【2020年9月乗車記と乗り鉄/花咲線にキハ40道東のめぐみがキター!】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ⑫

広告
広告
広告

2020年9月乗車記と乗り鉄。根室駅から快速はなさき釧路行きに乗る。根室駅は列車別改札であるが発車直前に大行列!先客が30人後からも30人程いた。1両だと大混雑と思ったら花咲線では非常に珍しく2両運転!しかもキハ40の「道東のめぐみ」(北海道のめぐみ)+キハ54の「地球探索鉄道花咲線」がキターーーーーー!

広告
広告

前回までの続きは下記リンクをクリック

【2020年9月乗車記と乗り歩き/自由席がほぼ満席!キハ261系特急北斗2号で函館→新函館北斗】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ①

【2020年9月乗車記と乗り歩き/別料金で北海道新幹線H5系にチョイ乗り!】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ②

【2020年9月乗車記と乗り鉄/道南いさりび鉄道って”どうなん”?】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ③

【2020年9月乗車記と乗り鉄/キハ281系特急北斗5号函館→森/地域輸送を担う/自由席は大混雑!】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ④

【2020年9月乗車記と乗り鉄/キハ281系特急北斗5号森→東室蘭/遂に自由席に立ち客が出てしまう!】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ⑤

【2020年9月乗車記と乗り鉄/キハ40の325Dで旭川発午後から乗る宗谷本線!】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ⑥

【2020年9月乗車記と乗り鉄/普通列車なのに隔駅停車!宗谷本線キハ40の325D】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ⑦

【2020年9月乗車記と乗り鉄/特急サロベツ1号の車窓から宗谷本線の駅を見る?!】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ⑧

【2020年9月乗車記と乗り鉄/急激に数が少なくなったキハ283系の特急おおぞら7号南千歳→新得】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ⑨

【2020年9月乗車記と乗り鉄/たった10分で折り返す!キハ283系特急おおぞら7号の新得→釧路】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ⑩

【2020年9月乗車記と乗り鉄/普段は空いている朝一番の花咲線3625D快速はなさきが大混雑!】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ⑪

【日付】2020年9月20日(日)

【列車番号】3628D(快速はなさき、釧路行き)

【時刻】根室11:03→釧路13:18

【車両】キハ40-1779(北海道のめぐみ・道東のめぐみ)+キハ54-521(地球探索鉄道花咲線)

【停車駅】根室~厚床までの各駅、浜中、茶内、厚岸、釧路

★2020年9月乗車記と乗り鉄。HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス(爆弾きっぷ💣)のおかげで根室駅が見た事のない大行列!😱花咲線も2両に増結しキハ40北海道のめぐみ(道東のめぐみ)がキター!🥳

↑2020年9月乗車記と乗り鉄。根室本線(花咲線)の行き止まり部分を見る😆時計を見れば11時03分発の釧路行き快速はなさきが発車する15分前😰そろそろ根室を出発しないといけない時間になった😢

【列車別改札の根室駅で改札を待つ人が大行列!😱】

↑根室駅に到着。10時50分😅駅の中に入ると!😲大行列!になっていた😱もちろんこれもHOKKAIDO LOVE6日間周遊パス(爆弾きっぷ💣)のおかけで、並んでいる人全員が11時03分発の快速はなさきに乗車希望😖私の前には約30人も並んでいた😱普段の根室駅では「絶対にありえない人数」なのだ😱

となると😰「快速はなさきに座れるのか😰」という問題に直面する。花咲線は原則として1両運転なので、いくらHOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス(爆弾きっぷ💣)で一時的に客数が増えていても、増結・増発はやらないという事だけは容易に予想出来た😫私の後ろにはさらに30人以上が並ぶ😱後ろのお客は増加傾向だ😱

キハ54の単行(1両)だろうから、車内のスペックを思い出すと🤔せいぜい着席出来る人数は40人前後😰私の位置からするとギリギリ座れるか?座れないか?🤔花咲線の輸送実態からすれば、一度立たされると釧路まで人の動きが乏しいので着席出来る可能性は低い😭快速はなさきは花咲線内でも最も速い列車であるが、それでも2時間弱はかかる😵・・・最悪なことを考えているうちに、釧路行き快速はなさきの改札が始まった😆やはりほとんどのお客が爆弾きっぷ💣の提示であった😆

【超貴重!🥳花咲線で2両!しかもキハ40の「道東のめぐみ」がキターーーーーー!🥳】

改札口に入ると衝撃的なものを見てしまった!🤩

↑キハ40-1779の「道東のめぐみ」がキターーーーーー!🥳😆

↑キハ54-521「地球探索鉄道花咲線」も連結していた!😆そのためこの日の釧路行き快速はなさきは2両だった😲

↑キハ40(左)という車両とキハ54(右)という異なる車両が連結😆国鉄型同士の異形式併結は全国的に見ても珍しい😆2両になったからと言って車掌が乗る事はなく、運転士だけのワンマン運転である😅後ろ側になるキハ54の方は根室、厚岸、釧路以外の駅ではドアが開かない。釧路まで”通し”の同業者(乗り鉄、鉄道ファン)はキハ54の方に集まる傾向😅

それに対して私は花咲線でキハ40に乗れる事自体が珍しく、「北海道のめぐみ」シリーズの中で「道東のめぐみ」には乗った事がなかった😨そのためキハ40の方に乗ったのだが、既に同業者の荷物等で”席取り”が行われていた😫偶然空いていた進行方向右側のボックス席に座れる😌

