【2020年9月乗車記と乗り鉄/たった10分で折り返す!キハ283系特急おおぞら7号の新得→釧路】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ⑩

広告
広告
広告

2020年9月乗車記と乗り鉄。キハ283系特急おおぞら7号に乗る!今回は根室本線に入る新得駅から釧路駅まで。西帯広駅でキハ40の定期列車と交換待ちのためさらに遅れが増す。帯広ではお客が乗り替わったが指定席は混雑したまま。池田駅で日没となり終着釧路まで車内は静まり返る。キハ283系は折り返し札幌行き特急おおぞら12号になるが、たった10分で釧路を発車してしまう!キハ283系の記録を残したいのか釧路駅では撮影会となった

広告
広告

前回までの続きは下記リンクをクリック

【2020年9月乗車記と乗り歩き/自由席がほぼ満席!キハ261系特急北斗2号で函館→新函館北斗】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ①

【2020年9月乗車記と乗り歩き/別料金で北海道新幹線H5系にチョイ乗り!】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ②

【2020年9月乗車記と乗り鉄/道南いさりび鉄道って”どうなん”?】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ③

【2020年9月乗車記と乗り鉄/キハ281系特急北斗5号函館→森/地域輸送を担う/自由席は大混雑!】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ④

【2020年9月乗車記と乗り鉄/キハ281系特急北斗5号森→東室蘭/遂に自由席に立ち客が出てしまう!】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ⑤

【2020年9月乗車記と乗り鉄/キハ40の325Dで旭川発午後から乗る宗谷本線!】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ⑥

【2020年9月乗車記と乗り鉄/普通列車なのに隔駅停車!宗谷本線キハ40の325D】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ⑦

【2020年9月乗車記と乗り鉄/特急サロベツ1号の車窓から宗谷本線の駅を見る?!】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ⑧

【2020年9月乗車記と乗り鉄/急激に数が少なくなったキハ283系の特急おおぞら7号南千歳→新得】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ⑨

【日付】2020年9月19日(土)

【列車番号】4007D(特急おおぞら7号、釧路行き)

【時刻】南千歳(H14)14:48→新得(K23)16:33→釧路(K53)18:39

【車両】キハ283系のキハ283-21、普通車指定席、1号車9番A席右側の窓側座席、7両で運転

【南千歳からの停車駅】追分(K15)、新夕張(K20)、トマム(K22)、新得(K23)、帯広(K31)、池田(K36)、白糠(K47)、釧路(K53)

【備考】今回は新得~釧路間について書く

★2020年9月乗車記と乗り鉄。キハ283系特急おおぞら7号は根室本線に入る😆

↑2020年9月乗車記と乗り鉄。南千歳駅から乗ったキハ283系特急おおぞら7号は7分遅れで新得駅に到着😆ここからが広い意味での「道東」であり、「十勝」の入口でもある🤩新得駅にはキハ40が何両か止まっているが釧路方面に向かう普通列車として使う車両だ。

【西帯広駅で定期列車を優先的に通すため長めの運転停車😫】

↑新得~十勝清水

十勝の雄大な大地が特急おおぞら7号の車窓からも楽しめる😆日没は17時30分頃なので、車窓が楽しめるのはせいぜい帯広を過ぎた辺りまでだ😅私が根室本線に乗るといつも楽しみにしている、音別~古瀬にかけて見える海岸線の近くを通り湿原の中も走るという車窓は今回日没後なので見る事が出来ない😫 

↑西帯広駅に運転停車😫17時08分であった。時刻表を見ると17時13分発の新得行き2554Dがやって来る😅こちらは定期列車😅西帯広~帯広間は途中列車交換が可能な場所がないため、2554Dが来るまで待たされるのは明確だった😩定期列車を優先的に通さないといけないため、遅れている方がさらに待たされるというのは「単線区間あるある」😅車内の放送でも「発車まで6分お待ちください」と案内される始末😩ただ単に「待たされるだけの時間」になってしまった😫

