【札沼線(学園都市線)非電化廃止直前の雪の車窓を!5429D石狩当別→石狩月形】北海道の維持困難線区を見る2019年春㉑

広告
広告
広告

札沼線は北海道医療大学駅~新十津川駅間が2020年5月7日付で廃止される。乗り鉄諸氏は1日に1本しかない石狩当別駅7:45発の5425D新十津川駅行きに乗るだろうが、今回はあえて昼間に4本運転する石狩当別駅発浦臼行きの列車に乗った。名残惜しむ乗り鉄が殺到しているに違いない!と思ったが、実際には・・・。札沼線が廃止される理由については下記リンクをクリック

広告
広告

JR北海道が札沼線(北海道医療大学~新十津川)を廃止する理由

前回までの続きはこちらをクリック。

【キハ281系特急スーパー北斗5号の車窓・新函館北斗→長万部】北海道の維持困難線区を見る2019年春 ①

【キハ281系特急スーパー北斗5号車窓・長万部→南千歳】北海道の維持困難線区を見る2019年春 ②

【キハ283系速達型スーパーおおぞら5号車窓・南千歳→新得】北海道の維持困難線区を見る2019年春 ③

【鉄道が復活する日は来るのか?根室本線列車代行バス108便車窓・新得→東鹿越】北海道の維持困難線区を見る2019年春 ④

【根室本線9632D車窓・東鹿越→富良野】北海道の維持困難線区を見る2019年春 ⑤

【根室本線9632D車窓・富良野→滝川】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑥

【函館本線721系2236M滝川→岩見沢の車窓/”通勤特急”ライラック36号岩見沢→札幌】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑦

【785系すずらん10号札幌→苫小牧】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑧

【地図から消えた日高本線?2225D車窓・苫小牧→鵡川】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑨

【日高本線列車代行バス2225便車窓・鵡川→静内】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑩

【日高本線列車代行バス9225便車窓・静内→浦河】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑪

【日高本線浦河駅から東町駅へ歩く】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑫

【日高本線列車代行バス9227便車窓・東町→様似】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑬

【日高本線列車代行バス9236便夕焼けの車窓・様似→静内】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑭

【2便とも静まり返った!日高本線列車代行バス2238便静内→鵡川/2238D鵡川→苫小牧】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑮

【本数が少ないのに立派な複線の理由は?室蘭本線1467D苫小牧→追分】北海道の維持困難線区を見る⑯

【原因不明の大混雑!北海道らしい車窓の室蘭本線1467D追分→岩見沢】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑰

【新しい苗穂駅と古い苗穂駅。何が違うの?】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑱

【2編成しかない735系に乗る!JR北海道本社と直結した駅がある?】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑲

【廃止とは無縁の札沼線(学園都市線)?Uシートにタダで乗れる?!】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑳

【日付】2019年3月29日(金)

【列車番号】5429G(普通浦臼行き)

【時刻】石狩当別14:35→浦臼15:34

【車両】キハ40-401

★石狩当別からは単行気動車&積雪量アップ!まるで違う路線?

↑石狩当別駅(G13)は札沼線(学園都市線)非電化部分における運行上の起点だ。電化区間は次の北海道医療大学駅(G14)までとなっているが、非電化区間に入る列車(浦臼行き、新十津川行き)が通る時間帯は、札幌からの電車が減って石狩当別乗り換えになる事がある。逆に言えば、石狩当別~北海道医療大学の間だけは非電化区間に入る列車は混雑すると言う事。でも確実に着席したいならば、石狩当別駅にはなるべく早い列車で来て、早めに乗車位置に並んだ方が確実に着席出来る。この記事は今から約5か月前の話なので、今は状況が変わっているかもしれないが、札沼線(学園都市線)廃止が近づくと、浦臼行き列車だって、乗り鉄と称する鉄道ファンによる「惜別乗車」が増えるのだ。

しかし、この日は乗り鉄の姿は皆無。朝の新十津川行き(5425D、石狩当別7:45発)は混雑するだろうが、それ以外の列車は全て浦臼行きなので、いくら札沼線(学園都市線)が廃止になるとは言っても、浦臼行きに乗るのは「価値がない」と思っているのかもしれない。新十津川行きにはみんな乗るし、混雑する事はわかりきっているので、あえてそうではない「浦臼行き」を意図的に乗ってみた。今月(2019年9月)にも札沼線(学園都市線)に乗る予定だが、この時も積極的に「浦臼行き」には乗りたいと思っている。

↑石狩当別駅の新十津川方面の線路を見ていると、キハ40系が現れた。札沼線(学園都市線)用のキハ40-401であった。5428D(浦臼13:21→石狩当別14:23)として到着。折り返し5429Dに代わる。

↑駅名票と一緒に撮影しておく。5429Dに乗る人はそんなに居ない。

↑車内に入ると、各ボックス席に1人いるか、いないか。発車前に人数を数えてみると、私を含めて16人もいた。そのうち乗り鉄は4人程度いる。

石狩当別駅を発車。まだ架線は残るので車窓的にはそんなに変わりはない。住宅地などが多いと思いきや、北海道医療大学駅が近づくと段々と田畑が増えて、同時に積雪量も極端に増える。「1駅でそんなに雪の量が違うのか!」とビックリする。

案の定、北海道医療大学駅で大量下車。もちろん大学に向かう学生である。人数を数えたら10人も降りた。残り6人で非電化区間に入る。

↑北海道医療大学~石狩金沢

急激に雪が増えたのは明らかだったけど、それでも天気が良くて”雪車窓”がキレイに見えるのが、気持ち良かった。並走する道路は国道275号線。札幌からの北海道を代表する国道で札沼線(学園都市線)は石狩当別~新十津川は完全並走。昨年(2018年)この国道をクルマで走ったが、非常に走りやすい道で、交通量も多い。場所によっては札沼線(学園都市線)で行くよりも速く行けたりする。

↑石狩金沢駅。この駅から3駅連続で車掌車の駅舎が続く。1人下車した。残り5人だ。

↑石狩金沢~本中小屋。北海道らしい”雪車窓”だ

↑本中小屋駅。2人下車。雪の壁の高さが増してきた。発車時に「ガタガタ・・・」と揺れる。雪の影響だろうか?気温は1度、積雪は55センチであった。この時点で車内は4人だけ。全て乗り鉄である。

↑本中小屋~中小屋

↑中小屋駅。ホームは雪で埋もれている。

↑月ヶ岡駅。2018年9月に来た時には広い駐車場であったが、その駐車場は雪の置き場に化していた。冬はそもそもクルマの止める事が少ないのであろう。

↑月ヶ岡~知来乙

↑知来乙駅

段々と雪が増えてきて”雪車窓”とか”雪景色”になってくるのが、札沼線(学園都市線)非電化区間である。座席に座っていても、所によっては目線と同じ高さまで雪があったりする。電化区間と非電化区間では、利用動向も違うし、気候も違う。まるで「別の路線」のようだ。途中から乗ってくるお客もいない。国道のクルマ通りはあっても、駅に近づく人はいない。それどころか満足に除雪されていない場所も多い。

「どうやって札沼線(学園都市線)に乗るんだ?」

と聴きたくなるのが、雪に対して免疫がない静岡から来た者の感想だ。少なくても雪が多い中で「駅訪問を繰り返す」と言う事は、地元の人も嫌だろうし、雪の知識や経験がない者は命の危険を感じるほどやりたくない。この場合は「乗っている」に徹した方が良い。

22回目に続く

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)