【頻繁にダイヤ改正?陸前高田駅は移転し復興が進む/大船渡線BRT気仙沼→陸前高田→盛】行ったぜ!東北2019年夏⑧

広告
広告
広告

大船渡線は気仙沼~盛はBRTと言う路線バスによる運転。JR線なのでJRのお得なきっぷを使う事が出来る。陸前高田駅で下車。場所は移転。復興が進んでいる事がわかったが?小友~盛はBRT専用道区間がほとんどで鉄道時代と変わらぬ車窓が楽しめる

広告
広告

前回までの続きはこちらをクリック

【「三連休東日本・函館パス」とは?静岡→東京ドリーム静岡浜松号で送り込み】行ったぜ!東北2019年夏①

【臨時の「はやぶさ47号」東京→仙台/Wi-Fiが使えるけど車内販売が消えた?】行ったぜ!東北2019年夏②

【たった0,5キロの乗りつぶし仙台~あおば通】行ったぜ!東北2019年夏③

【あえて時間がかかる仙石線普通列車に乗った理由は?831Sあおば通→高城町】行ったぜ!東北2019年夏④

【仙石線の絶景車窓は高城町~陸前小野の間!仙石東北ライン5527D特別快速・高城町→石巻】行ったぜ!東北2019年夏⑤

【日本の原風景のような車窓に新型貨物列車も登場!?/石巻線1630D石巻→小牛田】行ったぜ!東北2019年夏⑥

【とにかくポケモンだらけ?!クネクネ寄り道して山の車窓で気仙沼を目指す?!大船渡線331D一ノ関→気仙沼】行ったぜ!東北2019年夏⑦

【日付】2019年7月13日(土)

【列車番号】なし(大船渡線BRT盛行き)

【時刻】気仙沼14:20→陸前高田14:50

【車両】大船渡線BRT車両いすゞエルガ(路線バス)、岩手200か1823

★大船渡線の気仙沼~陸前高田~盛はBRTと言う路線バス。頻繁にダイヤ改正を実施するので、全国版の時刻表と時刻が異なる事もある?

大船渡線はまだまだ続く。今も昔も一ノ関~盛の間の路線だ。地元では「盛」だけの表記は意外と少ない。大概が「盛(さかり)」とひらがなでルビが振られている。これは「盛岡」との誤認防止や「盛(もり)」と誤読防止の観点なのだろう。

↑気仙沼駅のホームには「七夕の短冊」が出ていた。意外とホームにそれを設置するケースは初めて見た。あってもよさそうだが?

↑BRT盛行きが入線。331Dから接続するためスーツケース等大きな荷物を持った人が多く乗車。私は着席出来たが立つ人も。BRTとカッコいい?名前になっているが、実質的には路線バス。車両もいすゞ・エルガと言う全国的に広く普及した車種。車両の所有者はJR東日本で、JR東日本盛岡支社の内部にはBRTの運行を管理する組織も当然ながら存在する。実際の運行は地元バス会社(岩手県交通やミヤコーバス等)に委託しているらしい。JRバス東北はBRTの運行は一切関与していないらしい。

「JR東日本の鉄道路線扱い」なので、車両はBRTと称する路線バスでも、「青春18きっぷ」「北海道&東日本パス」「三連休東日本・函館パス」等の各種お得なきっぷでも、追加料金なしで乗車出来る。意外な所では、交通系ICカードSuicaも使えたりする。この周辺の鉄道では一切使えないので、意外とBRTは先進的だ。

気仙沼駅から鹿折唐桑(ししおりからくわ)駅まではBRT専用道。つまり元々鉄道があった所を通る。一般車は進入できない仕組みになっている。ちゃんと踏切も設置されて、BRTが近づくと交差する道路側の遮断機が閉まる。BRTが来ない時は専用道側にも遮断機があって、一般車や人が入れないようになっている。

鹿折唐桑からは一般道(主に国道45号)を走行。大船渡線の駅があった近くにBRTのりばが設置されている。元々駅がなかった所にも利便向上目的で、頻繁にのりば(つまりBRTの駅。もちろんJR東日本の鉄道駅扱い)の新設や変更等も行われている。これは復興状況等により変わるもので、ここが重要な点なのだが

