【2017年11月乗車記/宇津井駅INAKAイルミ@おおなん後編】三江線廃止までの”参考”になる記録㊴

広告
広告
広告

2017年11月乗車記。三江線宇都井駅で開催の「INAKAイルミ@おおなん」を見学する。三江線最後の年のINAKAイルミは多くの人で賑わった。会場まではクルマで来ている人も多かったが、やはり帰りも三江線の列車に乗る事にした。最終の三次行きは超満員で乗れない懸念もあったが・・・

広告
広告

前回までの続きは下記をクリック

JR西日本が三江線を廃止した理由

【まずは尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録①

【2016年3月の乗車記と車窓422D三次→浜原/単行でもお客はたったの5人】三江線廃止までの”参考”になる記録②

【2016年3月の乗車記と車窓422D浜原→江津/わずかな人しか乗らない】三江線廃止までの”参考”になる記録③

【2017年3月再び尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録④

【2017年3月乗車記/432D尾関山→式敷/大混雑429D式敷→三次】三江線廃止までの”参考”になる記録⑤

【2017年3月乗車記/廃止決定後の422D三次→口羽は早朝でも空いていない!】三江線廃止までの”参考”になる記録⑥

【乗車記/初めて行った天空の駅宇都井駅】三江線廃止までの”参考”になる記録⑦

【2017年3月乗車記/普通列車も通過する長谷駅と三江線未来のために】三江線廃止までの”参考”になる記録⑧

【2017年3月乗車記/最混雑列車424D船佐→石見川本】三江線廃止までの”参考”になる記録⑨

【2017年3月乗車記/初めての石見川本駅のゴールデンタイム】三江線廃止までの”参考”になる記録⑩

【2017年3月乗車記/426D石見川本→川戸/川戸駅交換設備が消えた跡】三江線廃止までの”参考”になる記録⑪

【2017年3月乗車記/三次行きの最混雑列車?429D川戸→石見簗瀬】三江線廃止までの”参考”になる記録⑫

【2017年3月乗車記/430D石見簗瀬→江津の石見神楽トレイン】三江線廃止までの”参考”になる記録⑬

【2017年7月乗車記/夏に乗車してわかった事/レール温度上昇で運休?】三江線廃止までの”参考”になる記録⑭

【2017年7月乗車記/高速バス「石見銀山号」で広島から因原・石見川本へ簡単アクセス!】三江線廃止までの”参考”になる記録⑮

【2017年7月乗車記/因原駅に三江線と名乗る運送会社が同居】三江線廃止までの”参考”になる記録⑯

【2017年7月乗車記/因原→鹿賀を歩く。絶景!絵に描いた駅】三江線廃止までの”参考”になる記録⑰

【2017年7月乗車記/426D鹿賀→川平、哀愁ある駅川平、水分確保に苦労】三江線廃止までの”参考”になる記録⑱

【2017年7月乗車記/前面展望動画撮影人気列車?429D川平→浜原】三江線廃止までの”参考”になる記録⑲

【2017年7月乗車記/レール温度上昇で429D浜原→三次で遅れ発生】三江線廃止までの”参考”になる記録⑳

【2017年7月乗車記/三次周辺も明るい422D/宇都井でサービス停車】三江線廃止までの”参考”になる記録㉑

【2017年7月乗車記/江の川が手前にある潮駅/423Dで三次方面へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㉒

【2017年7月乗車記/天空の駅宇都井に近鉄からのお知らせ?】三江線廃止までの”参考”になる記録23

【2017年7月乗車記/宇都井から徒歩で口羽へ…は無理で伊賀和志へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㉔

