【2018年3月乗車記/粟屋駅で地元の熱烈な歓迎】三江線廃止までの”参考”になる記録㊸

広告
広告
広告

2018年3月乗車記。列車がない時間帯なので尾関山駅から粟屋駅まで歩く。三江線に並走する広島県道112号に入ると「大型は通れません」とまさかの険道宣言!道なりに進むと三江線と接近し道も狭くなる。小さな「粟屋駅」と言う看板を見つけて少し進むと到着。周囲には地元の人が列車が来るのを待っていた

広告
広告

前回までの続きは下記をクリック

JR西日本が三江線を廃止した理由

【まずは尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録①

【2016年3月の乗車記と車窓422D三次→浜原/単行でもお客はたったの5人】三江線廃止までの”参考”になる記録②

【2016年3月の乗車記と車窓422D浜原→江津/わずかな人しか乗らない】三江線廃止までの”参考”になる記録③

【2017年3月再び尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録④

【2017年3月乗車記/432D尾関山→式敷/大混雑429D式敷→三次】三江線廃止までの”参考”になる記録⑤

【2017年3月乗車記/廃止決定後の422D三次→口羽は早朝でも空いていない!】三江線廃止までの”参考”になる記録⑥

【乗車記/初めて行った天空の駅宇都井駅】三江線廃止までの”参考”になる記録⑦

【2017年3月乗車記/普通列車も通過する長谷駅と三江線未来のために】三江線廃止までの”参考”になる記録⑧

【2017年3月乗車記/最混雑列車424D船佐→石見川本】三江線廃止までの”参考”になる記録⑨

【2017年3月乗車記/初めての石見川本駅のゴールデンタイム】三江線廃止までの”参考”になる記録⑩

【2017年3月乗車記/426D石見川本→川戸/川戸駅交換設備が消えた跡】三江線廃止までの”参考”になる記録⑪

【2017年3月乗車記/三次行きの最混雑列車?429D川戸→石見簗瀬】三江線廃止までの”参考”になる記録⑫

【2017年3月乗車記/430D石見簗瀬→江津の石見神楽トレイン】三江線廃止までの”参考”になる記録⑬

【2017年7月乗車記/夏に乗車してわかった事/レール温度上昇で運休?】三江線廃止までの”参考”になる記録⑭

【2017年7月乗車記/高速バス「石見銀山号」で広島から因原・石見川本へ簡単アクセス!】三江線廃止までの”参考”になる記録⑮

【2017年7月乗車記/因原駅に三江線と名乗る運送会社が同居】三江線廃止までの”参考”になる記録⑯

【2017年7月乗車記/因原→鹿賀を歩く。絶景!絵に描いた駅】三江線廃止までの”参考”になる記録⑰

【2017年7月乗車記/426D鹿賀→川平、哀愁ある駅川平、水分確保に苦労】三江線廃止までの”参考”になる記録⑱

【2017年7月乗車記/前面展望動画撮影人気列車?429D川平→浜原】三江線廃止までの”参考”になる記録⑲

【2017年7月乗車記/レール温度上昇で429D浜原→三次で遅れ発生】三江線廃止までの”参考”になる記録⑳

【2017年7月乗車記/三次周辺も明るい422D/宇都井でサービス停車】三江線廃止までの”参考”になる記録㉑

【2017年7月乗車記/江の川が手前にある潮駅/423Dで三次方面へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㉒

【2017年7月乗車記/天空の駅宇都井に近鉄からのお知らせ?】三江線廃止までの”参考”になる記録23

【2017年7月乗車記/宇都井から徒歩で口羽へ…は無理で伊賀和志へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㉔

