【2019年9月乗車記と乗り歩き/1日1本!の車窓5425D石狩月形→浦臼→新十津川】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年!最後の秋に乗る⑦

広告
広告
広告

2019年9月乗車記と乗り歩き。札沼線廃止区間(北海道医療大学駅~新十津川駅)では「1日1本」が存在する。石狩当別発新十津川行き5425Dだ。石狩月形駅では浦臼発の5424Dと列車交換するために23分停車。その間に撮り鉄(鉄道ファン)による撮影会に!そして浦臼駅から新十津川駅までの「1日1本」しかない車窓はどうなっているのか?

広告
広告

前回までの続きはこちらをクリック

JR北海道が札沼線(北海道医療大学~新十津川)を廃止する理由

【2019年9月乗車記と乗り歩き/丘珠空港から新琴似駅へ/運賃改定のお願い】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年!最後の秋に乗る①

【2019年9月乗車記と乗り歩き/北海道医療大学駅から石狩金沢駅に/キハ40系2両の運用は?】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年!最後の秋に乗る②

【2019年9月乗車記と乗り歩き/キハ40系2両石狩金沢→札比内5429D黄金色に輝く車窓】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年!最後の秋に乗る③

【2019年9月乗車記と乗り歩き/札比内駅と秘境駅豊ヶ岡駅】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年!最後の秋に乗る④

【2019年9月乗車記と乗り歩き/5431D豊ヶ岡→浦臼→5432D浦臼→石狩当別/夕方の列車も鉄道ファンしか乗らない】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年!最後の秋に乗る⑤

【2019年9月乗車記と乗り歩き/札幌~石狩当別~石狩月形/Uシートから1日1本の新十津川行きに乗り継ぎ】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年!最後の秋に乗る⑥

★2019年9月乗車記と乗り歩き。「1日1本」の新十津川行きは石狩月形駅で23分停車

2019年9月乗車記と乗り歩き。石狩月形では8:17~8:40まで止まる🥳札沼線非電化区間(北海道医療大学~新十津川)で反対列車と交換できるのは、石狩月形駅しかないのだ😩8:34着の5424D石狩当別行きが来るのを待たないと先に進めない😱

↑同業者(乗り鉄、撮り鉄、鉄道ファン)が石狩月形駅が絶好の撮影チャンス!と言う事を知らぬわけがない🤩

高校生や地元客5人ほどが下車して、混じって同業者がこぞって外へ。正確に言うと石狩月形までの利用ではないので「外に出る」が正しい🙄キハ40系を一心不乱に写真を写す🤩全員がバラバラに行動する😫会話もない。自分が好む構図から何枚も撮影する。「静かな戦い」とはまさにこのことと思ってしまったが、そもそも撮影した写真はどうしているのであろうか?🤔

自分だけのコレクションにするのは、私としては気に入らない😒撮影した以上世間に公表するのが、撮り鉄における「社会的責任」「社会貢献活動」であって、紙幅の都合があるので全部をノーカットで公表する事は現実的に出来なくても、Twitterやブログや出版物に出来る限り多くアップするのが好ましい🤩

↑石狩月形駅は有人駅であるが、改札業務は実施していないため、きっぷの回収や運賃の精算は全て車内で行う。有人の理由は新十津川駅までの間がスタフ閉塞のため、どうしても人出が必要なのだ。きっぷの販売も行っていて、記念に買い求める同業者も少なくなった。

↑昔ながらの行先案内表示

↑浦臼からの5424Dはキハ40-402🥳4人ほど高校生が降りる。浦臼行きだとやはり人気が下がる😒新十津川行きの「1日1本」は”効き目”が強い!🥳同業者は改札口につながる通路付近に群がっている😅ここの構図が良いのだ🤩人ごみが嫌いなので離れた所から、他人が撮らない構図で撮るのが私のやり方なので、札幌方ホームの端から。私の近くには他に誰もいない😆

座席に戻って8:40に石狩月形駅を発車😆浦臼駅までの車窓は9月15日に撮影しているので、浦臼駅までは眩しい朝日を浴びる🥵

次の豊ヶ岡駅はやはり同業者には人気🤩この駅だけ窓を開けてホームを撮影する人が続出。札比内、晩生内、札的と誰も乗り降りしない😒車内は静まり返る。秋?夏?わからぬ暑い逆光。「1日1本」区間をどのように撮影するか?悩ます🤔とは言っても時間はない。とりあえず窓にiPhoneをベッタリくっ付けて反射で車内が写り込まないようにするしかない🙄

★2019年9月乗車記と乗り歩き。「1日1本」の浦臼~新十津川の車窓🥳

↑浦臼駅を発車。車内が静かに動き出す。誰もがお待ちかねの「1日1本」区間に突入🥳

↑浦臼~鶴沼

↑鶴沼~於札内(おさつない)

↑於札内駅

↑於札内~南下徳富

↑南下徳富駅。ここではクルマで来た人が多く撮影していた

↑南下徳富~下徳富

↑下徳富駅

↑下徳富~新十津川

↑新十津川駅

「1日1本」区間では田んぼの中を通るため、車窓的には良いけど🥳駅を利用出来るロケーションか?と言うとそれは否定せざるを得ない😩

JR北海道が鉄道を営業する以上、駅前に一定の人口や建物があって、本数の大小に関係なく列車が来ればお客が1人以上いる・・・と言うのは絶対的に欲しいのが本音。しかし道内では必ずしもそうなっていないのが現状😫

そのため駅の廃止を定期的に行っているが、札沼線の場合は「浦臼から新十津川」と言う”点と点”で見た時に、各駅どころか路線自体の日常的な利用が決定的に少ない😩国鉄時代には士幌線の末端部では、利用が少ない事を理由にバス代行した歴史があったが、今や時代的なものやお客様目線からしてそれが許されない。廃止しない限り最低でも「1日1本」は運転しないといけない😫

JR北海道にとっては今や地元利用者よりも、鉄道ファンに乗ってもらっているので、ある意味嬉しい話なのかもしれない😆しかしこれも「廃線バブル」の一種で、浦臼行きになれば「1日1本」の商品価値は消えるので、急激に客数は減る😞

それが廃止直前の札沼線で、新十津川駅で降りる順番を待つと、道内はもちろん本州からも来ている同業者が目立った😲ほとんどの人は折り返しの10:00発5426D石狩当別行きに乗るのだった😅

8回目に続く(下記リンクをクリック)

【1日1本しか来ない新十津川駅とは?滝川駅までの路線バスが意外に多い!】札沼線(北海道医療大学~新十津川)廃止まで残り半年の乗車記!最後の秋に乗る⑧

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。