告知されなかったし、役員の1人に直接話を聞いてみると「式に参加する人しか入れさせてくれなかった」と言う😱これはそういう状況だから仕方ない😞

N700Supremeのローレル賞授賞式は「式典だけ」であった😞乗車・撮影会も行われず😞東京駅にN700SupremeのJ19編成(式典当日時点で最も新しい車両)を鉄道友の会の担当幹部とJR東海の担当幹部が挨拶を述べて、除幕プレート(車内には設置していない)と表彰状をお披露目するだけであった🥳必ずしもブルーリボン賞・ローレル賞授賞式であっても、先方(鉄道会社)の要望で「式典だけ」という事もあると知った次第😅

2021年鉄道友の会ブルーリボン賞贈呈式を開催<近畿日本鉄道80000系>(2021年11月6日) – 鉄道友の会 (jrc.gr.jp)

↑一方で近鉄80000系「ひのとり」については、2021年11月6日(土)に一般会員も広く参加してブルーリボン賞授賞式と乗車・撮影会を実施した🥳😆これに私も参加した🥳既にSNSやブログ等に参加者が記した内容が公開されているが、当ブログは「ウラのウラまで詳しく」お伝えする😆当ブログの記事をお読みになり、鉄道ファン諸氏が1人でも多く鉄道友の会に入会されるキッカケになると嬉しい😆

【2021年11月6日開催の鉄道友の会主催行事・近畿日本鉄道(近鉄)80000系「ひのとり」ブルーリボン賞受賞記念式典&乗車・撮影会の参加概要・参加条件とは?🤔】

↑鉄道友の会に入会していない人にとっては、「どうすればブルーリボン賞受賞記念の式典&乗車・撮影会に参加出来るの?🤔」と思うだろう。必ずしも毎回同じ方法では無い😫今回の近鉄80000系ブルーリボン賞受賞記念の乗車・撮影会は、2021年9月15日に「鉄道友の会の会員ページ」に告知された😲「会員ページ」と言うのは、鉄道友の会の公式ホームページにある「会員サイト」と言う項目をクリックすると、IDとパスワードが表示されるので、必要な内容を入力しログインすると見る事が出来る😆IDとパスワード自体は鉄道友の会の会員に広く告知されている。これがわからないとログイン出来ないため、必然的に非会員(鉄道友の会に入会していない人)は見る事が出来ない🤫内容や参加条件等は下記の通り🤔

  • 2021年11月6日(土)に開催。参加出来る人は「鉄道友の会の正会員」または「鉄道友の会の家族会員」に限定。鉄道友の会に入会していない人の参加は認めない
  • 大阪上本町発と名古屋発の2コースで、応募人数は各80名。応募者多数の場合は抽選により決定(応募者が多いと希望しても参加出来ない可能性もある)
  • 参加費は9,800円で、期日までに振り込みで支払う
  • 大阪上本町発は11時頃集合、12時25分発「ひのとり」貸切列車で青山町(13時27分着)へ。青山町車庫で30000系「ビスタカー」、21020系「アーバンライナーnext」も並べて撮影会を実施。終了後は「ビスタカー」貸切列車(青山町17時04分発)で大阪上本町(18時09分着)へ戻って解散
  • 名古屋発は10時45分頃集合、11時46分発「ビスタカー」貸切列車で青山町(13時22分着)へ。その後は大阪上本町発のグループと合流し撮影会。終了後は「ひのとり」貸切列車(青山町17時05分発)で名古屋(19時01分着)へ戻って解散
  • 三脚、脚立、アルミ製カバンバックの持ち込み禁止
  • COVID-19対策(コロナ対策)のため、常時マスク着用する事。なお当日体温が37,5度以上ある、体調不良の場合は参加出来ない

↑であった😅参加条件については、鉄道友の会主催例会の乗車・撮影会では「ごくごく当たり前の内容」であった😅支払い方法はその都度異なるものの、概ね事前振り込みor当日現金手渡しである🤑出発駅(または開催場所)までの交通費、飲食代、その他諸々の費用はこの中には含んでいないため、自腹である🤑

申し込み方法は往復ハガキに必要な事(住所・氏名・電話番号・鉄道友の会の会員番号等、今回は大阪上本町発or名古屋発のいずれかの記載も必要で自分から希望出来る)を記入し指定された宛先に郵送🏣10月15日必着での応募であった😆

