【2017年3月乗車記/430D石見簗瀬→江津の石見神楽トレイン】三江線廃止までの”参考”になる記録⑬

広告
広告
広告

2017年3月乗車記。石見簗瀬から夕方の江津行き430Dに乗車。浜原発のため車内は空席がかなり目立つ。やってきたのはキハ120-310の石見神楽トレインであった。三江線一部区間しか運転しないためお客が少ない。これが三江線の現実であった!果たしてどんな車内だったのか?

広告
広告

前回までの続きは下記をクリック

JR西日本が三江線を廃止した理由

【まずは尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録①

【2016年3月の乗車記と車窓422D三次→浜原/単行でもお客はたったの5人】三江線廃止までの”参考”になる記録②

【2016年3月の乗車記と車窓422D浜原→江津/わずかな人しか乗らない】三江線廃止までの”参考”になる記録③

【2017年3月再び尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録④

【2017年3月乗車記/432D尾関山→式敷/大混雑429D式敷→三次】三江線廃止までの”参考”になる記録⑤

【2017年3月乗車記/廃止決定後の422D三次→口羽は早朝でも空いていない!】三江線廃止までの”参考”になる記録⑥

【乗車記/初めて行った天空の駅宇都井駅】三江線廃止までの”参考”になる記録⑦

【2017年3月乗車記/普通列車も通過する長谷駅と三江線未来のために】三江線廃止までの”参考”になる記録⑧

【2017年3月乗車記/最混雑列車424D船佐→石見川本】三江線廃止までの”参考”になる記録⑨

【2017年3月乗車記/初めての石見川本駅のゴールデンタイム】三江線廃止までの”参考”になる記録⑩

【2017年3月乗車記/426D石見川本→川戸/川戸駅交換設備が消えた跡】三江線廃止までの”参考”になる記録⑪

【2017年3月乗車記/三次行きの最混雑列車?429D川戸→石見簗瀬】三江線廃止までの”参考”になる記録⑫


【乗車日】2017年3月20日(月)
【列車番号】430D(江津行き)
【時刻】石見簗瀬17:25→江津18:57
【車両】キハ120-310(石見神楽トレイン)+キハ120-315

【備考】時刻、描写等は全て当時のもの

★浜原発の430D江津行きはキハ120-310の「石見神楽トレイン」連結の2両!しかし数える程度しか乗らず

三江線は浜原始発の列車が何本か設定されている。
430Dは三次方面からの接続はなく、完全に地元客を相手にした列車だ。利用の主体は足の長い三次~江津を”通し”で運行する列車で、廃止が近く全国から同業者(鉄道ファン)が殺到しているため、2両に増結。

↑警報機、接近放送等は皆無で淡々と石見簗瀬に着いた430D。

↑”昼休憩”時に石見川本で見かけた、「石見神楽トレイン」のキハ120-310。この日は運休日と聞いていたが、運用が変更になったのか営業する事になった。石見川本では「回送」としてどこかに消えてしまった。
どうやら、浜原まで回送されて、後から来た425D(浜原14:41着)と連結して、2両で江津へ戻る運用だった。

↑前側の「石見神楽トレイン」は全ての駅でドアが開閉するので、お客が集中しやすい。後ろ側のキハ120-315は江津までドアが開く事がないため、お客が来にくいと思いこちらに乗車。
315側の運転席には人影。どうやら先ほどの回送を浜原まで運転してきた運転士のようで、430Dではきっぷ販売等の業務がないため、運転席に座っていた。

430D全体では私を含めてたったの2人だけ。もう1人の乗車区間は短く、乙原(おんばら)で下車。まさかの「貸切」になってしまった。
沿線の踏切では開くのを待っているクルマが6台も。やはり移動手段は三江線よりもクルマで、三江線は頼りにされた存在になっていなかった。
430Dのように明らかに地元客でないと乗る事が出来ない列車は、とにかくお客が乗らない。各駅に停車するごとにドアが開くが、キハ120特有の「ポーン!ポーン!」と言う音が聞こえてこない。つまり、ドアを通る人が居ないので、乗降ゼロが連続する。

やっと人の動きが見られたのは、石見川本。「石見神楽トレイン」側に数人が乗ってきた。431D浜原行きと交換。2両で10人程度の乗車で、決して多いとは言えない。
430Dはこの先、因原で3人乗車、石見川越で1人下車、川戸で1人乗車、他にも何駅かで数人ずつの乗降が見られたが、いずれにせよ「寂しい人の動き」と表現するしかない。

★三江線廃止後はどうなるのか?

