【2018年11月廃止後/今にも列車が来そうな浜原駅】三江線廃止からの”参考”になる記録93

広告
広告
広告

前回までの続きはこちらをクリック。

広告
広告

【2018年11月廃止後/三次駅を見る】三江線廃止からの”参考”になる記録84

【2018年11月廃止後/長谷駅は西日本豪雨で被災?】三江線廃止からの”参考”になる記録85

【2018年11月廃止後/江の川対岸から信木駅を見る/三江線があった証拠が式敷駅に残る】三江線廃止からの”参考”になる記録86

【2018年11月廃止後/管理者が変わった?香淀駅/駅名票が残っていた作木口駅】三江線廃止からの”参考”になる記録87

【2018年11月廃止後/現役当時を思わせてくれる口羽駅】三江線廃止からの”参考”になる記録88

【2018年廃止後/三江線がなくなっても続くInakaイルミ2018前編】三江線廃止からの”参考”になる記録89

【2018年11月廃止後/三江線最終日サクラ満開だった潮駅は?】三江線廃止からの”参考”になる記録91

【日付】2018年11月24日(土)

【場所】浜原駅

★今にも列車が来そうな浜原駅

三江線の運行上の拠点となったのが、石見川本駅であったり浜原駅であった。浜原駅では三江線最終日にJR西日本による現地対策本部も設置されて、本当に多くの人で賑わった。三江線の歴史を語る上で、浜原駅は重要な存在なのであるが、廃止後は「見たくない現実」となっていた。

↑踏切だけは通れるようになっている。踏切は新しいタイプに置き換わっていたが、実際に稼働していたのは極わずかであった。

↑石見川本方面に対して線路が分岐する所。「立入禁止」の柵に草が生えまくる。

↑レールは赤く錆びていた。もう使われる事はない。役目を終えた・・・と思うと悲しい。

↑一方でホーム上の線路は草が生えまくる事もなく、比較的状態が良い。とは言っても誰かが定期的に手入れしているわけでもないようだ。

↑駅舎や三江線全通記念石碑はそのまま残っている。郵便ポストも現役で使用。浜原駅として今や機能しているのは駅舎だけで

↑待合室そのものは今でも使われている。三江線現役時代からあった本もそのまま残されている。新しい本が入った気配はしなかった。この先のホームは「立入禁止」。

↑ホームの三次方面を見ると、そのまま線路が残っている。ここもホーム上と同じく草が生えまくる事はない。信号機も残っていたが、「×」印が入る事もなく消えているだけ。現役の鉄道路線で使用停止の信号機は、その印が入るが廃線後の路線では信号そのものが点灯しないため、わざわざその印を入れる必要がないか。

↑クルマに戻る途中、縦書きの「はまはら」と書いた駅名票だけは残っていた。原則的にはこれも撤去対象だが、一部の駅ではそのまま残されている。

こうやって浜原駅を見てみると、「今にも列車が来そうな」感じだ。元々の設備が立派だったと言う事が理由として大きいが、これだけ残されていると、むしろ列車が来ないと言う現実の方が不思議である。

94回目に続く

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。