【熱海駅で185系を連結!傍若無人な撮影会/なぜジャンパー線の接続をするのか?】特急踊り子を追いかけた⑩

広告
広告
広告

2021年2月撮影記と撮り鉄。伊豆箱根鉄道駿豆線の修善寺駅から乗った185系特急踊り子8号は三島駅で下車。東海道線の普通列車で追いかけて熱海駅へ。185系5両の修善寺編成と185系10両の下田編成を連結する!しかし同業者(撮影者)のマナーが悪く傍若無人な撮影会と化した。185系は連結時にジャンパー線を接続。なぜ必要なのか?

広告
広告

前回までの続きは下記をクリック

【2020年12月乗車記と乗り鉄/実は50年選手!伊豆急行8000系普通列車に乗る】特急踊り子を追いかけた①

【2020年12月撮影記と撮り鉄/断崖絶壁の伊豆北川駅からE257系2000番台を撮る】特急踊り子を追いかけた②

【2020年12月撮影記と撮り鉄/THE ROYAL EXPRESSと185系を片瀬白田駅で撮る】特急踊り子を追いかけた③

【2020年12月撮影記と撮り鉄/伊豆急行線超有名場所(片瀬白田~伊豆稲取)185系等撮る】特急踊り子を追いかけた④

【2020年12月乗車記と乗り鉄/特別な特急踊り子?!2100系リゾート21「黒船電車」】特急踊り子を追いかけた⑤

【2020年12月撮影記と撮り鉄/超大物新人!E261系特急サフィール踊り子登場!】特急踊り子を追いかけた⑥

【2020年12月乗車記と乗り鉄/国鉄の雰囲気を忠実に残す185系特急踊り子16号に乗る】特急踊り子を追いかけた⑦

【2021年2月乗車記と乗り鉄/伊豆箱根鉄道駿豆線185系特急踊り子3号に特急券なしで乗る】特急踊り子を追いかけた⑧

【2021年2月乗車記と乗り鉄/185系が三島駅で伊豆箱根鉄道→JR線の渡り線を通る】特急踊り子を追いかけた⑨

【日付】2021年2月6日(土)

【列車番号】426М(熱海行き)

【時刻】三島(CA02)13:13→熱海(CA00、JT21)13:26

【車両】313系2500番台(T1編成、3両)

【撮影地】東海道線の熱海駅で185系特急踊り子8号(13時33分発)の下田編成と修善寺編成の連結を見る

★2021年2月撮影記と撮り鉄。熱海駅で185系特急踊り子の下田編成と修善寺編成を連結!🤩そこでは傍若無人な撮影会に😒なぜ185系特急踊り子はジャンパー線の接続をするのか?🤔

【三島から313系普通列車で185系特急踊り子8号を熱海まで追いかける😆】

↑2021年2月乗車記と乗り鉄。いずっぱこ(伊豆箱根鉄道駿豆線)で乗った185系の東京行き特急踊り子8号は三島駅で降りる😅三島から先は東海道線に入る😆東海道線は特急券が別に必要だ🤑「休日乗り放題きっぷ」を所持していたので、三島駅の改札口を出る必要もない😆車掌から特急券を買えば良いのだが、踊り子8号を追いかけてくる426Мとの時間差がそんなになかったので😅

↑特急券不要の313系普通列車に乗る😆特急踊り子8号との違いは、特急券の有無や車両以外にも三島~熱海間にある函南駅に停車する事だ😅昼下がりの普通列車は空いており、余裕で着席出来た😆

函南~熱海間は約7キロある「丹那トンネル」😏この間スマホの電波は通じず「圏外」になる😫静岡県内の東海道線は2021年4月から概ね2キロ程度のトンネルについては基本的に電波が通じるようになった😆これは総務省の補助金によりトンネル内でも電波が通じるように対応工事をしたためだ😆しかし、丹那トンネルは距離が長いためか?この対象外で4月以降も「圏外」である事には変わりない😫

