【2021年9月現地調査/縦列停車が当たり前の東舞鶴駅/日本海の国防を担う舞鶴港】北陸乗り鉄大作戦③

広告
広告
広告

2021年9月に東舞鶴駅(小浜線・舞鶴線)と舞鶴港を現地調査する。東舞鶴駅は島式1面2線のシンプルなホームであるが列車が縦列停車する事が当たり前!そこになぜかミトーカデザインの車両が?利用者の減少で減便していたが時刻表から自然と消えていた。日本海の国防を担う海上自衛隊舞鶴地方隊がある舞鶴港に行く

広告
広告

前回までの続きは下記リンクをクリック

【2021年9月乗車記/デッドセクション後面展望で見る】北陸本線普通列車は521系2両ワンマン列車なのに全駅全ドア開く (railway-topic-kh8000show.net)

【秘境駅なのに設備が近代的!ICカード利用可!どこにでもあるタイプの待合室?】北陸本線南今庄駅現地調査 (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/小浜線敦賀→小浜/125系3ドア車だが中央ドアが使えない?地域交通として機能】北陸乗り鉄大作戦① (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/小浜線加斗~若狭本郷間の若狭湾が見える絶景車窓!実はマジな徐行だった!】北陸乗り鉄大作戦② (railway-topic-kh8000show.net)

【乗車日】2021年9月4日(土)

【場所】小浜線の東舞鶴駅→舞鶴港

★東舞鶴駅(小浜線・舞鶴線)を現地調査😆島式1面2線のシンプルなホームなのに縦列停車が当たり前😲

↑2021年9月乗車記と現地調査。敦賀から乗った小浜線列車はまもなく終着の東舞鶴駅に到着する。天気は生憎の雨☔であった

↑小浜線の東舞鶴駅付近は高架線だ😲東舞鶴駅は高架線の上にある島式1面2線のホームである事は記憶しているが、そもそも小浜線に乗る事や東舞鶴駅に降り立つ事自体が12年ぶりであった😳小浜線列車は慎重に進み東舞鶴駅に入る😌

【島式1面2線のシンプルなホームの東舞鶴駅は縦列停車が当たり前😲】

↑東舞鶴駅に到着😳駅名標は黄色くなっていた😳これは舞鶴線のラインカラーに合わせたもので、東舞鶴駅そのものはJR西日本福知山支社の管轄となる😲小浜線からすると「乗り入れる立場」だ😅小浜線の列車は一部を除いて東舞鶴駅で敦賀方面へ折り返す事が原則で、西舞鶴・綾部・福知山方面には乗り換えとなる😅

↑東舞鶴駅のホームは何ら変哲のない島式1面2線のホーム🙄高い所から舞鶴市街を見渡す格好で、周囲は住宅街だったり、ドラッグストア(クスリのアオキ等)、スーパーマーケット(平和堂等)もあるので、立派な地方都市の趣だ😇

↑ホームの乗車位置案内😵これが何気にわかりにくい😵

←小浜線→

若狭高浜・小浜方面

←舞鶴線→

西舞鶴・綾部方面

↑つまり両側のホームからの発車だ😅基本的には方向的に敦賀方面に向かえば小浜線、綾部方面に向かえば舞鶴線の列車がそれぞれ発車する😅島式ホームの長さ的には8両分程度は対応しそう🤔ホーム端が近づけば先細りする形なので、幅が狭い印象もする😫

↑発車番線は特に固定されていない😫小浜線が1番のりばを使う時もあれば、2番のりばを使う事もある🙄それは舞鶴線も然りだ🙄普通ならばこれで終わりなのであるが、東舞鶴駅の大きな特徴を発見🤩

↑東舞鶴駅になぜか「ミトーカデザイン」を発見🤩JR西日本にはこの種の車両は存在しないので北近畿タンゴ鉄道からの乗り入れ車両だろうと🤔北近畿地区の鉄道はあまり知識がなく「へぇー🙄」と言った感じ😅JR線ならば路線網はわかるが、北近畿タンゴ鉄道の路線網はやや複雑で、日本三景のひとつ「天橋立」に行くのであれば乗る事が出来る鉄道🙄山陰本線の豊岡に舞鶴市内から行く場合は福知山を通らずにショートカット出来るらしい🤔

実はこの鉄道は関係が複雑だ😵「北近畿タンゴ鉄道」と言うのは昔言われていた社名だったが、2015年に高速バスで有名なウィラーエクスプレス(WILLER EXPRESS)が鉄道事業に参入😲正式には「WILLER TRAINS」と称する社名で、一般的には「京都丹後鉄道」略して「丹鉄」と言う名称だ😲

別々の会社が存在しているのではなく、案内上は「京都丹後鉄道」としているのだ😲これは西日本旅客鉄道を「JR西日本」と名乗っているのと同じようなものである😅「JTB小さな時刻表」の路線図を開くと「京都丹後鉄道宮福線」「京都丹後鉄道宮豊線」と案内されている😲