↑5分待って2554Dのキハ40-1751がやって来た😆西帯広駅のホームは長く確保されているが、2554Dはキハ40の単行(1両)なのでホームをかなり長く走ってようやく駅舎近くの停車位置に止まる😅

【16分遅れで帯広に到着😅】

↑柏林台~帯広

久しぶりに「都会」だ🤩特急おおぞらはいつも帯広でまとまってお客が乗り降りする😲南千歳駅から混雑した状態が続いていたが、やっと空いてくる希望も出来た😅高架線に入ると「帯広には16分遅れで到着」という放送が入った😅

↑帯広駅には17時19分~17時20分の停車。その間に運転士が交代する。これから乗務する運転士に対して駅員がこの先の注意事項などの記した「運行通告書」を手渡す😲

この日の特急おおぞら7号から帯広駅で下車する人は少なかった😅下車した分が指定席にも乗って来たため、発車前後と比べたらトータルの利用状況は変わりない😅だが実際にはお客の顔触れは帯広で大きく変わる事はなく、札幌・南千歳駅から釧路までの”通し”乗車🤩これもHOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス(爆弾きっぷ💣)のおかげである🥳

【帯広発車後に日没。釧路到着まで車内が静まり返るキハ283系特急おおぞら7号😪】

↑幕別~利別

段々と日没時間が迫ってきた。帯広を発車すると夕焼けに包まれる車窓😆帯広を発車してもちょっとした都市的鉄道の雰囲気で、わずかながらの区間列車があったりもするし、池田までの普通列車に乗ればどの駅も一定の乗り降りがある🤩

2017年3月までは稲士別駅があった。廃止半年前のちょうどこの時間に訪問したら、周囲は交通量が多い道道沿いで、交通量は多いものの人が居るような気配は何もなかった😞段々と夕焼けが終わり闇に包まれると「稲士別駅の存在意義って何なんだろう😖」という事を思い出す。稲士別駅は利用不振で廃止になってから3年半が経過したが、既に駅の跡地は消えていて、特急おおぞら7号の車内から必死に探したが見つける事が出来なかった😱

↑利別駅で札幌行き特急おおぞら10号(キハ261系1000番台)と交換するため運転停車。乗車率は5~6割程度でおおぞら7号よりも少ない😌帯広~釧路間でもキハ261系1000番台が当たり前のように通るようになった😆数的にはキハ283系と折半する形になっているが、キハ283系の方が少なくなってしまうのは時間の問題だ😞

車外の写真を撮影出来たのはこれが最後で、池田駅到着時点では完全に周囲は真っ暗であった😖次の停車駅は白糠。この間77キロもある😲約1時間止まる事がない😲北海道の特急ではこれが当たり前だったりもする。やはり北海道は広い!🤩

↑完全に静まり返るキハ283系特急おおぞら7号の車内🤫ほとんどのお客は寝ている😪それもそのはずで札幌・南千歳駅から釧路までの乗車が多数で、4時間近くになればゆっくりと休みたくなる😪同業者(乗り鉄、鉄道ファン)も一定数乗っていたが、私のように熱心に「乗車の記録」(メモ、写真撮影、車窓の動画撮影など)をしている人は皆無😅良くてもスマホを眺める程度だが、電波が悪い区間もそれなりに含まれる😩

浦幌は17時56分に通過。この駅は止まる特急おおぞらと止まらない特急おおぞらの2種類ある。池田以来車窓から見えた街の灯りだった😌しかし浦幌駅を過ぎれば車窓は再び闇の世界で😏私が見たかった海・湿原を直接見る事は出来ない😫そもそもどこを通っているのかわからず、白糠駅に16分遅れの18時35分に到着😆帯広発車以来遅れは回復出来ていない事がわかった😱

