【2021年4月乗車記/313系501М天竜峡行きに乗る/大都会と秘境の境はちょっとした藪?!】飯田線は良い打線だ③

広告
広告
広告

2021年4月乗車記と乗り鉄。秘境駅で有名な飯田線小和田駅8時13分発501М天竜峡行き(313系の2両)に乗る。「青空フリーパス」があるのになぜか乗車券を買う。秘境地帯を淡々と進む。天竜川沿いの進行方向左側の絶景車窓は注目だ。千代~天竜峡間の1駅で劇的に車窓が変わる!”大都会”と”秘境”の境はちょっとした藪?!

広告
広告

前回までの続きは下記リンクをクリック

【2021年4月乗車記/朝の中部天竜始発の飯田行き1507М/列車1本貸切状態!】飯田線は良い打線だ① (railway-topic-kh8000show.net)

【”秘境駅のパイオニア”小和田駅を現地調査/時間が止まったような空間】飯田線は良い打線だ② (railway-topic-kh8000show.net)

【日付】2021年4月11日(日)

【列車番号】501М(飯田線の天竜峡行き)

【時刻】小和田8:13→天竜峡9:08

【車両】313系3000番台(海カキ=JR東海・東海鉄道事業本部大垣車両区、R106編成、クモハ313-3018)

【備考】車掌乗務

★2021年4月乗車記と乗り鉄。秘境地帯を淡々と進む飯田線501М天竜峡行き😆

↑2021年4月乗車記と乗り鉄。飯田線は良い打線だ🤣”秘境駅のパイオニア”小和田駅の現地調査(駅訪問)を40分で終了😆秘境駅を脱出する😌

【豊橋朝一番列車の501М天竜峡行きで”秘境駅のパイオニア”小和田駅を脱出😌】

定刻通りやって来たのは501М天竜峡だった😌列車番号を見るとわかるが、飯田線では少数派?🤔の3桁である😲これは豊橋発着のロングラン列車に設定される傾向で、豊橋~天竜峡・岡谷への運転列車と言うことを示す😆それでも例外はあって、途中の区間(豊橋~中部天竜、天竜峡~辰野~岡谷)でワンマン運転を行う場合、種別が快速の場合等の場合は4桁になる事が多い😅

時刻表を見ると豊橋6時00分発の朝一番列車で、途中駅での列車交換回数が少ない事もあってか🤔飯田線の普通列車では速い運転列車だ😆水窪方の警報装置から「列車がきます」の表示が点滅し♪カンカン…と音が鳴ると313系がやって来た😌

↑毎度おなじみの313系3000番台だった😅身延線や御殿場線でも見かける事が出来る車両で、車両のタイプ的には全く同じである😅違いは走っている路線だけである😅身延線や御殿場線ならば、車掌が乗らないワンマン列車となる所だが、飯田線の中部天竜~天竜峡間の「秘境駅連続地帯」は安全上の理由で、必ず車掌が乗る😌

小和田駅と言う秘境地帯から列車に乗ってくれば、車掌はもちろん、他のお客からも注目の的である🥳過去の乗車記と乗り鉄を紐解いていても、秘境駅と言われる普段明らかに利用が少ない(と言うかゼロに等しい)駅から乗る事自体が変に見られるのだ🥳

【「青空フリーパス」を持っているのになぜか501М車掌から乗車券を買う🙄】

小和田駅を発車。「次は~中井侍です」と言う放送後、車掌がすかさず出て来て「もしもし」となるのは言うまでもない😅これは小和田駅のような秘境駅から乗車した旅客に対して、きっぷの所持確認を行うためである😅きっぷがなければその場で目的地までの乗車券類を発売し、今回私が使った「青空フリーパス」や「青春18きっぷ」ならば車掌に見せるだけでよい😌

↑501Мの車掌から有効のきっぷを持っているのに、なぜか乗車券を買う🙄内容は「飯田→伊那田島」であった😲「青空フリーパス」は飯田線だと豊橋~飯田間が利用可能区間で、飯田~辰野間は乗る事が出来ない😫飯田以北に行きたい場合は別途運賃が必要だ🤑乗り継ぎ時間の関係で、一度飯田駅の改札口を出て乗車券を買っている時間がなかったので、501Мの車掌から買ったのだ😆なお、車内で乗車券を購入する場合は現金のみとなる🤑

【飯田線小和田~天竜峡間の乗車記は絶景車窓の連続!🥳】

↑小和田~中井侍

↑中井侍駅。ここから長野県に入る😆

↑伊那小沢駅で8時24分~8時25分まで止まる。伊那松島4時58分発の528М豊橋行き(213系5000番台H11編成)と交換する。528Мの豊橋到着は11時16分なので、全区間乗車しようものならば6時間以上もかかる😱飯田線ではこのような事は当たり前で、全区間通しで運転する列車(豊橋発岡谷行きなど)だと7時間近くかかるのはザラである😅