【2017年7月乗車記/リアル鉄子登場!最混雑列車424D伊賀和志→石見川本】三江線廃止までの”参考”になる記録㉕

【2017年7月乗車記/規模縮小?石見川本駅のゴールデンタイム】三江線廃止までの”参考”になる記録㉖

【2017年7月乗車記/425D石見川本→粕淵/立派な街の粕淵】三江線廃止までの”参考”になる記録㉗

【2017年7月乗車記/浜原駅での連結作業を見る】三江線廃止までの”参考”になる記録㉘

【2017年7月乗車記/交換設備未使用の石見都賀/三次行き最終433D】三江線廃止までの”参考”になる記録㉙

【2017年11月乗車記/名古屋から高速バスで出雲→山陰本線アクアライナー→江津から歩いて江津本町と千金に】三江線廃止までの”参考”になる記録㉚

【2017年11月乗車記/空いている425D千金→石見川越/石見川越駅前に郵便局】三江線廃止までの”参考”になる記録㉛

【2017年11月乗車記/石見川越~鹿賀~因原を徒歩で】三江線廃止までの”参考”になる記録㉜

【2017年11月乗車記/最も混む列車429D因原→三次/着席可能な状況】三江線廃止までの”参考”になる記録㉝

【2017年11月乗車記/最も混む列車424D発車前の三次駅の様子・9時に来れば良い】三江線廃止までの”参考”になる記録㉞

【2017年11月乗車記/最も混む424D三次→口羽/途中駅から乗ろうとした旅行ツアー客に乗車拒否!】三江線廃止までの”参考”になる記録㉟

【2017年11月乗車記/最も混む424D口羽→石見川本/宇都井駅で下車が多く意外とお客が減ってきた】三江線廃止までの”参考”になる記録㊱

【2017年11月乗車記/バスが来ない!石見川本~木路原~竹~乙原の各駅を訪問】三江線廃止までの”参考”になる記録㊲

【2017年11月乗車記/列車が通る最後の宇津井駅INAKAイルミ@おおなん前編】三江線廃止までの”参考”になる記録㊳

★「天空の駅宇都井」が銀河鉄道になった!「INAKAイルミ@おおなん」の会場をじっくり見る

↑宇都井駅で429Dから下車すると、田んぼにもイルミネーション。宇都井の町全体が光に包まれていた。
写真の位置でしばらく待つ事にした。18:09発の浜原行き432Dが来るのを待つ。「天空の駅宇都井」に「銀河鉄道」が来る瞬間だ。この写真を狙う人々で田んぼ周辺にはカメラの放列。場所取り合戦は午前中から行われていたようで、「銀河鉄道」になる瞬間を待ちに待っていた。
しかし、ホームからは「3分遅れ」の声が飛んできた。原因はやはり多客(混雑)であった。

↑432Dが警笛を鳴らしゆっくりと進入。429Dと比べるとお客は少なめだが、混雑している事に変わりない。下車にも時間がかかり2~3分だろうか?宇都井に停車していた。そして、ゆっくりと動き出し浜原へ向かってトンネルの中に吸い込まれた。折り返し19:32発の三次行き433Dに変わる。まさに幻想的な世界で感動した。

↑宇都井の集落のど真ん中で流れている川。小さな橋が架かっているがここにも撮影者が殺到。この川も上手くイルミネーション。

↑青や紫が主体の「INAKAイルミ」の会場だが、川の対岸では、赤くイルミネーションしている事が目立つ。

↑天気が良く、月が出ていた。内陸なのでその分寒く、張りつめた生ぬるくない”シャッキとした寒さ”だ。

↑遠くから宇都井駅ホームを見ると、煌々とした光が一層幻想的に見えてきた。

↑宇都井の集落では多数の出店。三江線グッズはもちろん、邑南、美郷、川本等の三江線沿線の郷土料理や土産品があって、どの店も行列が出来ていた。

↑今度は反対側へ。この辺は人通りが意外と少なく、また違った雰囲気の天空の駅宇都井のイルミネーションが楽しめる。

↑宇都井駅周辺は車両乗り入れ禁止。もちろん警察の許可を得ている。クルマで来る人もいたが、宇都井駅近くには入れず引き返していた。「INAKAイルミ@おおなん」の来場者のほとんどはクルマ。宇都井駅近くに駐車できるところはなく、少し離れた羽須美中学校のグラウンドまで行く必要があり、宇都井駅との間はシャトルバス(無料)が運行。
だが、ウワサによればシャトルバスに乗るだけで1時間待ちだったと言う。

