【2021年8月乗車記と鳩ノ巣駅現地調査/ホリデー快速になる列車が回送/山小屋風の駅舎】東京アドベンチャーラインとは?⑧

広告
広告
広告

2021年8月乗車記と鳩ノ巣駅(青梅線・東京アドベンチャーライン)を現地調査する。奥多摩駅から乗ったE233系車内は換気のため窓が空いていた。鳩ノ巣駅で列車番号1504の青梅行きと奥多摩発の「ホリデー快速おくたま号」になる列車の回送送り込み。かなり山深い雰囲気で、山小屋風の駅舎となっていた

広告
広告

前回までの続きはこちらをクリック。

【2018年4月乗車記/青梅線は観光路線?謎の列車番号?鳩ノ巣駅と白丸駅を現地調査】東京アドベンチャーラインとは?① (railway-topic-kh8000show.net)

【2018年4月乗車記と現地調査/運転上重要な古里駅/自動券売機が撤去された沢井駅】東京アドベンチャーラインとは?② (railway-topic-kh8000show.net)

【2018年4月乗車記と現地調査/急坂!軍畑鉄橋と軍畑駅/青梅街道沿いにある日向和田駅】東京アドベンチャーラインとは?③ (railway-topic-kh8000show.net)

【2018年4月乗車記と現地調査/唯一の10両対応宮ノ平駅/祝日夕方の奥多摩行きは空く】東京アドベンチャーラインとは?④ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年8月乗車記/八王子から八高線経由で/立川~拝島~青梅間は「青梅線」のまま?】東京アドベンチャーラインとは?⑤ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年8月乗車記と現地調査/青梅駅大絶賛工事中/青梅→奥多摩間は一気に山岳路線に】東京アドベンチャーラインとは?⑥ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年8月奥多摩駅を現地調査/ホームがハンパなくカーブ!駅員の対応が非常に悪い】東京アドベンチャーラインとは?⑦ (railway-topic-kh8000show.net)

【日付】2021年8月29日(日)

【列車番号】1504(青梅行き)

【時刻】奥多摩(JC74)15:36→鳩ノ巣駅(JC72)15:41

【車両】E233系0番台(青462編成、10号車クハE232-62、4両)

【場所】鳩ノ巣駅(JC72)を現地調査(駅訪問)する

★2021年8月乗車記と鳩ノ巣駅(東京アドベンチャーライン)現地調査😆山小屋風の駅舎が特徴的😆

↑2021年8月に東京アドベンチャーライン(青梅線)鳩ノ巣駅を現地調査(駅訪問)する😆前回(上記リンク8回目をクリック)は奥多摩駅を現地調査した😆そのまま帰ってしまうのはつまらないため、現地調査する駅を増やす事にした😅

【乗車記。奥多摩駅→鳩ノ巣駅のわずか2駅5分だけ東京アドベンチャーラインに乗る😆】

↑わずかながらの乗車記😅奥多摩駅から15時36分発青梅行きの列車番号1504に乗る😆ハイカー・観光客で立ち客でいっぱい…かと思ったら空席が目立つ😌この先御嶽駅等で多く乗せるだろうから、終着の青梅駅に着いた段階で立ち客で多くなるだろう😫

↑E233系の窓は開いていた🙄COVID-19の対策である換気を行うためであろう。JR東日本の車両では「この分だけ窓を開けてくれ」と言う具体的な目安を示しており、分かりやすい😆奥多摩→鳩ノ巣間の乗車はたったの5分だけで、気づいたら「まもなく鳩ノ巣」の駅名連呼が聴こえてきた😅

【鳩ノ巣駅を現地調査😆ホームから周囲を見ると山深い場所に来たような?🤔】

↑鳩ノ巣駅に到着。降りる人が多少いたが、基本的にはハイカー・旅行客が多く乗ってきた😅車内も空席がかなり少なくなってきた😅

しかし、列車番号1504はスグに発車しない🤔どうやら交換列車があるらしい🤔青梅行きの場合駅舎と反対側のホームに停車するので、駅舎側のホームに行ける跨線橋から反対列車を記録(撮影)する事にした😆

↑こんなアナログな表示😳車掌に対して発車時刻の確認を促すもの…に見えたが、この看板は「停車時分は?」とあったので、逆の意味で何分停車するのか?という事を質問しているらしい。

