【W73下沼駅(宗谷本線)/愛嬌タップリのキャラクター「ぬまひきょん」が居た!夢いっぱいの駅舎】北海道の駅を現地調査㊸

広告
広告
広告

2020年9月にW73下沼駅(宗谷本線)を現地調査(駅訪問)する。国道40号沿いにあるが駅に行くには国道から分岐した道を進むのでわかりにくい。車掌車改造タイプの駅舎があり「ぬまひきょん」と言う愛嬌タップリのキャラクター!夢いっぱいの駅舎!そこに稚内行きと名寄行きのキハ54がやって来た

広告
広告

【日付】2020年9月25日(金)

【場所】下沼駅(W73・宗谷本線)

前回までの続きは下記リンクをクリック

【北海道の玄関!新函館北斗駅/新幹線ホームと新幹線改札内部はどうなっているのか?】北海道の駅を現地調査①

【北海道の玄関!新函館北斗駅/面白い宣伝!北口と南口の差がハンパない!】北海道の駅を現地調査②

【新幹線が3時間に1本しか止まらない!北海道新幹線と道南いさりび鉄道の木古内駅】北海道の駅を現地調査③

【2020年9月乗車記と乗り鉄/電化路線なのにキハ40室蘭本線室蘭支線/M35母恋駅】北海道の駅を現地調査④

【M36室蘭駅/国鉄室蘭本線の歩道橋/室蘭港から白鳥大橋が見えず!/女性の裸の銅像】北海道の駅を現地調査⑤

【H14南千歳駅(千歳線)/乗り換え駅の役割が強い】北海道の駅を現地調査⑥

【W48名寄駅(宗谷本線)/稚内方面行きの本数が極端に少なくなる!最北の貨物駅】北海道の駅を現地調査⑦

【W72幌延駅(宗谷本線)/北緯45度の町!北半球のど真ん中にある駅】北海道の駅を現地調査⑧

【W74豊富駅(宗谷本線)プロローグ編と乗車記/幌延駅から沿岸バスに乗る!】北海道の駅を現地調査⑨

【W74豊富駅(宗谷本線)/家庭的な駅舎!謎の客車がある?!】北海道の駅を現地調査⑩

【W33南比布駅(宗谷本線)/立地が良いのに利用者が少ない不思議な駅】北海道の駅を現地調査⑪

【W34比布駅(宗谷本線)/ピップエレキバンと本当に提携!日高晤郎と樹木希林が夢の共演?!】北海道の駅を現地調査⑫

【W35北比布駅(宗谷本線)/周囲は何もない自然と線路に近い駅!駅ノートが…】北海道の駅を現地調査⑬

【東根室駅(花咲線・日本最東端の駅)立派な板切れ駅!日本最東端区間の前面展望・乗車記】北海道の駅を現地調査⑭

【根室駅(花咲線)昔は栄えていた/いろいろ面白い根室市中心部!】北海道の駅を現地調査⑮

【A69網走駅(石北本線・釧網本線)/網走刑務所・網走監獄をイメージさせる駅舎】北海道の駅を現地調査⑯

【W36塩狩駅(宗谷本線)/9月後半に紅葉が楽しめる!駅舎になぜかSTVラジオのタイムテーブルが】北海道の駅を現地調査⑰

【W39東六線駅(宗谷本線)/「駅」ではなく「乗降場」!板切れホームを持つ出自とは?】北海道の駅を現地調査⑱

【W41北剣淵駅(宗谷本線)/実は利用者がいる!蜂が飛ぶ駅舎!雰囲気が良い立派な板切れ駅】北海道の駅を現地調査⑲

【W43下士別駅(宗谷本線)/殺風景なコンクリートホーム/住宅用の玄関が駅舎にある】北海道の駅を現地調査⑳

【宗谷本線名寄駅手前に見える謎の「SLキマロキ編成」を詳しく見る】北海道の駅を現地調査㉑

【F41(臨)ラベンダー畑駅(富良野線)/臨時に作った事がよくわかる駅!ファーム富田にも行く】北海道の駅を現地調査㉒

【F42中富良野駅(富良野線)/ファーム富田から歩く/中富良野町営ラベンダー園/虹の富良野・美瑛ノロッコ号】北海道の駅を現地調査㉓

【W49日進駅(宗谷本線)/風景や雰囲気が自然に溶け込む板切れホーム】北海道の駅を現地調査㉔ (railway-topic-kh8000show.net)

