【2018年3月乗車記/1両で大混雑!始発422D三次→口羽に乗る/口羽駅に28分だけ営業の売店!】三江線廃止までの”参考”になる記録㊻

広告
広告
広告

2018年3月乗車記。三次駅から朝一番の1両しかない422D浜田行きに乗ると大混雑!なんで早朝からこんなに人が集まるのだろうか?口羽駅では28分の停車。その時間を利用して28分しか営業しない売店があった!

広告
広告

前回までの続きは下記をクリック

JR西日本が三江線を廃止した理由

【まずは尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録①

【2016年3月の乗車記と車窓422D三次→浜原/単行でもお客はたったの5人】三江線廃止までの”参考”になる記録②

【2016年3月の乗車記と車窓422D浜原→江津/わずかな人しか乗らない】三江線廃止までの”参考”になる記録③

【2017年3月再び尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録④

【2017年3月乗車記/432D尾関山→式敷/大混雑429D式敷→三次】三江線廃止までの”参考”になる記録⑤

【2017年3月乗車記/廃止決定後の422D三次→口羽は早朝でも空いていない!】三江線廃止までの”参考”になる記録⑥

【乗車記/初めて行った天空の駅宇都井駅】三江線廃止までの”参考”になる記録⑦

【2017年3月乗車記/普通列車も通過する長谷駅と三江線未来のために】三江線廃止までの”参考”になる記録⑧

【2017年3月乗車記/最混雑列車424D船佐→石見川本】三江線廃止までの”参考”になる記録⑨

【2017年3月乗車記/初めての石見川本駅のゴールデンタイム】三江線廃止までの”参考”になる記録⑩

【2017年3月乗車記/426D石見川本→川戸/川戸駅交換設備が消えた跡】三江線廃止までの”参考”になる記録⑪

【2017年3月乗車記/三次行きの最混雑列車?429D川戸→石見簗瀬】三江線廃止までの”参考”になる記録⑫

【2017年3月乗車記/430D石見簗瀬→江津の石見神楽トレイン】三江線廃止までの”参考”になる記録⑬

【2017年7月乗車記/夏に乗車してわかった事/レール温度上昇で運休?】三江線廃止までの”参考”になる記録⑭

【2017年7月乗車記/高速バス「石見銀山号」で広島から因原・石見川本へ簡単アクセス!】三江線廃止までの”参考”になる記録⑮

【2017年7月乗車記/因原駅に三江線と名乗る運送会社が同居】三江線廃止までの”参考”になる記録⑯

【2017年7月乗車記/因原→鹿賀を歩く。絶景!絵に描いた駅】三江線廃止までの”参考”になる記録⑰

【2017年7月乗車記/426D鹿賀→川平、哀愁ある駅川平、水分確保に苦労】三江線廃止までの”参考”になる記録⑱

【2017年7月乗車記/前面展望動画撮影人気列車?429D川平→浜原】三江線廃止までの”参考”になる記録⑲

【2017年7月乗車記/レール温度上昇で429D浜原→三次で遅れ発生】三江線廃止までの”参考”になる記録⑳

【2017年7月乗車記/三次周辺も明るい422D/宇都井でサービス停車】三江線廃止までの”参考”になる記録㉑

【2017年7月乗車記/江の川が手前にある潮駅/423Dで三次方面へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㉒

【2017年7月乗車記/天空の駅宇都井に近鉄からのお知らせ?】三江線廃止までの”参考”になる記録23

【2017年7月乗車記/宇都井から徒歩で口羽へ…は無理で伊賀和志へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㉔