JR東海とJR東日本の「資産上による会社境界」は丹那トンネルの熱海側の出入口である😲つまり丹那トンネルそのものはJR東海の管理下に入るが、これが熱海側に少しでも出てしまうとそこはJR東日本の管内となる😲そのためJR東海から来た普通列車に乗っていると、まだ熱海駅に到着していないのに、E231系やE233系と言った”緑色の電車”は当たり前のように止まっているし、海側からは余計に線路が増えてホームも現れる😲この事については次回述べる🙄

【185系特急踊り子8号は熱海駅で修善寺編成と下田編成を連結😆傍若無人の撮影会に化していた😫】

↑426Мは熱海駅の3番線に到着😆折り返し13時33分発の439М島田行きとなる。しかし熱海駅の様子が明らかおかしかった😫

↑修善寺編成の185系特急踊り子8号が熱海駅に到着😆4番線の東京方に止まっている。

↑すると313系の反対側から別の185系が登場😲これは伊豆急下田からの特急踊り子8号😆熱海駅で先着の修善寺編成と連結するのだ😆

E257系になった今でもそうだが、修善寺編成と下田編成の連結と切り離しは熱海駅で行う😆185系については古典的な方法で、連結完了後にジャンパー線を接続しないといけない。JR東日本管内でそれが見られるのはせいぜい熱海駅のこのシーンくらいで、連結する編成同士を撮影というよりは、ジャンパー線を連結するという”ニッチな部位”を狙う同業者(撮り鉄)があまりにも多かった😫

↑ジャンパー線の接続であればJR北海道の函館駅や名寄駅でキハ40同士の連結、キハ40とキハ54の連結の際にナンボでも見られる😏名寄に関しては2021年3月ダイヤ改正で車両がH100形と言う新型に変わってしまったので激減していると思われるが、函館であれば日常的な姿😏

ジャンパー線の接続であれば函館や名寄ならばナンボでも見られるのにね😩185系特急踊り子でも見られるのは確かに貴重ではあるが、そこまで熱烈に撮るような物か😫

↑と思った次第😫では現場では「コテコテの車両鉄だらけ」と言われるとそうでもない😫単に興味半分で来ている同業者が圧倒的に多数😩

明らかに「にわか」もいて、185系特急踊り子8号が着くと傍若無人に撮りまくる無秩序な者があまりにも多い😫私が居たのは185系特急踊り子8号が編成写真(車両全体)が撮影出来る3番線であったが、特に編成同士が連結する10・11号車付近は同業者が「密」になること、ホームへの転落防止や車両との触車事故(=人身事故)防止のため臨時に駅員が配置される有様😩

最近は撮り鉄による撮影マナーが悪い😫185系関連で言えば線路内に進入してまでも撮る撮影者が多く、実際に営業列車が何度も緊急停車している😫2021年3月24日には中央本線の日野~豊田間の多摩川橋梁で同業者が15人も線路内に進入し、先発列車(209系、同線ではかなり珍しい存在)が26分も緊急停車し、その場で警察の取り調べが入ったり、以後も直通する青梅線を含めて大幅にダイヤが乱れた😫

この後に185系の廃車回送が通るために集まっていたというが、実際に列車を止めるために線路に進入しているようではないようだ😫私としては、輸送障害を起こさせたのでJR東日本は損害賠償請求を行うべきで、具体的な額や対象人数も示して、「線路内に進入して列車を止めたら、このような責任を追及する」という事を世間に知らせないと「どんなに悪い事なのか」わからないし、実質的にそれを意識して同業者も行動しない😩

「ええ写真を撮るため」「ええ構図を探すために」ならば「線路内に入るしかない」という短絡的な考えであるが、「そこまでして撮りたいのか?😫」という話。それを撮ったら世間に広く公開しないと意味がない。公開の手段は今やブログ、YouTube、SNS、鉄道雑誌への投稿等多数あって、スマホ1台あれば簡単にできる。なのに公開しないのは卑怯である😤公開して世間に知らせるべきである😫

