【2019年9月乗車記と乗り歩き/究極の乗り鉄!根室交通バス納沙布岬→根室駅/キハ54系花咲線5630D根室→釧路】納沙布岬から旭川まで半日で一気に行く①

広告
広告
広告

2019年9月乗車記と乗り歩き。根室市の納沙布岬から旭川駅まで半日で一気に行く究極の乗り鉄!根室交通バスで根室駅へ向かい、ギリギリの接続時間で花咲線5630D釧路行きに乗り継ぐ。進行方向右側の山側を見る形で奇跡のクリスタル車窓花咲線を楽しむ!2019年3月廃止初田牛駅の跡地が残る姿が見えた?厚床駅からはかつて標津線と分岐し廃線跡巡りをしたくなる。釧網本線と合流する東釧路駅では乗り換えの場合も一旦運賃精算が必要だった

広告
広告

前回までの続きは下記をクリック

【奇跡のクリスタル車窓花咲線/5622D厚岸→釧路】北海道の維持困難線区を見る㊱

【奇跡のクリスタル車窓花咲線5627D釧路→茶内】北海道の維持困難線区を見る㊲

【奇跡のクリスタル車窓花咲線5627D茶内→東根室】北海道の維持困難線区を見る㊳

【奇跡のクリスタル車窓花咲線、日本最東端の東根室駅と根室市内】北海道の維持困難線区を見る㊴

【奇跡のクリスタル車窓花咲線5630D根室→厚岸】北海道の維持困難線区を見る㊵

【2019年9月乗車記/快速はなさき釧路→厚岸/門静~厚岸間の厚岸海岸】奇跡のクリスタル車窓花咲線①

【2019年9月乗車記/快速はなさき厚岸→厚床/地球探索鉄道花咲線キハ54-521/朝日の別寒牛湿原/根室からの朝一番と列車交換する茶内駅】奇跡のクリスタル車窓花咲線②

【2019年9月乗車記/快速はなさき厚床~根室間各駅停車の区間は日本一の車窓!】奇跡のクリスタル車窓花咲線③

【2019年9月乗車記/快速ノサップの由来!北方領土の目の前!日本最東端の納沙布岬に行く】奇跡のクリスタル車窓花咲線④

【乗車日】2019年9月19日(木)

【時刻】納沙布岬12:40→根室駅13:24

【便名】根室交通バス歯舞・太平洋経由根室駅行き

【列車番号】5630D(花咲線釧路行き)

【時刻】根室13:34→釧路15:51

【車両】釧クシ=釧路運輸車両所のキハ54-514

★2019年9月乗車記と乗り歩き。納沙布岬から旭川まで半日で一気に行く!

9月19日(木)の宿泊先は旭川。正午の時点で私が居たのは、日本最東端の地「納沙布岬」🤣頭の中で考えても

遠すぎるわ😩

と思ったのは言うまでもない。納沙布岬9:55発の根室駅行きの根室交通バスに乗れば、旭川には20時過ぎに到着出来たのであるが、それでも片道10時間はかかる😫

この場合の経路は根室本線→石勝線→千歳線→函館本線である。乗り換え回数は意外と少なく、2回で済む。すなわち、釧路駅で花咲線のキハ54からキハ283特急スーパーおおぞらに、札幌駅で789系0番台の特急ライラックである。特急に乗り放題の「北海道フリーパス」だから出来る乗り方であって、これが「青春18きっぷ」や「北海道&東日本パス」(「北海道特急オプション券」を別途購入すれば北海道フリーパスと同じ事になるが)ではその日のうちに旭川に到着する事は出来ない😫

また札幌経由ではなくても、網走経由(釧路から釧網本線→網走から石北本線)でも可能であるがこの場合は「来た道を戻る」事になるため、最初から選択肢には入れなかった。

納沙布岬12:40発でも、札幌経由で旭川に行く事は出来るがこれでは何かつまらない😫「JTB小さな時刻表」をめくっていると、「正統派の根室本線経由」でも旭川に行く事が可能と言う事がわかった🤩理論上は滝川まで根室本線を乗りとおして、函館本線の列車に乗り換えればこの日のうちに旭川に到着可能だが、時間が遅くなる。翌日は早朝から行動する事が絶対的に決まっていたので、根室本線は富良野までとして、富良野からは富良野線経由とした。これは結構面白い乗り方だ🤣

「Yahoo!乗換案内」と称するスマホアプリで経由を「新得」「富良野」と入力すると、時刻表で調べた通りの時刻が表示出来た😆467,9キロ、10,890円(自由席特急料金込み、この当時)、9時間10分の行程であった😆

