【2021年4月乗車記/超人気列車!日本一面白い車内放送!飯田→天竜峡・飯田線秘境駅号に乗る】飯田線は良い打線だ⑦

広告
広告
広告

2021年4月乗車記と乗り鉄。飯田線の「飯田線秘境駅号」に乗る!今回は飯田→天竜峡間。「飯田線秘境駅号」とはどんな列車?超人気列車のため指定席券が売り切れになる事も多い!車両は373系。飯田駅から乗車するとホームは観光ムードタップリの雰囲気!発車後の車掌による案内放送は日本一面白い!これは笑いが止まらない!

広告
広告

前回までの続きは下記リンクをクリック

【2021年4月乗車記/朝の中部天竜始発の飯田行き1507М/列車1本貸切状態!】飯田線は良い打線だ① (railway-topic-kh8000show.net)

【”秘境駅のパイオニア”小和田駅を現地調査/時間が止まったような空間】飯田線は良い打線だ② (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年4月乗車記/313系501М天竜峡行きに乗る/大都会と秘境の境はちょっとした藪?!】飯田線は良い打線だ③ | (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年4月乗車記/”飯田市内線”天竜峡→飯田間しか運転しない大忙しの213系と車掌】飯田線は良い打線だ④ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年4月乗車記と現地調査/飯田以北へ進む213系/伊那田島駅は高原地帯の秘境駅】飯田線は良い打線だ⑤ (railway-topic-kh8000show.net)

【2021年4月乗車記/それなりに性能が良い車両!飯田線専用車両313系1700番台に乗る】飯田線は良い打線だ⑥ (railway-topic-kh8000show.net)

【日時】2021年4月11日(日)

【列車番号】9102М(急行・飯田線秘境駅号・豊橋行き)

【時刻】飯田13:13→豊橋17:54

【車両】373系(F2編成、2号車指定席サハ372-2、進行方向左窓側の14番D席)

【停車駅】天竜峡、千代、金野、田本、為栗、平岡、伊那小沢、中井侍、小和田、浦川、豊橋

【備考】全席指定。今回は「飯田線秘境駅号」の説明(時刻、きっぷの買い方等)と飯田→天竜峡間の乗車記と飯田線秘境駅の現地調査(駅訪問)について書く

★2021年4月乗車記と乗り鉄と現地調査😆飯田線の超人気列車!「飯田線秘境駅号」に乗る😆今回は飯田→天竜峡間

↑2021年4月乗車記と乗り鉄と現地調査😆飯田線は良い打線だ🤣

前回(上記6回目をクリック)では「飯田線専用車両」313系1700番台に乗った。544Мは豊橋行きなので、途中の飯田駅で下車しなくてもこの日の早朝自家用車を止めた中部天竜駅にもそのまま戻る事が出来る😅今回の「飯田線は良い打線だ」乗車記と乗り鉄ブログ記事では、今回の7回目からが事実上の「本編」になる😳

【飯田駅の発車案内装置に「急行飯田線秘境駅号」の表示🙄】

↑飯田駅の発車案内装置🙄左側には「急行飯田線秘境駅号」と称する列車が表示🤣JRグループで「急行」と言う種別は制度上は残るものの、定期的な運行は2016年3月に終了した「急行はまなす」(札幌~青森間の夜行寝台急行列車、北海道新幹線開業と同時に廃止😭)が最後となった😞しかし、それ以降も臨時列車として「急行」と言う種別が設定される事はそれなりにある😲特にJR東海の観光列車では「急行」と言う種別は”お家芸”で、「特急」でも「快速」でもない定期列車では存在しないそれを付ける事により、付加価値を高めている😆

【特急伊那路が止まる駅に止まらない!🤣秘境駅だけに止まる「急行飯田線秘境駅号」🤣】

飯田駅は飯田線における輸送状況が大きく変わる駅でもある。すなわち、駒ケ根・伊那市・辰野・岡谷方面は普通列車(または快速みすず)しか運転していないのに対して、天竜峡・豊橋方面には特急が運転している😆1日に2往復ながらも飯田と豊橋と言う愛知県と長野県を結ぶ重要な役割を果たす😆この特急は「伊那路」と言う名前で、身延線の「ふじかわ」や東海道線静岡地区の「ホームライナー」で運転する車両と同じ373系が使われている😆373系自体は飯田以北でも普通列車として運用があり、車庫がある伊那松島までの乗り入れとなっている😲

「伊那路」は主要駅に停車する。飯田駅を発車すると、天竜峡、温田、平岡、水窪、中部天竜、湯谷温泉、本長篠、新城、豊川、豊橋・・・と利用が多い駅に絞っている😅飯田線は単線のため列車交換の関係で運転停車(ドアが開かない業務上の停車。この駅では乗り降りできない😫)もそれなりにあるが、それでも特急のため極力少なくなるようにダイヤが組まれている😏

