【2017年7月乗車記/江の川が手前にある潮駅/423Dで三次方面へ】三江線廃止までの”参考”になる記録㉒

広告
広告
広告

2017年7月乗車記。三江線三次初発(5:38発)の422Dで潮駅で下車。江の川の目の前にホームがあって、近くには温泉宿もあるため宿泊客の乗車や見送りも。絶景とも言える駅だが本数が少ないのも三江線。わずか20分ほどの滞在時間。次の列車を乗り遅れるとかなり待つので、再び三次方面へ戻る

広告
広告


前回までの続きは下記をクリック

JR西日本が三江線を廃止した理由

【まずは尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録①

【2016年3月の乗車記と車窓422D三次→浜原/単行でもお客はたったの5人】三江線廃止までの”参考”になる記録②

【2016年3月の乗車記と車窓422D浜原→江津/わずかな人しか乗らない】三江線廃止までの”参考”になる記録③

【2017年3月再び尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録④

【2017年3月乗車記/432D尾関山→式敷/大混雑429D式敷→三次】三江線廃止までの”参考”になる記録⑤

【2017年3月乗車記/廃止決定後の422D三次→口羽は早朝でも空いていない!】三江線廃止までの”参考”になる記録⑥

【乗車記/初めて行った天空の駅宇都井駅】三江線廃止までの”参考”になる記録⑦

【2017年3月乗車記/普通列車も通過する長谷駅と三江線未来のために】三江線廃止までの”参考”になる記録⑧

【2017年3月乗車記/最混雑列車424D船佐→石見川本】三江線廃止までの”参考”になる記録⑨

【2017年3月乗車記/初めての石見川本駅のゴールデンタイム】三江線廃止までの”参考”になる記録⑩

【2017年3月乗車記/426D石見川本→川戸/川戸駅交換設備が消えた跡】三江線廃止までの”参考”になる記録⑪

【2017年3月乗車記/三次行きの最混雑列車?429D川戸→石見簗瀬】三江線廃止までの”参考”になる記録⑫

【2017年3月乗車記/430D石見簗瀬→江津の石見神楽トレイン】三江線廃止までの”参考”になる記録⑬

【2017年7月乗車記/夏に乗車してわかった事/レール温度上昇で運休?】三江線廃止までの”参考”になる記録⑭

【2017年7月乗車記/高速バス「石見銀山号」で広島から因原・石見川本へ簡単アクセス!】三江線廃止までの”参考”になる記録⑮

【2017年7月乗車記/因原駅に三江線と名乗る運送会社が同居】三江線廃止までの”参考”になる記録⑯

【2017年7月乗車記/因原→鹿賀を歩く。絶景!絵に描いた駅】三江線廃止までの”参考”になる記録⑰

【2017年7月乗車記/426D鹿賀→川平、哀愁ある駅川平、水分確保に苦労】三江線廃止までの”参考”になる記録⑱

【2017年7月乗車記/前面展望動画撮影人気列車?429D川平→浜原】三江線廃止までの”参考”になる記録⑲

【2017年7月乗車記/レール温度上昇で429D浜原→三次で遅れ発生】三江線廃止までの”参考”になる記録⑳

【2017年7月乗車記/三次周辺も明るい422D/宇都井でサービス停車】三江線廃止までの”参考”になる記録㉑

★ホームから江の川が直接見える潮駅

【訪問日】2017年7月16日(日)
【備考】時刻、描写等は全て当時のもの

三次からの422Dは潮で下車した。するとホームには7~8人が待っていて、ほとんどが乗車。一方で下車したのは私だけだった。

↑422Dではこの日初めてまとまった乗車があった。それでも立客は発生せず、乗車が終わると発車。
線路際は江の川の土手になっている事がわかり、三江線の目の前に江の川があるのは駅間ではそれなりにあっても、駅では江津本町とここ潮だけだ。


↑ホームの様子。直線的な線形で中央付近に待合室と外に出るための通路があるだけのシンプルな作り。
この付近の江の川は山と山が囲まれた地形。S字に大きくカーブし、険しい所を流れており、河川敷ともいえるようなものがなく、全てが”川の水”だ。
潮駅に発着する列車は1日に4往復しかない。特に三次方面行きはこのあとの7:55発(423D)が発車すると夕方の429Dまで約9時間も列車がない。

↑何もない所なのか?と言うとそうではなく、駅前は片側1車線の直線的な道路と何軒も住宅。潮駅近くには温泉旅館があって、422Dに乗ったお客の一部はここで一泊したと思われる人も。
逆に夕方の429Dで潮で下車して、旅館に投宿する人も少なくない。三江線の駅から最も近い温泉なのだ。
旅行雑誌等の企画で「駅前温泉はどこだ?」と言うようなものを時々見かけるが、潮駅については今までそんなに見かけなかったような気がする。
三江線を途中下車する上で、三次、江津以外の「三江線途中区間」で宿泊出来るのは少なく、川本、浜原、ここ潮くらいしかない。

★423Dで三次方面へ戻る

【列車番号】423D(三次行き)
【時刻】潮7:55発
【車両】キハ120-312+キハ120-357

↑423Dの発車時刻が近づくと潮駅には何人も集まってきた。乗車客は私含めて3~4人で、残り3~4人はホームから見送ったり写真撮影であった。
先頭のキハ120-312に乗車すると、空席がやや多く思ったよりは混雑していなかった。だが、それでも利用の主体は三江線の「サヨナラ乗車」組で、地元客は他の列車よりやや多いがそれでも全体の2割程度。
口羽から先の広島県内ではある程度地元客も期待出来る列車で、三次着の段階では混雑も激しくなると言う性格があるのが423Dである。

422Dを使って途中駅で下車した場合、上手く421D、423Dを使う事がポイントで、421Dならば口羽以南、423Dならば浜原以南で下車して反対側から来る列車に乗るしかない。
反対側列車に乗らず424Dに乗る場合は、下車駅で4時間も待つか、徒歩等の手段で他駅に移動するしかない。これが三江線途中下車の難しさである。

23回目に続く。下記リンクをクリック。1月15日公開

【2017年7月乗車記/天空の駅宇都井に近鉄からのお知らせ?】三江線廃止までの”参考”になる記録23

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)