【3月31日最後の新夕張行きに乗車。9272D夕張→新夕張】石勝線夕張支線最終日物語⑰

広告
広告
広告


前回までの続きはこちらをクリック

広告
広告

【千歳線733系普通列車+特急スーパーとかちで札幌→新夕張へ送り込み】石勝線夕張支線最終日物語①

【3月30日の新夕張駅の様子を見る】石勝線夕張支線最終日物語②

【3月30日9267D新夕張→夕張/車窓写真撮りまくり!】石勝線夕張支線最終日物語③

【3月30日9268D夕張→新夕張/持参した”あるもの”が?】石勝線夕張支線最終日物語④

【3月30日9271D新夕張→南清水沢/正午前の新夕張駅に”特急無課金組”が大集合?!/南清水沢駅から見えてきた人間模様と幕を閉じる時】石勝線夕張支線最終日物語⑤

【夕張市拠点複合施設→夕鉄バス本社ターミナル前→夕張市図書室】石勝線夕張支線最終日物語⑥

【「閉店準備」が出来た鹿ノ谷駅】石勝線夕張支線最終日物語⑦

【3月30日/9274D鹿ノ谷→沼ノ沢】石勝線夕張支線最終日物語⑧

【3月30日9275D沼ノ沢→清水沢/幸せな駅夕張】石勝線夕張支線最終日物語⑨

【3月31日朝の夕張駅】石勝線夕張支線最終日物語⑩

【3月31日9266D夕張→新夕張】石勝線夕張支線最終日物語⑪

【3月31日朝の新夕張駅】石勝線夕張支線最終日物語⑫

【3月31日9267D新夕張→夕張/急きょルールを変更】石勝線夕張支線最終日物語⑬

【3月31日11時頃の夕張駅→鹿ノ谷駅へ】石勝線夕張支線最終日物語⑭

【3月31日の正午過ぎに夕張市役所付近を歩く】石勝線最終日物語⑮

【3月31日午後夕張駅でJR北海道主催お別れ式典】石勝線夕張支線最終日物語⑯



【乗車日】2019年3月31日(日)

【列車番号】9272D(新夕張行き)

【時刻】夕張(Y25)14:35→新夕張(Y20)15:00

【車両】(前から)キハ40-1763(JR北海道標準色、これに乗車)+キハ40-1780(北海道の恵み道央編)+キハ40-354(日高本線色)

【備考】夕張駅で14時過ぎから挙行したJR北海道主催のお別れ式典対象列車

★「幸せの黄色いハンカチ」を振って感動して泣いた。夕張発の最後に乗った列車9272D

↑新夕張駅長の発車合図で14:35に夕張を発車。さすがにお別れ式典対象列車なので、お客は多い。ボックス席がある通路まで人がたくさん立っていて、1両全体では50人程度が立っている。それでも乗車希望者全員乗る事は出来たようだ。

鉄道廃止日(鉄道最終日)に、管轄する駅長による発車合図で列車が発車すると言うシーンは今までテレビ等で見たことがあるが、実際に当該列車に乗車するのは意外にも今回が初めてであった。今回は9272Dが式典対象列車である事は事前に分かっていたので、3月31日の予定はとりあえず9272Dには乗る事にして、それ以外は無計画としておいた。詳細の乗車・行動計画は前日(3月30日)に決めて夕張支線最終日を迎えた。

今までテレビの世界だった、最終日の式典対象列車に乗れるとは夢にも思わない事であった。実際に式典対象列車に乗る事が出来て、しかも普通に座れている・・・「思い出に残る列車」とか「思い出に残る過去の乗車列車」として出せば、将来的には夕張支線最終日の9272Dは、忘れられない思い出になるだろう。そんな事を思っているうちに体が震えて泣いていた。

