【W78抜海駅(宗谷本線)/訪問の価値あり!日本最北端の木造駅舎!ホームから見ると美しい】北海道の駅を現地調査㊴

広告
広告
広告

2020年9月に稚内市の日本で2番目に北にある岬「ノシャップ岬」とW78抜海駅(宗谷本線)を現地調査(駅訪問)する。訪問の価値あり!日本最北端の木造駅舎!抜海駅周辺は人家がほとんどない。集落は約2キロ離れた抜海漁港付近。利用が少なく存廃問題で一進一退。まるで時間が止まった非日常的空間。ホームから見る駅舎は美しく見える

広告
広告

【日付】2020年9月25日(金)

【場所】ノシャップ岬→抜海駅(W78・宗谷本線)

前回までの続きは下記リンクをクリック

【北海道の玄関!新函館北斗駅/新幹線ホームと新幹線改札内部はどうなっているのか?】北海道の駅を現地調査①

【北海道の玄関!新函館北斗駅/面白い宣伝!北口と南口の差がハンパない!】北海道の駅を現地調査②

【新幹線が3時間に1本しか止まらない!北海道新幹線と道南いさりび鉄道の木古内駅】北海道の駅を現地調査③

【2020年9月乗車記と乗り鉄/電化路線なのにキハ40室蘭本線室蘭支線/M35母恋駅】北海道の駅を現地調査④

【M36室蘭駅/国鉄室蘭本線の歩道橋/室蘭港から白鳥大橋が見えず!/女性の裸の銅像】北海道の駅を現地調査⑤

【H14南千歳駅(千歳線)/乗り換え駅の役割が強い】北海道の駅を現地調査⑥

【W48名寄駅(宗谷本線)/稚内方面行きの本数が極端に少なくなる!最北の貨物駅】北海道の駅を現地調査⑦

【W72幌延駅(宗谷本線)/北緯45度の町!北半球のど真ん中にある駅】北海道の駅を現地調査⑧

【W74豊富駅(宗谷本線)プロローグ編と乗車記/幌延駅から沿岸バスに乗る!】北海道の駅を現地調査⑨

【W74豊富駅(宗谷本線)/家庭的な駅舎!謎の客車がある?!】北海道の駅を現地調査⑩

【W33南比布駅(宗谷本線)/立地が良いのに利用者が少ない不思議な駅】北海道の駅を現地調査⑪

【W34比布駅(宗谷本線)/ピップエレキバンと本当に提携!日高晤郎と樹木希林が夢の共演?!】北海道の駅を現地調査⑫

【W35北比布駅(宗谷本線)/周囲は何もない自然と線路に近い駅!駅ノートが…】北海道の駅を現地調査⑬

【東根室駅(花咲線・日本最東端の駅)立派な板切れ駅!日本最東端区間の前面展望・乗車記】北海道の駅を現地調査⑭

【根室駅(花咲線)昔は栄えていた/いろいろ面白い根室市中心部!】北海道の駅を現地調査⑮

【A69網走駅(石北本線・釧網本線)/網走刑務所・網走監獄をイメージさせる駅舎】北海道の駅を現地調査⑯

【W36塩狩駅(宗谷本線)/9月後半に紅葉が楽しめる!駅舎になぜかSTVラジオのタイムテーブルが】北海道の駅を現地調査⑰

【W39東六線駅(宗谷本線)/「駅」ではなく「乗降場」!板切れホームを持つ出自とは?】北海道の駅を現地調査⑱

【W41北剣淵駅(宗谷本線)/実は利用者がいる!蜂が飛ぶ駅舎!雰囲気が良い立派な板切れ駅】北海道の駅を現地調査⑲

【W43下士別駅(宗谷本線)/殺風景なコンクリートホーム/住宅用の玄関が駅舎にある】北海道の駅を現地調査⑳

【宗谷本線名寄駅手前に見える謎の「SLキマロキ編成」を詳しく見る】北海道の駅を現地調査㉑

【F41(臨)ラベンダー畑駅(富良野線)/臨時に作った事がよくわかる駅!ファーム富田にも行く】北海道の駅を現地調査㉒

【F42中富良野駅(富良野線)/ファーム富田から歩く/中富良野町営ラベンダー園/虹の富良野・美瑛ノロッコ号】北海道の駅を現地調査㉓

【W49日進駅(宗谷本線)/風景や雰囲気が自然に溶け込む板切れホーム】北海道の駅を現地調査㉔ (railway-topic-kh8000show.net)

