【JR西日本の全路線全区間乗車(完乗)は”かなり難しい”のか?】JR完乗を目指せ!㉓

広告
広告
広告

JR西日本の全路線全区間乗車(完乗)は”かなり難しい”のか?乗りつぶし・完乗をしている人の多くが口をそろえて言う。理由としてはローカル線の距離の長さと本数の少なさ、他線との接続が悪い事、乗り放題きっぷが少ない事であった。JR西日本の全路線全区間乗車(完乗)はどのように行えば良いのだろうか?

広告
広告

前回までの続きは下記をクリック 

【2019年8月乗車記/関西本線名古屋→久宝寺/新線が開業したおおさか東線】JR完乗を目指せ!①

【2019年11月乗車記/朝と夜にしか運行しない和田岬線を乗りつぶす】JR完乗を目指せ!②

【2019年12月乗車記/行く用事がないと乗ることがない関西空港線】JR完乗を目指せ!③

【2019年8月乗車記/瀬戸大橋線~高徳線を普通列車で乗り直し?/まさかのキハ40・キハ47が登場!】JR完乗を目指せ!④

【2019年8月乗車記と車窓/”四国の4大本線”徳島線433D徳島→穴吹】JR完乗を目指せ!⑤

【2019年8月乗車記と車窓/”四国の4大本線”徳島線433D穴吹→佃】JR完乗を目指せ!⑥

【2019年12月乗車記/JR四国で完乗が難しい?牟岐線徳島→中田/国鉄最短路線小松島線の廃線跡を歩く】JR完乗を目指せ!⑦

【2019年12月乗車記/海は見えず四国の奥地へ向かう?牟岐線4551D南小松島→海部】JR完乗を目指せ!⑧

【2019年12月乗車記/DMVが牟岐線を走る??海部駅で接続する阿佐海岸鉄道とは?】JR完乗を目指せ!⑨

【2019年12月乗車記/鳴門線キハ47タラコ色950DでJR四国全路線全区間乗車達成!】JR完乗を目指せ!⑩

【2019年9月乗車記/函館本線”8の字”をどうやって攻略?砂原線(大沼~渡島砂原~森)にまさかの乗り直し!】JR完乗を目指せ!⑪

【釧網本線でJR北海道全路線全区間乗車達成!】JR完乗を目指せ!⑫

【JR東日本を完乗するポイントとは?】JR完乗を目指せ!⑬

【関東で最も乗りつぶしが難しい?鹿島線】JR完乗を目指せ!⑭

【意外に乗った事がなかった日光線。205系改造の観光列車いろは乗車!】JR完乗を目指せ!⑮

【冬しか乗れない!たった1,8キロの新幹線越後湯沢→ガーラ湯沢】JR完乗を目指せ!⑯

【新線開業したら”更新作業”!相鉄・JR直通線武蔵小杉~羽沢横浜国大~西谷間に乗る】JR完乗を目指せ!⑰

【わずか4キロの乗りつぶし!南武線浜川崎支線(南武支線)乗る】JR完乗を目指せ!⑱

【鶴見線乗りつぶしは意外に大変?浜川崎駅には立入禁止場所がある?まずは浜川崎→浅野】JR完乗を目指せ!⑲

【鶴見線海芝浦駅は駅の外に出る事が出来ない!その理由は?】JR完乗を目指せ!⑳

【鶴見線扇町駅まで乗った「記録」はあっても「記憶」がないので改めて乗った】JR完乗を目指せ!㉑

【JR東日本完乗達成!本当は乗っていないのに、乗った事にしていた鶴見線大川支線】JR完乗を目指せ!㉒

★なぜJR西日本の全区間乗車(完乗)は”かなり難しい”のか?

↑「JR西日本のイメージは?」と問うと

速い!

と答えるだろう。普通列車の仲間である「新快速」は米原~姫路間を最高速度130キロで走行する。例えば米原~大阪間110キロの距離を平均1時間25分、大阪~姫路間88キロの距離を平均1時間で結ぶ。距離と時間の関係を見た時にいかに「新快速」が「速い!」と言う事がわかるだろう。JR他社ではこの関係で走る事が出来る列車は「特急」になる事がほとんどである。

JR西日本は「特急」も「速い!」。北陸特急の「サンダーバード」「しらさぎ」も130キロで走行するし、「遅い」と言う代名詞でもあった気動車特急の「スーパーはくと」「はまかぜ」でさえも電車と変わらぬ走りを実現しており、国内の気動車特急では今や「スーパーはくと」「はまかぜ」は最速だ。

山陽新幹線ではN700系使用列車は300キロ走行が基本である。今はJR東日本の「はやぶさ」が320キロ走行なので日本一速い新幹線ではないものの、新幹線の300キロが最初に実現したのはJR西日本である。

このようにJR西日本は「速い!」列車が多い事がわかるだろう。これが乗りつぶし・完乗と何が関係するのか?・・・それは速度が速い分短い時間で長い距離(または多くの路線)を一気に乗車出来る事だ。例えば米原~姫路間(東海道・山陽本線)は約200キロあるが、「新快速」だと平均2時間30分乗るだけで済んでしまう。一方でJR東日本の熱海~宇都宮・高崎間(東海道本線・上野東京ライン・東北本線・高崎線)も約200キロあるが、「新快速」ほど速い列車はないため平均4時間もかかってしまう。列車の速度が遅い分、乗りつぶし・完乗にも時間がかかる事を示す。