飯田線は全長195キロの路線であるが、駅数が異常に多く平均2キロに1駅ある😲飯田線だけでも94駅もあり😲JR東海全体で405駅なので、飯田線だけで実に同社の1/4を占めるのは驚きだ😲

これは歴史的な経緯によるもので、飯田線として成立する前に中小私鉄4社が各集落に駅を設けたため、それが今でもそのまま残っているのだ😆何とも便利な交通機関だ🥳「近くて便利」とはまさにこの事なのであろう😌

↑伊那小沢~鶯巣(うぐす)

↑鶯巣駅

↑鶯巣~平岡

↑平岡~為栗

↑為栗~温田

飯田線の絶景車窓に見とれてしまう🥳豊橋発天竜峡・飯田・岡谷行きの場合は天竜川が良く見える進行方向左側の車窓がオススメだ😆

↑8時43分に温田(ぬくた)駅に到着。飯田線の秘境駅ゾーンでは平岡駅に並ぶ”大都会”だ🥳特急伊那路も両駅ともに停車する😆にも関わらず501Мに乗るお客は皆無に等しい😞これが飯田線の秘境地帯の実態と言える😞温田駅は近くに高校があるらしく、平日は通学生で賑わうという。大人はクルマを持っている事が多いため、通勤利用は極めて少ないように見える😞

↑門島駅

秘境駅でおなじみの田本駅を過ぎて門島駅。列車交換可能な構造で特急伊那路こそは停車しないがそこそこ規模の大きな駅😆中部電力の水力発電所が近くにあり、廃レール?も駅構内には積まれてある🙄

↑門島~唐笠

この区間は完全に天竜川に並走する車窓だ🥺

↑天竜川下りの利用者の乗車が昼間ならば見る事が出来る唐笠駅😅朝9時頃なのでそのようなお客は居ない😅

501Мは純然たるローカル輸送列車になっており、2両でたったの5人しか乗っていなかった😱平日ならばもっと多いんだろうし、1本後の511М(約3時間後😨)だとそこそこ乗っている事が多い。むしろ乗り鉄ご用達列車と言って良い🥳

511М(豊橋8時11分~天竜峡12時07分)~225М(天竜峡12時33分~岡谷15時55分)は飯田線全線乗車するには最適な列車の一つで、乗車記ブログ・動画の対象にするにも”良いネタ”になるだろう🥳静岡・浜松・豊橋・名古屋・岐阜からはとても便利な列車で、「青春18きっぷ」の時期になればこの列車で飯田線に乗る事が私も多かったが、気づいてみたらご無沙汰だ😞

他にも519М(豊橋10時42分~岡谷16時59分)、544М(岡谷9時45分~豊橋16時16分)、214М(岡谷12時29分~天竜峡15時08分)~554М(天竜峡15時12分~豊橋18時31分)も「青春18きっぷ」を活用して飯田線をタップリとノンビリ楽しむには最適な列車だ😆

【千代~天竜峡間の「ちょっとした藪」が”大都会”と”秘境”の境になる😲】

↑金野~千代

この辺りは地形が複雑になる😵人の気配さえも感じられない😱まさに「秘境」だ😱唐笠~天竜峡間の営業キロはわずか4,9キロであるが、この先に”大都会天竜峡”があるとはちょっと想像しがたい🙄

↑千代駅

ここも秘境駅でおなじみ🥳次の”大都会天竜峡”まではわずか1,4キロ😲…にも関わらず「文明の域」を感じない😖それどころか「放棄された現実」があって、ホームと面していない場所に行き止まりの線路が残っていた😲かつて天竜川で開発が行われた際に資材運搬があったらしく、それで使用する貨車等を止めていたという😲

駅名標は真っ白になっていた😱「ちよ」と入っていたはずだが、経年劣化で消えてしまったのだろう😨遠くないうちに新しく更新されると思うのだが、駅名標が荒廃しているとは😱

↑千代~天竜峡

天竜川を渡ると大きな橋が見えてきた😲これこそE69三遠南信自動車道だ😲渡り終わるとちょっとした藪に覆われた場所がありこれを抜けると🙄

↑一気に”大都会天竜峡”に到着する🥳ちょっとした藪が”大都会”と”秘境”の境界だ😆1駅間で急激に車窓が変化する区間は他にもたくさんあるが、だいたいは駅間距離が長く、徐々に変わって行く😅だが、飯田線の千代~天竜峡間は僅か1,4キロしかなく、歩いてでも行ける距離で(実際には道路事情の関係で大幅に長く歩かないといけない😫)劇的に車窓が変わる姿には、いつも付いて行けない😫

飯田線の普通列車は「天竜峡乗り換え」がほとんどで、501Мも例外なくそうだった😅JR東海の業務上は、豊橋運輸区の乗務員は原則として豊橋~天竜峡間で、運転上の重要な場所でもある😲

4回目に続く(下記リンクをクリック、8月13日公開)

【2021年4月乗車記/”飯田市内線”天竜峡→飯田間しか運転しない大忙しの213系と車掌】飯田線は良い打線だ④ (railway-topic-kh8000show.net)

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。