【2018年3月乗車記/今まで以上に熱烈な石見川本駅のゴールデンタイム】三江線廃止までの”参考”になる記録㊿

広告
広告
広告

2018年3月乗車記。三江線廃止直前に訪問した石見川本駅。12:18着の列車から13:45発の列車まで時間があるため、石見川本駅周辺では地元「おもてなし」を展開。これは毎回訪問するたびに見ているが、廃止直前と言う事もあってか今まで以上に熱烈なものであった!さらに「石見川本駅」と書いたきっぷを買い求めるファンも多い

広告
広告

前回までの続きは下記をクリック

JR西日本が三江線を廃止した理由

【まずは尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録①

【2016年3月の乗車記と車窓422D三次→浜原/単行でもお客はたったの5人】三江線廃止までの”参考”になる記録②

【2016年3月の乗車記と車窓422D浜原→江津/わずかな人しか乗らない】三江線廃止までの”参考”になる記録③

【2017年3月再び尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録④

【2017年3月乗車記/432D尾関山→式敷/大混雑429D式敷→三次】三江線廃止までの”参考”になる記録⑤

【2017年3月乗車記/廃止決定後の422D三次→口羽は早朝でも空いていない!】三江線廃止までの”参考”になる記録⑥

【乗車記/初めて行った天空の駅宇都井駅】三江線廃止までの”参考”になる記録⑦

【2017年3月乗車記/普通列車も通過する長谷駅と三江線未来のために】三江線廃止までの”参考”になる記録⑧

【2017年3月乗車記/最混雑列車424D船佐→石見川本】三江線廃止までの”参考”になる記録⑨

【2017年3月乗車記/初めての石見川本駅のゴールデンタイム】三江線廃止までの”参考”になる記録⑩

【2017年3月乗車記/426D石見川本→川戸/川戸駅交換設備が消えた跡】三江線廃止までの”参考”になる記録⑪

【2017年3月乗車記/三次行きの最混雑列車?429D川戸→石見簗瀬】三江線廃止までの”参考”になる記録⑫

【2017年3月乗車記/430D石見簗瀬→江津の石見神楽トレイン】三江線廃止までの”参考”になる記録⑬

【2017年7月乗車記/夏に乗車してわかった事/レール温度上昇で運休?】三江線廃止までの”参考”になる記録⑭

【2017年7月乗車記/高速バス「石見銀山号」で広島から因原・石見川本へ簡単アクセス!】三江線廃止までの”参考”になる記録⑮

【2017年7月乗車記/因原駅に三江線と名乗る運送会社が同居】三江線廃止までの”参考”になる記録⑯

【2017年7月乗車記/因原→鹿賀を歩く。絶景!絵に描いた駅】三江線廃止までの”参考”になる記録⑰

【2017年7月乗車記/426D鹿賀→川平、哀愁ある駅川平、水分確保に苦労】三江線廃止までの”参考”になる記録⑱

【2017年7月乗車記/前面展望動画撮影人気列車?429D川平→浜原】三江線廃止までの”参考”になる記録⑲

【2017年7月乗車記/レール温度上昇で429D浜原→三次で遅れ発生】三江線廃止までの”参考”になる記録⑳

【2017年7月乗車記/三次周辺も明るい422D/宇都井でサービス停車】三江線廃止までの”参考”になる記録㉑

【2017年7月乗車記/江の川が手前にある潮駅/423Dで三次方面へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㉒

【2017年7月乗車記/天空の駅宇都井に近鉄からのお知らせ?】三江線廃止までの”参考”になる記録23

【2017年7月乗車記/宇都井から徒歩で口羽へ…は無理で伊賀和志へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㉔

