【2017年11月乗車記/石見川越~鹿賀~因原を徒歩で】三江線廃止までの”参考”になる記録㉜

広告
広告
広告

2017年11月乗車記。三江線石見川越~鹿賀~因原の駅間を歩く。基本的には江の川に沿った経路で、道的には島根県道295号線となる。鹿賀駅には直接入らず江の川の堤防の上から眺めるだけにする。次の因原駅までは急ぎ足で向かう

広告
広告

前回までの続きは下記をクリック

JR西日本が三江線を廃止した理由

【まずは尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録①

【2016年3月の乗車記と車窓422D三次→浜原/単行でもお客はたったの5人】三江線廃止までの”参考”になる記録②

【2016年3月の乗車記と車窓422D浜原→江津/わずかな人しか乗らない】三江線廃止までの”参考”になる記録③

【2017年3月再び尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録④

【2017年3月乗車記/432D尾関山→式敷/大混雑429D式敷→三次】三江線廃止までの”参考”になる記録⑤

【2017年3月乗車記/廃止決定後の422D三次→口羽は早朝でも空いていない!】三江線廃止までの”参考”になる記録⑥

【乗車記/初めて行った天空の駅宇都井駅】三江線廃止までの”参考”になる記録⑦

【2017年3月乗車記/普通列車も通過する長谷駅と三江線未来のために】三江線廃止までの”参考”になる記録⑧

【2017年3月乗車記/最混雑列車424D船佐→石見川本】三江線廃止までの”参考”になる記録⑨

【2017年3月乗車記/初めての石見川本駅のゴールデンタイム】三江線廃止までの”参考”になる記録⑩

【2017年3月乗車記/426D石見川本→川戸/川戸駅交換設備が消えた跡】三江線廃止までの”参考”になる記録⑪

【2017年3月乗車記/三次行きの最混雑列車?429D川戸→石見簗瀬】三江線廃止までの”参考”になる記録⑫

【2017年3月乗車記/430D石見簗瀬→江津の石見神楽トレイン】三江線廃止までの”参考”になる記録⑬

【2017年7月乗車記/夏に乗車してわかった事/レール温度上昇で運休?】三江線廃止までの”参考”になる記録⑭

【2017年7月乗車記/高速バス「石見銀山号」で広島から因原・石見川本へ簡単アクセス!】三江線廃止までの”参考”になる記録⑮

【2017年7月乗車記/因原駅に三江線と名乗る運送会社が同居】三江線廃止までの”参考”になる記録⑯

【2017年7月乗車記/因原→鹿賀を歩く。絶景!絵に描いた駅】三江線廃止までの”参考”になる記録⑰

【2017年7月乗車記/426D鹿賀→川平、哀愁ある駅川平、水分確保に苦労】三江線廃止までの”参考”になる記録⑱

【2017年7月乗車記/前面展望動画撮影人気列車?429D川平→浜原】三江線廃止までの”参考”になる記録⑲

【2017年7月乗車記/レール温度上昇で429D浜原→三次で遅れ発生】三江線廃止までの”参考”になる記録⑳

【2017年7月乗車記/三次周辺も明るい422D/宇都井でサービス停車】三江線廃止までの”参考”になる記録㉑

【2017年7月乗車記/江の川が手前にある潮駅/423Dで三次方面へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㉒

【2017年7月乗車記/天空の駅宇都井に近鉄からのお知らせ?】三江線廃止までの”参考”になる記録23

【2017年7月乗車記/宇都井から徒歩で口羽へ…は無理で伊賀和志へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㉔

【2017年7月乗車記/リアル鉄子登場!最混雑列車424D伊賀和志→石見川本】三江線廃止までの”参考”になる記録㉕

【2017年7月乗車記/規模縮小?石見川本駅のゴールデンタイム】三江線廃止までの”参考”になる記録㉖

【2017年7月乗車記/425D石見川本→粕淵/立派な街の粕淵】三江線廃止までの”参考”になる記録㉗

【2017年7月乗車記/浜原駅での連結作業を見る】三江線廃止までの”参考”になる記録㉘

【2017年7月乗車記/交換設備未使用の石見都賀/三次行き最終433D】三江線廃止までの”参考”になる記録㉙

【2017年11月乗車記/名古屋から高速バスで出雲→山陰本線アクアライナー→江津から歩いて江津本町と千金に】三江線廃止までの”参考”になる記録㉚

【2017年11月乗車記/空いている425D千金→石見川越/石見川越駅前に郵便局】三江線廃止までの”参考”になる記録㉛

【訪問日】2017年11月24日(金)

