【2017年7月乗車記/425D石見川本→粕淵/立派な街の粕淵】三江線廃止までの”参考”になる記録㉗

広告
広告
広告

2017年7月乗車記。三江線の区間列車である浜田発浜原行きの425Dに乗るがお客は少ない。石見川本から乗車すると既に団体客が乗っていたが、それでも十分座れる程度。島根県美郷町の中心駅の粕淵で下車。三江線沿線では数少ない栄えた所で近くにコンビニもあった

広告
広告


前回までの続きは下記をクリック

JR西日本が三江線を廃止した理由

【まずは尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録①

【2016年3月の乗車記と車窓422D三次→浜原/単行でもお客はたったの5人】三江線廃止までの”参考”になる記録②

【2016年3月の乗車記と車窓422D浜原→江津/わずかな人しか乗らない】三江線廃止までの”参考”になる記録③

【2017年3月再び尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録④

【2017年3月乗車記/432D尾関山→式敷/大混雑429D式敷→三次】三江線廃止までの”参考”になる記録⑤

【2017年3月乗車記/廃止決定後の422D三次→口羽は早朝でも空いていない!】三江線廃止までの”参考”になる記録⑥

【乗車記/初めて行った天空の駅宇都井駅】三江線廃止までの”参考”になる記録⑦

【2017年3月乗車記/普通列車も通過する長谷駅と三江線未来のために】三江線廃止までの”参考”になる記録⑧

【2017年3月乗車記/最混雑列車424D船佐→石見川本】三江線廃止までの”参考”になる記録⑨

【2017年3月乗車記/初めての石見川本駅のゴールデンタイム】三江線廃止までの”参考”になる記録⑩

【2017年3月乗車記/426D石見川本→川戸/川戸駅交換設備が消えた跡】三江線廃止までの”参考”になる記録⑪

【2017年3月乗車記/三次行きの最混雑列車?429D川戸→石見簗瀬】三江線廃止までの”参考”になる記録⑫

【2017年3月乗車記/430D石見簗瀬→江津の石見神楽トレイン】三江線廃止までの”参考”になる記録⑬

【2017年7月乗車記/夏に乗車してわかった事/レール温度上昇で運休?】三江線廃止までの”参考”になる記録⑭

【2017年7月乗車記/高速バス「石見銀山号」で広島から因原・石見川本へ簡単アクセス!】三江線廃止までの”参考”になる記録⑮

【2017年7月乗車記/因原駅に三江線と名乗る運送会社が同居】三江線廃止までの”参考”になる記録⑯

【2017年7月乗車記/因原→鹿賀を歩く。絶景!絵に描いた駅】三江線廃止までの”参考”になる記録⑰

【2017年7月乗車記/426D鹿賀→川平、哀愁ある駅川平、水分確保に苦労】三江線廃止までの”参考”になる記録⑱

【2017年7月乗車記/前面展望動画撮影人気列車?429D川平→浜原】三江線廃止までの”参考”になる記録⑲

【2017年7月乗車記/レール温度上昇で429D浜原→三次で遅れ発生】三江線廃止までの”参考”になる記録⑳

【2017年7月乗車記/三次周辺も明るい422D/宇都井でサービス停車】三江線廃止までの”参考”になる記録㉑

【2017年7月乗車記/江の川が手前にある潮駅/423Dで三次方面へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㉒

【2017年7月乗車記/天空の駅宇都井に近鉄からのお知らせ?】三江線廃止までの”参考”になる記録23

【2017年7月乗車記/宇都井から徒歩で口羽へ…は無理で伊賀和志へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㉔

【2017年7月乗車記/リアル鉄子登場!最混雑列車424D伊賀和志→石見川本】三江線廃止までの”参考”になる記録㉕

【2017年7月乗車記/規模縮小?石見川本駅のゴールデンタイム】三江線廃止までの”参考”になる記録㉖

★浜原行きの”中途半端な列車”425Dは意外な穴場

【乗車日】2017年7月16日(日)
【列車番号】425D
【時刻】石見川本14:00→粕淵14:37
【車両】キハ120-321

石見川本駅のゴールデンタイムは424D~426Dの間、すなわち12:18~13:45までだ。石見川本からは426Dに乗る流れが圧倒的で、川本町の中心部を歩いていたらこれから426Dに乗るためにスーツケースを持った地元の人もいた。少ないながらも地元の人の”足”として三江線が機能している事がわかるが、「数字」に直せばとんでもなく少ない。
石見川本駅に戻ると、三江線利用者の9割以上は426Dで、運転士の昼休憩が終了しドアが開くと既に座席がいっぱいだった。

