【2021年9月乗車記/小浜線加斗~若狭本郷間の若狭湾が見える絶景車窓!実はマジな徐行だった!】北陸乗り鉄大作戦②

広告
広告
広告

2021年9月乗車記。北陸乗り鉄大作戦。小浜線125系の934М東舞鶴行き今回は小浜→東舞鶴間。1両1編成の独特な電車125系を見る。加斗~若狭本郷間の絶景車窓は速度が落ちてサービス徐行!…と思いきや実はマジな徐行だった!若狭高浜駅で敦賀行き列車と交換し雨が降る中で福井県から京都府に入る。松尾寺駅はなかなか良い雰囲気

広告
広告

前回までの続きは下記リンクをクリック

【2021年9月乗車記/デッドセクション後面展望で見る】北陸本線普通列車は521系2両ワンマン列車なのに全駅全ドア開く (railway-topic-kh8000show.net)

【秘境駅なのに設備が近代的!ICカード利用可!どこにでもあるタイプの待合室?】北陸本線南今庄駅現地調査 (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年9月乗車記/小浜線敦賀→小浜/125系3ドア車だが中央ドアが使えない?地域交通として機能】北陸乗り鉄大作戦① (railway-topic-kh8000show.net)

【乗車日】2021年9月4日(土)

【列車番号】934М(小浜線・ワンマン普通・東舞鶴行き)

【時刻】敦賀12:20→小浜13:22~13:25→東舞鶴14:22

【車両】125系の2両(クモハ125-16+クモハ125-8)

【備考】話が長いため、今回は小浜→東舞鶴間について書く

★2021年9月乗車記。北陸乗り鉄大作戦。小浜線加斗~若狭本郷間の若狭湾が見える絶景車窓😆サービス徐行と思いきや実はマジな徐行だった!😲

↑2021年9月乗車記。北陸乗り鉄大作戦。前回(上記1回目リンクをクリック)は小浜線に乗って敦賀→小浜間について書いた。今回はその続き😅

小浜駅は小浜線の中でも利用の多い駅で、全てのドアが開いた。すなわち有人駅である😅小浜と言えば北陸新幹線が通る事で一応は決着したが、具体的な経路は決まっておらず(2021年11月現在)、小浜駅に直接的に新幹線が乗り入れるか未定🤔敦賀~新大阪間の新幹線開業が2046年とも言われており、まだまだ先の話である😅

【1両1編成の独特な電車😆125系を見る😆】

↑1両1編成の独特な電車😆125系を見る😆運転席は意外と広い😆ワンマン運転対応で、運賃表・運賃箱も搭載🤑

↑ドアが開くとこんな感じ。開口部が広く感じる😆押しボタン式の半自動ドアで、スイッチは223系1000番台と同じだ😆鴨居部(ドア上の部分)には小浜線(全区間)と北陸本線(一部区間)の路線図。JR西日本金沢支社の路線図は昔から青一色でしか表記していないことが特徴😆これを見ただけで北陸に来たー!😆と思う次第。

↑座席はえんじ色のカバー😆これも北陸のJR・国鉄車両らしいと私は思う😆

小浜線ではICOCA等の交通系ICカードは使えない😔整理券発行機がドア横のロングシートの横にくっついている😅取り付けようと思えば、七尾線の521系のように車内ICカード改札機の設置も可能そうだが、1日1,000人程度の輸送密度(1日1キロ平均利用者数)しかない路線なので、投資効果も薄いとの判断か😫考え方によっては、小浜線で意図的にICカード利用不可区間を設けている気がする🙄仮に小浜線で使えてしまうと、運賃計算が複雑な事になり、大阪近郊区間も極端に広く設ける話にもなりかねない😩

↑基本的には転換クロスシートであるが、トイレ付近はボックス席になっている🙄しかも窓割が合っていない😫「窓無し席」が存在する😩

↑もう少し広げて見てみると、「窓無し席」の後ろは意味もない?🙄通路となっている。その反対には同じ形状の座席が1区画🙄つまり外から見ると🙄

↑開く事が無い中央ドア付近の事だった😅座席数を増やすため無理矢理座席を増やした結果だった😫

↑125系の運転席は、223系や521系とほぼ同じ😲細かく見ればこれ車両と違いもあるのだろう🙄125系は地方路線向けに作った車両なので、開発費を減らすため既存車両の作りを基本にした事がわかる😅

