【2019年9月乗車記と乗り歩き/快速はなさき釧路→厚岸/門静~厚岸間の厚岸海岸】奇跡のクリスタル車窓花咲線①

広告
広告
広告

2019年9月乗車記と乗り歩き。花咲線(根室本線釧路~根室)は日本一の車窓!朝日を浴びながら釧路駅から朝一番の根室行き快速はなさきに乗る。東釧路駅を発車すると次は約43キロ先の厚岸駅まで約40分もノンストップ!花咲線は意外と海岸線と並走する区間が少ない中で、門静~厚岸間の「厚岸海岸」が最初の奇跡のクリスタル車窓だ!

広告
広告

★2019年9月乗車記と乗り歩き。奇跡のクリスタル車窓花咲線とは?

前回までの続きは下記をクリック

【奇跡のクリスタル車窓花咲線/5622D厚岸→釧路】北海道の維持困難線区を見る㊱

【奇跡のクリスタル車窓花咲線5627D釧路→茶内】北海道の維持困難線区を見る㊲

【奇跡のクリスタル車窓花咲線5627D茶内→東根室】北海道の維持困難線区を見る㊳

【奇跡のクリスタル車窓花咲線、日本最東端の東根室駅と根室市内】北海道の維持困難線区を見る㊴

【奇跡のクリスタル車窓花咲線5630D根室→厚岸】北海道の維持困難線区を見る㊵

↑花咲線とは根室本線の釧路~根室間を示す。列車の運行上は釧路駅を境界に分離されており、特急「おおぞら」(以前は「スーパーおおぞら」)が花咲線に乗り入れる事はない。私の中では

日本一の車窓

が見られる路線だと思っている🤩上記のリンクは2018年9月に乗車した分の記事であるが、今回から数回はその1年後の2019年9月に乗車した記事を掲載する。今回は根室駅から足を延ばして日本最東端の納沙布岬にも行ってみた。「奇跡のクリスタル車窓花咲線」どんな車窓が花咲線の列車から見られるのだろうか?旅行で行った気分で見ていただきたい。

★9月後半の朝5時台に釧路駅周辺で活力感じる朝日を浴びる

【乗車日】2019年9月19日(木)

【列車番号】3625D(快速はなさき根室行き)

【時刻】釧路5:35→厚岸6:21→根室8:00

【停車駅】東釧路、厚岸、茶内、浜中、厚床から根室までの各駅

【車両】キハ54-516(釧クシ=釧路運輸車両所)

【備考】今回は釧路~厚岸間の乗車中の描写と車窓について書く

↑朝5時過ぎの釧路市内。朝日が出ていた。気温14度、風速10メートルで寒い🥶そこに札幌発釧路行きの北海道バスの夜行高速バスが通り過ぎて行った。道内では札幌発着で道南・道東・道北方面に毎晩多数の夜行高速バスが運転している。今や道内では夜行列車は消滅してしまったため、夜行で移動するならばバスしかない。

↑朝日があたる釧路駅。国鉄時代は標準だったメインとなる駅+鉄道管理局が同居する駅舎。建物の真ん中にはJR北海道の旗も掲げられている。釧路駅の記事では今後も毎回書くと思うが、「ビッグに直行!」と言う看板は元々「STATION DINNER946」だった。「946」とは「くしろ」と読める😆「ビッグ」とは不動産屋の事である。今流に言えばエキナカなのであるが、釧路駅の改札口までの通路には数店舗の飲食店が今でも入居している。最近の変化としては売店がコンビニのセブンイレブンに変わった事。基本的には札幌圏中心で、釧路以外には帯広、函館の駅構内に出店する程度。配送のトラックが駅舎前に止まっている。だが釧路駅で旅客が入れる部分は飲食店と改札口の1階だけで、それ以外の場所はJR北海道釧路支社の施設のため入る事が出来ない。実質的には「狭い駅」なのかもしれない。

↑えきねっとトクだ値の宣伝が壁に大きく出ている

↑釧網本線の「くしろ湿原ノロッコ」は2019年で運転開始30年!🤩釧路駅には「壁新聞」で30年の歴史を説明。この前日に「くしろ湿原ノロッコ」には乗ったが、釧網本線に乗るとほぼ毎回この列車に乗っているような気がする。2018年~2019年にかけて全般検査(車検)を受けたようで、客車の内装が多少新しくなっていた。

↑日本最東端の改札口設置駅。Kitaca等の交通系ICカードを使う事は出来ない。よく見ると、左側は乗車口、右側は下車口に分離している。意外とこのような構造は他駅では見られない。旅客誘導上非常に合理的な作りだ。北海道では列車別改札が基本であるが、釧路駅は自動改札機設置駅のため、列車が来ない時間帯でも改札内への出入りは自由に出来る。「北海道フリーパス」を投入する。何事もなく通過できる。

