【2017年5月乗車記と乗り歩き/783系きりしま18号鹿児島中央→宮崎】九州浪漫鉄道物語㉙

広告
広告
広告

2017年5月乗車記と乗り歩き。鹿児島中央~宮崎間は特急きりしまに乗る。783系の5号車自由席からは前面展望が楽しめる。夜間であるが助手席側(進行方向右側)に座る。鹿児島県内は各駅停車に等しい状況で停車駅がとにかく多い!霧島神宮から西都城と青井岳駅付近は山深い所を通るので秘境気分を味わえる特急でもある

広告
広告

前回までの続きはこちらをクリック

【2017年3月乗車記/JR九州の基礎知識/山陽線下関→門司→小倉】九州浪漫鉄道物語 ①

【2017年3月乗車記/小倉→折尾813系の快速4243M/高架化された折尾駅を見る】九州浪漫鉄道物語 ②

【2017年3月乗車記/若松線(筑豊本線)折尾→藤ノ木でBEC819系DENCHAに乗る/スマートサポートステーション】九州浪漫鉄道物語 ③

【BEC819系車内を見る/操車場があった若松駅/DENCHAで非電化区間から電化区間へ通しで乗る】九州浪漫鉄道物語 ④

【2017年乗車記/へいちく・ちくまる/平成筑豊鉄道直方→金田→MrMax田川後藤寺】九州浪漫鉄道物語 ⑤

【2017年3月乗車記/鉱山のど真ん中を通る後藤寺線】九州浪漫鉄道物語 ⑥

【2017年3月乗車記/813系3両福北ゆたか線快速ワンマン4657H新飯塚→博多】九州浪漫鉄道物語 ⑦

【2017年3月乗車記/博多→鳥栖811系普通2159M/南福岡で特急2本抜き二日市で3本抜き!】九州浪漫鉄道物語 ⑧

【2017年3月乗車記と車窓/長崎線817系の2825M佐賀→諫早】九州浪漫鉄道物語 ⑨

【2017年3月乗車記/新幹線工事が始まった諫早駅/長崎線旧線長与経由】九州浪漫鉄道物語 ⑩

【2017年3月乗車記/長崎市電・長崎平和公園】九州浪漫鉄道物語 

【2017年3月乗車記/大村線長崎→佐世保3232Dキハ66系の快速シーサイドライナー】九州浪漫鉄道物語 ⑫

【2017年3月乗車記/佐世保線2934M/リニューアルした783系ハウステンボス】九州浪漫鉄道物語 ⑬

【2017年5月乗車記/初めて乗るハイパーサルーン!783系きらめき101号小倉→博多】九州浪漫鉄道物語⑭

【2017年5月乗車記/博多→宇土で鹿児島本線快速・普通を乗り継ぎ】九州浪漫鉄道物語⑮

【2017年5月乗車記/浅い海が見える車窓三角線(あまくさみすみ線)531D宇土→三角キハ31】九州浪漫鉄道物語 ⑯

【2017年5月乗車記/D&S列車に乗車!大人の上質な雰囲気キハ185「A列車で行こう4号」三角→熊本】九州浪漫鉄道物語⑰

【2017年5月乗車記/迷路の熊本駅!新登場!手頃な豪華過ぎるD&S列車「かわせみやませみ5号」に乗る】九州浪漫鉄道物語⑱

【2017年5月乗車記と肥薩線車窓/新登場D&S列車「かわせみやませみ5号」熊本→人吉】九州浪漫鉄道物語⑲

【2017年5月乗車記と日本三大車窓/大畑ループ線、真幸スイッチバック見どころ満載!肥薩線人吉→吉松1253D】九州浪漫鉄道物語⑳

【2017年5月乗車記/鉄道の町吉松駅/趣のある駅舎が多い肥薩線吉松→隼人4237D/日豊本線隼人→鹿児島中央6963M竜ヶ水駅に営業停車しない理由は?】九州浪漫鉄道物語㉑