それにしても素晴らしい乗車記であり、乗り歩きだ。内地(本州や四国、九州)では在来線だけでこれだけの乗車記・乗り歩きは出来ない😟北海道と言うスケールの大きさがあるからこそ出来るのだ😆

★根室駅で最短乗り継ぎ!納沙布岬からは根室交通バスで

↑納沙布岬からは根室交通バスで根室駅に向かう。根室駅で花咲線との乗り換え時間はたったの10分しかない。渋滞等で遅れると花咲線には乗れなくなる。1本後は16:09発5632Dとなってしまう。それでもなんとか旭川に到達する事は出来るが、到着は”てっぺんを回る”😪翌日にも影響があるので、何が何でも根室駅での10分乗り換えを成功させねばならない😖

だが、そのような不安は無用であった。北海道道35号はスイスイ道が流れて、気付いたら根室市中心部に入っていた。根室市役所の前を通り過ぎると1分の狂いもない定刻通りであった😆

★ギリギリ間に合った花咲線5630D

↑根室駅には定刻通り13:24に到着。バスから降りたお客の大半は花咲線の5630Dに乗り換える。駅舎前には松原健之の名曲「花咲線~いま君に会いたい」のポスターが貼ってある…はずだったが既に消えていた😱曲が出てから2年も経てばそうなってしまうか😞

↑(以前撮影した写真)根室駅は列車別改札だ。私が到着すると既に改札は始まっていた。簡単に駅舎の様子を伺って、改札氏に「北海道フリーパス」を見せる。

↑ホームに入る。朝着いた時にも撮影したが、改めて日本最東端の線路とホームを記録しておく。ここから旭川、いや翌日は稚内まで行ったのでこれから約800キロも乗る事を思うととても壮大な感じがする🤩

↑車両はキハ54-516の単行(1両)。花咲線では余程の事がない限り、キハ40が入線する事はなくて、朝の5624D厚岸発釧路行き(前夜の5639D釧路発厚岸行きも?)のみが2両だ。

ある事に気付いた😅1本前の11:03発3628D快速はなさきは、キハ54-521での運転だった😱つまり「地球探索鉄道花咲線」の車両に本来ならば乗れるはずだったのだ😱これも納沙布岬で気持ち良くなったため長時間居た事が原因である。

進行方向右側の座席を確保しておく。行きとは異なる「奇跡のクリスタル車窓花咲線」を見る事になる😆単純往復の乗り方の場合、行きと帰りで車窓の見方を変えるようにしている。そうでないと飽きてしまうためだ。

車内はほぼ満席。集団見合い式のキハ54の座席を見ると通路側もそこそこ埋まっている。花咲線は決して輸送密度・営業成績が良くないので、たくさんのお客に乗ってもらった方が良い。むしろこの事は喜ぶべきである。

しかし、根室から乗車したお客はほとんどが、出張客や旅行客なので釧路までの”通し”と言う事は目に見えてわかっていた😫地元利用はやはり少なく、厚床までの根室市内各駅での下車やその先にある浜中、茶内、厚岸と言った駅でまとまって降りる事は期待できない。根室で一度立たされてしまうと、終着釧路まで座れない可能性が高いのだ😩

★奇跡のクリスタル車窓花咲線⑥落石~別当賀間の落石海岸を山側で見ても大絶景!

↑東根室駅で他所のお客を増やし、「奇跡のクリスタル車窓花咲線」を走るキハ54。次の西和田駅は敷地の広い立派な駅。車掌車の駅舎がある最東端の駅であるが、利用者ゼロ。

↑落石~別当賀(落石海岸)

改めてみる「日本とは思えぬ車窓」😆行きはバンバン写真を撮っていたので、帰りの列車ではボンヤリと「奇跡のクリスタル車窓花咲線」を楽しむ😆車内を描写した所でも、乗り降りがある駅の方が圧倒的に少なくて、淡々と停車してはドアが開き、お客の動きはなくて、すぐにドアが閉まる事の繰り返しだ。

↑別当賀駅。地元のお客が1人だけ降りた。根室市内の移動でも花咲線利用は少ない。やはりあくまでも通学利用がメインになるのだろう。

★初田牛駅があったモニュメントがあった!