【大和田駅(留萌本線)/自然に還りつつある元列車交換可能駅!車掌車タイプの駅舎】北海道の駅を現地調査㉕ (railway-topic-kh8000show.net)

【W51智恵文駅(宗谷本線)/元々は列車交換が可能!近くに郵便局もある!意外とバカに出来ない駅!】北海道の駅を現地調査㉖ (railway-topic-kh8000show.net)

【W52智北駅(宗谷本線)/北の大地の風景!駅舎(待合室)がプレハブ小屋!】北海道の駅を現地調査㉗ (railway-topic-kh8000show.net)

【W50北星駅(宗谷本線)/名物駅舎「毛織の★北紡」/豪華に通過するキハ261系特急サロベツ1号】北海道の駅を現地調査㉘ (railway-topic-kh8000show.net)

【W53南美深駅(宗谷本線)/水田(稲作)の北限/南美深待合所/非常に理想的なローカル線の駅】北海道の駅を現地調査㉙ (railway-topic-kh8000show.net)

【W54美深駅(宗谷本線)/公共施設の雰囲気がする駅舎/美幸線があった歴史/15時台が最終列車!】北海道の駅を現地調査㉚ (railway-topic-kh8000show.net)

【W56紋穂内駅(宗谷本線)/初野駅に行けず/駅舎がボロボロ/何気に広いホームに歴史を感じる】北海道の駅を現地調査㉛ (railway-topic-kh8000show.net)

【W57恩根内駅(宗谷本線)/夕陽を浴びる駅舎/駅前から路線バスが発車/裏手に国道40号】北海道の駅を現地調査㉜ (railway-topic-kh8000show.net)

【恵比島駅・明日萌駅(留萌本線)/留萠鉄道と言う炭礦鉄道の名残で広い構内だった!2つある駅舎!】北海道の駅を現地調査㉞ (railway-topic-kh8000show.net)

【真布駅(留萌本線)/存在感が強烈!崩れ落ちそうな待合室!1両に満たないホームからキハ54に乗る】北海道の駅を現地調査㉟ (railway-topic-kh8000show.net)

【石狩沼田駅(留萌本線)/不思議な雰囲気!元々は2面3線ホーム!駅舎には「自動車乗務員休憩室」もある!】北海道の駅を現地調査㊱ (railway-topic-kh8000show.net)

【秩父別駅(留萌本線)/いろんな表情をしたハロウィンのカボチャがお出迎え!】北海道の駅を現地調査㊲ (railway-topic-kh8000show.net)

【W80稚内駅(宗谷本線)/日本の最北端の鉄道駅!駅舎の外にも線路が延びる!北防波堤ドームも】北海道の駅を現地調査㊳ (railway-topic-kh8000show.net)

↑YouTubeの現地調査系INTER URBAN6304氏のノシャップ岬・抜海駅の動画も参考にした。以下は私が実際に現地調査した内容を書く

★抜海駅に行く前に日本で2番目に北にある岬😏ノシャップ岬を現地調査😆

↑前回は(上記リンク38回目をクリック)W80稚内駅を現地調査した😆この日は宗谷本線を南下する形で各駅の現地調査(駅訪問)を行う😆基本的な行き先は宗谷本線の駅であるが、道中にある気になったスポットも同時にご紹介したい😆

【稚内駅から最も近い岬😆”日本で2番目だらけ”のノシャップ岬を現地調査😆】

↑ノシャップ岬は正式には「野寒布岬」と書く😲「ノシャップ岬」とカタカナで表記するのが一般的だ。読み方としては「ノサップ岬」(納沙布岬・根室市・日本最東端)誤解されやすい😅根室の方は漢字表記のため、意図的にカタカナにしているようにも思う🙄

ノシャップ岬は稚内観光では手軽な場所と言える😆稚内駅前から宗谷バスの路線バスに乗れば15~20分程度(約4キロ)で到着出来る。しかも基幹路線1つのため本数が多い😆上記動画のようにシカ🦌が当たり前のようにバス停付近は歩いているので、真面目にビビる😖

