【代替バスに乗る/廃止後の4月1日朝の清水沢駅と南清水沢駅】石勝線夕張支線最終日物語㉒

広告
広告
広告


前回までの続きはこちらをクリック

広告
広告

【千歳線733系普通列車+特急スーパーとかちで札幌→新夕張へ送り込み】石勝線夕張支線最終日物語①

【3月30日の新夕張駅の様子を見る】石勝線夕張支線最終日物語②

【3月30日9267D新夕張→夕張/車窓写真撮りまくり!】石勝線夕張支線最終日物語③

【3月30日9268D夕張→新夕張/持参した”あるもの”が?】石勝線夕張支線最終日物語④

【3月30日9271D新夕張→南清水沢/正午前の新夕張駅に”特急無課金組”が大集合?!/南清水沢駅から見えてきた人間模様と幕を閉じる時】石勝線夕張支線最終日物語⑤

【夕張市拠点複合施設→夕鉄バス本社ターミナル前→夕張市図書室】石勝線夕張支線最終日物語⑥

【「閉店準備」が出来た鹿ノ谷駅】石勝線夕張支線最終日物語⑦

【3月30日/9274D鹿ノ谷→沼ノ沢】石勝線夕張支線最終日物語⑧

【3月30日9275D沼ノ沢→清水沢/幸せな駅夕張】石勝線夕張支線最終日物語⑨

【3月31日朝の夕張駅】石勝線夕張支線最終日物語⑩

【3月31日9266D夕張→新夕張】石勝線夕張支線最終日物語⑪

【3月31日朝の新夕張駅】石勝線夕張支線最終日物語⑫

【3月31日9267D新夕張→夕張/急きょルールを変更】石勝線夕張支線最終日物語⑬

【3月31日11時頃の夕張駅→鹿ノ谷駅へ】石勝線夕張支線最終日物語⑭

【3月31日の正午過ぎに夕張市役所付近を歩く】石勝線最終日物語⑮

【3月31日午後夕張駅でJR北海道主催お別れ式典】石勝線夕張支線最終日物語⑯

【3月31日最後の新夕張行きに乗車。9272D夕張→新夕張】石勝線夕張支線最終日物語⑰

【3月31日最後に新夕張から乗った列車9273D新夕張→夕張/ありがとう夕張支線弁当】石勝線夕張支線最終日物語⑱

【最終列車発車1時間前の夕張駅と鹿ノ谷駅】石勝線夕張支線最終日物語⑲

【夕張行き最終列車9277D乗車/夕張支線最終列車9278Dを見送る】石勝線夕張支線最終日物語⑳

【立入禁止/廃止後の4月1日朝の夕張駅と鹿ノ谷駅】石勝線夕張支線最終日物語㉑



【日付】2019年4月1日(月)

【場所】清水沢駅、南清水沢駅→バスで新夕張駅へ

★清水沢駅→清水沢三丁目にバス停名を変更。ここも立入禁止に

↑8:45発の新夕張行き夕張鉄道バスに乗る。当初はそのまま新夕張駅まで乗る予定であったが、途中で気が変わり清水沢駅と南清水沢駅も見ておくことにした。車内は混雑している。ほとんどの座席が埋まる。客層からして昨日乗車と撮影をして夕張駅近くに宿泊した同業者(鉄道ファン)が主体であるが、どこかで見た事ある女性だと思ったら小倉沙耶さん(鉄道ライター)であった。小倉さんのブログを見ていたら3月31日午後に北海道に入って夕張支線に乗車。この日はそのまま帰ると言う弾丸日程のようだ。地元の人の利用も少なくない。夕鉄本社ターミナル前(8:50発)で3人乗ってくる。細かな動きがあるのも特徴で、これは鉄道では対応出来ない。清水沢駅には8:58に着いた。バス停名は「清水沢三丁目」に変更となっていた。

↑やはり「清水沢駅」と言う看板は外されている。

↑札幌急行線の新札幌駅行きが発車。テレビカメラが何台か来ていたが、これはこの日から始まった夕張支線代替バスを撮影と取材に来ていた。バスから降りるとSTV(札幌テレビ放送)のカメラが待ち構えていた。

↑やはり清水沢駅もホームと駅舎には入れないように施錠されていた。

↑相変わらず清水沢駅も深い雪が積もったままだった。4月になったとはいえ、まだまだ春は遠い。

駅舎に入る事が出来ないので物理的にホームにも入れないが、ホームに確実には入れないようにするためか?入口にもガッチリと「立入禁止」と書いた柵が設置されていた。

↑清水沢駅近くの踏切も遮断機と警報機は撤去済み。さらに別の工事が行われており、踏切のマークを示す道路標識が撤去中。もう少しすると道路側の下に沈み込んでいるレール部分が埋め込まれて、クルマがスムーズに通れるようにするはずだ。

★雪の壁に「ありがとう駅長」のメッセージに涙した南清水沢駅

↑「立入禁止」の柵は必ずしもホームや踏切にあるとは限らない。南清水沢駅に向かう途中の国道452号には、鉄橋の入口付近にもあった。廃線後に鉄橋を渡ってそこから転落でもしてもらうと困るので、物理的に入れなくしているのだ。

