【2021年4月乗車記/小和田~大嵐間に隠れた絶景車窓!全ての定期列車が停車する中部天竜駅をまさかの通過!「飯田線の浦川です」/飯田線秘境駅号乗車記・小和田→浦川】飯田線は良い打線だ⑫

広告
広告
広告

2021年4月乗車記。飯田線秘境駅号は小和田駅を発車すると次の大嵐駅までのトンネルとトンネルの間で絶景車窓があった!飯田線名物と言えば向市場~城西間の渡らずの鉄橋!佐久間駅に隣接する図書館から「佐久間レールパークフィナーレ号」のヘッドマークを見せる!次の中部天竜駅は通過!「飯田線の浦川です」の浦川駅に停車する

広告
広告

前回までの続きは下記リンクをクリック

【2021年4月乗車記/朝の中部天竜始発の飯田行き1507М/列車1本貸切状態!】飯田線は良い打線だ① (railway-topic-kh8000show.net)

【”秘境駅のパイオニア”小和田駅を現地調査/時間が止まったような空間】飯田線は良い打線だ② (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年4月乗車記/313系501М天竜峡行きに乗る/大都会と秘境の境はちょっとした藪?!】飯田線は良い打線だ③ | (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年4月乗車記/”飯田市内線”天竜峡→飯田間しか運転しない大忙しの213系と車掌】飯田線は良い打線だ④ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年4月乗車記と現地調査/飯田以北へ進む213系/伊那田島駅は高原地帯の秘境駅】飯田線は良い打線だ⑤ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年4月乗車記/それなりに性能が良い車両!飯田線専用車両313系1700番台に乗る】飯田線は良い打線だ⑥ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年4月乗車記/超人気列車!日本一面白い車内放送!飯田→天竜峡・飯田線秘境駅号に乗る】飯田線は良い打線だ⑦ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年4月乗車記/千代駅+金野駅の駅名標を触ると貯金?!/天竜峡→門島・飯田線秘境駅号に乗る】飯田線は良い打線だ⑧ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年4月乗車記/田本駅は断崖絶壁のホーム!為栗駅は天竜川が美しく見える!門島→為栗・飯田線秘境駅号に乗る】飯田線は良い打線だ⑨ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年4月乗車記/飯田線秘境駅号に乗る/平岡駅で特産品販売会場!財布のヒモを緩めたくなる!/伊那小沢駅で反対側ホームに行くと乗れなくなる?】飯田線は良い打線だ⑩ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年4月乗車記/飯田線秘境駅号だと簡単に行ける!天空の茶畑がある中井侍駅・秘境駅のパイオニア小和田駅を現地調査】飯田線は良い打線だ⑪ (railway-topic-kh8000show.net)

【日時】2021年4月11日(日)

【列車番号】9102М(急行・飯田線秘境駅号・豊橋行き)

【時刻】飯田13:13→豊橋17:54

【車両】373系(F2編成、2号車指定席サハ372-2、進行方向左窓側の14番D席)

【停車駅】天竜峡、千代、金野、田本、為栗、平岡、伊那小沢、中井侍、小和田、浦川、豊橋

【備考】全席指定。今回は小和田→浦川間の乗車記と乗り鉄を中心に構成する

★2021年4月乗車記と乗り鉄。小和田~大嵐間に隠れた絶景車窓!😆全ての定期列車が停車する中部天竜駅をまさかの通過!😱「飯田線の浦川です」😆

↑2021年4月乗車記と乗り鉄。飯田線は良い打線だ🤣飯田線秘境駅号の乗車による秘境駅の現地調査(駅訪問)は豊橋行き場合、小和田駅発車をもって事実上終了😫「時刻表」を見ても、この先の停車駅は浦川駅と豊橋駅だけ😱残り約2時間もあるのに、こんなにキレイに「レ」点だらけなのも飯田線では珍しい😂

