【2021年2月乗車記/上越線にもあるキハ(気動車)が爆走!長岡から飯山線直通列車に乗る】雪と冬の上越線⑨

広告
広告
広告

2021年2月乗車記。雪と冬の上越線。全線電化複線であるがナント!上越線にもキハ(気動車)があった!それが長岡発戸狩野沢温泉行きの飯山線直通の1122D(長岡7時27分発)!上越線の区間だけ(長岡~越後川口)だけ乗る。遅れていたためキハ110系が上越線を爆走!小千谷~越後川口間は朝日に浴びる美しい雪の車窓だった!

広告
広告

前回までの続きはこちらをクリック

【2021年2月乗車記と乗り鉄/高崎・新前橋から長岡方面に向かうとどこから雪が見えるか?】雪と冬の上越線①

【2021年2月乗車記と乗り鉄/ループ線を通る列車を俯瞰で撮影!大量に雪があった湯檜曽駅を現地調査】雪と冬の上越線②

【2021年2月乗車記と乗り鉄/雪原の転車台!水上駅を現地調査】雪と冬の上越線③

【2021年2月乗車記/土合駅の地下ホームから地上の改札口まで462段+24段の階段を現地調査】雪と冬の上越線④

【地下ホームと対照的!改札口からたった1分で行ける土合駅地上ホームを現地調査】雪と冬の上越線⑤

【2021年2月乗車記/土合駅の地下ホームからE129系を撮る/土樽~石打間の「雪の車窓」がヤバすぎる】雪と冬の上越線⑥

【2021年2月現地調査/ホームの「雪の壁」がヤバすぎる石打駅/いつの間にか無人駅に】雪と冬の上越線⑦

【2021年2月乗車記/ヤバすぎる雪でもE129系のワンマン運転だった!】雪と冬の上越線⑧

【日付】2021年2月14日(日)

【列車番号】1122D(飯山線戸狩野沢温泉行き)

【時刻】長岡7:27→越後川口7:52

【車両】キハ110-228(長ナノ・長野総合車両センター)

★2021年2月乗車記と乗り鉄。上越線にもある気動車列車😆飯山線直通のキハ110系に乗る😆

↑2021年2月乗車記と乗り鉄。長岡に7時20分に到着した新潟からの信越本線422М。折り返しは6分後の431М新潟経由村上行き😳結構ハードな車両運用が新潟にもあるとは😲

↑7時22分発の新潟行き快速「おはよう信越」がスプリンクラー攻撃を受けながら発車😆2021年3月のダイヤ改正で時刻こそはほぼ同じだが、列車名が快速「信越」に変更になった😲

↑長岡駅のホーム😆かなり広い😆しかし、7時27分発の1122Dになると思われる列車は止まっていない😨駅の案内では写真の右側3番線からの発車との事だが?🙄

【上越線でキハ110系の気動車に乗る😆遅れていたため上越線を爆走する😆】

↑3番線ホームに行く😅やはり車両は到着していない😫これから乗る列車は越後川口から飯山線に直通する列車のため、キハ110系であるという事だけはわかっていた😅上越線でも数少ない気動車での運転だ😆ホームにある発車案内装置でもちゃんと「7:27 戸狩野沢温泉」と表示が出ている😌

↑やっと来た😆営業列車で長岡まで来る運用で、森宮野原5時37分発の1123Dであった😆定刻では7時18分着であったが約10分ほど遅れていた😫遅れの理由は不明😫飯山線での雪の影響なのだろうか?🤔

↑スグに1122Dとして折り返しの準備に取り掛かる😅いつ発車するかわからないので、簡単に撮って車内に入る😅一通り座席が埋まる程度の人数乗っていた😆飯山線直通でありながら、長岡から飯山線の各駅まで乗るお客はほとんど居ない😫次の宮内で大量に降りて、越後川口までの上越線の駅でパラパラと下車が続くのが実態だった😫

↑長岡~宮内(JR貨物の南長岡駅)

やはり雪⛄が多い車窓😆広大な南長岡駅(貨物列車用の駅で旅客の利用は出来ない)には大量のコンテナが積んである😆EF510-500番台(JR東日本からの移籍車両)も貨車を引き連れて止まっている😆日本海縦貫線という日本海側の北陸本線や信越本線や羽越本線等を走る貨物列車にとっては重要な駅なのだ😆

↑宮内駅を発車😆

↑宮内駅を発車すると信越本線1323М柏崎発新潟行き列車とすれ違う😆

↑信越本線と分岐する😆この先は直江津・金沢方面に向かう信越本線、高崎・東京方面に向かう上越線で経路が異なる😆ここの分岐部分を通るたびにここから東京へ一直線で行けるのかと思ってしまう😆何とも壮大だ😆だが実際には乗り換えなしで行ける列車はなく、水上や高崎などで乗り換えが必要だが😅

↑越後滝谷駅。ここでも数人が下車する😅

↑越後滝谷~小千谷

やはり雪と冬の上越線⛄🥶雪がタップリある😆1122Dは約5分遅れているため大絶賛回復運転(遅れを取り戻すため、制限速度の範囲内で速く走る事)を行う😆まさか電化複線の上越線で気動車のキハ110系が爆走するとは🤣

↑小千谷駅に到着😆まとまって下車した😲

【小千谷~越後川口間の朝日に浴びる雪の車窓😆】

↑小千谷~越後川口

朝日に輝く雪の車窓は最も美しく見える😆🥳

↑越後川口駅到着前の車内😅空席だらけとなっていた😱

↑十日町市からの広告も貼ってあった😲飯山線で使う車両のため、沿線自治体の広告があってもなんら不思議ではない。本来は商業目的で車内広告は出てくるが、飯山線沿いだと温泉旅館や観光地を除けばそれは乏しいので、行政からの啓発的な内容も対象になって来るのだろうか🤔

「まもなく越後川口」の放送が流れた😆上越線とは異なるホームに入る飯山線直通の1122D😅これは配線の関係だ😅運転席から越後川口駅のホームを見ると、雪がハンパなく積もっていた⛄😆

10回目に続く(下記リンクをクリック、6月8日公開)

【2021年2月現地調査/ホーム全体が「大きな雪の壁」となっている越後川口駅】雪と冬の上越線⑩

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。