【北一已駅(留萌本線)/”黄金色の世界”「農業倉庫」にしか見えない駅舎!】北海道の駅を現地調査㉝

広告
広告
広告

2020年9月に北一已駅(留萌本線)を現地調査(駅訪問)する。難読駅の1つで「きたいちやん」と読む。隣の深川駅から”天下の函館本線”と分岐し留萌本線に入って最初の駅が、どう見ても「農業倉庫」にしか見えない駅舎!なかなか良い駅舎だ!北一已駅の周辺は”黄金色の世界”で田んぼ(畑)しかない!

広告
広告

【日付】2020年9月22日(火)

【場所】北一已駅(留萌本線)

前回までの続きは下記リンクをクリック

【北海道の玄関!新函館北斗駅/新幹線ホームと新幹線改札内部はどうなっているのか?】北海道の駅を現地調査①

【北海道の玄関!新函館北斗駅/面白い宣伝!北口と南口の差がハンパない!】北海道の駅を現地調査②

【新幹線が3時間に1本しか止まらない!北海道新幹線と道南いさりび鉄道の木古内駅】北海道の駅を現地調査③

【2020年9月乗車記と乗り鉄/電化路線なのにキハ40室蘭本線室蘭支線/M35母恋駅】北海道の駅を現地調査④

【M36室蘭駅/国鉄室蘭本線の歩道橋/室蘭港から白鳥大橋が見えず!/女性の裸の銅像】北海道の駅を現地調査⑤

【H14南千歳駅(千歳線)/乗り換え駅の役割が強い】北海道の駅を現地調査⑥

【W48名寄駅(宗谷本線)/稚内方面行きの本数が極端に少なくなる!最北の貨物駅】北海道の駅を現地調査⑦

【W72幌延駅(宗谷本線)/北緯45度の町!北半球のど真ん中にある駅】北海道の駅を現地調査⑧

【W74豊富駅(宗谷本線)プロローグ編と乗車記/幌延駅から沿岸バスに乗る!】北海道の駅を現地調査⑨

【W74豊富駅(宗谷本線)/家庭的な駅舎!謎の客車がある?!】北海道の駅を現地調査⑩

【W33南比布駅(宗谷本線)/立地が良いのに利用者が少ない不思議な駅】北海道の駅を現地調査⑪

【W34比布駅(宗谷本線)/ピップエレキバンと本当に提携!日高晤郎と樹木希林が夢の共演?!】北海道の駅を現地調査⑫

【W35北比布駅(宗谷本線)/周囲は何もない自然と線路に近い駅!駅ノートが…】北海道の駅を現地調査⑬

【東根室駅(花咲線・日本最東端の駅)立派な板切れ駅!日本最東端区間の前面展望・乗車記】北海道の駅を現地調査⑭

【根室駅(花咲線)昔は栄えていた/いろいろ面白い根室市中心部!】北海道の駅を現地調査⑮

【A69網走駅(石北本線・釧網本線)/網走刑務所・網走監獄をイメージさせる駅舎】北海道の駅を現地調査⑯

【W36塩狩駅(宗谷本線)/9月後半に紅葉が楽しめる!駅舎になぜかSTVラジオのタイムテーブルが】北海道の駅を現地調査⑰

【W39東六線駅(宗谷本線)/「駅」ではなく「乗降場」!板切れホームを持つ出自とは?】北海道の駅を現地調査⑱

【W41北剣淵駅(宗谷本線)/実は利用者がいる!蜂が飛ぶ駅舎!雰囲気が良い立派な板切れ駅】北海道の駅を現地調査⑲

【W43下士別駅(宗谷本線)/殺風景なコンクリートホーム/住宅用の玄関が駅舎にある】北海道の駅を現地調査⑳

【宗谷本線名寄駅手前に見える謎の「SLキマロキ編成」を詳しく見る】北海道の駅を現地調査㉑

【F41(臨)ラベンダー畑駅(富良野線)/臨時に作った事がよくわかる駅!ファーム富田にも行く】北海道の駅を現地調査㉒

【F42中富良野駅(富良野線)/ファーム富田から歩く/中富良野町営ラベンダー園/虹の富良野・美瑛ノロッコ号】北海道の駅を現地調査㉓

【W49日進駅(宗谷本線)/風景や雰囲気が自然に溶け込む板切れホーム】北海道の駅を現地調査㉔ (railway-topic-kh8000show.net)