仮に1枚だけをマスコミや愛好家に売っても二束三文の金額で、鉄道写真撮影を仕事としているプロカメラマンは「その1枚だけ」ではなく、「年間契約」とか「カメラマン契約」をしているためで、実質的には会社員として勤務して給料をもらう事と大して変わらない。どんなに「ええ鉄道写真」を撮ってもカネにはならない😫カネになるんであれば、YouTuberスーツのように有名になるか、鉄道趣味の世界でインフルエンサー(有名人)になるか、定期的に個展を開かないといけないだろう🤑そんなのは100人いたら1人という世界だが😩

少なくても「自分だけのコレクション」にするのは良くない事で、撮ったら撮った写真を見せるべきである。紙幅の関係等で”みなまで見せる”事は現実的に出来ないが、出来る限り多く見せるようにしている。鉄道を撮影するのであればそうするべきである😏私の場合、このブログやTwitter等にも出している。撮ったら見せなアカンと思う😏

熱海駅ではまさに傍若無人な撮影会で、下田編成の185系特急踊り子8号が近づくと、短時間にいろんな構図から大量に撮影しようとする「生産性重視」的な撮り鉄(撮影者)が多かったのには呆れた😤繰り返しになるが「撮った写真や動画は世間に公開するべき」である。

熱海駅では185系特急踊り子の引退が近づく事に、撮影マナーの悪化や傍若無人の同業者(撮り鉄、撮影者)が多いから、撮影禁止、入場制限(COVID-19の関連もあるが)、立入禁止⛔場所が増える原因なのだ。そもそも無計画で現場で行動するのが間違えで世間一般に言われる「計画9割」というのは鉄道写真撮影の世界でも(鉄道乗車であっても)当てはまる事なのだ😆社会的な常識がないという人が多く、要するに「社会に出ていない人」の集団という事だけは言っておく😒なんの仕事をしているのか聞いてやりたい次第だ。

【185系特急踊り子8号の修善寺編成と下田編成が連結する瞬間を見る😆なぜジャンパー線の接続が必要なのか?🤔】

↑話がそれたので本題に戻る😅

185系特急踊り子8号の下田編成がゆっくりと前側に止まる修善寺編成に近づく😏4番線側では旗振りの駅員(厳密に言うと輸送業務に従事する社員で、社内資格が必要、要するに車両誘導)が「青の旗」を振る😲これは「前に進んで良い」という事を示す🤩しばらくすると「赤い旗」を出した😲これは「止まれ」の意味で同時に下田編成と修善寺編成の連結器に合体した瞬間である🤩

JR世代の車両(E257系やE233系、新幹線E3系2000番台やE5系等)ではこれで連結終了で、電気的には「1本の列車(車両)」として置き換わる。単に前後の編成の連結器に合体出来てしまえばそれで連結作業そのものは完結する😆

鉄道車両の連結と言うのは単に物理的・機械的な合体に過ぎず、異なる編成同士が一緒になっただけ。実際に走れるようになるには制御回路や冷房等の電気回路も一体にしないといけない。JR世代の車両では「密着連結器」や「電気連結器」が広く搭載されているため、連結器そのものに制御回路や電気回路も搭載されている😲そのためジャンパー線の接続を不要にした😆

これが185系等の国鉄世代の車両だと、連結器は単に物理的・機械的に合体したに過ぎないのだ😫そのため制御回路や電気回路の接続は「連結器とは別に線が必要」でそれが「ジャンパー線」なのだ🤩

ジャンパー線の接続は人の手を介して行う。編成同士の連結面で見られる”太い配管”である。旗振り役の駅員とジャンパー線の接続を行う駅員はそれぞれ別人の事が多く、ジャンパー線そのものは”重たい機械”なので、かなりの重労働となる😩

鉄道特有のものとして、ジャンパー線接続時に細かい部位の確認作業がある😩それも1つや2つではなく複数である😩スマホを充電するようにライトニングケーブルを1つ抜き差しすれば終わりという次元ではないのだ😒