↑朝日を浴びるキハ54-516。9月後半になる時期だが、北海道の日の出は朝5時台前半で、既に明るい。私も眩しい朝日を浴びて活力をもらっているが、耳にも朝日が聴こえてくる🙄片耳のイヤホンには毎朝聴いている大阪の朝日放送ラジオ(ABCラジオ)の「朝も早よから芦沢誠です」(月曜~木曜4:50~6:30)と「おはようパーソナリティー道上洋三です」(平日6:30~9:00)を。耳からも朝日だ🤣北海道に来ても聴いているラジオ番組は普段と変わりがなく、北海道に来たからと言って普段聴かない地元の番組を積極的に聴くか?と言うとそうではないのだ。STVラジオの「オハヨー!ほっかいどう」(平日5:30~8:30)でも良かったのだが。地元のラジオを聴きながら地元の列車に乗ると臨場感がまるで違うのだ。

★東釧路~厚岸間40分ノンストップ!

↑快速はなさきは釧路~厚床間は快速運転、厚床~根室間は各駅停車になる。「区間快速」と言っても良いのかもしれないが、「快速はなさき」と言う立派な名前が合わないようにも思う。「はなさき」とは花咲線である事、根室の花咲漁港が名前の由来であろうから、この地域に確実に停車すると言うのは名と体が合うと少し考えわかった。一方で花咲線には「快速ノサップ」と言う列車もあるが、これは日本最東端納沙布岬を目指す目的のもので、花咲線内では速達性を高めるために、停車駅を最小限にしている。

釧路駅を発車し釧路市内の住宅街を通る。左側にコープさっぽろ(スーパー)の広い駐車場が見えてくると、釧網本線と分岐する東釧路駅。早朝なので釧網本線からの接続列車もない。快速はなさきは東釧路駅を出ると、次は厚岸駅まで40分ノンストップ!この区間は約43キロもある。ノンストップのスケールの大きさはさすが北海道だ。

↑快速はなさきの車内。キハ54-516は転換クロスシート😆元をたどれば、東海道・山陽新幹線の0系からの転用品であるが、リクライニングこそはしないがフカフカしていて非常に快適な座席だ🤩

10人程度乗っていたが、ほとんどが旅行者だった。釧路駅から発車する花咲線は5:35発の快速はなさき3625Dの後は、8:18発の普通5627D根室行きまでない。通過駅となる尾幌駅等の途中でも朝の時間帯は利用が期待出来そうな感じがするが、快速はなさきは通過しているし、8時前に他に停車する列車もない。根室方面への人の流動が少ないのであろう。

↑上尾幌~門静

↑門静駅(通過)

花咲線の車窓は静かに流れる。東釧路~門静までは断続的に鉄道林が続く。「車窓がない」区間だったりもする。スマホの電波の状態も悪く、耳から朝日が聴こえなくなる😫厚岸駅到着まで諦めるしかない😫40分も止まらないので車内の動きも止まってしまう。

★奇跡のクリスタル車窓花咲線①~厚岸海岸

↑門静~厚岸(厚岸海岸)。JR北海道が2018年以降絶景車窓として追加でオススメし出したのがここ。花咲線は意外と海岸線沿いを通る区間はここが唯一だったりする。海の反対側にも陸が見える。ここは「厚岸湾」と言われる所で、砂嘴(さし)と言われる地形である。海が見える部分は他に落石付近もあるが、海岸線からは遠い。車内をよく見ると、お客の全員が進行方向右側に座っている!そして厚岸海岸に快速はなさきが通ると

パチ!パチ!🤩(写真を撮影する音)

みんな奇跡のクリスタル車窓花咲線の絶景ポイントを知っていたのだ😅花咲線では一部列車(釧路8:18発の根室行きの5627D、根室8:24発の釧路行きの5626D)が速度を落として車窓をじっくり見られるサービスを行っているが、2018年12月から追加された。前回は同年の9月に乗ったがその際には減速する事はなかったので、それ以降の開始であった。

40分止まる事なく走り続けて、厚岸駅に到着する。すると隣には車両にキャッチコピーがどデカく出ていた!🙄それはまさに「北海道のいぶたま」だった🙄

2回目に続く(6月19日公開、下記リンクをクリック)

【2019年9月乗車記/快速はなさき厚岸→厚床/地球探索鉄道花咲線キハ54-521/朝日の別寒牛湿原/根室からの朝一番と列車交換する茶内駅】奇跡のクリスタル車窓花咲線②

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)