【大和田駅(留萌本線)/自然に還りつつある元列車交換可能駅!車掌車タイプの駅舎】北海道の駅を現地調査㉕ (railway-topic-kh8000show.net)

【W51智恵文駅(宗谷本線)/元々は列車交換が可能!近くに郵便局もある!意外とバカに出来ない駅!】北海道の駅を現地調査㉖ (railway-topic-kh8000show.net)

【W52智北駅(宗谷本線)/北の大地の風景!駅舎(待合室)がプレハブ小屋!】北海道の駅を現地調査㉗ (railway-topic-kh8000show.net)

【W50北星駅(宗谷本線)/名物駅舎「毛織の★北紡」/豪華に通過するキハ261系特急サロベツ1号】北海道の駅を現地調査㉘ (railway-topic-kh8000show.net)

【W53南美深駅(宗谷本線)/水田(稲作)の北限/南美深待合所/非常に理想的なローカル線の駅】北海道の駅を現地調査㉙ (railway-topic-kh8000show.net)

【W54美深駅(宗谷本線)/公共施設の雰囲気がする駅舎/美幸線があった歴史/15時台が最終列車!】北海道の駅を現地調査㉚ (railway-topic-kh8000show.net)

【W56紋穂内駅(宗谷本線)/初野駅に行けず/駅舎がボロボロ/何気に広いホームに歴史を感じる】北海道の駅を現地調査㉛ (railway-topic-kh8000show.net)

【W57恩根内駅(宗谷本線)/夕陽を浴びる駅舎/駅前から路線バスが発車/裏手に国道40号】北海道の駅を現地調査㉜ (railway-topic-kh8000show.net)

↑YouTubeの現地調査系INTER URBAN6304氏の北一已駅の動画も参考にした。以下は私が実際に現地調査した内容を書く。

★北一已駅(留萌本線)を現地調査😆”黄金色の世界”🤩「農業倉庫」にしか見えない駅舎🤣

↑2020年9月に北一已駅(留萌本線)を現地調査(駅訪問)する😆7時43分発の4922D深川行きでやって来た😆8時09分発の4923D留萌行きに乗る事になるので、北一已駅の現地調査時間は約25分と短め😅

特にルビを振らずに書いたが「北一已」と言う文字は難読だ😩これで「きたいちやん」と読む🙄留萌本線で深川から乗ると最初に登場する駅で、いきなり田んぼ(畑)のど真ん中に連れて来られる😲特急が30~60分に1本特急が運転する”天下の函館本線”から1駅支線に入り込むと何も開発されていない駅😲北海道ではこれがある意味”標準”である🤣

【自然に近い北一已駅のホーム😆】

↑北一已駅のホームは「自然に近い」😆北海道ではこの手のホームは探せばいくらでもある😅ホームに立っただけで大自然のど真ん中に居るような気分だ😆ホームは1面1線の棒線駅😆板切れ駅ではないものの🙄

↑ホームと線路の境界部分は新しいコンクリートブロックになっている😲これだけが「人口造成物」と言って良い😆それ以外は全て砂利と草😳レールこそは流石に鉄であるがマクラギはPC化(コンクリートマクラギ)にはなっておらず、木製のまま🤩レール等の線路設備を見れば本当に最低限のものしかなく、JR北海道が留萌本線に対して大きな維持管理費をかける事が出来ない意味でもある😫流石にJR西日本の中国地方のローカル線のように極端な徐行運転(30キロ以下)が連続する事もない😌そんな事を広大な大地である北海道でやったら、クルマ以上に時間がかかってしまうだろうから、やらないだろう🙄