↑13:41頃に江津から425D浜原行きが到着。単行でも十分な客数しかいない。せいぜい20人位だ。石見川本からこれに乗るのは私を含めても4人いたか、いないかくらいであった。
石見川本~江津は列車交換する事が出来ないため、425Dが来るまで426Dが待たないといけないのだ。

↑石見川本でまとまった下車があった425D。

↑江津方面行きの信号機が進行可能を示す「青」に変わった。

↑ホームで撮影している同業者(鉄道ファン)は全員426D(写真右)に乗車し、13:45を少し回ったタイミングで発車。
少なくても424D~425Dと言うような乗り方をする人は皆無であった。それもそのはずだ。来た所を戻るわけだから。三江線途中駅下車の場合、425Dも上手く活用したい所だ。
425Dは山陰線の浜田発で浜田鉄道部(車庫)から出庫した形で直接営業に就く。浜原着は14:41で、三次方面行き列車との接続がない。先に進む事が出来ない。425Dとして営業した車両は折り返し17:08発の430D江津行きになるまで長い休憩となる。

425Dに乗車。粕淵に向かう初老男性集団が約14人乗車し、世間話で盛り上がっていた。それ以外は地元客が5人程度、同業者が5人程度と同業者の比率が少ない珍しいケース。やはり三次方面への接続が出来ない列車と言う事もあってか、425Dの乗車自体が選択肢に入っていないようだ。
木路原、乙原で乗車があったが全て同業者。人の動きが全体的に少なかった。
三江線では、全線通しで運行する列車は混雑が激しくなる傾向であるが、浜原行き等の”中途半端な列車”は地元客を含めて、利用者が限定されるので着席出来るチャンスが高い。これは425Dに限った事ではなく、他の列車でも言えるのであった。
三江線の「穴場的列車」を探しているのであれば、こういう”中途半端な列車”を狙った方が良い。この点も”参考”にされたい。

★美郷町の中心部にある粕淵駅

↑粕淵(かすぶち)では、前述の初老団体と同業者が5人ほど下車。ほとんどのお客が粕淵が目的地で、隣の終点浜原までの乗車はわずかであった。
粕淵駅も浜原駅も島根県美郷町にあるが、前者は役場が近くにあって町の中心部に付近。そこからやや離れたのが後者で、利用者は限られる。ただ三江線にとっては運行上重要な駅である。

↑江津起点48kmポスト

↑ホームはカーブしており、以前は交換が可能だった?ようにも。

↑美郷町の代表駅でもあるので、町を宣伝するキャラクターも。

↑石見神楽の演目による愛称名は「神武」。たまたまかもしれないが、駅名表の柱が赤くなっていた。これは単なる錆なのか?石州瓦に合わせた色なのか?

三次方面行きの場合、進行方向に向かって進まないと駅出口ではなく、三江線では珍しくホームを歩く距離が長い。ほとんどの駅が周辺道路から直接ホームに入る構造で、その付近が乗車口・降車口となる。
駅舎の中に入る必要はなく、外側を回り込めば駅の外に出る事が可能だ。

↑駅舎自体は大きな建物だが、実態は美郷町の商工会館として活用されており、平日はきっぷの販売も行われているとの事。
バス停もあったので、時刻表を見てみると、本数が少ない。土日祝日は運休になる便が少なくない。三江線との接続は一切考慮されていない。三江線到着前にバスが発車してしまい、次のバスはかなり先・・・と言った感じなので、駅からの二次交通が悪いと言うのも三江線利用減少させてしまったのでは?と思った。
鉄道利用では、駅からのバス等の二次交通の充実さもカギを握るのだ。

↑粕淵駅から少し歩くと、昔ながらの住宅街。道なりに進むと美郷町役場に着いた。ここからは三次にも大田にも川本にも行く事が出来るらしく、いろんな所までの距離を示す道路標識があった。
三江線沿線では数少ないコンビニ(ローソン+ポプラ)も役場の真ん前にあって、遠くから来ると粕淵がこんなにも栄えている事にむしろ驚く。この地域では浜原の存在が遠くから来た立場としては大きく、粕淵はマイナーな存在に見えてしまうが、実際には逆なのだ。

28回目に続く、下記リンクをクリック、1月30日公開

【2017年7月乗車記/浜原駅での連結作業を見る】三江線廃止までの”参考”になる記録㉘

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。