【2017年5月乗車記/リアル竜宮城!指宿駅/指宿から1333DでJR最南端の列車に乗ると?】九州浪漫鉄道物語㉖

広告
広告
広告

2017年5月乗車記。「指宿のたまて箱」の運行は指宿枕崎線の鹿児島側の半分の区間だけ。指宿駅から枕崎駅までのJR最南端区間は普通列車だけになる。指宿駅の一部は「リアル竜宮城」になっている。指宿駅から枕崎行き列車に乗ると?ある事に気付いた

広告
広告

前回までの続きはこちらをクリック

【2017年3月乗車記/JR九州の基礎知識/山陽線下関→門司→小倉】九州浪漫鉄道物語 ①

【2017年3月乗車記/小倉→折尾813系の快速4243M/高架化された折尾駅を見る】九州浪漫鉄道物語 ②

【2017年3月乗車記/若松線(筑豊本線)折尾→藤ノ木でBEC819系DENCHAに乗る/スマートサポートステーション】九州浪漫鉄道物語 ③

【BEC819系車内を見る/操車場があった若松駅/DENCHAで非電化区間から電化区間へ通しで乗る】九州浪漫鉄道物語 ④

【2017年乗車記/へいちく・ちくまる/平成筑豊鉄道直方→金田→MrMax田川後藤寺】九州浪漫鉄道物語 ⑤

【2017年3月乗車記/鉱山のど真ん中を通る後藤寺線】九州浪漫鉄道物語 ⑥

【2017年3月乗車記/813系3両福北ゆたか線快速ワンマン4657H新飯塚→博多】九州浪漫鉄道物語 ⑦

【2017年3月乗車記/博多→鳥栖811系普通2159M/南福岡で特急2本抜き二日市で3本抜き!】九州浪漫鉄道物語 ⑧

【2017年3月乗車記と車窓/長崎線817系の2825M佐賀→諫早】九州浪漫鉄道物語 ⑨

【2017年3月乗車記/新幹線工事が始まった諫早駅/長崎線旧線長与経由】九州浪漫鉄道物語 ⑩

【2017年3月乗車記/長崎市電・長崎平和公園】九州浪漫鉄道物語 

【2017年3月乗車記/大村線長崎→佐世保3232Dキハ66系の快速シーサイドライナー】九州浪漫鉄道物語 ⑫

【2017年3月乗車記/佐世保線2934M/リニューアルした783系ハウステンボス】九州浪漫鉄道物語 ⑬

【2017年5月乗車記/初めて乗るハイパーサルーン!783系きらめき101号小倉→博多】九州浪漫鉄道物語⑭

【2017年5月乗車記/博多→宇土で鹿児島本線快速・普通を乗り継ぎ】九州浪漫鉄道物語⑮

【2017年5月乗車記/浅い海が見える車窓三角線(あまくさみすみ線)531D宇土→三角キハ31】九州浪漫鉄道物語 ⑯

【2017年5月乗車記/D&S列車に乗車!大人の上質な雰囲気キハ185「A列車で行こう4号」三角→熊本】九州浪漫鉄道物語⑰

【2017年5月乗車記/迷路の熊本駅!新登場!手頃な豪華過ぎるD&S列車「かわせみやませみ5号」に乗る】九州浪漫鉄道物語⑱

【2017年5月乗車記と肥薩線車窓/新登場D&S列車「かわせみやませみ5号」熊本→人吉】九州浪漫鉄道物語⑲

【2017年5月乗車記と日本三大車窓/大畑ループ線、真幸スイッチバック見どころ満載!肥薩線人吉→吉松1253D】九州浪漫鉄道物語⑳

【2017年5月乗車記/鉄道の町吉松駅/趣のある駅舎が多い肥薩線吉松→隼人4237D/日豊本線隼人→鹿児島中央6963M竜ヶ水駅に営業停車しない理由は?】九州浪漫鉄道物語㉑

【2017年5月乗車記/最南端の路面電車鹿児島市電に少しだけ乗る】九州浪漫鉄道物語㉒

【2017年5月乗車記/N700系7000番台新幹線さくら544号に1駅だけ乗る!】九州浪漫鉄道物語㉓

【2017年5月乗車記/肥薩おれんじ鉄道の車両で運行した川内→鹿児島中央を臨時快速オーシャンライナーさつま1号に乗る】九州浪漫鉄道物語㉔

【2017年5月乗車記/リアル竜宮城!指宿のたまて箱(いぶたま)に乗る】九州浪漫鉄道物語㉕

【日付】2020年5月5日

【備考】時刻、列車名、金額等は全て当時のもの

★リアル竜宮城は指宿駅にも!