※行事内容によってはGoogleフォーム等を使ったネット申し込みが最近増えているこの場合参加票等は後日メールで送られてくる

1つの場所に「ひのとり」「アーバンライナーnext」「ビスタカー」がまとめて撮影出来る機会は非常に珍しいチャンスだ🥳私に言わせれば「これはヨダレものだ🤤🤤」と思い、応募する事を決めた😆

しかし、今回は大阪上本町発・名古屋発とも応募者数は各80名😰前回(2020年11月ひのとり8両撮影会)では各150名とザックリ半分に減少😰8両→6両ないし4両の列車に乗るので、人数が減少しても致し方無い😞今回は「ブルーリボン賞受賞記念」と言う冠が付く🥳そうなると参加者も増えるのではないか?🤔とも思っていた。過去の傾向からして大阪上本町発は毎回100名以上が集まるので「落選者もそれなりに出るだろう」と予想した😰実際にはどうなったのかよくわからない🤔名古屋発は50~70名前後が多いものの前例は通用しないので、戻って来るハガキを見ない限り何とも言えない😫

「ダメだったら(落選したら)ひのとり乗車・撮影会はキッパリ諦めて、「週末パス」でも使い常磐線現地調査と仙台にでも行こうか🤔

↑と代替案も考えておく😅だが実際にはその心配は無用だった😌後日上記写真のハガキが届き一安心😌その後は指示に従い支払いや支度等を行う😆

★2021年11月乗車記。ローレル賞授賞🥳東海道新幹線N700Supremeで「近鉄80000系ひのとりブルーリボン賞受賞記念乗車・撮影会」の集合場所名古屋へ向かう🥳

【乗車日】2021年11月6日(土)

【列車番号】703A(こだま703号・新大阪行き)

【時刻】掛川8:37→名古屋9:37

【車両】N700Supreme(N700S、J12編成、16号車自由席744-12)

【東海道線掛川駅に居た珍客🤩】

↑2021年11月乗車記。「近鉄80000系ひのとりブルーリボン賞受賞記念乗車・撮影会」は名古屋発とした🥳前回(2020年11月)同様に名古屋まで移動する。前回は東海道線で豊橋~乗り換えて名鉄線で名古屋であったが、今回は掛川~名古屋間は新幹線に乗る事にした😆掛川駅で東海道線列車から降りると珍客を発見🤩

↑レール運搬車のキヤ97形が掛川駅の側線に止まっていた😆実は313系の東海道線列車に乗る直前に静岡地区の東海道線では珍しくディーゼル音が聴こえてきた😆駅の放送では「列車が通過します」と言う案内だったので正体不明🙄すると猛スピードで通過した😆まさかのキヤ97形で撮り損ねる😫後続の列車で追いかけた結果、偶然下車する掛川駅に止まっていたのだ😆

↑人が乗る事が出来るのは車端部の狭い部分だけ😲操作用の機械あるらしい🙄

↑車両の真ん中にも配電盤等の機械がたくさんある🙄

↑レールが5本積まれている😲

キヤ97形はレール運搬車でJR東海の業務用車両だ。非電化区間(高山本線等)でも運用するため気動車となっている😲JR東海のレールセンター(レールの在庫を管理する倉庫の事)は名古屋にあるので、そこまで持ってゆくのだろう🙄定期列車の合間を縫って運行するため、掛川駅のように側線がある駅では退避や時間調整による停車も行う😆業務用列車なのでダイヤを公表する必要もなく、いつ走っているかわからない🙄

【掛川駅で東海道新幹線の撮影を簡単に行う😆】

↑「スマートEX」を使い東海道新幹線に乗る😆掛川駅の新幹線改札内にある弁当店(浜松の自笑亭が店を出している)は9時からの営業との事で「シャッター通り」となっていた😞弁当のメニュー表があったので商品は無いのに品定めをする人🤤次回営業時間中に来て買い求めたいと思う🤤

時間があったので「近鉄ひのとりブルーリボン賞受賞記念撮影会前の練習」と称して軽く掛川駅のホームで東海道新幹線の記録(撮影)を行う😆

↑JR西日本N700系5000番台「のぞみ」

↑JR東海N700系1000番台(N700Advance)「のぞみ」

掛川駅は通過する本数が圧倒的に多い😆やって来るのはN700系だけだが、いわゆるスモールaとラージAの違い、JR東海とJR西日本と言った所属会社の違い、たまに登場するN700Sと微妙な違いを探すのが面白い🤣