一方で「飯田線秘境駅号」は?🤔と言うと、飯田駅を発車すると、天竜峡、千代、金野、田本、為栗、平岡、伊那小沢、中井侍、小和田、浦川・・・である😲特急より立場が低い急行なのに特急停車駅に止まらない駅が多数!🤣つまり「飯田線秘境駅号」は秘境駅だけに止まる🤣

※豊橋発飯田行きの「飯田線秘境駅号」は若干停車駅が異なる😅

【「飯田線秘境駅号」は秘境駅に5~15分も止まってくれる😆飯田線の秘境駅訪問(現地調査)に大変便利な列車🤣】

「飯田線秘境駅号」はただ単に秘境駅に止まって終わりではない!😳ナント!秘境駅に5~15分も止まってくれる😆飯田線の秘境駅訪問(現地調査)に大変便利な列車🤣もしこれを普通列車だけでやろうとしたら、本数の少なさ(概ね2~3時間に1本😫)もあって1日で飯田線で秘境駅とされる、千代、金野、田本、為栗、中井侍、小和田・・・と言った駅の訪問(現地調査)は難しい😫気になる時刻表(2021年4月11日に乗車した豊橋行き「飯田線秘境駅号」)は下記の通り

駅名到着時刻発車時刻
飯田13時13分
天竜峡13時34分13時35分
千代13時38分13時43分
金野13時45分13時50分
田本14時04分14時19分
為栗14時26分14時38分
平岡14時46分15時02分
伊那小沢15時07分15時14分
中井侍15時17分15時24分
小和田15時29分15時44分
浦川16時18分16時30分
豊橋17時54分

※運転停車する駅は含んでいない

※「飯田線秘境駅号」の運転時刻が遅れた場合、停車する秘境駅の訪問(現地調査)時間が短縮になる😱

↑1本の列車でこんなに効率良く秘境駅の訪問(現地調査)が出来てしまう😆後術するが2021年秋運行分についても時刻変更はしない😆飯田線にとって「秘境駅」とはまさに観光資源だ😆「何もない」「誰もいない」を逆手に取り、都会(都市)の日常を忘れさせてくれる😆そういう意味からも「非現実的な体験」が出来るのだ😆

「1本の列車で効率良く秘境駅を多く訪問(現地調査)する」と言う意味で登場したのが「飯田線秘境駅号」なのだ😆2010年から運転開始し、主に春と秋の数日だけ不定期に運転している😅まとまった日数運転しているわけでもないので、運転日等はその年・その時期により異なる😅最新情報はJR東海の「飯田線秘境駅号」の公式ホームページ(下記リンクをクリック)か、市販の時刻表、旅行会社(JR東海ツアーズや阪急交通社等)の「飯田線秘境駅号ツアー」の情報をチェックすると良いだろう😆

急行「飯田線秘境駅号」|Shupo [シュポ]|JR東海 (jr-central.co.jp)

↑公式ホームページによると、2021年秋は11月20日(土)~11月23日(火・勤労感謝の日)までの運転😆11月23日の豊橋行きは市田~飯田間で延長運転する😆

【「飯田線秘境駅号」は超人気列車🤩乗車直前だと満席のため指定席券が買えない(=乗れない)事も多い😱】

きっぷの買い方は通常の特急券、指定席券と同じく、乗車する1か月前の朝10時から全国のJR駅にある「みどりの窓口」で販売する😆「飯田線秘境駅号の指定席券と乗車券をください」と言えば買う事が出来る😆乗車券は「青空フリーパス」でも使える😆

しかし、「飯田線秘境駅号」は超人気列車😆自由席は無く、全車指定席😳満席になれば乗る事が出来ない😫乗車直前だと満席になっている事が多い😱状況によっては販売開始と同時に売り切れになる事も珍しくない😱なるべく早めに「飯田線秘境駅号」の指定席券を買うと良い😅

指定席券が買えなくても諦める必要もない😲旅行ツアーとして「飯田線秘境駅号」に乗る事が出来る😆その場合は、各旅行会社に問い合わせて「飯田線秘境駅号」に乗る事が出来る旅行商品を買う事になる😳そのため単に乗車券+飯田線秘境駅号の指定席券=の金額よりも高くなることが多い😫値段が高い分付加価値もあって、長野県伊那地域での宿泊や観光、「飯田線秘境駅号」では特製弁当が付いて来ることもある😆特に豊橋発飯田行きの「飯田線秘境駅号」は満席になりやすいので、旅行ツアーで乗る方法もアリだ🤩