【2017年7月乗車記/リアル鉄子登場!最混雑列車424D伊賀和志→石見川本】三江線廃止までの”参考”になる記録㉕

【2017年7月乗車記/規模縮小?石見川本駅のゴールデンタイム】三江線廃止までの”参考”になる記録㉖

【2017年7月乗車記/425D石見川本→粕淵/立派な街の粕淵】三江線廃止までの”参考”になる記録㉗

【2017年7月乗車記/浜原駅での連結作業を見る】三江線廃止までの”参考”になる記録㉘

【2017年7月乗車記/交換設備未使用の石見都賀/三次行き最終433D】三江線廃止までの”参考”になる記録㉙

【2017年11月乗車記/名古屋から高速バスで出雲→山陰本線アクアライナー→江津から歩いて江津本町と千金に】三江線廃止までの”参考”になる記録㉚

【2017年11月乗車記/空いている425D千金→石見川越/石見川越駅前に郵便局】三江線廃止までの”参考”になる記録㉛

【2017年11月乗車記/石見川越~鹿賀~因原を徒歩で】三江線廃止までの”参考”になる記録㉜

【2017年11月乗車記/最も混む列車429D因原→三次/着席可能な状況】三江線廃止までの”参考”になる記録㉝

【2017年11月乗車記/最も混む列車424D発車前の三次駅の様子・9時に来れば良い】三江線廃止までの”参考”になる記録㉞

【2017年11月乗車記/最も混む424D三次→口羽/途中駅から乗ろうとした旅行ツアー客に乗車拒否!】三江線廃止までの”参考”になる記録㉟

【2017年11月乗車記/最も混む424D口羽→石見川本/宇都井駅で下車が多く意外とお客が減ってきた】三江線廃止までの”参考”になる記録㊱

【2017年11月乗車記/バスが来ない!石見川本~木路原~竹~乙原の各駅を訪問】三江線廃止までの”参考”になる記録㊲

【2017年11月乗車記/列車が通る最後の宇津井駅INAKAイルミ@おおなん前編】三江線廃止までの”参考”になる記録㊳

【2017年11月乗車記/宇津井駅INAKAイルミ@おおなん後編】三江線廃止までの”参考”になる記録㊴

【開業から廃止まで88年の栄光の歴史】三江線廃止までの”参考”になる記録㊵

【基本的に立入禁止に…廃止後の線路・駅と言った施設はどうなるか?】三江線廃止までの”参考”になる記録㊶

【2018年3月乗車記/列車がないので早朝に三次駅から徒歩で尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㊷

【2018年3月乗車記/粟屋駅で地元の熱烈な歓迎】三江線廃止までの”参考”になる記録㊸

【2018年3月乗車記/秘境駅長谷→空襲の跡が残る船佐→かわいらしい看板の所木の各駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㊹

【2018年3月乗車記/3両に増結となった石見川本行き424Dに2日連続で乗る】三江線廃止までの”参考”になる記録㊺

【2018年3月乗車記/1両で大混雑!始発422D三次→口羽に乗る/口羽駅に28分だけ営業の売店!】三江線廃止までの”参考”になる記録㊻

【2018年3月乗車記/空いている昼間の浜原行き425D・乙原駅→石見簗瀬駅→明塚駅を訪問する】三江線廃止までの”参考”になる記録㊼

【2018年3月乗車記/廃止直前に1か月半運休した宇都井駅には?】三江線廃止までの”参考”になる記録㊽

【2018年3月乗車記/簡単に県境越えが出来る作木口と江平は三江線らしい景色】三江線廃止までの”参考”になる記録㊾

★石見川本駅のゴールデンタイム。今まで以上の熱烈な歓迎を!石見川本駅の有人窓口できっぷを買う同業者が多い理由は?

【訪問日】2018年3月3日(土)
【車両】江津←キハ120-314(米ハタ)+キハ120-325(広クチ)+キハ120-321(米ハタ)→三次
【その他】列車番号、列車時刻は2018年3月16日(金)まで有効。3月17日以降も同時刻で運行。車掌乗務で、最後尾のキハ120-321は全駅でドアが開かない。

424D(3月17以降は9424D)は12:18着の石見川本止まり。江津行きの426D(同9426D)として発車する13:45までの約80分石見川本で滞在する事になる。
私はこの80分を「石見川本駅のゴールデンタイム」と称しているが、地元の熱烈な歓迎は2018年3月の三江線廃止直前に見ると、なお一層熱烈なものとなった。