【2017年5月乗車記/最南端の路面電車鹿児島市電に少しだけ乗る】九州浪漫鉄道物語㉒

【2017年5月乗車記/N700系7000番台新幹線さくら544号に1駅だけ乗る!】九州浪漫鉄道物語㉓

【2017年5月乗車記/肥薩おれんじ鉄道の車両で運行した川内→鹿児島中央を臨時快速オーシャンライナーさつま1号に乗る】九州浪漫鉄道物語㉔

【2017年5月乗車記/リアル竜宮城!指宿のたまて箱(いぶたま)に乗る】九州浪漫鉄道物語㉕

【2017年5月乗車記/リアル竜宮城!指宿駅/指宿から1333DでJR最南端の列車に乗ると?】九州浪漫鉄道物語㉖

【2017年5月乗車記/JR最南端の駅西大山に行く】九州浪漫鉄道物語㉗

【2017年5月乗車記/薩摩川尻~枕崎のJR最南端の車窓を楽しむ!カツオのニオイがする枕崎から鹿児島市内に指宿枕崎線以外の方法でショートカット?】九州浪漫鉄道物語㉘

【日付】2017年5月5日

【備考】時刻、列車名、金額等は全て当時のもの

★2017年5月乗車記と乗り歩き。783系ハイパーサルーンで前面展望。国分~清武は秘境地帯の連続


【列車番号】6018M(特急きりしま18号宮崎行き)
【時刻】鹿児島中央18:28→宮崎20:38
【車両】クモハ783-1(本ミフCM1編成)
【停車駅】鹿児島、重富、姶良(あいら)、帖佐(ちょうさ)、加治木(かじき)、隼人、国分(こくぶ)、霧島神宮、西都城、都城、清武、南宮崎

日豊本線は全線で特急の運行がある。2017年3月4日改正のダイヤでは小倉~鹿児島中央を”通し”で営業する特急はなく、大分や宮崎で名前の異なる特急に乗り換える事が必須だ。
鹿児島中央から宮崎には「きりしま」で向かった。車両は787系の4両と783系の5両のいずれかで運行されており、後者の場合は「ハイパーサルーン」と言う愛称があるため時刻表にもその旨の記載がある。計画段階では783系に乗るべく、「きりしま18号」を設定しこれが「783系初乗り」になる予定であったが、前日に小倉→博多で乗った「きらめき」が偶然783系であったため、この時点では2回目の乗車となった。今回はその時の乗車記と乗り歩きである。

「きらめき」に乗った時は最後部の5号車17番A席に着席したが、「きらめき18号」についても全く同じ座席位置を狙った。これには理由があった。この座席は着席しながら前面展望が楽しめるからである。しかも、自由席。早い者勝ちなのである。
鹿児島中央駅の券売機で宮崎までの自由席特急券を購入。

↑やってきたのは、本ミフ(JR九州本社・南福岡車両区)CM1編成、すなわち783系のトップ編成で、宮崎方の先頭車はクモハ783-1だった。

↑クモハ783形(写真はCM2編成)の車内。半室構造となっており、乗降ドアは車両中央部。宮崎方の半室はB室と称するため、乗車後こちらに進み、上記座席を確保。B室にはそんなに乗る事なく、鹿児島中央を発車。

鹿児島でも少しのお客を集めて、薄暗くなった海岸線沿いを進む。国道10号線と完全並走しており、交通量が極めて多い。曲線が続く線形で見通しは悪いが速度は速めで、線路標識を見ると警笛鳴らせが多い。JR東海のワイドビュー特急のように運転席に黒いフィルムは貼られていない。運転席側は通常通りカーテンを閉めて運転するため、夜間に前面展望が楽しめるのは進行方向右側に当たる17番A・B席のみだ😆