↑北一已駅の駅名標😆その先には後方確認用の鏡もある😌留萌本線は全列車ワンマン運転なので必要なものだ😆

↑ホームは少し先で途切れている😞写真の奥は留萌方面だ。周囲は草むらになっている🙄これが冬になれば雪に隠れてしまうのだろう⛄

↑北一已駅の両数はせいぜい2両分と言った所で、これは上記動画でも述べていた。留萌本線はキハ54の1両が基本で、2両以上で運転する事はほとんどない😫2016年12月に廃止された留萌~増毛間の最後の頃は2両運転、3両運転する事が常態化し、車内もかなり混雑したのがまるで昨日のことのように思い出される🥺両数が長くてホームの一部に車両が入らない場合は、通常の1両ワンマン運転と同じく、先頭車両の前のドアのみで乗り降りを行っていた😲1両あるかないか程度の長さしかない箸別駅で3両の列車から下車した事があった🥳

【北一已駅の周辺は”黄金色の世界”になっている🤩】

↑北一已駅の駅前に連絡道路があって、駅舎以外建物はない。広い田んぼが一面に広がり”黄金色の世界”になっている🤩

【北一已駅の駅舎を現地調査する😆「農業倉庫」にしか見えない駅舎🤣】

↑北一已駅の駅舎を現地調査する😆ホームは盛土?のような形で土を盛ったようなシンプルな作り😲旅客が移動出来るようにコンクリートの階段がど真ん中にあるだけ😲もちろんオフロード😳

↑北一已駅の駅舎をホームから見る😆パッと見これが駅舎には見えない😩何かの農業倉庫に見えてしまう😏農業が盛んな土地柄なのである意味そのように見えても仕方ないだろう🤣「駅」としてわかる証拠は横書きの「北一已駅」と言う看板と「きたいちやん」と言う縦書きのホーロー板があるからこそ、駅舎なんだと思ってしまう😲留萌本線に初めて乗った人に言わせれば、”天下の函館本線”から分岐して最初に現れた駅舎が「農業倉庫」だったら、さぞビックリするだろう😲

↑北一已駅のホーロー板🤩これがなければ柱を見ていても、とても駅舎には見えない😫

ところでJR北海道とサッポロビールは、「本場の味サッポロビール」と駅名標の下に取り付けてきたが、2021年5月以降随時撤去(または白く消す)している😫これは両社間で広告体制の見直しに対する協議を行って決まった事で、2022年以降は主要駅に新デザインの「サッポロビール広告」が入る予定🙄そのため2021年9月現在は北一已駅のホーロー板には「サッポロビール広告」の表記はないかもしれない😱

↑北一已駅の道路側から見た駅舎😆最高の姿だ😆古びた木造駅舎に木がある😆北海道らしい表情を見せてくれた😆

↑駅舎の中😆同業者(鉄道ファン)が居たため駅舎全体を撮影出来たのはこれだけであった😫昔ながらの建物で、私個人的には非常に懐かしい気分になった😳

↑上記動画にもあったように駅ノートとモリゴロウ氏が撮影した写真もあった😲上記動画のような事件があるとは知らず、簡単に記載して終わりとした😅

↑「ワンマン列車乗降口のご案内」がマニアック過ぎる🤩◇に数字と言うのは、両数を示すのであるが、これは運転士が使用する停止位置目標😲本来は旅客用にわかりやすくホームの足元などの「乗車位置番号〇」のようにするのが一般的😅留萌本線の途中駅でそうやらないのは、やはり設置できる予算が不足していたり、ホームが砂利のため物理的に設置が出来ないためであろう🙄

↑北一已駅の時刻表はご覧の通り😅比較的本数が多いように見える🙄留萌方面に向かう列車は8時09分発がこの日の朝一番だ😱留萌本線全体で見ても朝一番の深川5時44分発4921Dは通過駅だらけで、北一已駅には止まらないのだ😱

【北一已駅8時09分発の朝一番列車4923D留萌行きに乗る😆】

↑「留萌方面乗車口」で待つ🙄「◇に0」の表示😆両数に関係なくこの場所に止まることを示す😆

↑4923D留萌行きのキハ54が来た😆しかし、HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス(爆弾きっぷ💣)の利用者が多く乗っており混雑していた😫このきっぷを使った同業者も私に続いて3~4人が北一已駅から乗車した😅少なくても地元の人は皆無であった😫

34回目に続く(下記リンクをクリック、9月22日公開)

【恵比島駅・明日萌駅(留萌本線)/留萠鉄道と言う炭礦鉄道の名残で広い構内だった!2つある駅舎!】北海道の駅を現地調査㉞ (railway-topic-kh8000show.net)

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。