鉄道事業免許上はWILLER TRAINS(京都丹後鉄道)が第二種鉄道事業者、すなわち運行だけに専念する会社だ😲それに対して昔「北近畿タンゴ鉄道」と称して営業していた会社も現存しており、こちらは第三種鉄道事業者、すなわち設備(線路や架線等)を維持管理(保有)する会社だ😲

本来は運行と設備の維持管理を一括して行う事が鉄道事業者では当たり前で、これを第一種鉄道事業者と言い、JR線はほとんどがこれに該当する。小浜線や舞鶴線の場合は、運行と線路設備の維持管理(保有)を西日本旅客鉄道(JR西日本)が全て行っている。厳密に言えばメンテナンス作業は子会社に委託する事も少なくないが、名義上は運行と維持管理(保有)を行う会社は同じである😲

しかし、鉄道の維持管理費は高額🤑利用者が少ないと満足にメンテナンスも出来なくなる😫儲からなくても鉄道を運行する以上は自社でやらないといけない。お客が多ければ問題ないが、お客が少ないと利益が出ないどころか維持管理費すら負担出来なくなる😫そのため鉄道路線の存廃問題になりがちだ😫そこで「上下分離」と言われる運行する会社と維持管理(保有)する会社(または都道府県や市町村)を分けてしまう。特定の1社に維持費が集中しないようにする事で、鉄道事業を営む方法が最近地方を中心に広がっている。説明が長くなったが、京都丹後鉄道と北近畿タンゴ鉄道は上下分離した関係なのだ😲

この京都丹後鉄道の車両と小浜線がどう言う関係なんや?🤔と思ってしまうだろうが、これは次に出す写真を見れば一目瞭然🤣

↑ナント😲小浜線の125系と舞鶴線を走るKTR8000系が縦列停車していた😲

全国的に見れば縦列停車でお客の乗り降りをさせる事例は、あいの風とやま鉄道の泊駅、予讃線の松山駅などでも見られるが、いずれも乗り換えを便利にさせるためのハード的な対応だ😆西日本に多く東日本では少ない印象もする🤔

では京都丹後鉄道のKTR8000系と舞鶴線はどのような関係が?🤔と思ってしまう。これは京都発着の特急で東舞鶴行きが「特急まいづる」、福知山から京都丹後鉄道線経由豊岡行きは「特急はしだて」として、京都~綾部間の山陰本線は併結運転を行う😲KTR8000系は回送。西舞鶴まで回送して整備を受けたのち、東舞鶴18時36分発の「まいづる14号」で京都へ向かう運用(綾部~京都間は「はしだて8号」と併結)なのだろう。

全く姿・形が違う車両が縦列停車している様子が東舞鶴駅では日常的に見られるのだ🤣車両間の間隔は約10メートル程度でかなりギリギリまで詰めてきた格好だ😳素人考えだと衝突する😖と思ってしまうかもしれないが、実際には非常にゆっくりな速度(恐らく15km/h前後と思う)で入線するので、ブレーキ故障や操作ミス、天候が極端に悪くない限り衝突の恐れは低いだろう😌

【減便列車が時刻表から自然と消える😔】

↑東舞鶴駅の時刻表を見る😆小浜線・舞鶴線とも概ね1時間に1本の運行😌しかし、14時22分に到着した小浜線列車は、14時28分発の京都行き特急まいづる10号と接続・・・するはずだが運休😔これはCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響による利用者の減少のため😔次は15時19分発の342М綾部行きまで待たねばならない😫写真の時刻表を見ると減便列車は自然と消えている😱正確には減便列車の時刻が入る数字をシールで隠してある。東舞鶴駅(または福知山支社)の修正方法の上手さなのかもしれないが、パッと見はあたかも「この列車は元々運行していません」と言わんばかり😔

↑東舞鶴駅の改札口。みどりの窓口・みどりの券売機プラスもある有人駅😇東舞鶴駅におけるICOCA(交通系ICカード)は2021年3月13日から始まったばかりで、舞鶴線(利用不可駅が一部あり)・山陰本線方面に対してのみ使える😆小浜線方面に対しては使えない😔

改札口は常時開放されており、列車が来ない時間帯でも入る事が出来るようだ🤔私が東舞鶴駅から帰りの列車に乗ろうとした時に、発車まで30分もあるのに「青春18きっぷ」を見せたら特に止められる事も無く普通に入場出来た😆列車別改札ではないらしい🤔紙のきっぷは必ず駅員が改札を行う駅だが、JR西日本が打ち出している合理化で東舞鶴駅の営業形態もどうなるのか気になる🤔

↑東舞鶴駅の駅舎。いかにも地方の駅前と言った感じ😆個人的には非常に親近感がある😆列車の本数が少ないためか?🤔東舞鶴駅に立ち寄る人は少なく、近くにあるドラッグストアやスーパーの盛況ぶりとは対照的だった😔

★日本海の国防を担う😌舞鶴港を現地調査😏

↑舞鶴と言えば「軍港」のイメージが非常に強い😳大日本帝国海軍時代から日本海側の国防を担う😏今でも役割は変わらない。海上自衛隊が舞鶴地方隊(舞鶴地方総監部とも言う)として大きな部隊を構え、舞鶴港を母港とする船もある。