【大和田駅(留萌本線)/自然に還りつつある元列車交換可能駅!車掌車タイプの駅舎】北海道の駅を現地調査㉕ (railway-topic-kh8000show.net)

【W51智恵文駅(宗谷本線)/元々は列車交換が可能!近くに郵便局もある!意外とバカに出来ない駅!】北海道の駅を現地調査㉖ (railway-topic-kh8000show.net)

【W52智北駅(宗谷本線)/北の大地の風景!駅舎(待合室)がプレハブ小屋!】北海道の駅を現地調査㉗ (railway-topic-kh8000show.net)

【W50北星駅(宗谷本線)/名物駅舎「毛織の★北紡」/豪華に通過するキハ261系特急サロベツ1号】北海道の駅を現地調査㉘ (railway-topic-kh8000show.net)

【W53南美深駅(宗谷本線)/水田(稲作)の北限/南美深待合所/非常に理想的なローカル線の駅】北海道の駅を現地調査㉙ (railway-topic-kh8000show.net)

【W54美深駅(宗谷本線)/公共施設の雰囲気がする駅舎/美幸線があった歴史/15時台が最終列車!】北海道の駅を現地調査㉚ (railway-topic-kh8000show.net)

【W56紋穂内駅(宗谷本線)/初野駅に行けず/駅舎がボロボロ/何気に広いホームに歴史を感じる】北海道の駅を現地調査㉛ (railway-topic-kh8000show.net)

【W57恩根内駅(宗谷本線)/夕陽を浴びる駅舎/駅前から路線バスが発車/裏手に国道40号】北海道の駅を現地調査㉜ (railway-topic-kh8000show.net)

【恵比島駅・明日萌駅(留萌本線)/留萠鉄道と言う炭礦鉄道の名残で広い構内だった!2つある駅舎!】北海道の駅を現地調査㉞ (railway-topic-kh8000show.net)

【真布駅(留萌本線)/存在感が強烈!崩れ落ちそうな待合室!1両に満たないホームからキハ54に乗る】北海道の駅を現地調査㉟ (railway-topic-kh8000show.net)

【石狩沼田駅(留萌本線)/不思議な雰囲気!元々は2面3線ホーム!駅舎には「自動車乗務員休憩室」もある!】北海道の駅を現地調査㊱ (railway-topic-kh8000show.net)

【秩父別駅(留萌本線)/いろんな表情をしたハロウィンのカボチャがお出迎え!】北海道の駅を現地調査㊲ (railway-topic-kh8000show.net)

【W80稚内駅(宗谷本線)/日本の最北端の鉄道駅!駅舎の外にも線路が延びる!北防波堤ドームも】北海道の駅を現地調査㊳ (railway-topic-kh8000show.net)

【W78抜海駅(宗谷本線)/訪問の価値あり!日本最北端の木造駅舎!ホームから見ると美しい】北海道の駅を現地調査㊴ (railway-topic-kh8000show.net)

【W77勇知駅(宗谷本線)/カルビーのポテトチップスのキャラクターが目印?!】北海道の駅を現地調査㊵ (railway-topic-kh8000show.net)

【W76兜沼駅(宗谷本線)/駅舎前の灯油タンクにカルチャーショックを受ける】北海道の駅を現地調査㊶ | (railway-topic-kh8000show.net)

【W75徳満駅(宗谷本線)/予想外の廃止駅!国道40号沿い・超景色の良い展望台が近くにある】北海道の駅を現地調査㊷ (railway-topic-kh8000show.net)

↑YouTubeの現地調査系INTER URBAN6304氏の下沼駅の動画も参考にした。以下は私が実際に現地調査した内容を書く。但し上記動画は2016年9月に撮影したもので、私が現地調査(2020年9月)と異なる点もあるのでご了承いただきたい