竜ヶ水では運転停車。鹿児島中央行きの6959Mと交換。
重富駅は無人。この先は「各駅停車」に等しい状況で、「きりしま」は鹿児島~宮崎の都市間連絡列車+鹿児島近郊の日常輸送も兼ねている。
これはJR九州の営業施策の一環と言えよう。九州全域で特急料金は安い「B特急料金」を設定。鹿児島中央~国分に限っては特例で自由駅特急料金は300円(この当時、2019年10月以降は310円)にしている。「気軽に乗れる特急」を積極的にアピールしている。そのため、国分までの停車駅の利用者は少なくない。


国分では鹿児島中央行きの「きりしま17号」と交換。787系のBO102編成。すなわち、大分車両センター(分オイ)の4両であったが、それなりに乗っていた。
「きりしま」「にちりん」「ひゅうが」ではBO編成が主体で、CM編成やBM編成(本ミフの787系6両)がBO編成を補う形だ。
BO編成はワンマン化改造をしている。現状は「にちりん」の一部列車に限定しているが、今後は「きりしま」にも拡大する方針。特急のワンマン化には地元から大反対を受けているが、JR九州は方針撤回するつもりはない。
ワンマン化する理由は「経費削減」であるが、この日の「きりしま18号」はそれを否定するような実態で、運転士2人、車掌2人であった。
運転士の1人は教導者ではなくて、鹿児島から宮崎への送り込みらしい。車掌は1人が運転扱い(ドアの開閉と放送)、もう1人が検札扱いであった。停車駅が多くお客の乗り降りが激しいため、検札車掌は発車するたびに車内に現れては、お客にきっぷの提示を求めていた。

鹿児島の都市圏は国分で終了。この先は肥薩線並みの大きくて高い気に覆われた険しい山に突入。曲線+トンネルを多用した線形で、何も住宅がなく「秘境」の感じすらした。
霧島神宮は山の中にある曲線状の駅で、利用者は皆無であった。
霧島神宮発車後に車内を一巡。5号車はA室、B室とも4人ずつで、他の車両も似たような利用実態。鹿児島~宮崎への人の流れは少ない。
普通列車は2時間に1本に減少する区間で、817系のワンマンとなる。

前面展望を見ていても、前は何も見えない。警笛も盛んに鳴る。
西都城付近で高架線になって、ロードサイド店が急に増えてきた。久しぶりに見た都市。713系の回送の姿を見かけて、長い高架線が次の都城まで続く。都城では鹿児島中央行きの「きりしま19号」(787系4両・編成番号未確認)とも交換。
山之口までは人の多いエリアで、これを出ると再び秘境。人の営みが全く感じられない場所に再び突入。青井岳駅は本当に何もない山の中で、この駅で西都城行きの6773Dと交換。交換列車自体あった事にビックリ。

田野駅は通過。マンションらしき建物はあり人の営みも感じられたが、駅に近寄る人はいないので、通過も当然か。
清武まで来れば宮崎の郊外と言った場所で、マンションが多く、交換した鹿児島中央行きの6971Mから5~6人が降りてきた。
南宮崎では数人の下車が見られた。実質的には宮崎市内へのお客で、宮崎空港や日南線方面への乗り換えとしても機能する。ここから次の宮崎までは特急券なしで特急に乗れる特例が設定されており、わずかながらのお客が乗ってきた。

「きりしま」は鹿児島中央~国分での細かい利用と鹿児島~宮崎の都市間連絡特急の役割を持つ。秘境区間の国分~清武の利用が激減するのが気になる点であったが、青井岳駅をはじめこの区間の秘境駅(全国的見れば順位は低いが)にも行ってみたいと思った。
宮崎では連絡の延岡行き特急「ひゅうが6号」(787系6両)が待っていた。

30回目に続く(4月30日公開)

【ホームごとに改札口が違う?宮崎駅/ジャングル+日本離れ+日本の原風景が融合した面白い車窓日南線1927D宮崎→油津】九州浪漫鉄道物語㉚

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。