【1日1本の石狩当別行きで南下徳富駅へ】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年の乗車記!最後の秋に乗る⑨

広告
広告
広告

2019年9月乗車記。函館本線深川駅からバスで札沼線新十津川駅へ。「1日1本」の石狩当別駅行きで南下徳富駅へ。「黄金色の田んぼ」のど真ん中にある「板切れ駅」。確かに何もないが、ずっと居たくなる「画になる駅」だ

広告
広告

前回までの続きはこちらをクリック

JR北海道が札沼線(北海道医療大学~新十津川)を廃止する理由

【丘珠空港から新琴似駅へ/運賃改定のお願い】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年!最後の秋に乗る①

【北海道医療大学駅から石狩金沢駅に/キハ40系2両の運用は?】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年!最後の秋に乗る②

【キハ40系2両石狩金沢→札比内5429D黄金色に輝く車窓】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年!最後の秋に乗る③

【札比内駅と秘境駅豊ヶ岡駅】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年!最後の秋に乗る④

【5431D豊ヶ岡→浦臼/5432D浦臼→石狩当別/夕方の列車も鉄道ファンしか乗らない】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年!最後の秋に乗る⑤

【札幌~石狩当別~石狩月形/Uシートから1日1本の新十津川行きに乗り継ぎ】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年!最後の秋に乗る⑥

【1日1本!の車窓5425D石狩月形→浦臼→新十津川】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年!最後の秋に乗る⑦

【1日1本しか来ない新十津川駅とは?滝川駅までの路線バスが意外に多い!】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年の乗車記!最後の秋に乗る⑧

https://twitter.com/TheKH8000Show/status/1175557616065368064?s=20
https://twitter.com/TheKH8000Show/status/1175572299413643264?s=20
https://twitter.com/TheKH8000Show/status/1175585483738345472?s=20

【日付】2019年9月22日(日)

【列車番号】5426D(石狩当別行き)

【時刻】新十津川10:00→南下徳富10:10

【車両】キハ40-819+キハ40-402

★「1日1本」の石狩当別行きに乗るため滝川から新十津川へ

↑函館本線の滝川駅から新十津川駅に向かう。5日前に同区間の路線バスが多い事がわかったので、これを使う。「Yahoo!乗換案内」と称するアプリで検索したら、9:04発の新十津川町役場行きがあると表示。

↑バス停には10人以上の列。ほぼ全てが「1日1本」の札沼線石狩当別行きに乗る同業者(鉄道ファン、乗り鉄、撮り鉄)であった。必ずしも道内から来ているわけでもないようで、大阪からの遠征組も数人いた。

「滝川~新十津川間の路線バスが知られた存在なんだな?」

と私は思ったが、乗り換えアプリで検索すればすぐにわかってしまうのが現状。私は「滝川~新十津川間は徒歩1時間」と言う事しか考えていなかったので、乗り換えアプリを使いこなせなければこのような結果になってしまうのだろう。「JTB時刻表」にも滝川~新十津川間のバス時刻の表記があるが、こちらは本数が少ない滝川~浦臼間の路線で、本数が多い滝川~新十津川間の表記がないためだ。昔ならば「何が何でも紙の時刻表」と言う同業者も多かったと思うが、今やプラスしてスマホの乗り換えアプリも使いこなせた方が、”幅の広い乗り方”が出来るだろう。

★「1日1本」新十津川駅行きが到着前から新十津川駅には多くの人

↑新十津川駅に到着。9:28着の5425Dはまだ着いていない。にも関わらず滝川からバスに乗ってきた同業者、クルマで既に着いている同業者、新十津川町の人が集まっている。

↑駅頭にあるカウントダウンボード。9月17日に来た時には残り232日であったが、9月22日のこの日は5日減って残り227日になっている。私が他にこのカウントダウンボードを現場で見られるのは最後の0日~2日だろう。実質的には「普段の新十津川駅」が見られるのはこの日が最後になった。

↑5425D新十津川行きが到着。既にホームでは同業者が待ち構えており、警備員の姿も見られる。2両であっても「前乗り前降り」のルールは変わらない。先頭車の前ドアだけが開くと、お客が降りてくるが、全員が降りるまでには時間がかかる。必ずしも事前に全員きっぷを購入しているわけではなく、札沼線廃止区間途中駅から乗ったお客は運賃箱に直接運賃を投入している。

↑コスモスが満開に咲いている。コスモスと札沼線のキハ40系が一緒になるのも今回が最後だった。

↑5426D石狩当別行きになる前のホームには、すでに乗車希望者が数人が列を作る。ほとんどは5425D~5426Dに乗る人が多いので、新十津川駅を楽しんでから帰りの5426Dに乗る人が多い。意外に発車直前に乗っても着席可能なレベル。しかし、これが2020年5月6日の最後の日が近づけば、そうには行かなくなるだろう。

★ずっと「黄金色の田んぼ」だけ!新十津川~南下徳富

9:40に車内に入る。後ろのキハ40-402のボックス席に座る。ほとんどが石狩当別までの”通し”で乗ると言わんばかりの同業者だらけ。それでも廃止直前に札沼線に乗っておこうとする地元の人も少なからずいる。一通りの座席が埋まり10:00に新十津川駅を発車した。

↑新十津川~下徳富

↑下徳富~南下徳富

「1日1本」しかない区間たったの2駅だけだが、2駅全区間の車窓が「黄金色の田んぼ」!9月後半ならではの車窓なのかもしれない。特にこれと言った目印がないまま南下徳富に着く。

★田んぼのど真ん中の「画になる駅」南下徳富

↑南下徳富駅では、人は誰もいないだろうと思っていた。普段ならばそうなのであるが、廃線が近い事、「黄金色の田んぼ」が良い被写体になるため撮り鉄が殺到!私ともう2人下車し、南下徳富駅付近には撮影する人が10人以上いた。ほとんどはクルマで来ている。南下徳富駅のホームは2両に満たない。全てのドアを開ける事が出来ないので、「前乗り前降り」に限定しているのは、このような構造の駅が多いためだ。

↑南下徳富駅のホームをじっくりと見る。北海道には「板切れ」と言われる駅が多数あるが、南下徳富駅については比較的しっかりと出来ている方だ。札幌方の1両程度はなぜかコンクリート造りになっている。駅前は農道が通るだけ。遠くに国道275号が見える。時刻表や運賃表は「掲示板」にあるだけ。余計な宣伝は一切設置出来ない。「板切れ駅」特有のものとして、駅の出入口付近はバラスト(線路の敷石)を多少なりとも踏む必要がある事。風が心地良く吹く。これが気持ち良い。

↑南下徳富駅はたったこれだけしかない。これが「画になる駅」の姿だ。列車が来ていなくてもインパクトが強すぎる。「黄金色の田んぼ」ともなれば、なおさらだ。列車が発車してから30分、全く飽きる事がなかった。これだけ殺風景ならば、ほとんどの人は5分も居たくないだろう。こういうロケーションにあるからこそ、ボーっとしながら何分も居たいのだ。

10回目に続く(下記リンクをクリック、11月15日公開)

【静かな下徳富駅/路線バスで浦臼駅へ】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年の乗車記!最後の秋に乗る⑩

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。