↑小浜~勢浜

↑勢浜駅

カメラをズームさせて運転室の窓越しから小浜線の車窓を見る😆ある意味「運転士目線」の見方だ😆

【小浜線加斗~若狭本郷間の若狭湾が見える絶景車窓!😆ゆっくり走る電車😆でもサービス徐行ではなくマジな徐行だった!😳】

加斗~若狭本郷間の絶景車窓😆行きの934М東舞鶴行きにて

加斗~若狭本郷(若狭湾が見える絶景車窓)。帰りの942М敦賀行き(若狭本郷17時13分→加斗17時19分)の車内からも車窓を記録(撮影)する😆

実はこの区間小浜線の電車はゆっくり走る😆これは若狭湾が見える絶景車窓をゆっくりと見る事が出来るように「サービス徐行」徐行しているに違いない!😆と思ったが🙄

25/310

(25㎞/hで走行する区間が310メートルあるという意味)

小浜線加斗~若狭本郷間の徐行指示標識

マジな徐行だった😱運転席から小浜線の線路を見るとカーブがキツく見通しが悪い😱並走する国道27号は片側2車線の走りやすい道路で60㎞/h前後で走行出来るような高規格な道だが、線路は逆に低規格😫線路のギリギリまで崖が迫る地形だ😫偶然絶景車窓と地形が悪い場所が重なっただけだった😲

JR西日本では地方路線を中心に極端な徐行区間(15~30㎞/h制限)が多数あるが、小浜線については上記区間ともう1か所だけが25㎞/h制限で、残りの区間は概ね70~80㎞/h程度で走行出来る😏少ないだけ良いか😅

【雨が降る中で☔小浜線は福井県から京都府に入る😳】

↑若狭和田~若狭高浜

若狭湾が見える絶景車窓が見える区間辺りから天気が悪くなってきた⛅若狭和田駅を発車した段階では冷たい雨に☔

↑若狭高浜駅では13時52分~13時59分まで止まる😅車内も空席がかなり増えてきた😅敦賀周辺では満席だったが地元客が降りてしまうと、新たな地元客も乗って来なくなった😫若狭高浜駅はいわゆる国鉄配線(方式ホーム1面1線+島式ホーム1面2線)。934М東舞鶴行きは駅舎から離れた3番のりばに止まる。2番のりばを使いそうな気がするが、こちらは副本線なのか?🙄それとも錆落としのために934Мだけ3番のりばに入る特殊な列車なのか?🙄

↑あまり遠くに行くつもりはなかったので、乗車していたクモハ125-8から近い場所で簡単に記録(撮影)するだけにした😅それにしても立派なホームだ😆5~6両は入線出来そうだ😳小浜線の定期列車は2両が基本だが、朝の通学輸送の際には利用が増えるため4両運転になるという😲車両はもちろん125系なので、1両×4編成と言う姿は壮観だ🤩

↑13時57分発の937М敦賀行きと交換する😆こちらも125系の2両😅

↑三松~青郷

この付近までが福井県となる。小浜線のほとんどの区間は福井県であるが、文化的には関西なのが福井県の嶺南地方😅北陸では無くもはや北近畿・関西なのが小浜線であったりする😅

↑松尾寺駅からは京都府😳今や棒線駅と化しているが、新しく整備したと思われる待合所がホームにあった😆駅舎は昔ながらでなかなか雰囲気が良い😆機会があれば現地調査もしたい😆駅構内には他にも線路等の鉄道施設があったと思われる遺構があった😆今や草むらに隠れている😞松尾寺駅の歴史を知りたくなってきた🤔

↑青春18きっぷ(2021年夏季分)を記録(撮影)しておく。入鋏印以外は特に何も押していない😅そもそも下車印をもらった事が一度もない😱下車印スタンプラリーを行うような趣味もないので、いつもこの状態である😅

段々と建物が増えてくると東舞鶴駅に到着😆この駅が実に独特な作りで、港まで歩いてみるとまさに海の街だった😆次回は東舞鶴駅周辺を現地調査する😆

3回目に続く(下記リンクをクリック、11月 日公開)

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。