↑「ローカル線の駅舎を飾る イルミの灯 行き交う人の笑顔が映えて」

地元の人による宇都井駅や地域に対する熱いメッセージには、やはり感動した。宇都井地区の人口は130人程度で過疎化が進む。定期的な利用者は1人しかいない。ほとんどは観光目的で来る遠方からの人々だ。
「INAKAイルミ@おおなん」は、宇都井地区をはじめとした邑南町や三江線全体の活性化のために始まったもので、今や11月後半の島根県を代表するイベントに成長した。しかし、三江線は2018年3月31日で廃止が決定。列車が通る「INAKAイルミ@おおなん」は今回が最後で、次回以降は列車が来る事はない。次回以降の開催は未定となっているが、地元の誇りとして三江線がなくなっても続けてほしい。
日常的には三江線には乗らない。でもなくなってしまうと困る。困らない人はいないと言う矛盾と言うかジレンマでもあるが、沿線のみなさん本当に三江線の存在を愛している。昔も今も何もない「田舎」に列車を通してくれただけでありがたいと聞いたとき、心にしみた。

↑ドームと月だけのシンプルな写真も味がある

↑トイレ表示も電光表示

★積み残しなしで最終の三次行きが宇都井を発車。三江線では珍しく車掌乗務

【列車番号】433D(三次行き)
【時刻】宇都井19:32→三次20:40
【車両】キハ120-308+キハ120-309
【備考】この日に限りワンマン設定を解除し車掌乗務

混雑が予想できたので、433Dが発車する20分前には116段もある階段を登り始める。最後の6段で止まった。きっぷを買う人の列だ。浜田鉄道部から派遣された制服氏から三次までの乗車券(670円)を買う。乗車券はPOS端末(検札時に車掌が所持する機械)による発券だ。

↑ホームでは既に多くに人。ホームから「INAKAイルミ@おおなん」を見物する人に加えて、433Dに乗るお客も重なった。どこに並んだら良いかわからなかったので入口付近に居たJR西日本の係員に誘導してもらった。すでにホームから転落しそうな状況で、ホームの端まで人でいっぱい。

↑19:32定刻通り、433Dが宇都井に到着。(写真は三次で撮影)やはりゆっくりと入線。乗車していたお客が20人程度いたが、半数程度が宇都井で下車。433Dは全てのドアが開いた。着席は出来なかったがロングシートのつり革につかまる事が出来た。

後ろの車両に乗ると車掌が乗務。宇都井駅のホームの様子を注視。ホームに居る浜田鉄道部から派遣された係員が乗車終了の合図を出してドアが閉まった。私が当初から懸念していた積み残しは発生しなかった。乗車希望者全員乗車出来て、最終の三次行きが宇都井を発車出来た。
この日に限り433Dはワンマン設定を解除。ドアの開閉・発車合図・車内放送は全て車掌が行う。米子車掌区から派遣されていた。

この先は口羽、香淀(迎えのクルマが多数来ていた)、式敷(434Dと交換。お客は1人だけ)、尾関山での下車が目立つ。やはり途中駅から乗車してくるお客は皆無。「INAKAイルミ@おおなん」来場者の帰宅列車と化していた。
普段よりも混雑しているため下車にも時間がかかる傾向で、最終的には三次に10分遅れで到着。

↑三次駅でもイルミネーション。でも宇都井のイルミネーションが立派に思えた。
21時にもなれば三次駅前の人の動きは激減する。芸備線広島行き以外は既に最終が発車済みで、433Dのお客も足早と帰宅していった。

40回目に続く。

【開業から廃止まで88年の栄光の歴史】三江線廃止までの”参考”になる記録㊵

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)