【2021年8月乗車記/全区間通過運転!E233系「ホリデー快速おくたま号」に乗る】東京アドベンチャーラインとは?⑨

広告
広告
広告

2021年8月乗車記。東京アドベンチャーライン(青梅線・青梅~奥多摩)から中央線快速の東京駅まで乗り換えなし!しかも奥多摩→東京間の全区間通過運転を行う「ホリデー快速おくたま6号」に乗る。御嶽駅を簡単に現地調査。車両はE233系H編成6両で拝島駅で五日市線武蔵五日市発の「ホリデー快速あきがわ6号」と連結する

広告
広告

前回までの続きはこちらをクリック。

【2018年4月乗車記/青梅線は観光路線?謎の列車番号?鳩ノ巣駅と白丸駅を現地調査】東京アドベンチャーラインとは?① (railway-topic-kh8000show.net)

【2018年4月乗車記と現地調査/運転上重要な古里駅/自動券売機が撤去された沢井駅】東京アドベンチャーラインとは?② (railway-topic-kh8000show.net)

【2018年4月乗車記と現地調査/急坂!軍畑鉄橋と軍畑駅/青梅街道沿いにある日向和田駅】東京アドベンチャーラインとは?③ (railway-topic-kh8000show.net)

【2018年4月乗車記と現地調査/唯一の10両対応宮ノ平駅/祝日夕方の奥多摩行きは空く】東京アドベンチャーラインとは?④ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年8月乗車記/八王子から八高線経由で/立川~拝島~青梅間は「青梅線」のまま?】東京アドベンチャーラインとは?⑤ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年8月乗車記と現地調査/青梅駅大絶賛工事中/青梅→奥多摩間は一気に山岳路線に】東京アドベンチャーラインとは?⑥ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年8月奥多摩駅を現地調査/ホームがハンパなくカーブ!駅員の対応が非常に悪い】東京アドベンチャーラインとは?⑦ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年8月乗車記と鳩ノ巣駅現地調査/ホリデー快速になる列車が回送/山小屋風の駅舎】東京アドベンチャーラインとは?⑧ (railway-topic-kh8000show.net)

【日付】2021年8月29日(日)

【列車番号】1606H(ホリデー快速おくたま6号・東京行き)

【時刻】御嶽(JC69)17:12→東京(JC01)18:36

【停車駅】青梅、福生、拝島、西立川、立川、国分寺、三鷹、中野、新宿、四ツ谷、御茶ノ水、神田、東京

【車両】E233系0番台(H55編成、6号車クハE232-513、6両)

【備考】拝島駅で五日市線武蔵五日市発の「ホリデー快速あきがわ6号」と連結。拝島→東京間は10両で運転

★2021年8月乗車記。東京アドベンチャーライン(青梅線)の優等列車😆「ホリデー快速おくたま6号」(御嶽→東京)に乗る😆

↑2021年8月乗車記。東京アドベンチャーライン(青梅線)の現地調査を続けてきた(詳細は前回までのリンクをクリック)。

段々日没時間が近い事、日帰りだったのでそろそろ撤収しないと「青春18きっぷ」だけでは帰宅する事が出来なくなる😅行きと同じ経路(拝島まで青梅線→拝島~八王子間は八高線→八王子~橋本間は横浜線→橋本~茅ヶ崎間は相模線→茅ヶ崎から東海道線)だと乗り換えだらけ😫簡単に帰宅したかったので、遠回りにはなるが東京駅経由とした😆青梅駅からは青梅特快や中央線直通の快速東京行きに乗れば良く、東京駅からは東海道線普通列車のグリーン車(要追加料金🤑)とした。でも時刻表を見ると東京アドベンチャーライン(青梅線の青梅~奥多摩)から乗り換えなしで東京駅まで行ける列車を発見🤩鳩ノ巣16時39分発の青梅行き1610列車に乗り、御嶽駅で下車🙄簡単に現地調査しておく😳

【「ホリデー快速おくたま6号」に乗る前に簡単に御嶽駅を現地調査する😆】

↑御嶽駅のホームはシンプルな1面1線の島式😅利用者が多いのか?土地が余っていたのか?島式ホームの割には横幅が広い😆

↑ホームから改札口には階段で連絡する。バリアフリー対応はしていない😱まるで下に吸い込まれるかのような階段だ😱

↑駅員が待ち構えているのかと思いきや無人駅だった😅東京アドベンチャーラインのいくつかの駅で見かけた掲示物によれば「えきねっと説明会」と称した行事をこの日御嶽駅で行っていたらしい🤔「えきねっと」の利用促進、入会者数アップを狙った営業活動なのであろう🤔その人員は青梅駅から派遣される形か?🤔

御嶽駅では「えきねっと」受取は出来ないらしい🤔券売機が2台もあったが、いずれもSuicaチャージと近距離乗車券が購入出来る内容に特化😅JR東日本の場合、指定席自動券売機はムラサキ色なので、御嶽駅のタイプは明らかに異なる事がわかる😅また近距離乗車券用の券売機は御嶽駅にはミドリとピンクがあったが、この違いはよくわからない🤔駅によってはブラックもあるらしい🤔完全にデザインが統一されているJR東海とは大違いである😅

↑レンタサイクルにも対応しているらしい🤔もちろん有料(2,500円らしい)との事だが、どういう仕組みで借りるのかよくわからない🤔滞在時間が短いので現地調査の内容も雑になりがちだ😫