しかも停車時間が限られているので、手際良い作業が求められる😅最近はジャンパー線を頻繁に接続する車両自体が少ないため「熟練の技」が出来るベテラン社員が作業にあたる事が多い😆ジャンパー線接続が完了すると、車内で電気的に一体となり車掌が放送する内容は下田編成と修善寺編成の両方で同じ放送を聴く事が出来るようになる😆 

これも余談になるが、今や電車(列車)は「総括制御」が当たり前😲すなわち185系特急踊り子8号の場合、東京方の15号車に運転士が乗務し、運転士が力行(アクセル)の操作をすると全ての車両が前に進むように動き、逆にブレーキをかけると全ての車両のブレーキ装置が作動する😌昔は複数の車両に運転士が乗り込み、先頭の運転士から無線で「ブレーキをかける」と指示が入ると、別の車両の運転士もブレーキをかけないと全ての車両にブレーキがかからなかった😱この手の制御方法は昭和30年代までは比較的多くみられた😲

今や「総括制御」が当たり前になったのも、ジャンパー線であったり電気連結器などがあるおかげである😆 

↑これで下田編成と修善寺編成の185系特急踊り子8号が一体となった🤩13時33分発で東京駅まで15両で運転する😆

意外と3番線から撮影する同業者は20人程度であるが、185系特急踊り子8号に乗り降り出来る4番線はもっと多い😆当然乗るような人も含まれるが、実態としては乗らずに撮るだけの同業者も少なくない😒

4番線の東京方の待合室付近に連結部分の10・11号車が来るが、通路が大変狭い😖触車事故の危険性が高いこと、通路でもあるため黄色い点字ブロックの外側にも撮影者が集まらないように、185系特急踊り子が来る時間帯に限り臨時にトラロープが設置される有様😩

↑トラロープが張られる待合室付近には、あからさまにこのような表示があるが、同業者(撮影者、撮り鉄)には見えないのであろうか?🤔見えたとしても「そんなの関係ない😒」なのだろうか。少なくてもここに書いてある事を守る事が出来ないのであれば、鉄道写真撮影をする資格も権利もない😒赤い字の事はハッキリと言っておく。

【熱海駅の改札口を見る😆】

↑「休日乗り放題きっぷ」を改札機に導入する😅当たり前のように通る事が出来た😆このきっぷはJR東海の商品であるが、熱海駅の出入口である改札口はJR東日本の管轄。いくらこのきっぷが熱海駅まで利用可能範囲であっても、「会社が違う。有人改札を通ってくれ」という事はそれなりにある話だ😩

熱海駅の駅舎や改札口は真新しい🤩そうなって数年経過するが、私の中では昔の古汚い雰囲気のまま😫185系特急踊り子ラストランまで何度も熱海駅の改札口を通るが、徐々に変化する姿を目の当たりにする🤩それは追って記事で書く。

ところで、熱海駅から東海道新幹線に乗る場合も在来線の改札口を通らないといけない😫熱海駅の出入口=JR東日本の在来線改札口である。JR東海の新幹線改札口から駅の外には出る事が出来ないのだ😫同様の構造は山陽新幹線の福山駅などもそうだったりする😫

JR東海(東海道新幹線)の商品である「スマートEX」や「エクスプレス予約」ではどうやってJR東日本の熱海駅改札口を通るのか?🤔以前は有人改札でその旨を説明し「通行証」を駅員からもらって通る形だったが、今やそういう面倒な事は不要になり、直接Suica等の交通系ICカードをタッチし、新幹線の改札口でも同様にタッチすれば良くなった🤩

熱海駅の改札口を通る😅今度はKitacaをタッチした🤩この後は「休日乗り放題きっぷ」が使えない路線、すなわち東海道線の熱海以東か伊東線に乗るためだった😆

11回目に続く(下記リンクをクリック、4月15日公開)

【伊東線の来宮駅は穴場的な撮影地!E261系サフィール踊り子から211系JR東海車両まで】特急踊り子を追いかけた⑪

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。