すなわち、JR西日本は速度が速いので、乗りつぶし・完乗も効率的に進める事が出来る!?と思ってしまうが、ここに大きな落とし穴がある!😱

↑それはローカル線である。JR西日本の「負の特徴」として不採算のローカル線を北陸・中国地方を中心に多く抱えている事だ。JR北海道のように営業係数が1,000を軽く超える路線は存在しないが、JR西日本としてはそれが300を超える路線は出来れば廃止したいのが本音。ローカル線に対しては経費を徹底的に削減しており、車両はキハ120(写真)と言う小さなタイプを使ったり、極端に本数が少なかったり、他線との接続が悪かったり、保線を昼間にやって代わりになる輸送手段すら用意しない(それは過去の話)・・・と必要最低限のレベルで運行しているのが実態だ。

JR西日本のローカル線の特徴として、距離が長い!

例えば、姫新(きしん)線は姫路~新見間の158キロ、芸備線が新見~広島間の159キロ、木次(きすき)線が宍道(しんじ)~備後落合間の81キロ、極端なものだと山陰本線が京都~幡生(はたぶ)間の673キロもある。

いずれも本数が少ない、乗り換え駅で他列車との接続が必ずしも良好ではない

と言う特徴もある。これは乗りつぶし・完乗を行うにはかなり不利な条件だ。

特に姫新線、芸備線、木次線は典型的なその特徴で、芸備線の備後落合駅に発着する列車は1日に数える程度しかなく、他列車(他線)との接続できるダイヤパターンは実質的に1日3~4回程度しかない。芸備線の新見~備後落合間に関しては、1日に3往復あるがそのうちの2往復は朝早いか夜遅い時間帯で、実質的に使えるのが昼の1往復に限定されてしまう超難所!

他にもこのような特徴に該当する路線がJR西日本のローカル線には本当に多く、やろうと思えば3日で中国地方のローカル線全路線全区間乗車(完乗)をやる事も出来るが、かなり詰まった予定となってしまう。何らかの理由で列車が遅れたり、乗れない事があると、この時点で予定は台無しとなる。

乗りつぶし・完乗をするにあたり、時間に制約がある場合、JR西日本のローカル線は”かなり大変”なのだ。最適な予定を決めるために、来る日も来る日も「時刻表」をめくり続けて、「あーでもないこーでもない」と悩み続ける事になる。

きっぷにも制約がある。JR他社では土日祝日を中心にローカル線でも乗り放題になるきっぷが多数販売されているが、JR西日本のローカル線では一部を除き通年販売されている乗り放題は存在しない。「定価で乗ってもいい」のであれば問題ないが、予算に限りがある場合は「青春18きっぷ」を活用するしかない。「青春18きっぷ」は学校が春休み・夏休み・冬休み期間中しか使う事が出来ないため、自ずと乗りつぶし・完乗に行ける時期が限定されてしまう。そのため前述の芸備線新見~備後落合間の昼の1往復は、普段は数えるくらいしかお客が乗っていないのに、「青春18きっぷ」利用可能期間中は立ち客がたくさん出るほど混雑する。

すなわち、JR西日本のローカル線の乗りつぶし・完乗と言うのは、列車本数が少ない、他線との接続が悪い、乗り放題きっぷが事実上「青春18きっぷ」以外存在しない・・・と条件が悪すぎるため、”かなり難しい”のだ

★どのようにJR西日本のローカル線を乗りつぶし・完乗を行うか?

「コツコツ乗りつぶしてゆく」しかない。短期間に一気に乗りつぶすことが出来ないのがJR西日本のローカル線なのだ。

例えば、姫路から姫新線を全部乗りつぶし・完乗を行って、新見からは伯備線で米子に行き1日目は終わり。2日目は山陰本線で鳥取に行き、鳥取から因美線・津山線経由で岡山へ行って、今回の乗りつぶし・完乗は終わり。次回は未乗車の伯備線倉敷~新見間に乗って、昼の1往復しかない芸備線の新見~備後落合間の列車に乗って、備後落合と三次で乗り継いで広島に行って芸備線を全部乗りつぶし・完乗を行って1日目は終わり。2日目は呉線と山陽本線(三原~倉敷~岡山)に乗って今回の乗りつぶし・完乗は終わって帰宅・・・とこのように細かく何回も繰り返して、コツコツと未乗車路線を減らして行くことが良いだろうと私は考える。「時間と予算がかかる」と言うのがデメリットであるが、そうするしかないのだ。その結果JR西日本のローカル線の乗りつぶし・完乗はサボっていた期間も含めて、合計で10年もかかった。「青春18きっぷ」の時期だけ集中的に乗ったとしてもJR西日本のローカル線全部を乗るだけで、1年はかかるだろう。

この辺は「人それぞれ」なので他にもいろんなやり方があるが、JR西日本のローカル線を乗りつぶし・完乗をするにあたり、何回も中国地方に行った。回数的には東北地方よりも多いような気がする。

★JR西日本のローカル線未乗車区間は残り2つ

結果的に短い路線が残ってしまったJR西日本のローカル線。そのうちの1つは乗りつぶし・完乗が”かなり難しい”路線となってしまった。次回以降はその事について書いてゆきたい。

24回目に続く(5月 日公開)

【可部線可部~あき亀山間の新規開業に伴う”更新作業”】JR完乗を目指せ!㉔

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)