「指宿のたまて箱」(いぶたま)の乗車時間はあっという間。指宿駅では地元の熱烈な歓迎を受けて、折り返し2号(3072D/指宿10:57発)としてすぐに戻ってしまう。駅の放送によれば「いぶたま2号」は満席との事。

↑指宿でゆっくりする事が出来ない「いぶたま」。1号のお客が下車するとすぐに2号の新たなお客が入ってくる。地元の歓迎を受けると指宿の観光地へと進んでゆく・・・これが「D&S列車の正しい使い方」である。
「いぶたま」を編成で撮影していたが・・・

↑指宿止まりの5326D(左側)が入ってきた。完全に邪魔された格好だが、5326Dは山川~指宿の1駅だけの運行。「いぶたま2号」に接続する役目を持っているようだ。

↑ホームの端まで進んで、後追いで「いぶたま2号」を撮影。雰囲気がまるで違う。大胆な配色と言う事もあって、山側は重厚感を感じる「黒」、海側は気軽さを感じる「白」がど真ん中でキッパリとなっているので、乗車時は「白」しか見ていなかったので、まるで違う列車に思えてしまった。

↑指宿駅は留置線が何本もあるが、雑草に隠れている場所が多かった。指宿枕崎線の運行系統は指宿・山川を境に大きく変わる傾向で、鹿児島中央方面に対しては1本/時程度あるが、枕崎方面に対しては5往復/日(西頴娃発着2往復/日も別にある)に激減する。

↑時間があったので、ぶらぶら歩いていると、改札口付近は急な階段。駅員がアロハシャツで業務するのが指宿駅の特徴で、「いぶたま」と言う特急もあるので、「JR最南端の特急停車駅」でもある。

↑改札内の通路一部は竜宮城をイメージした、駅とは思えない夢があふれる世界。次に乗る列車まで時間があったが、この竜宮城ゾーンを歩いていると、なんだか不思議な気持ちになった。

★1駅で急激に線路状態が悪化!極端すぎる指宿から南側

【列車番号】1333D(枕崎行き)
【時刻】指宿11:27→西大山11:56
【車両】キハ47-9077+キハ47-122

↑指宿からはキハ47に乗って西大山へ。反対ホームにはキハ200も止まっていたが、指宿枕崎線では山川以北の運用らしく、枕崎に来る事はないらしい。
とにかく線路がバウントするような揺れ方をする。線路の維持管理をしっかりとやっていないんだなと思った。

指宿枕崎線は鹿児島中央~喜入では輸送密度が8,332人/日と鉄道として十分特性を発揮出来ているが、喜入~指宿では2,477人/日に激減。「いぶたま」に乗っている限り、特急が通る区間でもあるので、「バウントしたような」変な揺れは感じなかったが、指宿~枕崎では301人/日となってしまう。こんなに成績が悪いと積極的な設備投資は出来ないのが現状か。
鹿児島市から枕崎市には鉄道で行くと遠回りで片道3時間近くかかってしまうが、道路ではショートカット出来る経路のため半分の1時間半で済む。

JR九州は指宿~枕崎については、利用減少を理由に廃止対象にしており、「今すぐ廃止と言うわけではないが、将来的には廃止を覚悟しておくように」と異例の”事前通告”も出ている。(青柳社長が地元新聞社とのインタービューで語った内容による)
だが、それでもJR九州は上場企業になったので、どんなに赤字でも路線を維持する義務があるのは言うまでもない。JR西日本の三江線やJR北海道各線のように極端に利用が減少しないと(100人/日を下回る事が目安だろう)「廃止」と言うカードを切れないだろうし、それはJR九州の企業イメージや企業ブランドを自ら傷つける事になるから、決して良い事はない。

↑山川では11:33~11:46まで止まる。列車から出て来たのはカメラを持った同業者(鉄道ファン)で、長時間停車を利用していろんな写真等を撮影。見た限り日常的な利用者は少なく、多くが観光目的のお客で遠方からの人も少なくないように見えた。
駅頭には「日本最南端の有人駅」と言う柱が立っていたが、JR九州の近年の合理化により2016年の春~秋にかけて一時無人駅となってしまったが、同年秋に簡易委託で有人駅として復活した。
指宿枕崎線では、山川から先有人駅は西頴娃駅のみで、枕崎と言った主要駅でさえも無人なのが、最北端との違いと言える。
1333Dが停車しているホーム(キハ47が2編成停車している写真の左側)は”うっそうとしたジャングル”で、「雨が多いんだろうな」と思った。

27回目に続く(4月21日公開)

【2017年5月乗車記/JR最南端の駅西大山に行く】九州浪漫鉄道物語㉗

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)