(当時の記述のため、現状とは異なる事もある)

430Dの車内で思ったのがこの事だ。
三江線よりも並行する道路がはるかに立派で渋滞もなくスムーズな流れとなっている。
具体的な駅間で並行する道路名を記述すると・・・

◆江津~因原=国道261号線
◆因原~粕淵=島根県道40号線
◆粕淵~三次=国道375号線(但し完全並走していない)

単純に三次~江津を道路交通で行けば、約60km程度で済むので、両都市間を直接結ぶ場合は別経路が妥当と言える。
三江線の各駅を結ぶ場合は、上記並行道路を通る事になるが、運行経路としては三次~江津の”通し”は考えにくい。
なぜならば、日常的な利用が少ない事、同区間を移動するならばクルマが一般的と言うかそれが便利。日常的な利用がある区間でバス路線は分割するのが現実的で、分割場所で先に行くバスに接続するのが妥当だろう。
分割場所はいろいろ考えられるが、石見川本や粕淵・浜原、口羽になってくるだろう。口羽は県境付近にもなるため、ここでの分割可能性は高い。

また、全ての駅にバスが入れるような道路になっていないのも三江線の特徴。一部駅はバスすらも立ち寄らないのではないか。
三江線が廃止されて、バスに転換しても経営的には厳しい事が予想される。鉄道よりもバスは廃止が容易なので、気付いたらバスも消えていた・・・と言う事例も全国的に見るとあって、三江線の代替バスもそうならない事を願いたい。

島根県の三江線沿線に対して、廃止後の代替バスで望む事は?と言う問いに、多くを占めたのが増便。
やはり、便数が少ないと使えない。利用があってもよさそうな江津~石見川本で見ると、午前中は1往復だけ、午後は数本あるが昼間の426Dの次は夕方の430Dで4時間もない。
川戸で下車した時に、次の江津行き列車が4時間もないのが不思議で仕方なかった。こんなにも列車なければ、「三江線は存在しない」と言わんばかりのダイヤだ。
2016年に廃止されたJR北海道の留萌線留萌~増毛では、午前中は同区間と同様の状況だが、午後は概ね1~2時間に1本はあった。単純な比較は出来ないが、一般的に考えて人の移動が多い時間帯(朝や夕方等)に本数を増やさないと意味のない存在になる。
現段階では、どのようなバス路線になるのか結論は出ていないが、使いやすいダイヤ、三江線が通らなかった地域にも路線網を拡大するべきだろうと思う。

↑石見神楽トレインは、三江線のシンボルだ。基本的には三江線での運用だが、車庫のある浜田に出入りする関係で山陰線の普通列車で江津~浜田以外にも、間合い運用等で出雲市~江津でも営業する。

↑江津では切り離し作業。
キハ120-310の石見神楽トレインは「回送」のサボが入り、どこかへ消えてしまった。
キハ120-315が19:08発のこの日の三江線最終列車431D浜原行きとして営業に就く。

↑浜原への最終列車として準備中の431D。19時台が最終とは極めて早い。お客はたったの3人しかいなかった。それが三江線の現状である。

↑乗り換え列車との時間があったので、江津駅の改札口を出ると、三江線を廃止する公的書類が掲示されていた。
廃止予定日は「平成30年(2018年)4月1日」、廃止理由は「三江線は鉄道の特性を発揮出来ない事」とあった。
簡単に言ってしまえば、「三江線はお客さんの数が少なすぎるので鉄道を止めます」と意味だ。
「最後通告」にしか私には見えなかった。

14回目に続く。下記リンクをクリック。12月14日公開

【2017年7月乗車記/夏に乗車してわかった事/レール温度上昇で運休?】三江線廃止までの”参考”になる記録⑭

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)