私は乗車する10日ほど前にJR東海の最寄り駅で「飯田線秘境駅号」の空席状況を尋ねた所、4月10日(土)の飯田行きは満席、同日の豊橋行きと乗車した4月11日(日)の豊橋行きは空席多数、4月11日の飯田行きは残り僅かと教えてもらった😆その中から選ぶことになり、11日の豊橋行きに乗る事にした😆

【「飯田線秘境駅号」はJR東海では非常に珍しく観光ムードタップリの雰囲気🥳】

↑ここからは「飯田線秘境駅号」の乗車記と乗り鉄である🥳

飯田駅は有人駅。飯田線の長野県内の区間を管轄する「飯田支店」(東海鉄道事業本部の傘下)の事務所も駅前に構える😆近距離乗車券用の券売機とJR全線きっぷうりば(みどりの窓口)の窓口も完備😌意外にも列車別改札とはなっていない😲(つまりいつでもホームに入れる)

12時40分頃に改札口を通る。その際に「青空フリーパス」と「飯田線秘境駅号」の指定席券も提示する😆13時13分発の「飯田線秘境駅号」は階段を通って3番線からの発車だ。線路の上を通る通路から飯田駅全体がよく見える😆駅舎前の1番線には「回送」の表示をした373系🤔12時40分着の「伊那路1号」だった😅この後は飯田駅構内の側線に入り、車内整備を受けて、15時58分発の「伊那路4号」として豊橋に戻るはずだ。

↑飯田駅の構内。真っ直ぐ進めば天竜峡・豊橋方面。右側にはJR東日本の211系も止まる😲

↑とりあえず373系「飯田線秘境駅号」の車内に入る😅既に3番線に入っていた😆指定されたのは2号車サハ372-2である🥳毎度おなじみの373系で「飯田線秘境駅号」だからと言って座席周りが変わっているわけではない😅この辺は「伊那路」や「ふじかわ」「ホームライナー」と同じである😅

デッキと客室の仕切り部分に案内表示器があるが、「飯田線秘境駅号」は臨時列車と言う意味なので、列車名、行き先、今止まっている駅がスクロールでLED表示されない😫当然のことではあるが、「現在文明から離れた場所」である秘境駅を訪問(現地調査)する事が目的の列車のため、むしろ不要な設備なのかもしれない😅案内表示は紙のパンフレット等のアナログなもので十分だ😳それでも流石に号車番号と座席の種類である「指定」と言う表示だけはあった😅

↑デッキには簡易なゴミ箱🚮が設置されている😲373系は特急型車両なので、常設のゴミ箱ももちろんあるが、それだけでは満タンになって対応出来ない恐れがあるとして、登場したものと察する🙄

これは「飯田線秘境駅号」に限った事ではなく、他社他線の観光列車でも全く同じ対応である😅逆に言えば「飯田線秘境駅号」は観光列車と言う位置づけであって、JR東海が観光列車として運行するのは非常に珍しい🥳しかもそれに相応の対応をしているし、乗務員以外にも案内役の社員が複数乗務している🥳例年は案内役が直接車内で案内との事だが、2021年春の「飯田線秘境駅号」はCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響でそれはやらず、マイク放送のみで行うという😅

↑何ら変哲のないサボ(行き先表示)😅「豊橋」と言う表示も収録されているが、これを出してしまうとJR東海的には「普通列車」と言う意味になる😰あくまでも臨時列車なので「臨時」と出すのは最も無難である😅これが身延線の臨時列車だとシール貼りのオリジナルサボが設置される事も時々あるが、「飯田線秘境駅号」ではそれがなかったのが残念だった😞

↑3号車から「飯田線秘境駅号」の顔の部分を記録(撮影)する🥳ヘッドマーク部分を見ると😲

↑「飯田線秘境駅号」専用のヘッドマークが入っていた🥳これはどうやら常設らしく、「飯田線秘境駅号」自体の運転が少ないので、お目にかかる機会も少なく珍しいというのが結果である😅描かれた車両は懐かしい119系だ🥺今は福井県のえちぜん鉄道で姿を変えたものの元気に走っている🥳

またきてね南信州(1文字ずつの団扇)

いってらっしゃい!秘境駅(横断幕)

飯田駅の駅員が「飯田線秘境駅号」の発車を見送る

ホームでは飯田駅の駅員が何人も出て、「飯田線秘境駅号」の発車を見送る🥳これもJR東海が行う事としては非常に珍しい🥳横断幕を掲げた姿の記念撮影にも応じてくれていた🥳ベンチには飯田線の魅力を説明したパンフレットも置いてあり

↑頂戴する😆これを参考に「飯田線秘境駅号」の乗車を楽しむことが出来る😆私としては乗車記と乗り鉄ブログ記事作成の参考にするほか、次回(そう遠くないうちに実施予定)飯田線の駅の現地調査の参考にもしたい😆