鉄道と軍隊(自衛隊)は切っても切り離せない関係で、歴史を見れば横須賀線のように軍(自衛隊)の主要施設がある場所に向けた路線を優先的に整備したり、普通列車なのにグリーン車を付けたりしている。軍事物資を鉄道で運ぶことは今や少なくなっているものの、自衛官が異動や出張等で移動する場合に鉄道を使う事は多く、制服姿のまま乗車している姿は珍しくない😲特に主要の施設が近くにある路線(例えば、横須賀線、京急線、高崎線、御殿場線など)ほど制服姿の自衛官を見かける事が多い😲舞鶴の場合は敦賀からの小浜線利用はそう多くないようで、多くは京都からの特急まいづるで移動する事が多いように思う🤔私が乗った日、偶然にも制服姿の自衛官の姿を車内や駅では見かけなかったが、そういう人たちが多く居ておかしくない土地柄なのだ。

さて、東舞鶴駅から舞鶴港までは1,5キロ徒歩約20分の道のりであった😅道的には1本で行けるので案外単純だ😆東舞鶴駅の周辺は大きな駅前商店街となっているが、閑散としている😔お客はドラッグストアや大型スーパーなどに奪われている感じで、地方都市の疲弊ぶりも見えた😔

【舞鶴から北海道に直行😳新日本海フェリーのりばを発見🤩】

↑舞鶴港の入口付近。さらに進むと

↑新日本海フェリーのりばを発見🤩これに乗れば北海道の小樽に行く事が出来る😆周囲は広い駐車場😲そこには「札幌」「苫小牧」「室蘭」などの北海道ナンバーのトラックが非常に多い😲むしろ「京都」「福知山」「福井」「大阪」「なにわ」「神戸」と言った関西・北陸地方のナンバーの方が少ない😲これはなぜだろうか?🤔

舞鶴港は北海道と西日本の物流の拠点で、トラックの行き先は関西・北陸地方とは限らず中国・四国地方に及ぶこともありそうだ😲港を見るとフェリーらしき船はなかったので、当分は出港もしないのだろうが、これが出港時間になれば道路を埋め尽くすほどの台数のトラックやマイカーが集結するに違いない😏

↑舞鶴港からは風光明媚な景色を見る事も出来る😆舞鶴港は魚釣りも人気らしく釣り人がたくさん居た。

【舞鶴港からハッキリと見える海上自衛隊の船と施設😖】

↑舞鶴港に停泊する海上自衛隊の船、海上自衛隊の施設😅カメラをズームさせて撮影する😅もちろん海上自衛隊の施設の外から撮影したもので、船や施設まではそれなりに離れていると思う。撮影場所の周辺では釣り人がたくさんいる。

一般人(海上自衛隊・防衛省関係者、出入り業者以外)は用事がない限り施設内に入る事は出来ない😫入る時も身分証明書の提示、来た目的、持ち物の確認等セキュリティー体制が非常に厳しい😖自衛隊は軍隊ではないものの(世界的に見れば軍隊だが)防衛上の理由で撮影禁止、立入禁止等の制約も少なくない😖これは海上自衛隊に限らず他の陸上自衛隊・航空自衛隊でも同様なのである😖

施設内の装備品(舞鶴港の場合は停泊中の船など)を遠くからでも撮影しようものならば、真っ先に警務隊(自衛隊の内部における警察)が”飛んできて”画像削除を求められるだろう😫別にスパイ目的で撮影しているのではなく、興味本位で撮影しているだけで、舞鶴港に停泊する船の写真ならばWikipediaで「舞鶴港」と検索すればフツーに表示される😏

舞鶴港 – Wikipedia

特に当ブログで舞鶴港から見える海上自衛隊の船を撮影し、その画像を掲載しても特に問題ないと考える。いろんなタイプの船が止まるが、具体的な名前、用途は一切不明🤔細かく調べればわかるのだろうが、奥が深い自衛隊(軍事)マニアでもないし、当ブログでは自衛隊の乗り物(船、航空機、戦車など)も書き手の私に知識があれば書いて良いと思っているものの、生憎大雑把な知識しかないので、単に「自衛隊の乗り物を撮影しました」程度が現状では精一杯😧例えば「10(ヒトマル)式戦車の特徴は〇〇で(詳しく説明)」という事は知らないので、そもそも書けないのだ😏

舞鶴港周辺の現地調査も込みで1時間で舞鶴を出発しようと思っていたが、実際には長くなって2時間かかってしまった😅「青春18きっぷ」だけで静岡県内にこの日のうちに戻るとなると、帰宅が夜遅くなる😪そのため東舞鶴駅からは小浜線→北陸本線経由で米原に戻り、米原→浜松間は久しぶりに?「新幹線課金」🤑となった。

4回目に続く(下記リンクをクリック、12月8日公開)

【2021年9月乗車記/北陸3県4日間乗り放題「北陸観光フリーきっぷ」の旅/新幹線から公衆電話が消えた】北陸乗り鉄大作戦④ (railway-topic-kh8000show.net)

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。