【2017年7月乗車記/リアル鉄子登場!最混雑列車424D伊賀和志→石見川本】三江線廃止までの”参考”になる記録㉕

【2017年7月乗車記/規模縮小?石見川本駅のゴールデンタイム】三江線廃止までの”参考”になる記録㉖

【2017年7月乗車記/425D石見川本→粕淵/立派な街の粕淵】三江線廃止までの”参考”になる記録㉗

【2017年7月乗車記/浜原駅での連結作業を見る】三江線廃止までの”参考”になる記録㉘

【2017年7月乗車記/交換設備未使用の石見都賀/三次行き最終433D】三江線廃止までの”参考”になる記録㉙

【2017年11月乗車記/名古屋から高速バスで出雲→山陰本線アクアライナー→江津から歩いて江津本町と千金に】三江線廃止までの”参考”になる記録㉚

【2017年11月乗車記/空いている425D千金→石見川越/石見川越駅前に郵便局】三江線廃止までの”参考”になる記録㉛

【2017年11月乗車記/石見川越~鹿賀~因原を徒歩で】三江線廃止までの”参考”になる記録㉜

【2017年11月乗車記/最も混む列車429D因原→三次/着席可能な状況】三江線廃止までの”参考”になる記録㉝

【2017年11月乗車記/最も混む列車424D発車前の三次駅の様子・9時に来れば良い】三江線廃止までの”参考”になる記録㉞

【2017年11月乗車記/最も混む424D三次→口羽/途中駅から乗ろうとした旅行ツアー客に乗車拒否!】三江線廃止までの”参考”になる記録㉟

【2017年11月乗車記/最も混む424D口羽→石見川本/宇都井駅で下車が多く意外とお客が減ってきた】三江線廃止までの”参考”になる記録㊱

【2017年11月乗車記/バスが来ない!石見川本~木路原~竹~乙原の各駅を訪問】三江線廃止までの”参考”になる記録㊲

【2017年11月乗車記/列車が通る最後の宇津井駅INAKAイルミ@おおなん前編】三江線廃止までの”参考”になる記録㊳

【2017年11月乗車記/宇津井駅INAKAイルミ@おおなん後編】三江線廃止までの”参考”になる記録㊴

【開業から廃止まで88年の栄光の歴史】三江線廃止までの”参考”になる記録㊵

【基本的に立入禁止に…廃止後の線路・駅と言った施設はどうなるか?】三江線廃止までの”参考”になる記録㊶

【2018年3月乗車記/列車がないので早朝に三次駅から徒歩で尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㊷

★尾関山駅から粟屋駅へ徒歩移動。一部を除き、歩きやすい道

【訪問日】2018年3月3日(土)
【経路】尾関山駅→粟屋駅→長谷駅にかけて。基本的に広島県道112号線を道なりに進む。
【備考】描写、時刻等は当時すべてのもの

尾関山駅からは徒歩で粟屋(あわや)駅へ進む。スマホアプリ(地図)のGoogleMapsを起動し、「粟屋駅」と入力すると、「徒歩45分3キロ」と出て来た。経路を確認すると、尾関山駅から一度国道375号線に戻って、江の川を渡り、対岸の広島県道112号線を道なりに進む。粟屋駅の到着時刻は8:30で、423D三次行きに乗るためには、長谷駅まで徒歩で進む事と乗り遅れる・・・と思った。

↑江の川を渡る。右側正面にあるのがサクラの名所として有名な「尾関山公園」。三江線は尾関山公園の裏側を通っている事になる。

↑江の川を渡った橋。何とも特徴的な作りで、車道部分の幅員は狭い。この橋の名前を「祝橋」と言う。
「橋の中央部のアーチは大正時代の1923年に完成。元々は広島市の太田川に架かる橋で、場所的には可部線の上八木~中島付近にあったと言う。祝橋は戦後の河川改修で新しい橋に取り換える事になり、その際に材質が良くて、強固な事であったため、祝橋へ移設。以後60年近く三次の移り変わりを見つめてきた。今や広島県が管理する一番古い鋼橋」(『三江線の車窓から 乗っていて気になる「アレ」をご案内』から引用)だと言う。

↑江の川を渡る三江線。以前は三次市で開催された花火大会を三江線車内から観覧するために広島から臨時列車を運行し、この橋の上で約40分停車して花火を見られる事もあったと言う。

↑鉄橋の先にある「上荒瀬踏切」。江津起点105キロと347メートル地点にある立派な一種踏切(警報機・遮断機あり)。三江線では一種踏切がほとんどで、四種踏切(警報機・遮断機なし)は数えるくらいしかない。

