【最終列車発車1時間前の夕張駅と鹿ノ谷駅】石勝線夕張支線最終日物語⑲

広告
広告
広告


前回までの続きはこちらをクリック

広告
広告

【千歳線733系普通列車+特急スーパーとかちで札幌→新夕張へ送り込み】石勝線夕張支線最終日物語①

【3月30日の新夕張駅の様子を見る】石勝線夕張支線最終日物語②

【3月30日9267D新夕張→夕張/車窓写真撮りまくり!】石勝線夕張支線最終日物語③

【3月30日9268D夕張→新夕張/持参した”あるもの”が?】石勝線夕張支線最終日物語④

【3月30日9271D新夕張→南清水沢/正午前の新夕張駅に”特急無課金組”が大集合?!/南清水沢駅から見えてきた人間模様と幕を閉じる時】石勝線夕張支線最終日物語⑤

【夕張市拠点複合施設→夕鉄バス本社ターミナル前→夕張市図書室】石勝線夕張支線最終日物語⑥

【「閉店準備」が出来た鹿ノ谷駅】石勝線夕張支線最終日物語⑦

【3月30日/9274D鹿ノ谷→沼ノ沢】石勝線夕張支線最終日物語⑧

【3月30日9275D沼ノ沢→清水沢/幸せな駅夕張】石勝線夕張支線最終日物語⑨

【3月31日朝の夕張駅】石勝線夕張支線最終日物語⑩

【3月31日9266D夕張→新夕張】石勝線夕張支線最終日物語⑪

【3月31日朝の新夕張駅】石勝線夕張支線最終日物語⑫

【3月31日9267D新夕張→夕張/急きょルールを変更】石勝線夕張支線最終日物語⑬

【3月31日11時頃の夕張駅→鹿ノ谷駅へ】石勝線夕張支線最終日物語⑭

【3月31日の正午過ぎに夕張市役所付近を歩く】石勝線最終日物語⑮

【3月31日午後夕張駅でJR北海道主催お別れ式典】石勝線夕張支線最終日物語⑯

【3月31日最後の新夕張行きに乗車。9272D夕張→新夕張】石勝線夕張支線最終日物語⑰

【3月31日最後に新夕張から乗った列車9273D新夕張→夕張/ありがとう夕張支線弁当】石勝線夕張支線最終日物語⑱



【日時】2019年3月31日(日)18時~19時

【場所】夕張駅(Y25)から鹿ノ谷駅(Y24)にかけて

★最終列車発車1時間前の夕張駅

夕張駅へ向けて進む。とりあえずは夕張駅で最終列車19:28発9278D追分・苫小牧行き(この日に限り追分~苫小牧を室蘭本線経由で延長運転)を見るつもりであった。

↑コーンで仕切った通路が増設されていた。

↑駅舎に立ち寄る人は少ない。少なくても乗車希望者はここに居ない。

↑レースイリゾートの壁沿いは大行列。これこそが9278D乗車希望者なのだ。既に400人近くが並んでおり最後尾は温泉施設の手前(新夕張方ホームの端)まで延びていた。

↑ホームには警備員以外誰も居ない。このホームに旅客が入る事が出来るのも、19:05着の9277Dと19:28発の9278D利用者のみとなってしまった。「嵐の前の静けさ」と言ったらそこまであるが、最終列車を前に夕張駅全体が死期を悟っているような感じもした。「これがJR西日本であれば間違えなく”いい日旅たち”の曲が流れていても良い場面だよな」とも思った。これがJR九州ならば「浪漫鉄道」(社歌)か。三江線最終列車の時にはやはりこの曲が流れていた事を思い出した。JR北海道にはこれと言った曲もないので、特に曲が流れて最終列車を迎えるなんてやらない。

↑新夕張方の先頭のキハ40-1763が来る部分には、既にテレビ・新聞のカメラが集結していた。どうやらプレスエリアと一般人が自由に撮影できる場所と区分されているが、別に横に入った所でも文句を言われる事もないようだ。

そのまま夕張駅に留まっても良かったが、夕張支線で初めて下車したのは隣の鹿ノ谷駅。最後はここにも行って思い出を・・・と考えて徒歩で移動。

★最後は思い出の鹿ノ谷駅へ

↑人の気配が全くしない鹿ノ谷駅。

↑鹿ノ谷駅前の様子。止まっているクルマも少ない。

↑鹿ノ谷駅のベンチに座る。18:45だ。

↑鹿ノ谷駅に初めて来た時に撮影した駅舎。この時も同じベンチに座った。時刻表を見ながら次はどの駅からどの列車に乗るか考えていた。その時「ふ~人生とは何なのか」となんとなく思った。極端に深い考察ではなかったが、昼間であるにもかかわらず10分、15分と座って居たとしても誰も駅に近づく人がいなかった。普通ならばいても当然。外に出てみると人の姿さえ感じない。道道38号に出た。雨上がりだった。交通量も少ない。調べてみると鹿ノ谷駅周辺はかつて、高級住宅街だったと言う。炭鉱で栄えていた時代の事である。この時まさか鹿ノ谷駅が消えるとは思いもしなかった。そして今、鹿ノ谷駅が消える瞬間に立ち会っている。これ以上言葉が出なかった。

少しすると最終列車を出迎える地元の人が何人か現れて準備を開始する。同業者(鉄道ファン)が数人現れ撮影の準備を行う。JR北海道の背広氏も現れ安全に発車出来るようにやはり準備に入る。

↑スマホアプリ(Yahoo乗り換え)で時刻を確認すると、9277D夕張行き最終列車は19:02発であった。

↑明るく照らされたホーム。線路とホームは除雪されていても、それ以外の場所はまだまだ深い雪が残る姿は、暖かい場所から来た私に言わせると幻想的に見えた。このレールを走る列車は夕張行きの1本と新夕張行きの1本しかないのだと・・・。

Twitterの夕張支線に関する書き込み(ツイート)を見てみる。すると衝撃的な事が書いてあった。

「私たちが乗った新夕張18:36発の夕張行き最終列車は、のんびりしたものです。かなり空いています」

書いた人の名前を見ると「小倉沙耶」(鉄道ライター)とあった。他にも似たような書き込みが多数。途中駅を3分ほど遅れて発車しているが、それでも順調に夕張に向かっていた。それならば、乗らなきゃ!

続く

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。