【2015年乗車記/留萌駅と瀬越駅】留萌本線は本当に廃止されるのか?③

広告
広告
広告

2015年9月訪問。留萌本線の中心駅は留萌駅だ。この駅で下車。回送車は切り離しになり折り返し深川行きに。駅舎内にある駅そば店で「にしんそば」を食べる。広い公園は元留萌駅の構内だった?徒歩で隣の瀬越駅に行く。ここが絶景だった!

広告
広告

前回までの続きはこちらをクリック

【平成の日本一の赤字路線?営業係数4161!】留萌本線は本当に全線廃止されるのか?①

【2015年乗車/満席で座れなかった4925D深川→留萌】留萌本線は本当に全線廃止されるのか?②

【乗車日】2015年9月27日

【場所】留萌本線の留萌駅と瀬越駅

【備考】時刻、描写等は全て当時のもの

★国鉄の雰囲気を今に残す留萌。名物の「にしんそば」の店は繁盛

↑朝の1本を除き、駅舎前の1番のりばに着くのが留萌。
4925Dのキハ54の529は増毛へ、切り離してキハ54の501(4925Dは回送扱い)は4928D(留萌始発・12:15)になって深川へ向かう。
1番のりばを見るだけで、国鉄の雰囲気が露骨に見える。これがなんとも良い。

↑留萌は有人駅。改札業務やきっぷの販売も実施。
改札業務は7:50~16:20のみで、それ以外の時間はフリーパス状態となる。運転取扱があるためか時間外でも駅員はいる。

↑SLすずらんのヘッドマークが残る。

↑駅には、いろんなものがあった。下の写真のクマは本物?らしく、見ているだけで襲われるのではないかと思うほどの迫力。
駅舎内はとても広く、待合室には15人前後着席可能なベンチや飲料水の自動販売機。そば屋も営業しており、駅構内の店としては珍しく、着席して食べる事の出来るテーブルの用意もあった。
580円を出して、留萌名物の「にしん」が入ったそばをいただく。
留萌線を使うお客は少ないものの、そば屋は繁盛。留萌線には乗らないが、昼食を食べるために地元の人がわざわざ駅に来るほどだ。留萌駅に勤務する駅員も積極的に何杯も買う。
確かにおいしいそばで、つゆが濃いめで濃厚なのは好みである。2019年9月、14時過ぎに来たら「つゆ切れ」で食べる事が出来なかった。食べるならば早い時間帯に来るとよい。

↑留萌駅の駅舎。地元のFMラジオ局も同居するようで、生放送が行われているようだった。

↑駅前は地方都市にしては栄えていた。
ラーメン屋、喫茶店に、留萌で水揚げされた水産物を売る魚屋、コンビニ(ローソン)も2軒あった。
ホームから見えた、広い芝生広場が気になり行ってみた。
道的には、ホームから直接行けるようだが、その気はなく改札外から駅構内を大きく回って進む。

★国鉄時代のホーム跡地は広大な公園に

↑留萌駅の構内。増毛方面に向かってこの当時はしっかりと線路が続く

↑とんでもなく広い芝生広場。一部は芝生を育てているため立入禁止に。元々はここも留萌駅の構内。留置線・貨物側線・転車台も備えるまさに「鉄道の町」となっていた。

↑増毛行きとして留萌を発車した4925Dは、増毛到着後すぐに折り返して今度は4930Dとして深川に戻る。

↑この日は、「団体」のサボを出したキハ40-829が留萌に来ていた。この車両は普段留萌線に入る事がないため、珍しい。
キハ40と一言で言っても、所属場所がいろいろとあり、どこ所属なのか?
団体列車の正体(どこからどこへ向かうのか?どんな団体が使用するのか?等)も一切不明であった。
13:30過ぎに増毛方面へ回送された。

★超絶景!瀬越。意外と行きやすい場所にある

留萌からは国道231号線沿いを歩いた。留萌市の中心部を過ぎると、国道は片側2車線の立派な道に。道路看板を見ると札幌までは120kmほどのようだ。

↑瀬越駅近くの国道231号線。
税務署にコンビニ(セブンーイレブン)、さらには「薬SAPPORO」と大きく書いた看板。
「”サッポロ”と言うブランドをどこまで強調するものなのか?」
と思ったが、道内を3日も乗り歩いていれば、この看板を本当に多く見かける。
これは、「サッポロドラック」(サツドラ)と言うドラックストアー。北海道を中心に100店舗ほど展開し、道内のドラックストアーでは比較的規模が大きい。
このサッポロドラックの裏手にある小さな道。ここから海へと向かう。特に瀬越駅を示す看板等はない。

↑超絶景。美しすぎて、しばらく歩を止めてしまった。

↑この下にあったのが、瀬越駅。非常に目立たない所にあり、一見わかりにくい。

↑海の近くまで行き、涼しい風を浴びる。本当に素晴らしい景色。いろんな意味で気分がすっきりとする。ここをバックに留萌線のキハ54が写真になる事もあるほどだ。

↑ホームの入口はやや急な斜面。舗装されていない。砂利になっている。

4回目に続く(下記リンクをクリック、11月7日公開)

【2015年乗車/4927D瀬越→増毛/板切れの秘境駅連続!箸別・朱文別・舎熊・信砂】留萌本線は本当に廃止されるのか?④

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)