↑掛川駅の12~16号車の部分は屋根が無い😫東海道新幹線では他に三河安城駅も同様だ😫「こだま」の自由席は1~6号車、13~16号車である😅雨の日☔は掛川駅で乗り降りすると濡れる可能性もあるのだ。しかし、土曜休日の「こだま703号」は13・14号車も指定席だった😆そのため後ろよりは15・16号車のみが自由席となった😅

【N700Supreme車内にローレル賞受賞のプレートが無い😱】

↑ここからはN700Supremeの乗車記である。とは言っても今回は細かく書かず簡単に書いて終わりとする😅

「こだま703号」は原則毎日N700Supremeでの運転😆時刻表にもその旨の記載があるので、N700Supremeに乗りたいならば毎日運転の列車にすると良いだろう😆私の中では「N700Supremeローレル賞受賞記念乗車会」を行う次第🥳

↑N700Supremeの車内😆当初は「固い椅子」と言う印象が強かったが、乗車が3回目ともなれば体が慣れたらしく、むしろ「心地良い座席」と感じられるようになった😌「こだま703号」は指定席が大盛況でかなり混雑していた😆一方で自由席は写真のようにガラガラ😅15・16号車は改札口から遠いので、それに近い4~6号車付近はもっと混雑しているはずだ🙄

↑「業務用」と表示された大型の荷物棚🙄どうやらスーツケース等の大型荷物を収容する場所らしい🙄

ところでデッキに出て探したのが「車両番号とローレル賞受賞記念のプレート」。しかし、どんなに探しても見つからない😱プレートと言えばデッキと客室の仕切りドア頭上にあるJR東海の表記のみ🤔他にもJR西日本とかJR九州と言ったバージョンもあるが、言うまでもなくこの車両の所属会社を示す😅業務上社名の区別が無いと管理上不都合が生じるためと思われる🤔

車両番号プレート(744-12)と言う表記は結論から言うと車内のどこにも無かった😱そのためローレル賞受賞記念のプレートも無い😱後日思い出したのであるが、N700系車内には番号プレート自体無い事に気付く😫東海道・山陽新幹線に乗る時は、乗車前に車外(ドア付近にある)から確認していた事を思い出す😅

乗車記・乗り鉄ブログを書くためには「車両番号情報」は非常に重要🤩最悪は編成番号と乗った号車番号さえ記録(メモ)しておけば、後日調査すればわかる😅でも乗っている今だからこそ知っておきたいというのも乗り鉄の性😆

ひょっとしたら(JR北海道の)789系みたいにデッキ側面壁のわかりにくい場所にあるんじゃないの?🤔

N700Supreme車内で車両番号プレートを探す人の意見

と思って必死に探すが、やはり見つからない😱最近は列車内で刺殺事件が起きて物騒なので、車掌や警備員が頻繁に巡回に来る😌デッキ付近には他にお客が居なかったので、他人の迷惑になる事は無かったが、ウロウロしていたら車掌や警備員から「もしもし」と声をかけられてもおかしくない😅その場合は「車両番号プレートを探している」と説明すれば教えてもらえるかもしれない😆しかし、どう見てもテツ(鉄道ファン)とわかったらしく「もしもし」と声をかけられて事も無く😅内容が内容なのでこう言うマニアックな質問は自分から積極的に行いにくい😅仕方なく座席に戻った😞

これは結論だが、N700Supremeの車内にはローレル賞受賞記念のプレートは無いらしい😱

【名古屋駅に速く着き過ぎたので時間つぶし😅】

↑名古屋に9時37分定刻通りの到着😌「こだま」では珍しく?17番線の到着😲「こだま703号」は9時43分まで停車しその間に9時41分発の新大阪行き「のぞみ209号」(これもN700Supreme)に抜かれる🤩

鉄道友の会主催例会(主催行事)は時間厳守である😰遅刻すると高い参加費を払っていたとしても、遅刻した事が原因で参加出来なくなる事もある😱そのため集合時刻よりも速く着いて損は無いしその方が安心だ😌今回の集合時刻は近鉄名古屋営業所前(近鉄名古屋駅正面改札口)に10時45分とあった。まだ1時間もある😅その間は時間をつぶさないといけない😅

↑早い昼食とする😋新幹線の名古屋駅にはホーム上に「きしめん」を食べる事が出来る店がある🤤立ち食い方式なので「立ち食いそば」が「きしめん」に変わっただけの話であるが、2つある店のうち1つは朝10時からの営業だった😅16・17番線ホームで言うと14号車付近であったが、営業していないのでさらに歩く事になり、4号車付近の店まで約300メートル歩く😫それを知っていたら1~4号車の自由席に乗っておけば良かったと後悔する😫