【2017年7月乗車記/リアル鉄子登場!最混雑列車424D伊賀和志→石見川本】三江線廃止までの”参考”になる記録㉕

【2017年7月乗車記/規模縮小?石見川本駅のゴールデンタイム】三江線廃止までの”参考”になる記録㉖

【2017年7月乗車記/425D石見川本→粕淵/立派な街の粕淵】三江線廃止までの”参考”になる記録㉗

【2017年7月乗車記/浜原駅での連結作業を見る】三江線廃止までの”参考”になる記録㉘

【2017年7月乗車記/交換設備未使用の石見都賀/三次行き最終433D】三江線廃止までの”参考”になる記録㉙

【2017年11月乗車記/名古屋から高速バスで出雲→山陰本線アクアライナー→江津から歩いて江津本町と千金に】三江線廃止までの”参考”になる記録㉚

【2017年11月乗車記/空いている425D千金→石見川越/石見川越駅前に郵便局】三江線廃止までの”参考”になる記録㉛

【2017年11月乗車記/石見川越~鹿賀~因原を徒歩で】三江線廃止までの”参考”になる記録㉜

【2017年11月乗車記/最も混む列車429D因原→三次/着席可能な状況】三江線廃止までの”参考”になる記録㉝

【2017年11月乗車記/最も混む列車424D発車前の三次駅の様子・9時に来れば良い】三江線廃止までの”参考”になる記録㉞

【2017年11月乗車記/最も混む424D三次→口羽/途中駅から乗ろうとした旅行ツアー客に乗車拒否!】三江線廃止までの”参考”になる記録㉟

【2017年11月乗車記/最も混む424D口羽→石見川本/宇都井駅で下車が多く意外とお客が減ってきた】三江線廃止までの”参考”になる記録㊱

【2017年11月乗車記/バスが来ない!石見川本~木路原~竹~乙原の各駅を訪問】三江線廃止までの”参考”になる記録㊲

【2017年11月乗車記/列車が通る最後の宇津井駅INAKAイルミ@おおなん前編】三江線廃止までの”参考”になる記録㊳

【2017年11月乗車記/宇津井駅INAKAイルミ@おおなん後編】三江線廃止までの”参考”になる記録㊴

【開業から廃止まで88年の栄光の歴史】三江線廃止までの”参考”になる記録㊵

【基本的に立入禁止に…廃止後の線路・駅と言った施設はどうなるか?】三江線廃止までの”参考”になる記録㊶

【2018年3月乗車記/列車がないので早朝に三次駅から徒歩で尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㊷

【2018年3月乗車記/粟屋駅で地元の熱烈な歓迎】三江線廃止までの”参考”になる記録㊸

【2018年3月乗車記/秘境駅長谷→空襲の跡が残る船佐→かわいらしい看板の所木の各駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㊹

【2018年3月乗車記/3両に増結となった石見川本行き424Dに2日連続で乗る】三江線廃止までの”参考”になる記録㊺

★三次始発(5:38発)の422Dが大混雑!

【乗車日】2018年3月4日(日)
【列車番号】422D(浜田行き)
【時刻】三次5:38→口羽6:35着
【車両】キハ120-310(石見神楽トレイン)の単行
【その他】列車番号、列車時刻、両数は2018年3月16日(金)まで有効。車掌乗務なし。3月17日(土)~3月31日(土)まではほぼ同時刻で9422D(3月17日の実績2両)として運行。

朝5時過ぎに三次市の宿を出発。三次市内は真っ暗で駅前の国道183号線もクルマ通りは少ない。

「こんなに人が居ないので、三江線の始発(422D)に乗る人はたくさんいるのだろうか?」

と疑問に思うほど。むしろ、「余裕で乗れるでしょう」と楽観的になる所もあった。

↑三次駅の改札口。朝5:15。改札口前に止まっているタラコ色の車両は芸備線の広島行き。この時間は改札業務を行っていないので、改札を素通り。自動券売機(近距離乗車券対応)は朝5:00から稼働しているので、当日三次駅で乗車券購入は可能だ。

↑10:02発の424D石見川本行きは、一度423Dとして着いた列車からお客を全員下車させる。車内清掃や点検等を行い、改めてドアが開き乗車出来る仕組みに変更された。

↑三江線は3番のりばからの発車。改札を通って線路を越える階段を使うのだが、階段を渡る前に3番のりばの様子を見ると、「!!」。

まだ、5:17なのに約45人が行列を作って待っていた。内訳は車両の前側に約20人、後ろ側に約25人。
三次始発の422Dでこんなにも混雑しているのは、初めて見た。果たして一番乗りの同業者(鉄道ファン)は何時に来ているのだろうか?
地元の人ならばある程度柔軟には行動できるが、遠方からの人は宿泊が必要になる。宿が確保出来るならば良いが、確保出来ないと「駅寝」や「野宿」する”猛者”もいるのではないか?と思うしかなかった。実際にはどうか?