それでは小和田駅発車と同時に「飯田線秘境駅号」の旅(乗車記と乗り鉄)は終了なのか?と言うと案外そうでもない😆「まだまだ続きます」なのであった🥳

【小和田~大嵐間に隠れた絶景車窓があった🥳】

↑今回は「飯田線秘境駅号」の乗車記と乗り鉄を中心に構成する。小和田駅の発車は15時44分であった。上記リンクの2回目に小和田駅現地調査のブログ記事を書いた。その中で「小和田駅は棒線化されて、トンネルが迫る場所」(全体の要約)と書いた。小和田駅は2008年1月までは列車交換が可能であったが、飯田線の本数が減少したため設備の使用頻度も減少。そういう駅を対象に使用停止、すなわち棒線化(列車交換不可駅)とした😞

指定された座席に着席すると、反対側の元ホームは大量にバラスト(敷石)が積まれていた😲しかも高さ的に「ワイドビュー」と称する大型窓が自慢の373系の車内にも写り込む。鉄道ファン的にはこれをネタ🥳と見るのか、残念な物😞と見るのか、人それぞれであろう。小和田駅を発車するとスグにトンネル😫「車窓が無い区間」が水窪駅の近くまで約10分断続的に続く😫それでは見所が小和田~大嵐~水窪間は皆無なのか?と言うとそうではなかった😲

小和田~大嵐間の車窓からは一瞬ではありますが、天竜川の絶景を見る事が出来ます。この区間は昭和32年(1957年)地滑りにより橋梁(鉄橋)が流出。約1カ月間不通に。並行する天竜川経由で船舶輸送を行い、その際青函連絡船の乗組員が運行に携わりました

小和田~大嵐間の飯田線秘境駅号の車内放送の要約

↑この話は須田寛氏(JR東海初代社長・2021年からは同社顧問、鉄道友の会の会長)の著作で若い頃の思い出として何度となく触れられる有名な内容だ😆須田氏は当時国鉄に入社したばかりで静岡鉄道管理局(静鉄局、国鉄時代の飯田線は全線同局の管轄だった)に勤務していた。現場で旅客への案内業務を行う要員として派遣されていたのだ。

今も昔も小和田~大嵐間には並行する道路が満足に無く、今ならば復旧まで水窪~平岡などの区間で全面運休するだろうが、この当時は何が何でも輸送を確保した😲国鉄は船舶事業もやっていたのは有名だが、その地域は限定的だった😅青函連絡船、宇高連絡船、宮島航路等があったが、静鉄局管内ではそもそも船舶すら所有していない😫そのため天竜川で使う船舶があった電源開発(J-POWER)にお願いして船舶を借りて、運行に必要な船員は青森や函館から来てもらったのだ😲

この辺は須田氏の著作や「鉄道ジャーナル」等の過去の連載にも細かく書いてある事なので、これ以上細かい事は述べないが、飯田線は今も昔も自然災害による長期不通が多く、2020年夏には大雨で約3か月大嵐~平岡間で、2021年夏にも大雨で伊那新町~辰野間で約3か月(予定)不通になった😫逆に言えば「険しい自然の中」を通る鉄道なのだ😲

この案内放送は小和田~大嵐間の特徴を説明する内容でほとんどのお客は”聞き流す”程度である😩これが鉄道ファン諸君諸氏にとってはしっかり聞いていただきたい内容だし、絶景車窓ポイントが隠されている事も同時に案内🥳しかもトンネルとトンネルの間で見る事が出来るのは、極一瞬だと言う🥳これが下記の写真の通り

↑山の中、トンネルを含みながら極一瞬しか見えない小和田~大嵐間の絶景車窓😆この事は知らなかった😅飯田線秘境駅号に乗ったからこそ知った新たな発見だ🤩

↑険しい山の中の間にあるのが大嵐駅😌トンネル内で分岐する線路があって島式のホームを構成。他にも保守用車両を止める事が出来る線路もある。看板には「豊根村」(愛知県)とあるが大嵐駅自体は浜松市天竜区(静岡県)である😲つまり天竜川の対岸は愛知県なのだ😲しかし、大嵐駅周辺は全くの無人地帯で、実質的には対岸の豊根村の玄関口😅愛知県で最も人口が少ない自治体で、”険道”で全国的にも有名な「静岡・愛知・長野県道1号線」沿いの僅かなエリアが村の中心部で、極めて規模の小さな村である。