大船渡線BRTは頻繁にダイヤ改正を実施している

私が持ってきた「JTB小さな時刻表2019年夏号」には、最新のはずなのに一部BRTの運行便の時刻が異なっていた。これは原稿の締め切りとBRTのダイヤ改正の時期の関係で、異なった時刻表示になってしまうのだろうけど、私が乗った日時点での最新のダイヤ改正日は2019年6月1日となっていた。主な変更点は奇跡の一本松駅の場所が変更になった。

一般道を進むのでどうしても渋滞に巻き込まれる。気仙沼市内で多少の渋滞があったため数分遅れての運行。これだけは仕方がないが、専用道区間を増やしてもらいたいとも思った。

★陸前高田駅は場所が大きく変わった。着実に復興が進み陸前高田の力強さを感じた

↑陸前高田駅で下車する。「三連休東日本・函館パス」は運転士に見せるだけで下車できる。見た感じ「バスターミナル」。「駅」にはとても見えない。でもBRTと言う路線バスならば、こうなっても仕方がないか。

ちゃんとした駅舎も設置。待合室とみどりの窓口も設置された駅。必ずしもBRTに乗る際には車内で精算と言うわけではなくて、駅で紙のきっぷを購入して乗る事も可能だ。

陸前高田駅は2018年4月に場所を移転した。元々は山の高い所にあったが、陸前高田市中心部は海からやや離れたかさ上げ地に市街地を作った。国道45号からの距離がやや近くなったが、かさ上げ地であるため短い距離で一気に登らないといけないのが弱点。徒歩で行くには大変だろう。

↑まだまだ工事中の陸前高田市中心部。1年半ぶりに来てみたが、復興はかなり加速している感じがした。国道45号の道の駅高田松原(廃駅)はそのまま残っていた。奇跡の一本松付近には国立の追悼施設を建設中との事。

↑陸前高田駅前はキレイに整備されている。本当に気持ち良い街だ。駅前には商業施設が何店舗かあった。新しい住宅もある。だが、これでも「まだまだ」で陸前高田の震災からの復興は終わりではない。

↑道の駅高田松原の中にあった「追悼施設」が陸前高田駅の裏に移設されていた。ここからは陸前高田市中心部が見られる。津波で何もかもが変わって完全に元の街が消えてしまった。しかし、必死に失われた街を取り戻そうとしている。それにゴールはない。ゴールなんて作ってはダメなんだと思う。そのゴール=復興も終わったとなって、街の成長が止まってしまうと私は思う。それにしても、鉄道時代の陸前高田駅はどの辺にあったのであろうか?駅施設は津波で流失しているので、更地と化しているのであろうが時間があれば行ってみたかった。

★専用同区間が増える大船渡線BRT陸前高田~盛

【列車番号】なし(大船渡線BRT盛行き)

【時刻】陸前高田15:50→盛16:29

【車両】大船渡線BRT車両いすゞエルガ(路線バス)、岩手200か1822

↑ナンバープレートが1番違いのBRTで盛へ。2本前の便とは異なり車内は数えるほどしか乗っていない。小友の手前から盛まではBRT専用道になる。線形もそのまま鉄道時代のものを使っているため、線形は決して良くない。トンネル断面も大きくないため、天井や側面が下手すればぶつかるのでは?と不安に思う所も。反対側のBRTが来る事も多いため、駅以外の場所でも退避できるようになっている。

↑西下~小友

↑細浦~下船渡

この区間のBRTは海を見る事が出来る車窓だ。バスとは言え車窓の見え方は列車と大きく変わらない。だがバスの弱点として列車以上に揺れる事。カメラを構えても車両の揺れにより、撮影したものがブレたりする事も多い。撮影には苦労する所だったりする。大船渡市内に入ってからも乗り降りがある。これは列車時代にはあったような需要なのだろうか?BRTと言うバスだからこそ、手軽に乗れる交通機関になったのかもしれない・・・と大船渡線BRTに乗るたびに思った。これは非常に良い事である。

9回目に続く(下記リンクをクリック)

【三陸の海岸線がメリハリ良く見える車窓!三陸鉄道リアス線2215D盛→釜石】行ったぜ!東北2019年夏⑨

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)