★W73下沼駅(宗谷本線)現地調査😆愛嬌タップリのキャラクター「ぬまひきょん」が居た🥳夢いっぱいの駅舎🥳

↑2020年9月にW73下沼駅(宗谷本線)を現地調査(駅訪問)する😆下沼駅は2019年9月にも現地調査していた😆その理由は?🤔

【2019年9月乗車記と乗り歩き/宗谷本線4325D幌延→稚内/下沼駅の愛嬌タップリな駅舎/サロベツ原野の車窓と抜海駅/日本最北端の稚内駅へ】最北の各駅停車④ | 【鉄道とバスの乗車記・乗り鉄・駅の現地調査記事は】今話題の事を詳しくしゃべり倒すブログ〜ザ・KH8000ショー (railway-topic-kh8000show.net)

↑2019年9月に宗谷本線の各駅停車に乗った時に下沼駅の駅舎に感動した🥺その後宗谷地区をクルマで行く場所が複数あったので、そのついでに現地調査したのだ😆下沼駅はどう見ても車掌車改造の駅舎であるが、「ぬまひきょん」と言うキャラクターが描かれた😆これは幌延町の「秘境駅を観光地化」するための取り組みで、この後現地調査した南幌延駅も独自のキャラクターが登場🥳

↑下沼駅の駅舎に「ぬまひきょん」の誕生秘話があった😳

↑下沼駅が生まれ変わった時の動画(北海道新聞ニュース)があった😆2017年8月の事で、それ以来「ぬまひきょん」が下沼駅の”看板”となった🥳今回(2020年9月)の現地調査では時間をかけてじっくりと下沼駅を見る事にした😆

【下沼駅の駅前はオフロード😅】

↑下沼駅に到着😆地理的には国道40号沿いで、上記動画にもあった通り名山台展望公園と言う利尻富士やサロベツ原野が見える場所の近くにある大きな駐車場の近くだ😆しかし、国道40号から直接下沼駅を見る事も出来ないし「下沼駅」と言う標識さえも無い😫この展望台から1本それた道を進んでさらに左折する角が2つ。これでようやく下沼駅に着ける😫周囲は人家が皆無に等しく、人よりも牛🐄の方が多い牧草地帯のど真ん中だ😆

↑下沼駅の真ん前まで舗装された道路😆下沼駅の敷地に入った途端オフロード(未舗装)になる😔どうやらオフロード部分はJRの管理地らしく、舗装ならばJRの資金で行えという事か🤔クルマで下沼駅を現地調査する場合は、オフロードながら駐車出来る場所がある😳

【いろんな角度・表情から下沼駅のキャラクター「ぬまひきょん」を見る😆】

↑下沼駅をいろんな角度・表情から記録(撮影)する😆やはり「ぬまひきょん」は愛嬌があってカワイイ😍2019年9月に現地調査した時には駅舎前にカボチャ🎃があった。恐らくハロウィンの関係なのだろうが、今回2020年9月に現地調査した時には消えていた😔地元の人が撤去したのであろうか?🤔

【下沼駅の駅舎は中は夢いっぱいの世界🥳なぜか「伯備線」「姫新線」「芸備線」と書かれたJR西日本のポケット時刻表を発見🤣】

↑下沼駅の駅舎の中😆構造そのものは車掌車改造タイプと大きく変わらない😳下沼駅の大きな特徴は「ぬまひきょん」の存在であるが、それが登場するまでの物語、彼の性格や特徴を説明する表示もあった😆いろいろ見ていると夢いっぱいの世界だった🥳

↑下沼駅のイラスト😳🥺

↑下沼駅の風景写真😳上記動画でもあったがキハ22と思われる車両が4両で走っている🥳国鉄時代の宗谷本線にはどのような列車が走っていたのだろうか?🤔調べればそれはわかる事であるが、私としては細かく知りたい次第🤔

下沼駅は1984年まで列車交換が可能で有人駅でもあったという😲周辺の様子からしてその事はちょっと想像出来ない😲今の車掌車改造タイプの駅舎は1985年に登場し、その頃から棒線駅になったという😔無人駅になったのと棒線駅にした理由は国鉄の合理化との事だが、その時代から下沼駅周辺は人が少なかったようにも思える😔それが駅の規模縮小によりさらに人が減って、今や存廃問題にもなっているのは北海道の駅では他にも多くあって、それは鉄道側の営業(経営)努力云々ではなく、街に活力がないと結果としては街も消滅し駅も消えてしまう運命なのか😱