↑御嶽駅の駅前には多くの人がいる😲ハイカーであったり、周辺へ遊びに行った人が目立つ🥳駅前にはザンギ(北海道のから揚げ)を売った出店も出ていたが、どうやらこの日は売り切れらしい😞それだけ人が多い駅という事がわかった。御嶽駅前は国道411号(青梅街道)が通る。クルマも途切れる事が無い😲信号機を渡って簡単に周囲を見ておく。

↑御嶽駅の周辺も「谷」と言える川が流れていて、そこの橋から眺めると足が竦む😖夏の終わりではあるが、まだまだ暑いので川遊びをする姿も見られた😆わずか20分ほどしか滞在出来ないので、そろそろ時間切れで御嶽駅に戻る😔

↑光り輝く御嶽駅😳照明と駅舎の雰囲気が見事にマッチしている😳

【乗車記。東京アドベンチャーラインから乗り換えで東京駅まで行ける優等列車「ホリデー快速おくたま6号」に乗る😆】

↑ここからは「ホリデー快速おくたま6号」の乗車記と乗り鉄😆

東京アドベンチャーラインから新宿・東京駅まで乗り換えなしで行けるのが「ホリデー快速おくたま号」😆土日祝日3往復の運転で、午前中に東京・新宿→奥多摩、午後に奥多摩→新宿・東京間で運転😆車両はE233系0番台のロングシート車で、両数が4両→6両に増えた以外は他の東京アドベンチャーラインの列車と同じ😅快速列車なのでSuica等の一般的な乗車券はもちろん、「青春18きっぷ」や「週末パス」等の企画乗車券でも追加料金無しで乗れる😆

「ホリデー快速おくたま号」は東京アドベンチャーラインから通過運転を行う😲この種の列車は「遠近分離ダイヤ」が多く、概ね東京・新宿~青梅間は通過運転を行い、末端部の青梅~奥多摩間は各駅停車が通例😅しかし、「ホリデー快速おくたま号」は全区間で通過運転を行う😲ホームの両数的に6両対応不可駅の存在も影響しているだろうか?🤔通過駅は青梅駅や御嶽駅で前後列車から乗り換える事になる😅

「ホリデー快速おくたま6号」は東京方先頭車両の1~3号車が混雑する🥳理由は「改札口直結の階段が近いから」で、この事は東京アドベンチャーラインだけで運転の各駅停車も同様だ😅立ち客も多数出ており、大きな荷物も目立つ😅そのため私は空いてそうな6号車(拝島までは最後部車両)に乗ると、空席だらけだった😅やはり階段から遠いとこうなるか😏

「ホリデー快速おくたま6号」は東京アドベンチャーラインの駅を次々に通過する😲青梅駅には17時25分。ここから立川方面は本数が多いし、新宿・東京直通列車も多数ある😏そのためそう多くは乗らず発車する。東京アドベンチャーラインと案内しなくなった正式名称である「青梅線」になってからも引き続き通過運転を行う😲「青梅特快」で同線内は各駅停車なので、「ホリデー快速おくたま号」がいかに”特別な列車”なのかがわかる😳

拝島には17時40分着。武蔵五日市発の「ホリデー快速あきがわ6号」と連結する😆こちらは4両で五日市線内は各駅停車となる😅五日市線は過去に一度だけ乗った事があるが、それ以来ご無沙汰😫そう遠くないうちに改めて乗りに行きたいと思った😆

特にホームに出る事は無く、座っている座席から連結する姿を見る😆E233系には自動連結器が搭載されているので、単に車両を繋ぐだけで全ての作業が終わる😲誘導する駅員等の人員は必要だが、昔に比べれば減った。E233系は貫通路がないが車内を通る事が出来る幌を無くしているのも、業務効率化の一環か🙄多少の衝撃があったもののガッツリと車内が揺れる事も無いのは今時の電車😌国鉄世代の車両とは訳が違う😏

10両になった「ホリデー快速おくたま号」と「ホリデー快速あきがわ号」。この名前のまま終着東京まで運転する。西立川駅の停車をはさみ17時55分に立川駅に到着。流石にお客が多く一気に乗り替わる😲この時点で「行楽ムード」は消えた😔この先は中央線快速の区間で「中央特快」に準じた停車駅となる。久しぶりに明るい時間になると車窓も変わっていた😲それが”天下の大東京”なのかとも思ったが、立川以東は全面高架線となった影響が大きい😲昔は「開かずの踏切」が大問題となり、あの小泉純一郎氏が総理大臣の時に直接「解消するように」と指示したほどだ😲

国分寺、三鷹と停車するが、各駅停車の快速との接続があったり、中野では地下鉄線や緩行線との乗り換えも出来る。意外と中央線快速電車と称する区間では「緩急接続」が盛んだった😲田舎者に言わせれば、御茶ノ水での乗り換えだけと思っていた次第😅

新宿駅には18時23分着。ここからは先発列車を追い抜く事も無く、完全な並行ダイヤとなる。まだまだ「ホリデー快速おくたま号」「ホリデー快速あきがわ号」と名乗っていたが、”アウェイ感”が満載で「フツーの中央特快や青梅特快、中央快速と何が違うの?😒」と言った感じ😖”天下の大東京”が車窓から感じられるのも中央線快速電車の新宿~東京間と言える。御茶ノ水駅で緩行線と分岐し、神田駅まで来れば下車の支度をしないといけない😫

東京駅には定刻通り18時36分に2番線の到着😌私は18時48分発の1625E東海道線伊東行きへ乗り換えとなるが、距離があったり買い物もしたいためバタバタの状態となる😰これは車両も同じ事で、折り返しは3分後の18時39分発だった😰ダイヤが乱れた時にはどのような運用になるのだろうか?🤔

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。