↑石見川本に着くとお客は全員下車しないといけない。車内に残る事は出来ない。前述のとおり424Dは3両で最後尾の車両は石見川本でもドアが開かない。前の2両から乗り降りする事になる。
私が最後尾のキハ120-321に来ると、同業者(鉄道ファン)の”カメラの放列”。次々に撮影する人が来るので、私がこの写真を撮影後に場所を離れようとしたが、同業者の邪魔になるため(同業者の写真等に写り込むため)なかなか離れる事が出来なかった。”カメラの放列”になるとこれが大変で難しい。この点も”参考”にされたい。

↑反対側のホーム(三次行きのりば)に行くために、跨線橋を渡る。意外と跨線橋の内部を撮影する同業者は少ない。三江線で跨線橋があるのは三次と江津を除けば今や石見川本だけ。昔は因原にもあったが、交換設備撤去と同時に消えたようだ。

↑偶然見つけたのが、跨線橋の中にある小さな穴。跨線橋内部からは外の様子見る事は出来ないが、この小さな穴からは石見川本駅全体を見る事が出来る良好な構図である。ただ、これは偶然あった小さな穴で私が故意に破損させて穴を作ったわけではない。廃止に向けて全国から同業者が殺到しているが、故意に破損させて新たな穴を作って自分だけの構図を勝手に作る事がないようにしたい。

↑到着から10分ほどたつのに、同業者がまだ何人も残る。ほとんどが熱心な人である。跨線橋を渡ってキハ120を編成で撮影する人は少数派で、ほとんどがキハ120が止まっているホームから撮影。撮影後は石見川本駅のゴールデンタイムを楽しむわけだ。

↑石見川本駅には側線があるが、この日は作業用車両は止まっていない。

↑ホームには花壇。地元の人が植えた花のようで、心が和む。

↑駅の外に出ると、「しまねっこ」に加えて「雪だるま」(スノーマン?)も石見川本駅のゴールデンタイムを見守る。

キハ120はこの日、ずっとアイドリングしたまま車両を止めておく。この間は普段通り車内を施錠して、乗務員は昼休憩。三江線では数少ない有人駅で、きっぷの販売も行っているが、きっぷを買い求める同業者が多かった。どう見ても既に有効な乗車券を所持している人が圧倒的多数で、石見川本駅で一体どんなきっぷを買っているのか?気になって仕方がなかった。後日調査すると、「石見川本駅」と書いた入場券を購入してそれをブログ等にアップしている人が多かったので、それだろうか?

↑石見川本駅の駅舎。川本町の観光協会等の自治体関係者による「おもてなし」が熱烈。三江線乗車記念グッズも販売しており、当然ここでないと購入できない。
翌日の3月4日(日)は川本町のホールで吹奏楽の演奏会が午後にあって、本番前に424Dで着いたお客を演奏で出迎えた。

↑「おもてなしサロン」も簡単に見ておく。3月3日(土)の時点で、三江線最終運転日まで残り28日。

↑石見川本駅周辺の商店街。小さなお店が多く、昔から残る「駅前商店街」。飲食店はどこも盛況で同業者が多く昼食をとっていた。飲食店のジャンルも複数あって迷うほど。

↑いつものとおり、江の川の堤防へ。

↑石見川本駅に3両が止まるのも珍しい。配色もその日によって異なり、中央に広島のキハ120を挟む事も珍しい。他にも木次色やタラコ色も入る事があるので、424Dの両数が増えれば増えるほどこのような楽しみも増える。
それにしても江の川の風が心地よい。冷たくも暑くもない本当に「ちょうど良い温度の風」。何回来ても江津方を見ると「こちらが三次方」、三次方を見ると「こちらが江津方」と誤解するのは相変わらず直らなかった。

51回目に続く(4月11日公開)

【2018年3月乗車記/おおなんバスで石見川本から因原→サクラの木がある因原駅】三江線廃止までの”参考”になる記録51

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。