「飯田線秘境駅号」は飯田駅発車前の段階から楽しみがいっぱいだ😆観光ムードタップリな雰囲気で、それはある意味では意外であった😱

【「飯田線秘境駅号」の車内放送は日本一面白い🤣笑いが止まらない🤣】

13時13分に「飯田線秘境駅号」は飯田駅を発車🥳普通列車よりも所要時間が長い飯田線の旅の始まりだ😆車内を見渡すと飯田線で車窓が良い進行方向右側の窓側(A席、天竜川がよく見える)の窓側は全て埋まっていた😲一方でその逆の進行方向左側の窓側(D席、山や崖が中心の車窓)は空席だらけだった😅「飯田線秘境駅号」はリピーターが多いとされる。そのため「どの座席ならば車窓がよく見える」という事もご存知😅指定席券購入時に「A席で」で指名買いをしていたに違いない😏私は空いていればどこでも良かったので、特にこだわりは持たず😏右側の天竜川の車窓を見たいならば、ドア付近に行ってそこから見れば良いだけの事である😅

言うまでもなく、ほぼ全員が豊橋までの乗車である😅途中駅でも乗り降りは当然可能であるが、そのようなお客は非常に少数派だ😅「飯田線秘境駅号」では「伊那路」とは異なり自動放送がない😩全て車掌や案内役によるマイク放送が全てである😅しかし、このマイクパフォーマンスが日本一面白い車内放送だった🤣笑いが止まらない🤣

皆様ようこそ飯田線へ。リピーターの皆様お帰りなさい。

「飯田線秘境駅号」にはWi-Fiはありません。それどころか携帯電話の電波さえも通じない場所がたくさんあります。今日は情報社会とは無縁のストレスフリーな世界をお楽しみください。

秘境駅には自動販売機と言う便利な物はありません。飲み物は乗車前までにご用意ください。

一部駅(平岡駅)では地域の特産品販売があります。今日だけは財布の紐を緩めてください。家計簿の事は気にせず、タップリとお金を使ってください。

「飯田線秘境駅号」の車内放送の要約

↑こんな面白い放送、普段のJR東海ならば絶対にやらない🤣秘境駅を逆手に取った内容で、銚子電気鉄道に負けぬほどの「自虐ネタ」満載だ🤣こんな事を言われれば笑いが止まらない🤣

私は様々な観光列車に乗ってきたが、「飯田線秘境駅号」の案内放送は日本一面白い🤣しかも分かりやすい😆

しかし、この面白い車内放送に水を差すかのように、飯田駅から乗務の車掌は次の天竜峡駅で早々と交代してしまうという😫これは「大人の事情」によるもので、飯田~天竜峡間は伊那松島運輸区、天竜峡~豊橋間は豊橋運輸区と、元々の担当区間が違うためだ😅

発車後に案内役が各座席に赴き「記念品一式」をもらう😆この中には飯田線の観光パンフレットや特製の飯田線に関する資料等が入っていた😆この資料は鉄道ファン的にはヨダレ🤤ものの内容で、Wikipediaにさえも書いていないマニアックな記述もあった😆つまり「資料性が高い」ので非常に満足した🤤

【「飯田線秘境駅号」は臨時列車のため運転停車が多い🙄】

↑時又駅に停車🙄13時26分~13時30分までの4分間止まる🙄「JTB小さな時刻表」(2021年春号)によれば「レ」マークがあるので通過扱いだが、実際には止まる😅

しかし、客用のドアは開かない🙄運転停車であった😫「飯田線秘境駅号」は臨時列車のため、単線区間が主体の飯田線では反対側から来る定期列車との交換待ちや時間調整等の関係で、数分程度運転停車する事が多々ある😫これは”臨時列車の宿命”なので仕方ない😰「飯田線秘境駅号」は運転停車が多いので、これを楽しむ事もポイントだ😳駒ヶ根行きの1511М(213系の2両)の到着を待って発車する😅

↑時又~川路

この区間だけ天竜川は進行方向左側に見える😆これが右側に変わってしまうのは天竜川~千代間からだ😅

↑天竜峡駅に定刻通り到着。ここで車掌(運転士も?)交代😅停車時間はわずか1分である。天竜峡駅からの乗車は意外と少なく10人ほどであった😅これで実質的には乗車確定である😅この先も乗車する事は可能であるが、そもそも乗ってくる人数が少ないのだ😅

天竜峡駅を発車するといよいよ「飯田線秘境駅号」が本領発揮😳秘境駅に止まりまくる😆

8回目に続く(下記リンクをクリック、9月18日公開)

【2021年4月乗車記/千代駅+金野駅の駅名標を触ると貯金?!/天竜峡→門島・飯田線秘境駅号に乗る】飯田線は良い打線だ⑧ (railway-topic-kh8000show.net)

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。