【JR九州】最新のJR全線「営業係数」を大公開!

広告
広告
広告

アメブロ(Monolog24)で大人気の記事を新ブログ(KH8000ショー)に移行。本文中の営業係数は2013年現在の数字である。現在(2019年)と若干異なっている点はご了承願いたい。

広告
広告

★営業係数とは?

改めての説明である。運賃100円を稼ぐのに、いくらのコストが生じたか?を示す「数字」である。
数年前のデータだが、東海道新幹線の営業係数は53であった。
すなわち、100円の運賃を稼ぐために生じたコストは53円で、残りの47円は利益となる。
一方で、営業係数が100を超えると赤字を意味する。
国鉄時代は毎年公表されていたが、JRになってから一切公表されなくなった。
理由は赤字が多いと路線廃止を心配する意見が出やすい事、黒字だと設備投資が消極的な場合お客から「新車を入れろ」等の苦情を受けやすいからだ。

先日の『東洋経済オンライン』で、鉄道ジャーナリストの梅原淳氏が独自に試算した最新のJR全線の「営業係数」を公開。

「JR大赤字路線は100円稼ぐのに800円もかかる」(東洋経済オンライン)

↑記事の内容はこちらを参照されたい。
算出方法は、国土交通省鉄道局監修の「鉄道統計年報」に掲載されている各事業者の営業損益に関するデータを基にした。

★全体的に営業係数が悪化しているJR九州

JR九州の最大の課題は、「本業の鉄道事業を黒字化する事」である。
今年秋に株式上場を予定しており、同社全体としては過去最高の収益を更新し続けている。
しかし、収益の半分以上は鉄道事業以外の「副業」で稼いだもの。
鉄道事業は毎年150億円前後の赤字を計上しており、徹底的なコストカットを実施している。2018年3月のダイヤ改正では、不要な列車を徹底的に削減し現在(2019年)は多少営業係数が改善しているはずだ。

JR九州は博多~鹿児島中央で新幹線を営業するようになった。博多に同社の新幹線が乗り入れたメリットは極めて大きく、新八代以南でしか営業していなかった2008年と比較すると、営業係数が112円だったのが、今回(2013年)が91円と大幅向上している。
ところが、会社全体で見れば悪化している。2008年が102円だったのに対して今回(2013年)は109円。

ポイントになるのが、「JR九州の山陽線」。下関~門司の1駅だけだが直流電化となっており、小倉方面に直通するためには415系(写真)のような交直流電車が必要だ。
製造コストは極端に高い。1駅のためだけに交直流電車製造を躊躇っている。JR東日本で不要になった415系を中古として購入しているほどだ。
個人的には、交直流電車が買えないならば、BEC819系にすれば?とも思う。
もし、「JR九州の山陽線」のお客が多いならば交直流電車を導入したくなるだろうが、現実は甘くない。これがJR九州の現実を示している。
2008年は営業係数103円だったのに対し、今回(2013年)は同120円と大幅に悪化している。
こんな成績では、新車の導入は難しい。
営業係数が悪化する理由としては、少子高齢化で鉄道利用そのものが減少、高速バス等の他の交通機関にお客を奪われているためだ。とは言え後者と矛盾するかのように、平均通過数量は増えている路線が多い。

下記JR九州全線の「営業係数」を記す。
路線名の後に続く数字は、左側が1日1キロ当たりの平均通過数量(単位:人)、右側が営業係数(単位:円)となる。

指宿枕崎線・3,534人、231,5円
大村線・5,331人、150,7円
鹿児島線・33,905人、75,3円
香椎線・6,165人、182,4円
唐津線・2,393人、271,2円
吉都線・517人、416,2円
久大線・2,291人、227,5円
後藤寺線・1,354人、331,2円
篠栗線(福北ゆたか線)・21,170人、85,3円
佐世保線・6,866人、133,4円
山陽線(※)18,647人、120,4円
筑肥線・10,539人、146,6円
筑豊線(若松線・福北ゆたか線・原田線)・5,497人、148,5円
長崎線・14,531人、96,9円
日南線・797人、382円
日豊線・9,497人、115,1円
肥薩線・552人、378,7円
日田彦山線・1,429人、325,7円
豊肥線・3,439人、187,2円
三角線・1,634人、311,6円
宮崎空港線・1,636人、264,1円

JR九州在来線全線・10,159人、114,1円

九州新幹線・17,311人、91円

JR九州全線・11,068人、109,6円

※はJR九州管内のみ

2008年と比較すると、平均通過数量はほとんどの路線で向上している。お客を増やそうとするJR九州の営業努力もあるだろう。
一方で営業係数は悪化している。前述の事が影響しているからだろう。
営業係数が200円以上となっている路線も多く、ほとんどはローカル線。ここの数字を良くする事もポイントだ。
同社全体的に徹底的な合理化が進行しているが、サービスダウンになったら意味がない。お客が減る一方だ。

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。