大嵐駅・豊根村へクルマでの訪問も難易度が非常に高く、長い区間をクネクネした狭い道+カーブ続きの線形で、昼間でもヘッドライトを点灯しないと通れない道通しが悪い場所も目立つ😨「飯田線秘境駅号」は飯田行きは停車するが、豊橋行きは通過😞大嵐駅も秘境感タップリで、駅舎は「ミニ東京駅」だったりする😂

【飯田線の名物🥳「渡らずの鉄橋」を解明😆】

↑水窪駅に停車。15時55分~15時56分。527М天竜峡行きと交換待ちのためでドアは開かない😫

↑水窪駅を発車すると天竜川に沿って水窪の街並みを車窓に見る😆飯田線の秘境駅ゾーン(中部天竜~天竜峡)では駅周辺でも比較的人口が多い😆並走する国道152号線は浜松市中心部まで直結しているが、途中にある天竜浜名湖鉄道の天竜二俣駅まで約50キロ80分前後、東海道線の浜松駅まで約70キロ120分前後である😅この付近、実は鉄道ファンが注目する飯田線の名物がある😲それが渡らずの鉄橋😲

普通鉄橋は河川を渡るために設けてあるのだが、飯田線の名物である向市場~城西間の「第6水窪川橋梁」は、一旦天竜川を渡って国道152号側(集落側)に行くが、少しすると再び天竜川を渡り、結果的に元居た側(つまり国道から見て天竜川の対岸)に戻る😲こうなったのは「地形の関係」で、真っすぐ線路を敷こうとしたがそれが出来ず、鉄道を通すために天竜川を渡って一旦国道側を通した方が良いという結論になったという😲文章では分かりにくいので下記の写真を見ればわかるだろう😆

↑これで天竜川を渡って対岸(国道152号・集落側)に入った飯田線秘境駅号😆普通ならばそのまま対岸を真っすぐ進むはずだが🤔

↑再び天竜川を渡る😆これで元居た側(国道・集落とは反対側)に戻る😲

仮に天竜川を渡らずにそのまま飯田線が進もうとすると険しい山が迫る😰細かな地形はわからないが、トンネルを掘らないとクリア出来ない😨難工事になる事も容易に予想出来る😨「地形の関係で」と言うのはそういう意味で、天竜川を渡って一旦対岸に進んで、改めて天竜川を渡って戻った方が手っ取り早いという事がわかった😌「飯田線秘境駅号」の車内ではもちろんこの旨の車内放送がある😆

【佐久間駅近くの図書館から「佐久間レールパーク」のヘッドマークを見せる😆】

↑佐久間駅を通過。佐久間駅は図書館が併設されているが、「飯田線秘境駅号」が運転される日に限り特別に「佐久間レールパークのヘッドマーク」を見せてくれる😆「佐久間レールパーク」は2009年11月1日まであった鉄道博物館で、中部天竜駅に併設する形で東海地方を中心に活躍した車両が多数展示🤩同時に飯田線の歴史も学べる施設だった😆結果的には「移転」と言うのが正しく、2011年に名古屋市の金城ふ頭にオープンした「リニア・鉄道館」に展示物の大半が移っている😌個人的には懐かしい飯田線の駅名標が名古屋でも見られないのは残念だ😞

2009年11月1日は「佐久間レールパークフィナーレ号」と称して名古屋・豊橋~中部天竜間をJR東海が用意出来る在来線車両を総動員🥳普段飯田線を走る事が無いキハ75系も登場するほど🥳その際に付けられたヘッドマークが今でも保管されているとのこと😲この日私は行く事が無かったが、今思えば佐久間レールパークの最終日に行っておくべきだった😞

【全ての定期列車が停車する中部天竜駅😆でも「飯田線秘境駅号」は通過😱】

↑佐久間駅を過ぎるとスグに見えて来るのは、電源開発(J-POWER)の佐久間水力発電所😆中部天竜駅から約5キロ離れた山の中にある佐久間ダムからの水を使い電気を作っている😆公共交通機関が存在しないためクルマ(マイカー)で行くしかない😨

