【2編成しかない735系に乗る!JR北海道本社と直結した駅がある?】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑲

広告
広告
広告

前回までの続きはこちらをクリック。

広告
広告

【キハ281系特急スーパー北斗5号の車窓・新函館北斗→長万部】北海道の維持困難線区を見る2019年春 ①

【キハ281系特急スーパー北斗5号車窓・長万部→南千歳】北海道の維持困難線区を見る2019年春 ②

【キハ283系速達型スーパーおおぞら5号車窓・南千歳→新得】北海道の維持困難線区を見る2019年春 ③

【鉄道が復活する日は来るのか?根室本線列車代行バス108便車窓・新得→東鹿越】北海道の維持困難線区を見る2019年春 ④

【根室本線9632D車窓・東鹿越→富良野】北海道の維持困難線区を見る2019年春 ⑤

【根室本線9632D車窓・富良野→滝川】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑥

【函館本線721系2236M滝川→岩見沢の車窓/”通勤特急”ライラック36号岩見沢→札幌】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑦

【785系すずらん10号札幌→苫小牧】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑧

【地図から消えた日高本線?2225D車窓・苫小牧→鵡川】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑨

【日高本線列車代行バス2225便車窓・鵡川→静内】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑩

【日高本線列車代行バス9225便車窓・静内→浦河】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑪

【日高本線浦河駅から東町駅へ歩く】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑫

【日高本線列車代行バス9227便車窓・東町→様似】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑬

【日高本線列車代行バス9236便夕焼けの車窓・様似→静内】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑭

【2便とも静まり返った!日高本線列車代行バス2238便静内→鵡川/2238D鵡川→苫小牧】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑮

【本数が少ないのに立派な複線の理由は?室蘭本線1467D苫小牧→追分】北海道の維持困難線区を見る⑯

【原因不明の大混雑!北海道らしい車窓の室蘭本線1467D追分→岩見沢】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑰

【新しい苗穂駅と古い苗穂駅。何が違うの?】北海道の維持困難線区を見る2019年春⑱

【日付】2019年3月29日(金)

【列車番号】1763M(普通小樽行き)

【時刻】苗穂(H02)12:26→桑園(S02)12:37

★見極めが難しい?!735系

苗穂からは2駅先の桑園(そうえん)へ。本数が多い区間なので、特に時間を気にせずに行く事にした。新しい苗穂駅と古い苗穂駅を見た後、1763Mに乗ると

↑札幌ではおなじみの733系・・・と思ったが、何か違う?

「クハ735-101」とあった。735系だ!

735系は2編成しか通勤用の車両。顔、車外、車内とも733系ソックリで、パッと見では見極めが難しい。何が違うのかな?と思って調べてみると、車体の素材が異なるため形式名も変えたのだ。733系は一般的なステンレスに対して、735系はアルミニウム合金。寒冷地でもアルミニウム合金の車体で問題ないか?と言う試作車的な位置づけで2編成がとりあえず登場。2年間の試験の結果、「アルミニウム合金車体でも北海道では問題ない」と言う結論になったが、本格的な導入は見送りとなった。「さらに長期の試験が必要だ」と言うのが理由だ。結果的には735系は「試作車」と言う立場で終わっていて、通勤用の車両はステンレスの733系を増やしている。

乗り心地や車内そのものは、733系と何ら変わらない。番号に注目していないと、735系に気付かないかもしれない。東海道新幹線のN700系の1000番台(大きいA表示)と2000番台(小さいA表示)よりを区別するのが大変だろう。駅間は途中札幌を含むだけなのに、12:29~12:34までの5分も止まる。快速エアポートを除き、札幌駅を通り越す列車は、意外と長時間止まる傾向と言う事も意外と初めて知った。

★JR北海道本社直結!桑園駅

桑園駅で下車してみたかった。学園都市線(札沼線)の車窓から札幌競馬場がデカく見えるけど、ここが目的地ではない。テレビではよく出てくる「あるもの」をこの目でしっかりと見ておきたいためだ。

それはJR北海道の本社ビルである。JR各社の本社はターミナル駅の近くにある。すなわち・・・

JR東日本=新宿駅

JR東海=名古屋駅(東京本社は品川駅)

JR西日本=大阪駅

JR四国=高松駅

JR九州=博多駅

JR九州以外の5社(JR北海道を含む)は自社ビルを保有している。JR九州については自社ビルがなくて賃貸である。JR東日本、JR西日本、JR四国はこれら駅から近い所にあるが、駅には直結していない。JR北海道とJR東海(東京本社も含む)は駅に直結している。

ではJR北海道の本社は普通に考えれば札幌駅・・・と思うが微妙に違う。1駅小樽に進んだ桑園なのだ。

「JR北海道の本社最寄駅=桑園」

と言う事を知っている人は、意外と少ないのかもしれない。

↑2面4線の高架式ホームだが、使用する路線が明確に分かれている。1・2番のりばが函館本線、3・4番のりばが学園都市線である。一旦階段を降りて、中2階の連絡通路を通って反対側のホームに行く構造だ。配線の都合上、札幌~桑園は複々線のように見えるが、実質的には路線別に線路が分かれているだけだ。

↑改札口を出る。ホーム側から改札口に向かうと、改札口に着く手前にドアがある。これも北海道らしい”防寒ドア”だ。

↑きっぷ売り場の奥には、玄関?のような構え。上には「JR北海道本社ビル」とある。「北海道旅客鉄道株式会社」と言う表札はどこにも立っていない。この先は誰でも入る事が出来る。

↑ギャラリーが行われているらしい

↑北海道の鉄道の歴史を簡単に説明し、貴重な資料も展示している。それ以外にも絵画も展示している。ここを通って駅の外に出る事も出来るし、本社ビルに入る事も出来る。関係者ではないので、本社ビルには入らず(入る事が出来ない)そのまま外へ。

↑桑園駅は大きなスーパーや商業施設、病院、マンション等が多い。「都会のど真ん中」にある駅で、利用者もかなり多いんだろうと思っていたけど、乗車人数は1日たったの1万人。4~5万人位あっても良さそうな感じだけど、”大都会札幌”の駅でも利用者を上手く獲得出来ていないのがようで、規模の割には客数が少ないのは、ある意味今のJR北海道の厳しさを見てしまった気がした。”大都会札幌”の駅で。

それを象徴するかのように、駅前の駐車場にはクルマが多い。それでも行き交う人々は決して少なくない。札幌駅に利用が集中してしまい、それ以外の札幌市内の駅は1日あたり1万人前後の利用に留まっている。

↑桑園駅の隣にある高い建物がJR北海道本社ビル。最上階には黄緑色のJRのロゴマークが付いている。

↑「北海道旅客鉄道株式会社」の表札を撮影する。下には「日本貨物鉄道株式会社 北海道支社」も併記されている。同じビル内にJR貨物北海道支社も同居しているのだ。これは有名な話だけど、「鉄」の字の正式な表記は「鉃」である。「金に失う」ではなく「金に矢」なのだ。これはJR四国以外の旅客鉄道会社とJR貨物(これも写真に注目)も同様だ。鉄道を失うのは縁起が悪いので、あえて「矢」にしているのだ。大井川鐵道みたいに「鐵」と言う難しい字にしていない。常用漢字でもないし、読みにくく、わかりにくいためなのである。

19回目に続く

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。