別当賀駅の駅名標は元々「はったうし」になっていたが、上から「あっとこ」に訂正させられていた😫釧路行きの場合、進行方向右側に初田牛駅が見えるはずでそれを探してみた。結果的に言うと写真撮影には失敗した😫当然減速する事もなければ、鉄道林の中なので目印になるようなものもない。

だが、初田牛駅の跡地を目視で確認する事は一瞬だが出来た。既に駅舎は解体されており、「初田牛駅があった」と言うモニュメントがJR釧路支社名義で出ていた。初田牛駅の跡地は一瞬しか見えないので、花咲線の車窓から探すのは極めて難しいが、その存在を知らない人に言わせれば

駅がない所に変な看板がある🤩何なんだろ?🙄

と思う人が一般観光客を中心に続出する事を期待したい。だが、真っ先に探すのは鉄道ファン(乗り鉄、撮り鉄)が中心であろう。

★標津線との接続駅だった厚床駅

↑厚床駅に到着。地元客1人が降りる。保線員が運転室に乗ってきた。実際の列車に乗務して線路の状態を確認するためだ。駅名標はやはり「はったうし」ではなくて「べっとが」に訂正してあった。棒線化されている駅のため、駅舎側には列車は到着しない。駅舎には

旧標津線分岐駅

厚床駅

と言う看板がある。標津線は1989年4月30日に廃止された路線で、別海町(駅の読み方は「べつかい」ではなくて「べっかい」だったりする)、中標津町、標津町に向かう路線であった。中標津~厚床間は標津線の支線のような立場で、メインとなるのは釧網本線と合流する標茶~根室標津であった。

この地域の移動手段はクルマか路線バスがメインで、特殊なものとして都市間連絡は中標津空港からのヒコーキである。根室市に急いで向かう場合ヒコーキが有利なのは言うまでもないが、路線は新千歳便と羽田便に限られる。私としては標津線の廃線跡めぐりをやりたいと思っている今日この頃。

茶内駅には14:42着。根室行きの5631D(キハ54-507)と交換する。花咲線の本数が少ないため、同じような車両が何回も往復する運用だ。キハ54-507は今朝の根室発の朝一番列車で、これが折り返し5632D(根室16:11発)になる。

恐らく3~4運用程度、両数にして4~5両で1日の全ての列車を賄う事が出来るのであろう。北海道は距離が長い路線が多いものの、意外と必要としている車両数は少なく、1日当たりの走行距離が長い事も特徴。極端なものが特急スーパーおおぞら(この当時)のようなもので札幌~釧路1日1,5往復約1,000キロも走る運用が当たり前のように存在する。

★奇跡のクリスタル車窓花咲線⑦糸魚沢~厚岸間の別寒牛湿原の山側も絶景!

↑糸魚沢駅を発車。次の厚岸駅までは別寒牛湿原の中を通る。いつもは海側の車窓(釧路行きの場合進行方向左側)を見るのだが、ここはあえて逆側の右側を見る。湿原を大きく回り込むような形で、国道44号が通る。この国道は釧路~根室を結ぶ国道であるが、浜中付近からは花咲線から離れて根室に向かうため、完全並走ではない。

↑糸魚沢~厚岸(別寒牛湿原)

「奇跡のクリスタル車窓花咲線」は右でも左でも外れは全くない😆右では山の湿原、左では海の湿原を楽しむ事が出来る。

↑厚岸駅には15:02着。保線員はこの駅で降りる。花咲線の途中駅では唯一の有人駅だ。キハ54のドアは今まで前側のドアしか開いていなかったが、後ろ側のドアも開いた。10人近く乗ってきた。厚岸から先は釧路への人の流れが厚くなる。座席も空席がかなり少なくなってきた。厚岸から釧路までは約50分。生活圏と言えば生活圏だ。クルマでも国道44号経由で花咲線と同じくらいの時間で着く。

この先はスマホの電波も通じない長い鉄道林と言う昼なのに闇の世界になってしまう車窓に。ボンヤリ乗っていれば、ウトウト😪してくる区間である。車窓鉄的には確かに面白くない場所でもあるが、北海道や東北では鉄道林は大きな役割を果たす。線路を大雪から守るためのものなのだ。

車窓が開けてきて「釧網本線乗り換え」の放送が聴こえると東釧路駅に到着。花咲線から釧網本線に乗り換える場合、一度車内で花咲線の運賃を精算してもらうと言う🤑

つまり乗車前にきっぷを買っておかないと”通し”で運賃計算する事が出来ず、東釧路駅で分割する形となるため、乗車区間によっては”通し”の運賃よりも高くなってしまう事がある。そのようにしているのはキセル(不正乗車)対策なのは言うまでもない事だった。だが、東釧路でジャストインタイムで釧網本線に接続する列車はなくて、結局は釧路まで行ったところでも同じ列車になる事が多いのだ。

2回目に続く(7月4日公開、下記リンクをクリック)

【2019年乗車記/車両が疲れ切っているキハ283系…特急スーパーおおぞら10号釧路→新得】納沙布岬から旭川駅まで半日で一気に行く②

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)