ノシャップ岬は日本で2番目に北にある岬😏上記動画にもある通り岬の高さも日本で2番目に高いという😲稚内と言うと日本で1番目に北にある宗谷岬(日本最北端の地)を注目してしまいがちだが、稚内駅・南稚内駅からは約25キロも離れている😫クルマで約50分である😫ルート的には国道40号→国道238号を道なりに進めば良いので、決して複雑な道ではないが、距離が遠すぎる😵

宗谷岬に行く路線バスも一応あるが、本数が非常に少ない😔今は天北線の列車代行バスと言う役割もしている。例えば稚内駅12時40分着特急宗谷から下車し、帰りは17時44分発の特急宗谷に乗車するとなると、宗谷バスの路線バスの往復でも宗谷岬に行く事も出来るが、バスの時刻の関係で滞在時間は1時間以下で、運賃もそれ相応の金額がかかる🤑宗谷本線で稚内に来た場合、送迎のクルマがあったり、市内中心部(概ね稚内駅や南稚内駅周辺)ならば路線バスもそれなりにあるが、これが10キロ単位で離れてしまうと、クルマ無しでは遠くに行けない😫レンタカーを借りた方が無難と言える😅

ノシャップ岬は気温11度、風速5メートルで寒い🥶これでも9月である🥶この日は天気が良くて利尻島・利尻富士が見えていた😆稚内からは航路での移動で、稚内港を出港したばかりの船が見えた😆

ノシャップ岬は稚内市青少年科学館、水族館、土産物店、飲食店がある😆観光地としては十分な場所だ😆この時は朝7時過ぎなので、流石に営業していない😅近くには漁港があったり、自衛隊の稚内分屯地もある😲宗谷海峡を守り抜く上で国防の最前線部隊で、1つの敷地内に陸海空自衛隊が同居するのは珍しい😲ノシャップ岬はからも山側を見るとレーダー基地が無数に見える😖

【ノシャップ岬から抜海駅に向けてクルマを走らせる😆】

ノシャップ岬からは北海道道254号→道道106号→道道510号経由で進む😆意外と抜海駅までは遠く約17キロもある😫それでもスピードが出やすい道なので、約20分で到着出来る😆道中の様子は上記動画の通り😅ここの景色が結構良い😆

私が抜海駅を現地調査(駅訪問)するときはこの経路を使う事が多く、ノシャップ岬と抜海駅はセットである😆「日本海オロロンライン」で有名な絶景道路道道106号線は稚内駅近くから通っているが、意外とこれを道なりに走って抜海駅に行った事が無い。ノシャップ岬経由の方が遠回りだ😅

★W78抜海駅(宗谷本線)を現地調査😆存廃問題で一進一退😞日本最北端の木造駅舎は訪問の価値あり😆ホームから見ると美しく見える駅舎😆

↑2020年9月にW78抜海駅(宗谷本線)を現地調査(駅訪問)する😆

抜海駅の周辺は建物が多少ある程度で”ほぼ無人地帯”だ😖抜海駅近くの集落は約2キロ離れた抜海漁港付近で決して近くない😫こちらは後ほど現地調査する。

抜海駅は秘境駅としても有名だ😆同時に「日本最北端の木造駅舎」「日本最北端の無人駅」と言った「日本最北端の〇〇」と言う枕詞が漏れなくついて来る😆

表札は「抜海駅」とあるだけ。JR北海道としては自社のロゴマークも付けておきたいのが本音のようで、入口ドアの窓ガラスに付いている😆この手の手法はJR西日本でも見られる。

正面から見ても立派な木造駅舎😆旅客が使えるのは正面から見て右半分で、残りの左半分は業務用の場所だという。冬(12月10日~3月15日)は除雪要員が抜海駅に24時間体制で配置されて、ホームや線路(分岐器)等の除雪を行うため。左半分はそのための事務所として使っているという😲(「鉄道ジャーナル2021年4月号」より)

↑抜海駅はオフロードになっているものの、クルマを置く事が出来る😆抜海駅の現地調査は2019年に続いて2回目であるが、その時は同業者(鉄道ファン)のクルマが多数止まっていた😅今回(2020年9月)の現地調査では朝早い時間に抜海駅に来たので、流石に同業者の姿は無い😅