↑歩いて20分ほどで南清水沢駅に到着。ここも線路の両側は雪で覆われたままだ。

↑ホームの端(夕張方)には、やはり柵があった。雪解けした後に国道から斜面を歩いて入ろうと思えばホームに入れるので、どこからも入れないように柵をしている。これくらい徹底的にやるのは他社であっても変わらない。

↑バス停は道道38号沿いであったが、4月1日から経路変更になったためバス停の位置は移転した。(詳細後術)

↑南清水沢駅前の雪の壁には、「ありがとう駅長」と赤く書かれた名物駅長をねぎらいと感謝のメッセージ。全てが終わってしまった。涙が出てきた。これには感動した。やはり南清水沢駅はみんなに愛されていたんだな・・・と。

↑やはり「南清水沢駅」と言う看板は外されていた。施錠されていて駅舎に入る事も出来ない。

↑ホームは頑丈に閉ざされていた。新夕張方のホームの端には雪の壁の中にさまざまなぬいぐるみが残ったままだった。改めて「本当にこの駅はみんなに愛された駅だった・・・」と思うと、感動した。こんな駅をなくしてはいけないと思うが、でも利用が少なければこれも消えてしまう運命なのか。

↑10:05発の新夕張駅行きバスに乗る。バス停は道道38号から1本入った道にある。ややわかりにくい。この便も同業者が主体であったが、10時頃となれば地元の人の利用も少なくなる。新夕張駅までは360円。夕張支線の時が220円だったので大きく値上げしている。この便ではお客全員がそのまま新夕張で10:34発の札幌行き特急「スーパーとかち4号」に乗り換える。

★新夕張駅では夕張支線の存在が消えていて、規模も縮小していた

↑新夕張に到着。バス停は駅の真ん前である。下車するとHTB(北海道テレビ)の依田英将アナウンサーが取材中。この日から始まった夕張支線代替バスについて、運行開始初日の様子から見える現状を探っているようだった。(放送は見ていないのでどのように報じたのかわからないが)

↑運賃表を見ると、夕張支線の部分は白く消されていた。

↑券売機も夕張支線各駅の部分は新しいものに貼り替えられていた。

↑改札内に入ると3・4番のりばには入る事が出来なかった。3・4番のりばは4月1日以降旅客使用停止となった。それでも列車が入らない事はないはずで、時間調整等で停車する貨物列車が入るだろう。4月1日以降は1・2番のりばから旅客列車は発着する事になる。

↑駅名表もやはり白く消されていた。「のりかえ」の部分が完全に白く消されているので、この案内自体を撤去した方がいいのかもしれない。

夕張支線廃止後の様子を簡単に見てきたが、わずか一晩で”変わり果てた姿”になっていた。そして夕張支線自体が”過去のもの”となっていた。

★ヒコーキでも夕張支線を感じる事が

新夕張からは「スーパーとかち4号」で南千歳、南千歳からは「エアポート115号」(この車内でABCラジオの「ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です」を聴いており、自称乗り鉄の三代澤さんから新元号「令和」である事を知った)で札幌、札幌から地下鉄東豊線で栄町、徒歩で丘珠空港へ。

【便名】FDA(フジドリームエアラインズ)174便・富士山静岡空港行き

【時刻】札幌丘珠14:20→富士山静岡16:10

【機材】エンブラエル175のJA06FJ

ヒコーキで帰宅する事にした。FDAの静岡札幌路線は過去に何回も使っている。この路線は丘珠空港の滑走路が短く冬季の離陸・着陸が安全に出来ないため10月末~3月末まで毎年運休。今年は3月31日から運行再開した。その2日目に乗るため、そんなに乗らないだろうと思ったら、ど平日にも関わらず意外と乗る。それでも搭乗率にすれば6割程度で、ギリギリ採算ラインか。

↑丘珠空港は直接ヒコーキの横に設置したトラック(階段)から乗り降りする。

↑入口には「銀河鉄道999」。これは夕張支線のポスター(夕張の鉄路にありがとう)でも使われたものだ。FDAでは2019年3月30日から静岡~北九州便が就航し、JA06FJ機はこれを宣伝する機体に選ばれたのだ。

↑機内の様子。ここにも「銀河鉄道999」と北九州市からの宣伝が。私はこのような事が結構多く、帰宅する他の交通機関でも偶然このような企画や関連する事に遭遇する事が多い。

★まとめ

夕張支線が廃止されてから2カ月が過ぎた。雪解けも進み今後本格的な撤去工事が進むだろう。北海道ではこの先もどんどん廃線が進む。2020年5月6日には札沼線非電化区間が廃止される予定で、やはりこれも必ず行きたい。本音はこれ以上「廃線」を見たくないが、北海道の現状からすると廃線は避けられない事態になっている。鉄道が生きている今のうちにたくさん乗って、たくさん見ておかないと。

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。