↑「大型車はこの先4キロメートルより通行困難です 三次土木建築事務所」と、”険道”宣言。この辺は国道54号線との並走区間から左折した所。

↑しばらくは立派な片側1車線の車道で、右側に見えてきたのは中国バスの三次営業所。中国バスは岡山の両備グループ1社で、基本的には広島県東部(主に福山市周辺)で路線バスや高速バスがあると記憶しているが、三次には同社の路線があると言う事は知らない。
むしろ、三次市内のバス路線はJRグループを除けば、備北交通が主体で、広島行きの広島電鉄(広電バス)が加わる程度。中国バスは三次市のどの辺を通っているのか?気になった。

三江線の車窓からも見える丸大ハムの工場付近から、県道の幅員が急激に狭くなる。三江線もセットで?地形の険しい所に突入し30km/hの制限区間に。

↑除雪車も止めてあった。斜面には雪が残っていた。この辺から雪を見かけるようになる。
三江線では、2018年1月11日~2月24日まで大雪のため三次~浜原を中心に運休。大雪で長期間運休するのは異例で、とにかく今年は雪が多くて、日中も雪解けしなかったと言う。そして、道路、線路ともあちらこちらで倒木の跡が見える。

★山を切り開いて狭い場所に作った粟屋駅では、地元の人の熱烈な歓迎と三江線のお話を

↑道が狭くなったのは一時的で、再び道が広がってくると粟屋駅。「粟屋駅」と書いた小さな看板が目印だ。
県道から1本曲がった小道の奥にあるのが粟屋駅で、左右が高い崖となっていた。地元の人のお話によれば、粟屋に駅を作る時に崖を切り開いて、狭い面積に駅を設置。今も面積が狭く、段々畑や段々上の地形にする工夫がなされている。

↑粟屋駅は直接ホームに入る構造。駅前には住宅が2~3軒あって、ゴミ業者がゴミ収集にも来ていた。私とは別にバイクで来た同業者が1人いて、駅ノートに記していた。

↑「駅舎」と言うよりは「待合室」と言いたくなる建物。これが粟屋駅の全て。雨や雪、風が強い日はなかなかしんどい所があるが、これだけの建物と言うのは駅として風情があって、私個人的には好きなタイプだ。天井からは・・・

「さよなら 三江線 63年間 ありがとう」

とメッセージがあった。写真はないが、夜間になるとささやかながらメッセージ部分がイルミネーションしているのも印象的。そして、2017年7月に乗車した際に近くに住んでいる小さな子供が列車に向けて手を振っていたのが今でも印象的で、思い出深く残っている。

すると、地元の人が現れた。粟屋駅周辺の見どころを記したチラシが待合室に常設されており、この補充に来たのであった。
私もこのチラシをいただき、三江線の話やこれからの行先等を言っているうちに、さらに近所の人も何人か集まり、やはり三江線の話を。このあと来る423D三次行き(9:12発)は、3両であることはご存じでなかったようでその事を説明。私のように遠方から来る人も多いようで、それはそれで嬉しいと言う。

私は粟屋から先どのように行くか未定であった。長谷まで歩いて424Dに乗るか?423Dで三次で折り返して424Dに乗るか?でも船佐や所木にも行ってみたいのも本音。
でもせっかく来たので、「三江線トップクラスの秘境駅長谷」に行きたいと思った。粟屋からは徒歩30分で着けるのであるが、いろいろと迷っているうちに、「それならば(クルマに)乗せてゆきますよ」と言われたので、ご厚意に甘えた。

地元の人は、翌日の428Dに乗車し所木で下車。徒歩で式敷までウォーキングして、折り返しの427Dに戻ると言う。428Dと427Dを活用したウォーキングプランは粟屋駅周辺を記したチラシにも記してあり、「こういう乗り方もあるんだな!」と思った。少しでも三江線に乗る自発的な利用がある事にうれしく感じた。

↑423D三次行きは3両に増結。真ん中の車両は三江線でおなじみのカラーラインではなくて、芸備線や福塩線のおなじみのタイプ。本来は浜田鉄道部の車両で動かしているが、増結に次ぐ増結で車両数が不足してきたので、広クチ(広島支社下関総合車両所新山口支所)から借りている。広クチの車両には車掌が乗務しドアの開閉、発車合図、列車監視と当たり前のように見られる車掌業務。三江線ではこれが当たり前でないんだから、ある意味面白い。

44回目に続く(3月17日公開)

【2018年3月乗車記/秘境駅長谷→空襲の跡が残る船佐→かわいらしい看板の所木の各駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㊹

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)