【2015年9月乗車記と乗り鉄/キハ283系特急スーパーおおぞら10号に乗る】JR北海道の乗り歩き㉒

広告
広告
広告

2015年9月乗車記と乗り鉄と乗り歩き。新夕張駅から札幌駅まではキハ283系特急スーパーおおぞら10号に乗る!指定席券は帯広→札幌で所持していたが途中駅から乗車しても問題ない。キハ283系はカーブでも速度を落とす事なく走る事が出来る「振り子車両」であるが、その機能を停止したため「至って普通の特急車両」だった

広告
広告

前回までの続きは下記をクリック

【2015年9月乗車記/なぜ経営状態が悪いのか?/今はない「北海道全線フリーきっぷ」を使う】JR北海道の乗り歩き①

【2015年9月乗車記/789系特急スーパー白鳥のグリーン車で北海道に上陸!】JR北海道の乗り歩き②

【2015年9月乗車記/JR北海道の駅ナンバリング(駅番号)とは?/青函連絡船摩周丸を見る】JR北海道を乗り歩き③

【2015年9月乗車記/渡島大野駅(新函館北斗駅)を通らない藤城線経由のキハ183系特急北斗9号函館→森】JR北海道の乗り歩き④

【2015年9月乗車記/緊張感がない運転士/線路=海岸線!/車内販売で長万部の「かにめし」駅弁を食べる/キハ183系特急北斗9号森→東室蘭】JR北海道を乗り歩き⑤

【2015年9月乗車記と乗り歩き/室蘭本線室蘭支線へ!特急券なしで乗れる特急?!】JR北海道を乗り歩き⑥

【2015年9月乗車記/室蘭本線470D東室蘭→洞爺/3両連結しているのに1両は回送で乗れず】JR北海道の乗り歩き⑦

【2015年9月乗車記/日本一の秘境駅!小幌駅に行く!】JR北海道の乗り歩き⑧

【2015年9月乗車記/函館本線山線2933D長万部→小樽/今はなきキハ40の1両!】JR北海道の乗り歩き⑨

【2015年9月乗車記/小樽駅を見学/お金が貯まる銭函駅?!/731系と733系区間快速いしかりライナーに乗る!】JR北海道の乗り歩き⑩

【2015年9月乗車記/乗り心地が良い785系特急スーパーカムイ21号・札幌→岩見沢】JR北海道を乗り歩き⑪

【2015年9月乗車記/室蘭本線岩見沢→苫小牧の1470Dキハ40単行が乗れないほどの大混雑!】JR北海道の乗り歩き⑫

【2015年9月乗車記/急行はまなすを見る/千歳線の733系朝一番普通列車で札幌へ】JR北海道の乗り歩き⑬

【2015年9月乗車記/札沼線(学園都市線)とは?電化された札幌~石狩当別間を721系に乗る!】JR北海道の乗り歩き⑭

【2015年9月乗車記/鉄道ファンしか乗らない札沼線非電化区間キハ40の5425D石狩金沢→石狩月形】JR北海道の乗り歩き⑮

【2015年9月乗車記と車窓/1日3往復時代の札沼線の非電化区間5425D石狩月形→新十津川】JR北海道の乗り歩き⑯

【2015年9月乗車記/旭川駅をじっくりと見る】JR北海道の乗り歩き⑰

【2015年9月乗車記/ラベンダー色の富良野線!ラベンダー園も見る!キハ150系の723D旭川→中富良野】JR北海道の乗り歩き⑱

【2015年9月乗車記/二度と観られなくなってしまった車窓!根室本線富良野→新得間をキハ150系快速狩勝で乗る】JR北海道の乗り歩き⑲

【2015年9月乗車記/非電化高架のスッキリした印象がする帯広駅/JR最強気動車特急キハ261系スーパーとかち8号に乗る!】JR北海道の乗り歩き⑳

【2015年9月乗車記/新夕張駅を現地調査/石勝線夕張支線に乗る】JR北海道乗り歩き㉑

★2015年9月乗車記と乗り鉄「至って普通の特急車両」になってしまったキハ283系特急スーパーおおぞら😵

【乗車日】2015年9月28日(月)