↑下沼駅の時刻表。周辺の他の駅と停車本数は変わらない😌後術するが下沼駅へ列車で現地調査する場合は意外と便利なダイヤだったりする🥳窓には「ぬまひきょん」の目が付いているが🙄目の裏には「ぬまひきょん」の説明書きがあった😳

↑下沼駅の業務用電話の上にはサンタクロース🎅になった雪だるま⛄アヒル🦆の家族にトナカイとなんとも家庭的な雰囲気🥺

↑下沼駅の駅舎の掲示物に「空飛ぶ熊🐻」を発見😖どうやら近くで出没するらしい😖対処法も簡単に書いてあったが、熊が出没するとは予想外だった😱

↑下沼駅の駅舎にも変な物があった🤣宗谷本線の時刻表、暇つぶし漫画本が数冊あるくらいはまぁまぁ自然の事😅時刻表はもう1種類ありそこには「伯備線」「姫新線」「芸備線」とあった😲どうやら誰かがJR西日本岡山支社管内のポケット時刻表を置いて行ったらしい🤣

【下沼駅は11時台に稚内行き→名寄行きが続けてやって来る😆】

↑下沼駅のホームは列車交換が出来ない😞駅名標も記録(撮影)しておく。写真は名寄方面に向かって撮影。11時04分発の4325D稚内行きがやってくる頃だ🥳

↑森の中からゆっくりと到着したキハ54-509の稚内行き🥳停車時間はやや長めで1分程度止まっていた😆

↑下沼駅での乗り降りはゼロ😔キハ54のディーゼルエンジン音だけが響き渡る😆やっと時刻になりドアが閉まる。稚内に向けてゆっくりと発車した😆

宗谷本線の列車を使って下沼駅の現地調査は意外にやりやすかったりする😆滞在時間は20分程度になるが、幌延方面から11時04分発の稚内行きで下沼駅に来て、11時26分発4326D名寄行きに乗り幌延方面に戻る事が出来る😆この列車に乗り過ごすと次は19時頃まで列車が来ない😱

↑駅舎内などを現地調査して、11時26分発の名寄行き(キハ54-501)も記録(撮影)する😆この列車も停車時間が長く1分程度止まっていた😆どうやら余裕があるダイヤを組んでいるらしい😌まだこの時は雪が無かったが、雪が降るようになると数分程度の遅れは発生しやすくなる。反対列車との交換待ちの時間が長い理由もこの事なのだと思う。北海道ならでは鉄道事情なのかもしれない⛄

【人生が変わるかのような風景と駅が待っている幌延町🥳】

下沼駅は利用者数が極端に少ない😔幌延町の宗谷本線の駅だと「上には上がある😏」ものの1日平均は0,4人の乗車しかない😏1日1人いないと思って良い😞11時台の上下列車2本を見たが利用者はゼロだった😔それどころか駅周辺に人が近づくような感じもなかった😔JR北海道は廃止の方針を出したが、幌延町が維持費を負担する形で存続している😌

しかし、「下沼駅」自体が観光資源なのは間違えない😆幌延町も町内にある秘境駅に遠くから来る旅行客(もちろん鉄道ファン以外も取り込む)にたくさん来る事を狙う😏北海道でもかなり遠い場所にある幌延町は行くだけで大変だ😵札幌からだと4時間半、旭川からだと3時間もかかる😫これは「特急で」だ😫遠くても来る価値は十分ある😏幌延町は本州・四国・九州ではまず見る事が出来ない「原野」と言われる人工的な物がほぼ皆無な大自然が町内にはあちらこちらにある🥳人生が変わるかのような風景が待っている🥳

鉄道ファン的にもヨダレもの🤤駅だらけで、糠南駅や南幌延駅のように板切れホームしかない駅、雄信内駅のように古き良き時代の木造駅舎に他にも線路がタップリあったんではないの?🤔と思うようなホームと見どころ満載🥳価値観が変わるような風景と鉄道の姿がこの後の宗谷本線現地調査でもまだまだ続く🥳

44回目に続く(下記リンクをクリック、12月16日公開)

【W71上幌延駅(宗谷本線)/北緯45度線の近く!「何もない」姿は感動もの】北海道の駅を現地調査㊹ (railway-topic-kh8000show.net)

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。