【場所】三江線石見川越駅から鹿賀駅にかけて

【備考】時刻、描写等は全て当時のもの

★江の川堤防から見る鹿賀駅は絶景

石見川越駅で426D江津行き(14:05発)を見送ると、次に来る列車は429Dの三次行きまで約2時間ない。この先も徒歩で進む事になった。
元々は田津で下車して、石見川越、鹿賀と進む予定だったが、1駅先の駅からの下車に変更したため、結果として田津の訪問は逃してしまった。

↑石見川越駅近くの江の川の堤防はオフロードながらも歩けるように整備されており、時々クルマとすれ違う。
次の鹿賀駅をめざしGoogleMapsでナビ案内を設定するが、正確に位置が表示されない。ずっと「再検索中」と誤作動したような画面が出っぱなし。とりあえず道なりに沿えば島根県道295号線に出られるはずなので、歩いて進む。
天気がコロコロ変わりやすく、陽は出ていても雨が時々降る。傘を差したら良いのかよくわからず、とりあえず差したまま進むが県道と合流する頃には雨も降らなくなってきた。

↑県道との合流付近まではまだ遠いが、石見川越駅から三次方に1kmほど進むとまとまった集落。直接駅前に住宅等はないが、やや離れればそれがあると言うのは、三江線全体で言えることで、集落の中心=駅ではないのだ。こういうロケーションの悪さが三江線利用の減少に拍車をかけたのではないかと改めて思ってしまった。

↑県道に出て鹿賀駅へ向かって進むと、立派に整備されたコンクリート壁。よく見ると三江線ではおなじみの水門であった。これは江の川が洪水で氾濫した時に集落に対して浸水被害を防止するためのものだ。三江線では数か所に設置されており、年に1回正常に水門が締まるかの訓練を行っている。その際は三江線列車が来ないようにするために、線路閉鎖等の手続きが取られるはずだが、三江線が廃止になればその必要もなくなる。

↑県道を道なりに進むと江の川水系の鹿賀谷川の橋を渡る。橋の欄干には「シカ」のマーク。ここからが鹿賀地区に入る。
再び江の川の堤防に出て、ここを道なりに歩く。

↑鹿賀付近の堤防は舗装されており、徒歩で進むには条件が良い。
鹿賀駅近くは思っていたよりも集落が多いが、クルマ通りはなかった。

↑江の川の堤防から鹿賀駅を見る。やはり絶景だ。空気が冷たく体全体が引き締まる感じがした。ずっと居たくなるが、そうにも行かなった。

★三江線沿線最大の”都会”因原

次の因原まで何分かかるかと思い、GoogleMapsでナビ案内を設定すると到着予想は16:06であった。この時が15:10なので、約60分かかる計算だ。
私としては因原でのんびりしたかったので、「16:00必着」を目標に早足で出発。15:12である。「48分で着くのはしんどいだろうな」と思ったのが本音だが、因原でのんびりするために多少急ぐ。走る気は全くないので、早歩きで。

↑堤防沿いの道から再び県道295号線へ。この経路は2017年7月にも歩いているため、どのような道なのかは十分把握していた。
江の川が大きくカーブしている事がわかる。

↑長かった江津市が終わり、川本町へ入る。石見川本駅は川本町の中心部で、三江線の駅はそれと因原、木路原しかない事を今回の遠征中初めて知った。もっと駅数が多いと思ったが、川本町は3駅しかないのが意外だった。

↑再び江の川。絶景と思えるポイントはいくつかあるが、これと全く同じ姿を三江線車内から見られるのはほんの一瞬しかない。じっくり見たいならば県道を進まないとならないが、三江線に負けないほどの線形の悪さで、「険道」である。意外に交通量も多くあって、たまたま通りかかったクルマが私の前に止まって「乗りませんか?」と言われたが、徒歩移動にこだわったため、断った。

↑因原駅近くの鉄橋。まだもう少し歩く必要がある。

↑早足で進んで15:50頃には国道261号線に出る事が出来た。ここまで来れば因原駅に着いたも同然で、写真のようにコンビニ、ドラックストアー、ホームセンター、パチンコ屋等のロードサイド店が集中する。すぐ先にある「道の駅インフォメーションセンター因原」で少し休憩する。ぼんやりとバス停でバスの時刻表を見ていると、決して本数は少ない。あっても1~2時間に1本程度で、「スクールバス」と称する一般人も利用可能?と思える便もあった。
因原周辺は三江線で最も活気がある地区で、ロードサイド店を見かけるのも江津や三次周辺を除けば、ここだけしかない。
極端な話、三江線は全線にわたって、現在文明から遠く離れた「ど田舎」を走る情緒ある鉄道であり、そういう世界が展開されているのだ。

34回目に続く。

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)