【列車番号】4010D(特急スーパーおおぞら10号、札幌行き)

【時刻】新夕張(Y20)19:17→札幌(01)20:19

【車両】キハ283系、1号車キハ283-14の6号車D席

【備考】時刻、列車名、描写等は全て当時のもの。現在(2020年)と異なるものもある

2015年9月乗車記とと乗り鉄と乗り歩き。特急「スーパーおおぞら10号」の指定席券、帯広→札幌で持っていた🙄
当初は帯広から乗る予定であったが、当日予定変更となり新夕張から乗る事になった😅
JRの規則上、途中駅からきっぷに書かれた指定席を使用する事には問題ない😅但し乗車しなかった分の料金は払い戻しできない🤑

↑定刻より少し遅れて着いた「スーパーおおぞら10号」😅単線主体の石勝線と根室本線ならば、少しの遅れは仕方ない😅


自由席は空席が目立ったが、指定席はほとんどが埋まっていた😲
乗車すると、荷棚の作りが特徴的だったことに気づく😲等間隔に湾曲したタテの棒。これはトップスピートで曲線通過時に荷棚の荷物が落下しないようにするための支えであろうか?🤔
座席は「uシート」と全く同じ。マクラは手動で移動させる事が出来て、座り心地は良い😆

【意外とスピードが出ないキハ283😩】

新夕張を発車すると、強い加速で速度が上がるものの、「まだまだ出るだろう」と思った所でノッチオフ。暗闇から時々現れる小駅を次々に通過する😆


実は、キハ283が本来持つスペックを発揮していない😱
キハ283は日本有数の振り子式特急車両。曲線通過時には車体を5度程度傾けて減速する事なくトップスピードのまま走っていた。これをやっていた頃がキハ283の全盛期😆
JR北海道の不祥事にきっかけになった2011年の石勝線火災脱線事故。キハ283「スーパーおおぞら」が起こしたものであった。理由は部品が脱落し、それに車輪が乗り上げ脱線。これで終わらなかった。以後も、発煙等の事故やトラブルが相次いだ😨

キハ283は1997年に登場したが、車齢にしては状態が悪い😫
登場時から、札幌~釧路の約350kmを最速3時間35分で結び、最高速度は130km/h。同区間を2往復/日(約1,400km)の運用なんてザラ。連日そんなに走る車両は新幹線を除けば他にない😵
18年の車齢に対して、走行距離は20数年分に達している。廃車にする方針を決めているほどだ😫2020年3月ダイヤ改正からはキハ261系1000番台に変わっており、2023年までに札幌~釧路間の特急はその車両になる見込みだ😆


キハ283に対する負担軽減のため、最高速度を110km/hまで落とし、振り子装置を使用停止。
確かにこの時も、曲線通過時大きく揺れる事はなかった😌
振り子車両特有の”しなる”感じもなかった。至って普通の特急車両であった😅

車内の情報案内装置はJR東海の383系と全く同じものであった🤣キハ261のように「追分まであと10km」と言うような表示はなく、「スーパー白鳥」と同じくイラストで現在位置を表示していた😲


新夕張発車後しばらくして、車掌が現れて検札。どうやら釧路の車掌のようだ。長い乗務だ😅札幌~釧路間の特急車掌は全区間”通し”が原則で、途中交代は実施していない。
きっぷ類は全て財布に入れたが、周囲のお客を見ているとチケットホルダーに差し込む人が多い。これがあるのもJR北海道と名鉄くらいだ😲
夕張→新夕張で乗った、日高線の塗装をしたキハ40-355が見えてくると追分。ここまで来れば札幌がかなり近づいてきた。
新千歳空港が見えてくると南千歳。わずかのお客だけを降ろして札幌へ急いだ。

★お願い(はてなブックマークへ評価と拡散のご協力を)

今回のブログ記事は満足されましたか?気に入ったら下記にある「B!」マーク(はてなブックマーク)をクリックし、評価と拡散にご協力をお願い申し上げます。

23回目に続く(11月20日公開、下記ブログをクリック)

【2015年9月乗車記と乗り鉄/202レ急行はまなす札幌→函館】JR北海道を乗り歩き㉓

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。