【歴史が止まったかのような抜海駅の駅舎😆】

↑抜海駅の駅舎に入ると木造の扉🤔入口に「お手洗」とキティちゃんの柄になっていた😌これが無ければトイレと言う存在がわからない😫

↑抜海駅の駅舎は観光ポスターがたくさん貼ってある😆上記動画にもある通り、国鉄時代走っていたSL(蒸気機関車)の写真、ドラマの事、「JR北海道インフォメーション」称した駅の禁煙に関する平成13年(2001年)の告知もそのまま残っていた😲少なくても貼り紙だけを見ると、とても2020年とは思えぬ状況だ😆まるで時間が止まった感じだ🥺

駅舎は広い木造の待合室😆これは上記動画にもある通り😆駅舎全体を撮影していなかった😫赤い扉は確かに目立つ😆それは動画を観て気づいた事で、現地調査した時には特別意識するような事でもなかった😫駅の現地調査を行う「駅マニア」は他にもたくさんいると思うが、1人1人視点が異なるため、各自のブログやYouTubeを観ると新たな発見が出来て面白い🤣

【2022年度も抜海駅の存続が決定😌抜海駅存廃問題は一進一退が続く😔】

↑抜海駅の時刻表はご覧の通り。稚内行きが朝の7時台、昼の11時台、夜の19時台の3本だけ😞幌延・音威子府方面は多少増えて1日4本となる。これだと「使えるダイヤ」とはとても言えない😫特に12時~17時台に列車が1本もないのは致命的なのかもしれない😱列車で現地調査に来ようものならば、稚内駅から10時台の名寄行きで来て、1時間滞在して11時台の稚内行きで帰る事が最も現実的だ。そのためほとんどの同業者はクルマでの訪問だ😅

抜海駅の1日平均乗車人数はたったの2人だけ😞「鉄道ジャーナル2021年4月号」によれば、抜海駅から定期的に乗車するのは地元の高校生が1人だけ😞あと2年ほどで卒業するので、新たに乗る通学生がいない限り、2年後には抜海駅の利用者はゼロになることを示す😱

JR北海道は抜海駅の廃止を提案したが、稚内市ではこの事で賛否両論となりなかなか結論が出なかった。抜海駅廃止賛成派は、「地元の人がそもそも使わない駅を市の税金を使って存続させる事は納得出来ない😤」。逆に反対派は「抜海駅は”日本最北端の木造駅・無人駅”と言う意味で観光地・歴史的な価値として存続するべきだ😤」として真っ向から対立している😖

結局は2021年度と2022年度は稚内市が駅の維持に必要な額を「自治体管理」と言う形でなんとか存続にこぎ着けた😌しかし、それはそういう名目でお金を出せる市町村に限られる事で、財政上の理由でお金が出せない、各市町村の考えで「駅の役目を終えた」と考えれば、即座に廃止される事を意味する😫この事例はW65歌内駅が該当し2022年春に廃止される事が決定した😞抜海駅の存続は一進一退が続く😖「いつ廃止になってもおかしくない抜海駅」なのだ😱この記事を読んで抜海駅に行きたい😆と思ったら、早いうちに訪問する事をオススメする。

↑抜海駅の運賃表🤑特急停車駅だけは色を付けて表現している😆抜海駅には特急停車はしないが、抜海駅から乗車するお客の多くは色のついた駅までの利用が多いのだろう。

【駅舎とホームの間にもう1つの部屋🙄】

↑抜海駅の駅舎とホームの間にもう1つ小さな小屋がある🙄このような作りをした駅は非常に珍しい🙄北海道仕様の駅としては「二重扉」と言うのも札幌都市圏を中心に一部で見られるが、宗谷本線のローカルな駅ではほとんどない🙄