この日の18時現在の釧路の気温は21度で、天気は晴れ、風速6メートルという事をスマホの天気予報アプリから知る。9月のこの時期にしては平均的な気温と言った所であろうか。18時48分に「まもなく終着釧路に到着」の案内放送が懐かしいメロディーに続いて流れてきた🤩18時54分前後の到着との事だが、接続列車である花咲線5635D根室行きと釧網本線4736D網走行きには乗り換え可能と言う事が伝えられ一安心😌

一斉に車内が動き始めて棚から荷物が降ろされる😅後は釧路駅到着を待つだけの状況になった。キハ283系は折り返し18時59分発の札幌行き特急おおぞら12号になる😵

運転士や車掌は流石に釧路までの担当だが、キハ283系と言う車両は釧路の車庫には入る事なくわずかな時間で札幌へ戻らないといけない😵特急おおぞらの車両運用はこれが基本で、普段からハードな仕事をしているのに、遅れが出てしまえば釧路での十数分の貴重な休憩時間さえも削られる😵キハ283系も「もう😤本当にしんどい😩ちょっと休ませて😩」と言う本音も出るだろう😨

【釧路駅でキハ283系の撮影会状態に🤩たった10分で札幌行き特急おおぞら12号として折り返す忙しさ😵】

↑ヘッドマークはタンチョウの絵に「おおぞら」の文字が浮かび上がる🤩赤い文字の「スーパー」が消えた事が大きな変化だが、まるで違う物に見えてしまう🤩

キハ283-21の周辺では同業者による撮影会と化す🤩車内では特に動かず、釧路到着時に記念に撮影しているような感じだった🙄特急おおぞら7号・12号は定期列車であるが、キハ283系と言う車両が2020年になって数が少なくなってきてしまったので、今のうちに写真や動画などで「記録」しておこうという目的がありそうだ🤩

特急おおぞら7号として車内からお客を降ろすと慌ただしく掃除などの車内整備が始まる😅かなり手際の良い作業だ😲気づいたら5分足らずで作業は終了し今度は特急おおぞら12号としてお客を迎え入れていた😲

↑反対側のホームに移動しキハ283系特急おおぞら12号として発車する所を車両全体で撮影する🤩さすがにそこまでやる同業者は少数だった😅

↑特急おおぞら12号は5分遅れの19時04分に発車😆たった10分で折り返した事になる😲

キハ283系特急おおぞらに乗る事が出来るのも私としても残り1回か2回くらいになった😞登場から30年経過していないが、1日当たりの走行距離が長いため距離数で言ってしまえば30数年分になるという。乗り心地も低下しており「不快な揺れ」が目立つようになっている😨「疲れた😩」とキハ283系が訴えている感じだ😩

振り子装置も使用停止し130キロ運転は出来ず、110キロに抑えられているため速度だけで見てもキハ261系1000番台と比べても不利な条件になっている事も大きい。車両メンテナンスと言う意味でも同一車両に統一した方が好ましく、2020年以降のキハ283系は「晩年の姿」になっているようにも見えた😭

キハ283系はいろいろと印象に残る車両でもあった🤩振り子装置を使用した際の曲線通過時に車体を5度傾けて通る写真をよく見るものの、その状態で運行するキハ283系に一度乗ってみたかった😭車内はかなり揺れるので乗り物酔い🤮を覚悟せねばならない😰 

↑特急おおぞら12号が発車すると、釧路駅はホームも駅周辺も寂しく静まり返ろうとしていた😪19時以降に釧路駅発の列車は足の短い普通列車だけとなる。この地区で普通列車のお客は極端に少ない😞同業者もいつの間にか消えてしまい、夜の釧路の街に繰り出したのであった🤩

★お願い(はてなブックマークへ評価と拡散のご協力を)

今回のブログ記事は満足されましたか?気に入ったら下記にある「B!」マーク(はてなブックマーク)をクリックし、評価と拡散にご協力をお願い申し上げます。

11回目に続く(1月22日公開、下記リンクをクリック)

【2020年9月乗車記と乗り鉄/普段は空いている朝一番の花咲線3625D快速はなさきが大混雑!】HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスでJR北海道を乗り倒せ⑪

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。