着席の有無にはこだわらず、とにかく422Dに乗車出来れば良いので、前側の列に並ぶ。やはり、地元の人と同業者が半分ずつくらいだ。

↑やってきたのは、キハ120-310の「石見神楽トレイン」の単行。424D、434D以外の三次発の列車は全て単行。特に始発の422Dは最近(2018年3月になって)混雑する傾向で、早く並ばないと着席が困難。ギリギリ積み残しが発生しないが、私が乗車した日以降の様子を見ると、積み残しが発生する寸前の日も出てきている。
今日(3月17日)にダイヤ改正を行うが、車両運用も変わるはずだ。廃止直前なので422Dは単行では絶対に積み残しが発生するので、2両以上は必要と感じた。

乗車日(3月4日)は、お客を誘導するために三次鉄道部の人、警備員もいた。入線時刻はいつもどおり5:27頃。同業者は座席を確保すると、発車までの時間を利用し、写真等の撮影。
私は前側のロングシートが確保出来たので、そこに着席。ざっと見た限り、422D全体では約60~70人が乗車。立っているお客が約20人前後で、半分程度が前方の運転席周辺に固まっている。やはり前面展望狙いだ。もちろん、後ろ側から展望を希望する同業者も少なくない。

↑三次発車前でないと見る事が出来ない、「三次→浜田」の運賃表。これが見られるのも当然今のうちで、1日1回しかチャンスがない。

422Dは性格上、口羽までの間での乗り降りは皆無に等しい。そもそも地元客が途中駅から乗車してきたシーンを私は見た事がない(逆はあるが)。
この日も例外なく、長谷駅以外は全駅停車するが、乗降ゼロが連続する。それが三江線の現実である。
江平で2人下車するが、「青春18きっぷ」を運転士に提示。どう見ても同業者であった。
「青春18きっぷ」の乗車日証明は、ワンマン列車の運転士1人で対応すると、作業に時間がかかり、列車遅延の原因にもつながる。


「乗車日証明をしなくても、青春18きっぷ提示=有効な乗車券」とみなした。
乗車日証明は有人駅(三次、石見川本、江津等)か、車掌が乗務する423D(3月17日以降は9423D)、424D(同9424D)、426D(同9426D)、他線列車の車掌からとなる。


この点はみなさん、ぜひ”参考”にされたい。

★朝28分、夕方16分だけ営業する売店「口羽マルシェ」

↑口羽では浜原始発の421D(同9421D)と交換。422Dからは一斉に同業者が出てきて、交換シーンを撮影。421Dはすぐに発車するので、”短時間の勝負”となる。
422Dは6:35~7:03までの約28分停車する。この28分を上手く地元は活用していた。

↑「三江線グッズ 駅前で販売中 7時3分まで28分停車」

「収益は宇都井、口羽駅の保存、活用に充てます」

朝28分、夕方16分だけ営業するのだ。その名も「口羽マルシェ」。

「せっかく三江線へ乗りに来てもらったのにこれでは申し訳ない・・・。地元住民でつくるグループが2017年春ごろから、三次5:38発の浜田行き、江津15:15発の三次行きが口羽でそれぞれ28分、16分停車するので、この2便に合わせて駅前の島根県邑南町の町有地で物販「口羽マルシェ」を始めました」


・・・と『三江線の車窓から 乗っていて気になる「アレ」ご案内』に書いてあった(13ページの内容を一部引用と編集)。
この本は「口羽マルシェ」で750円で購入したもので、非常に良い買い物をした。発行者を見ると、中国地方の鉄道の魅力を広く発信している「安芸矢口企画」さんによるもので、一般書店やアマゾン、楽天等では販売していないはずだ。これこそ、三江線沿線に行かないと入手できない「生の情報」で、乗車日の三江線乗り歩きはもちろん、当ブログ作成に非常に”参考”になった。

三江線を紹介する本以外、手ぬぐい、お菓子、お土産等も販売。422Dに乗車していた人の約6割くらいは「口羽マルシェ」で買い求めていた。
冒頭でも書いたとおり、収益は三江線廃止後の宇都井、口羽駅の保存費用等に活用する事にしており、今後随時宇都井、口羽駅周辺を鉄道公園として営業開始する事になっている。具体的な時期はわからないが、三江線が廃止になった後も、ぜひ遊びに行きたいと思う。

47回目に続く(3月31日公開)

【2018年3月乗車記/空いている昼間の浜原行き425D・乙原駅→石見簗瀬駅→明塚駅を訪問する】三江線廃止までの”参考”になる記録㊼


広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)