【2017年3月乗車記/廃止決定後の422D三次→口羽は早朝でも空いていない!】三江線廃止までの”参考”になる記録⑥

広告
広告
広告

2017年3月乗車記。廃止決定後の三次から朝一番の422D浜田行きに乗った。廃止を惜しむ鉄道ファンが多く乗ってきたので、2016年の同じ時期に乗った時以上に混雑。ほとんどは青春18きっぷ利用であったが、口羽駅での長い停車時間を利用して、口羽駅をじっくりと見てみると?

広告
広告

前回までの続きは下記をクリック

JR西日本が三江線を廃止した理由

【まずは尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録①

【2016年3月の乗車記と車窓422D三次→浜原/単行でもお客はたったの5人】三江線廃止までの”参考”になる記録②

【2016年3月の乗車記と車窓422D浜原→江津/わずかな人しか乗らない】三江線廃止までの”参考”になる記録③

【2017年3月再び尾関山駅へ】三江線廃止までの”参考”になる記録④

【2017年3月乗車記/432D尾関山→式敷/大混雑429D式敷→三次】三江線廃止までの”参考”になる記録⑤

★早朝でも空いていない!

【乗車日】2017年3月20日(月)

【列車番号】422D(山陰本線直通浜田行き)

【時刻】三次5:38→口羽6:35

【車両】キハ120-312(米ハタ)

【備考】時刻、描写等は全て当時のもの

昨年三江線に乗った際、三次を朝5:44に発車する列車に乗った。
列車番号は422Dと変わらないが、発車時刻が6分早くなった。早朝なので他線との接続は一切ないため、三次から乗る場合は地元の人か前泊した人に限られる。
私は前日に式敷から三次に戻り投宿。この日は朝5時過ぎに宿から出てくるとものすごく寒かった。気温0度・湿度100%であった。

↑三次駅の中に入ると、やはり駅員はいなかった。これも昨年来た時と同じだ。

↑5:38発の422Dは単行で、10:02発の424Dは2両。後者は実質的には江津行きであるがその旨の案内はない。
それにしても4時間も列車がないのは、ある意味で不思議なように見えた。実はこの間に謎の列車があるのでは?と期待したくなる所も。

前日の429Dは大混雑だった。それは時間帯がちょうどよかったと言う事もあったが、まだ早朝の5時過ぎ乗り切れないほどのお客が集まる事はなく、乗ったとしても10人前後だろう・・・・・・と思ったが甘かった。

422Dが入るホームに着くと各乗車口に10人以上が並んでいた。
人数にすれば20~30人と言った所だが、今後も増えてくるだろうから2両あれば・・・と思ったが、やってきたのはキハ120の単行。
ドアが開くと激しい座席の争奪戦になり、ボックス席(4区画)はすぐに満席。前側のロングシートが多少空く程度であった。
「早朝からこんなにお客がいるとは・・・」とは思った次第。
廃止直前には422Dも単行ではお客全員乗れなくなるだろう。全列車2両以上必要になると言うのは容易に予想できる。

発車直前にお客の人数を数えてみると31人いて、乗務員が2人。
列車自体はワンマンであるが、マスコンを握る運転士は見習いで、横に立つ運転士は教導者。
所属としては、米子支社の浜田鉄道部で三江線全線と山陰線の米子~益田となる。三江線は徐行区間が多く、見通しも悪いため、高い運転技術を要求される路線。見習いが列車運行を勉強する”教材”としては極めて最適なのだ。

この日は湿度が高いため濃霧で、前方の視界が不良。見習運転士は慎重なノッチさばきを行う。
422Dの場合、広島県内の途中駅は乗降が皆無で、街自体がまだまだ眠っている・・・と言うのが昨年乗った時の様子。
今回は街自体は眠っている事に変わりなかったが、同業者は早朝だろうが、どんなに寒かろうがパワフルで活動的だった。
船佐で1人下車し、式敷から1人乗車、作木口で2人乗車。船佐と式敷は同業者であった。やはり純粋な地元客はいなかった。
さらに車内では全面展望希望者が殺到し、ゆっくりと乗っている人と三江線を楽しむ人で二分された。

↑口羽には6:35に着いた。7:03の発車までの間ちょっとした休憩となる。
すぐに421D三次行き(6:37発・写真左)がやってきてすぐに発車。こちらは浜原発でお客は限られた。
この間に「18きっぷ」に乗車日証明を受けるお客で運転士に殺到した。422Dが通る時間帯、三江線内で有人駅は皆無で、途中駅で下車する場合長時間停車の口羽駅で証明を受けておく必要があるのだ。

★「地域ぐるみで応援しよう三江線!!」の横断幕が見える口羽駅では、駅舎がイルミネーション!

↑27分の停車時間は絶好の撮影タイムで、ほぼ全員がホームに出ていた。霧がだんだんと薄くなってきて周囲もハッキリと見えるようになった。

↑ホームの様子を撮影する。ホームが途切れた先まで複線状態で少し離れた所で単線に戻る。

↑駅舎には地元商工会による提灯やイルミネーションもあって、かなり華やかな雰囲気だ。
口羽も直接道路からホームに入れる構造で、駅舎は待合室として機能している。バス停も駅舎の真ん前にあるが、本数は限られる。

↑口羽駅前の農業倉庫?の壁には


「地域ぐるみで応援しよう三江線!!」



これも「熱い想い」が伝わる横断幕で、ホームからもよく見えた。文字に色を多用しているのも特徴で、ほとんどは赤一色だ。
撮影タイムが終わって、落ち着いた所で口羽を発車した。

7回目に続く。

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)