↑全ての定期列車が停車する中部天竜駅は通過だった😱16時12分。運転停車もしない😱スピードを多少落とし分岐器(ポイント)を通過。あたかも飯田線の拠点駅とは思わぬような雰囲気で中部天竜駅を通り過ぎる😱有人駅なので駅員が外に出て来て手を振る🥳

中部天竜駅は乗務員の事務所もあるので、交代する事も多いのだが、飯田線秘境駅号では天竜峡~豊橋間は途中交代無しだった😲

【飯田線の浦川です😆】

↑早瀬~浦川

「飯田線秘境駅号」の車内では引き続き沿線の案内放送😆下川合~早瀬間ではシカ🦌が夜間になると出没しやすく、飯田線の保線を担当する関係者に言わせるとシカの個体が分かっているという😲中には一晩で22頭のシカ🦌の群れと遭遇した事もあったという😱これだけは仕方ない😂

「飯田線秘境駅号」は最後の停車駅が浦川駅だ😆場所的には浜松市天竜区でやや大きな集落。近くには三遠南信自動車のインターもある😲これと言って秘境駅ではない😫16時18分~16時30分までの約12分間停車するダイヤで、この間に16時21分発の529М岡谷行きと交換する😆

↑浦川駅に到着。すると213系岡谷行きが到着

↑529М岡谷行きは停車時間が短く、スグに発車😅

↑山あいの小さな集落で落ち着いた雰囲気😌決してウラがあるような物騒な雰囲気もしない😌

↑「鮎と歌舞伎の里うらかわ」

これだけ見ると昔懐かしい町の中心とも言える駅前の様子😌こういう駅に来ると嬉しくなる😆

↑昔ながらの駅舎も残る😆元々は有人駅だった(1991年まで)。窓口と思われる場所が壁で塞がれていた😞いつまでも居たくなる駅だ😆

「飯田線秘境駅号」は浦川駅を発車すると終点の豊橋駅までは営業停車しない。運転停車する駅は多数あるものの、浦川駅から乗ると豊橋駅まで降りる事が出来ない😫豊橋駅17時54分着なので約1時間24分車内で過ごす事になる。最後の「一服」(もちろんタバコは吸えない)と言わんばかりにお客が浦川駅のホームや駅舎に進み、撮影したり、休憩したりする😌

読み方が同じとなると「浦河駅」も北海道の日高本線にあって2019年3月に冷たい風🌬が吹く中で現地調査した事を思い出す。浦河駅の方は日高本線が2015年1月に高波被害を受けて鵡川~様似間の約116キロが不通になった😫以後列車代行バスによる輸送であったが、復旧するには多額の費用が掛かる事、そもそもから海岸線が侵食し再び被災するリスクもあったためJR北海道は鉄道の復活を断念😞さまざまな紆余曲折を経て2021年4月1日付けで廃止となった😭同時に浦河駅も駅としての役割を終えた😭

一方で「うらかわ」と言う名前を聴くと、私が平日聴いている大阪ABCラジオの「ウラのウラまで浦川です」(月曜日~木曜日15時00分から放送)を思い浮かべる。ここで言う「浦川」とはABC朝日放送の浦川泰幸アナウンサーの事で、テレビの「アタック25」2代目司会者と言えば全国的には馴染みがあるのかもしれない。「人生常に後ろ向き」が合言葉で、恨みつらみの忖度なく一刀両断するのが持ち味😱ニュース解説も非常にわかりやすい😆

↑改めて373系飯田線秘境駅号を記録(撮影)する😆浦川駅に373系が止まるのは珍しい姿だ😆残りは豊橋駅まで降りる事は出来ないが、奥三河地区の「飯田線秘境駅号」も見所タップリだった🥳

13回目に続く(下記リンクをクリック、11月12日公開)

【2021年4月乗車記/飯田線秘境駅号は浦川→豊橋間途中駅で乗り降り出来なくてもイベント盛りだくさん!】飯田線は良い打線だ⑭ (railway-topic-kh8000show.net)

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。