ハガキには「名古屋→青山町間のビスタカーでは飲食禁止」と言う表現は無く、弁当等を各自持参し車内で食べる分には問題ないとの事だった😌運行時間帯が昼頃だったので、当然参加者の多くが食事をしていたのが結果だった。しかし、私は「非常用食料」と称する菓子やパンを1つずつ持っていたが、「ビスタカー」「ひのとり」貸切列車の乗車そのものを楽しみ、集中するために「車内では食べない」と決め込んでいた😏そのため集合前までに昼食を済ませておく。「名古屋に来たので「きしめん」を食べる🤤」のは台本通りの事であった🤣

「きしめん」を食べ終わったがそれでもまだ10時00分😅まだ45分もある😅新幹線ホームから近鉄の駅までは10分もあれば到着出来る😅前回は名鉄名古屋駅からの道中で見事に迷った😵JRの駅からだったらルートは完璧にわかるので迷う心配もない😏時間に余裕があったのでホーム上の待合室で待つ😇すると「最近JRバスの名古屋駅に行っていないな🙄」と思い出し

↑行ってみた😂宣伝の看板はスカニア製の2階建てバスInterCityDDと「クレイドル・シート」と称するJR東海バスご自慢の座席を堂々と宣伝🤣あくまでもバス(車両と座席)の宣伝なので「ばめたん」(JR東海バスのキャラクター)が隅に少しだけしか登場していないのが残念だ😔

2階建て車両は名古屋を起点に運行しており、東京行きだとほとんどが新東名経由。静岡県内は休憩箇所(遠州森町パーキングエリアと足柄サービスエリア)があるものの、乗り降りする事が出来るバス停は存在しない😱東名経由の路線(東名高速線=東名ハイウェイバス)では運用されないので、見かける機会も少ない😔静岡県内発着の路線で2階建て車両が登場するのは時間の問題だと思うが、果たしてどうなるのだろうか?🤔

↑10時30分発の東京駅行きの東名ハイウェイバス😆JRバス関東による運行だった。東京駅までは約6時間かかるが、運賃は新幹線や東海道線乗り継ぎよりも安い😆しかもリクライニングシートなので快適😆JRバス関東は東京に拠点を置く会社なので運転士の途中交代は無く、休憩をJR東海バス便よりも1回増やしている😅

↑京都駅行きの名神ハイウェイバス(JR東海バスの三菱エアロエース744-19957)が発車😆ほぼ満席だった😳新型の三菱エアロエースは最近急速に同社運行便で増えており、トランスミッションがオートマチックになったので、独特の乗り心地が楽しめる😆既存の三菱エアロエース(マニュアル車、2011年~2016年導入車両)と比べても変更点が多く、例えば行き先幕がフルカラー式LED表示(白い文字で表示される事が多い)になったり、ドア上に行き先表示器を搭載、三菱ふそう純正のエンブレムを装着、さらに座り心地が良くなった座席、電源コンセント&Wi-Fiも搭載しているので、かなりサービスも充実😆

・・・これでようやく、1時間の暇をつぶし集合場所に向かう🥳

2回目に続く(下記リンクをクリック、12月11日公開)

【2021年11月乗車記/1979年ブルーリボン受賞!名古屋→青山町・近鉄30000系ビスタカー貸切列車に乗る!】鉄道友の会主催例会・近鉄80000系電車「ひのとり」ブルーリボン賞受賞記念の乗車・撮影会に参加② (railway-topic-kh8000show.net)

広告
広告
広告

KH8000

ご覧くださいまして、ありがとうございます。 当ブログは鉄道・バス・ヒコーキ・船について、読者の皆様が”乗りたくなる”公共交通機関の魅力をお伝えします。 実際に私が乗った時・撮った時の感想などについて「乗車記」「撮影記」として、各地の秘境駅や注目の鉄道駅に直接訪問し現地で知り得た事を「現地調査」として、”他所よりも詳しく”、鉄道系YouTuberに負けぬほどの勢い・情報量・知識・感動体験を当ブログでお伝えします。 私はJR全路線全区間乗車(JR完乗)済みで、鉄道友の会の正会員(一応某支部の幹部・撮影会などの行事についても詳しくお伝えします)です。当ブログのフォロー(ブックマーク)は誰からも大歓迎です。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。