↑「道東のめぐみ」も他の「北海道のめぐみ」シリーズと同じ車内😆ボックス席は中央にテーブルがある事が特徴😆ボックス席のシートピッチそのものは変わっていないため、中央にテーブルが出現した分、窮屈になっているのが弱点😫荷物を棚の上に置き、「記録」を取るためのメモ帳や「JTB小さな時刻表」を広げる😆乗車記と乗り鉄の記事をまとめるのに必要な作業のためという事もあるが、こうやってテーブルに出した方が乗っているときの面白さが増すような気がする😆

【キハ40「道東のめぐみ」から見る東根室~別当賀間の奇跡のクリスタル車窓花咲線😆】

↑東根室~西和田

牛🐄が花咲線の車窓から見てしまう😆

↑落石駅

↑落石~別当賀

日本一の車窓をJR北海道が生み出した観光列車キハ40「道東のめぐみ」から見る😆これは超貴重な機会!😆車両が違うだけでかなり気分が上がる⤴🥳

こんなように楽しんでいるのは私くらいで、他の同業者は至って静か🤫車内を歩き回ったり、写真や動画を撮りまくる同業者なんていない。単に「釧路までの移動時間」と割り切っているようで、寝ていたり😪スマホをいじったり、本を読んだりとさまざま。それが悪いわけではないが、「日本一の車窓の花咲線」で外の様子を楽しまない人が多いのはある意味残念だった😞お客の多くは道民なのだろうか?🙄内地(本州)から来た人に言わせれば「驚きと感動の連続🥺」が花咲線なのだ😆

【茶内駅でキハ40-1779「道東のめぐみ」の車両全体を「記録」(撮影)する🤩】

↑茶内には12時13分の到着。ここで5分ほどの休憩となる😌時刻表を見ていると、釧路からの3629D根室行き快速ノサップと交換する事がわかる😆その事を知っていたので、キハ40「道東のめぐみ」を撮るべく真っ先にホームに出たのだ😆何ら変哲もない鉄道写真だが、「キハ40-1779道東のめぐみ×茶内駅」という組み合わせは普段なかなか見る事が出来ないので、「記録」としては立派過ぎた😆

↑反対側のホームに移動し車両全体を写す😆これとは別にもう1枚「ちゃない」と書いた駅名標と一緒に写った写真もあったのだが、後で確認してみたらホームを歩く同業者が微妙に写っていた😱同業者が写っていなかったら超絶価値が高かったのに😤私の動きを見て?なのか、ゾロゾロと同業者が茶内駅のホームに降りて、写真撮影する😫

↑「道東のめぐみ」の車両側面を「記録」する😆道東を連想出来るような自然豊かなデザインだ😆基本的には根室本線の新得~釧路間で運用されており、花咲線や釧網本線に入線する事は珍しい🙄

↑交換列車の根室行き快速ノサップ(キハ54-516)が到着😆前日(9月19日)のこの列車は大混雑であったが、この日は満席+10人程度の立ち客であった😅

↑キハ40-1779の運転席も「記録」しておく😆車内や外の様子は大きく変わっているが、運転席については特に変わっていないように見える🙄

【キハ40「道東のめぐみ」から見る糸魚沢~厚岸間(別寒牛湿原)の奇跡のクリスタル車窓花咲線😆】

座席は進行方向の右側であった。それに対して花咲線の車窓で特徴的な糸魚沢~厚岸間の「別寒牛湿原」は左側だ😅そのため、キハ40-1779「道東のめぐみ」のデッキに立って、「奇跡のクリスタル車窓花咲線」の代表的な区間を「記録」(撮影)する事にした😆

↑糸魚沢~厚岸(別寒牛湿原)

普段通る事がないキハ40の、しかも「道東のめぐみ」から見るこれも日本一の車窓!😆別寒牛湿原はキハ54よりも40倍もよく見えた😆

【厚岸から釧路まではノンストップ😆】

↑12時37分に厚岸駅に到着。10人前後が乗り替わる😆ほとんどは根室~釧路間の乗車だが、花咲線内で人の動きがあるのは嬉しかった😆厚岸から乗ってくるお客はスーツケース等の大きな荷物を持っている🙄旅行客なのか?同業者なのか?いずれにせよ乗車区間が長いのは明らかだ。

厚岸を出ると釧路までノンストップ😆途中駅での運転停車さえもない”完全ノンストップ😆”キハ40が長い時間走り続けるため、ディーゼル特有のニオイも車内にかげる😆今時キハ40がこれだけ熱い走りをするのは北海道くらいではないか。文章で書けば「熱い走り」と表現するが、具体的にどういう事?🙄と言われると、文章で細かく説明するのは難しい所がある。この辺は「動画で記録」をした方が確実である。写真だけ、文章だけでは限界があるようにも感じた😫

車内の様子を見ると、花咲線とは思えぬほど大盛況の状態🥳キハ40(前)には40人前後、キハ54(後ろ)には30~40人前後乗っていた。2両で80人前後であろうか。花咲線の輸送密度が約260人程度なので、列車1本で1日の3割程度のお客を運んでしまった事になる😲この日に限っては平均の輸送密度以上の利用があったのは確実だ。これもやはりHOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス(爆弾きっぷ💣)のおかげだ🥳この後、釧路駅で爆弾きっぷ💣のおかげをさらに体感する衝撃的な出来事が待っていた😏🥳😱

13回目に続く(2月28日公開、下記リンクをクリック)

【2020年9月撮影記と撮り鉄/釧路駅が撮影会状態に】HOKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ⑬

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。