↑2種類の駅名標😳東京アドベンチャーラインのオリジナルデザインだけかと思いきやJR東日本標準のデザインも併設されている🤣これは同社ではよくある話で、統一した駅名標になっていない事も特徴だ。

↑E233系0番台6両による奥多摩行き回送だった😲折り返しは奥多摩16時18分発の東京行き1602Hホリデー快速おくたま4号になるための送り込みだ😲土日祝日ダイヤでは送り込み回送も記録(撮影)出来るのが東京アドベンチャーラインだ😆

↑列車番号1504が発車する😆青梅方面を見るとかなり山深いように見える😆山深さ(あくまでも私の見え方)だけで言えば、奥多摩駅周辺よりも険しいように見える😆

↑跨線橋から鉄道施設を抜いて周辺の様子を撮影すると、ますます山深いように見える😆

【山小屋風の駅舎をしている鳩ノ巣駅😆】

↑跨線橋から鳩ノ巣駅の駅舎を見る😆階段を降りて向かう事になる😅エレベーター・エスカレーターは無い😫バリアフリー対応にはなっていない😫

↑ホームは相対式。奥多摩方面に進むと信号機🚥があり線路も2本から1本に減る。典型的な単線区間の列車交換駅である😅駅名標等の看板類が変わった以外は2018年4月に現地調査した時と大きく変わりないが🙄

↑駅名標がホームから改札口に降りる階段付近にあったが?🙄

↑2018年4月現地調査した時にはこのような看板があった😲しかし2021年8月に現地調査した時には消えていた😱個人的にはこれが見られなくなってしまった事のショックが大きい😱

↑改札口も基本的には変わっていない😌東京アドベンチャーラインと称するようになってから、ICカード改札機もデザインが変わっていた😲機械そのものを新品にしたのか?わからないが、視覚的に出場(出口、下車時にタッチ)用と入場(入口、乗車時にタッチ)がわかるようになっている😆

↑「青梅通信」と称する「えきねっと」の宣伝🤣どうやら管理駅の青梅駅が発行しているものらしい(発行者名は「青梅駅長」となっていた)🙄

↑しかし、「えきねっと」で予約したきっぷを受け取る事が出来る券売機は未設置😫以前は近距離乗車券が買える自動券売機があったはずだが、それも消えていた😱Suica等のICカード、青春18きっぷや週末パスと言った企画乗車券、その他定価の乗車券を他駅で用意していない場合は、路線バスに乗る時と同じく「乗車駅証明書」を受け取り、東京アドベンチャーラインでは車掌からきっぷを買う事が出来ないため、着駅で現金精算するか、無人駅だと「きっぷ回収箱」に必要な額を投入するしかない😫大多数のお客は困らないという事か😫

↑山小屋風の駅舎😳今は無人駅で元有人窓口だった場所は壁で塞いである😞ハイカーが多いため「登山計画書」の提出を求めているのも当地らしい姿😌

↑風格がある駅舎😳外観から見ても山小屋風だ😆

↑意外と珍しいのが鳩ノ巣駅の表札😆海抜がちゃんと書いてある事に加えて、開業日もしっかりと書いてある😲開業日まで駅頭で知る事が出来る駅は全国的に見ても珍しい😆

この後は青梅街道(国道411号)に出て簡単に歩いて終わりにする😅少しの休憩をしたうえで、もう1駅現地調査を行い「ホリデー快速おくたま号」に乗る事にした😆

9回目に続く(下記リンクをクリック、11月22日公開)

【2021年8月乗車記/全区間通過運転!E233系「ホリデー快速おくたま号」に乗る】東京アドベンチャーラインとは?⑨ (railway-topic-kh8000show.net)

広告
広告
広告

KH8000

ご覧くださいまして、ありがとうございます。 当ブログは鉄道・バス・ヒコーキ・船について、読者の皆様が”乗りたくなる”公共交通機関の魅力をお伝えします。 実際に私が乗った時・撮った時の感想などについて「乗車記」「撮影記」として、各地の秘境駅や注目の鉄道駅に直接訪問し現地で知り得た事を「現地調査」として、”他所よりも詳しく”、鉄道系YouTuberに負けぬほどの勢い・情報量・知識・感動体験を当ブログでお伝えします。 私はJR全路線全区間乗車(JR完乗)済みで、鉄道友の会の正会員(一応某支部の幹部・撮影会などの行事についても詳しくお伝えします)です。当ブログのフォロー(ブックマーク)は誰からも大歓迎です。

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。