この小さな部屋には除雪道具、掃除用具が置いてあった😌足元が木造で何とも趣がある😆陽が差し込めばこの部屋だけはかなり暑く感じる🥵

【ホームから見る抜海駅の駅舎は美しい😆】

↑抜海駅のホーム。駅舎を見るだけで最高~!🥳と思ってしまう。縦書きの「抜海駅」と言う表札は一体いつから設置されているのだろうか?🙄

↑抜海駅は旭川駅からちょうど245キロ地点のようだ。広い列車交換用の線路😆駅舎前のホームは稚内行きが発車する。幌延・音威子府方面はその反対側ホームで、2面2線の相対式ホームである😆構内踏切もあるが

↑遮断機は特になく、列車が来れば警報機が鳴る仕組みだ😌一応は列車が来るという事実だけはわかる😌レールにかなり近い構内踏切で、下手すれば通路の方がレール面よりも低いような気がする🙄

↑改めて幌延・音威子府方面を見ると立派過ぎる駅だ😆すると遠くから列車が来た😆

↑7時49分発の4321D稚内行き(キハ54-501)が来た😆同業者?と思われる人が5人も乗った😲抜海駅の廃止騒動で遠くから来る同業者・観光客からは稚内観光の1つの目的地として訪れるようになったようだ😆不定期ではあるが宗谷本線を利用して、駅の魅力を発信するイベントも行っているらしい🙄

↑抜海駅の駅舎はホーム側から見るのが美しい😆出来れば離れた場所から😆駅舎前のホームは稚内行きが発車するので、その反対側列車(幌延・音威子府方面行き)が発車するホームから見るのがオススメ😆「駅マニア」にとっては抜海駅の駅舎はまさにヨダレもの🤤全国各地にいろんなタイプの木造駅舎が今で残るが、抜海駅は群を抜いて素晴らしく美しいと言って良い😆

↑稚内方面を見る。この先も特に建物は無くて鬱蒼とした雰囲気だ😆このような車窓を列車から直接見えるのも宗谷本線だ😆

↑古びた駅名標😞味わいがある😆

抜海駅のホームに立つと、遠くから来た甲斐があると感じる😆宗谷本線には他にも魅力的な駅がタップリある😆木造駅舎+相対式ホーム+長い構内=理想的な駅😆1日でも長く残ってほしいし、稚内に来た時には都合が許す限り何度でも訪問(現地調査)をしたい駅だ😆

【抜海駅の近くの集落。駅から約2キロ離れた抜海漁港も現地調査😆】

↑抜海駅から抜海漁港へ行く😆駅からは約2キロ離れておりクルマだと5分ほど。歩けば30分程度はかかるだろうか。この時は9月だったので心地良いさわやかな感じであったが、冬になると地吹雪が厳しく雪も相当積もると聞いている🥶天気が良くない限りは冬に駅から漁港まで歩くのは命懸けの苦行だ🥶

抜海駅周辺には人家がほとんどない。人家がある地域は抜海漁港周辺で、宗谷本線では駅前=集落とはなっていない事が多い。これは都市部を除けば北海道各所で存在する駅の立地条件とも言える。

↑立派な集落となっていた😆漁港としても単に小さな船が停泊するだけではなく、大きな作業船や工事道具、漁に使う網やブイもあった。だがセイコーマート等の名の知れた販売店は特になく、規模としてはチェーン店が出店できない規模の小さい街という事もわかってしまった😞稚内市中心部からは確かに遠い。宗谷本線で来るよりもマイカーの方がとても便利で、路線バスさえも走っていない😞

町内会レベルの小さな街、少ない人を相手に抜海駅は鉄道旅客と言う商売をするのは流石に酷すぎる😱だが鉄道は利用の大小問わず生活インフラでもあるので、1人でも使う人がいるならば、駅は残しておくべきと考える。

単に抜海駅しか見ないなると抜海漁港付近の存在は見落としてしまうが、遠くには利尻富士を眺める事も出来て、なかなか良い場所で、こういう静かな場所を観光出来るのも宗谷本線の魅力だ🥳抜海駅周辺の事はガイドブックには書いていない事が多い。マイナーな良い所を発見するのも現地調査の目的だ。抜海駅・抜海漁港付近は長く居たくなる場所でもある😆

40回目に続く(下記リンクをクリック、10月24日公開)

【W77勇知駅(宗谷本線)/カルビーのポテトチップスのキャラクターが目印?!】北海道の駅を現地調査㊵ (railway-topic-kh8000show.net)

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。