↑前日に買った「お見送りセット」の中に入っていた、「幸せの黄色いハンカチ」。「幸せの黄色いハンカチ=夕張のシンボル」でもある。元々は夕張を舞台にした映画で使われたアイテムだったのだが、この日は夕張にとっても歴史的な1日である夕張支線の最終日。もう夕張市中心部に列車が通るのも今日で最後。最後のお見送りのために”必須アイテム”とか”合言葉”として、「幸せの黄色いハンカチ」を持って、通り去る夕張支線の列車に対して「幸せの黄色いハンカチ」を振る。

これが何だか気持ち良いものであった。何か「幸せ」になったような。何かスッキリしたような。

でも、沿線のみなさんから「幸せの黄色いハンカチ」を乗車している夕張支線の列車に対して振られると、「今日が最後なんだな・・・」と現実を痛感させられる。三江線の時もそうだったが、最終日の午前中は「今日が本当に最終日?」と思うほどの雰囲気で、「今日が最終日と言うのは何かの間違えで、実は明日以降もいつも通り運行するのでは?!」と思うほど。不思議な事に。「これが最後」とは全く感じなかった。

しかし、昼過ぎ頃からある事をキッカケに急に「残り○時間で全て終わってしまうか・・・」と感じるようになる。その時から普段以上に感受性が敏感になって、ちょっとした事で泣いてしまう。9272Dでは、本当に何も考えずにボーっと乗っていた。

清水沢(Y23)には14:49。やはり「幸せの黄色いハンカチ」を振る。

次は南清水沢(Y22)。14:51~14:53。最終日も多くの人が・・・。

その次は沼ノ沢(Y21)。14:58~15:00。同上。「同上」以外メモに残していなかった。

理由はどうであれ、鉄道がなくなるのは悲しい。単に施設の廃止だけではないのが鉄道の特徴。鉄道はいろんな人々の思い出や人生を運んできた。不採算だから廃止は仕方ないと思っているが、「採算」と言うお金の面での考え方がなければ、いつまでも走り続けてほしい・・・と言うのが本音。鉄道廃止と言う事を鉄道会社側が打ち出すと、必ず反対する人が出る。夕張市民も最初は多くの人が反対だったと思う。

しかし、夕張市の現状や夕張市が目指す将来像を照らした時に、夕張支線は「役目を終えた」と判断されるのが正直妥当な判断であった。バスの方がお客はたくさん乗るし、住宅地のど真ん中までバスは来るし、便数も多いし、札幌にも乗り換えなしで行けるし運賃や時間の面でも鉄道より有利。

廃止の妥当性はいくらでも出せるし、逆に反対を出す事もいくらでも出来る。鉄道が消えると言うのは、夕張市にとっても、運営側のJR北海道にとっても、そして何よりも夕張市のみなさんにとっても、「廃止したくない」と言うのが本音で、「重い決断」をしたのだと思う。

毎回廃止路線が出るたびに書く事だが、最終日にこんなにもたくさんの人が夕張支線(廃止路線)に乗車や撮影、手を振ってもらえると言うのは、幸せ者だ。近年では岩手県の岩泉線のように災害により不通になり、そのまま廃止になってしまう路線も少なくない。岩泉線では「さよなら運転」が実施されずに消えてしまった。でも、夕張支線ではちゃんとした「さよなら運転」を実施する事が出来た。本来ならば「さよなら運転」でもお客や地元の人は来ないだろう。不採算なのだから。でも「最後だから乗ろう(撮ろう)」と言う人が、地元はもちろん全国から多数来ている・・・本当に幸せな最後を迎える事が出来たと思う。それは今日で終わりになる夕張支線自身もそうだが、最終日に駆けつけてくれたみなさん全員が、「最後に乗れて・撮れて・来れて良かった」。それが最高の最後の幸せな向かい方だ。少なくても「ニコ動」等の生中継で、ネットやテレビを介して最後の様子を見るよりも断然現場で見る方が良い。今後鉄道路線が廃止される日には、出来る限り現場に行こうと思っている。

北海道では来年(2020年)以降も廃線が続く見込みで、既に5月6日には札沼線非電化(北海道医療大学~新十津川)が最終日となる。現時点(2019年5月)で、留萌本線や根室本線富良野~新得、日高本線鵡川~様似も廃止する方針だが、ちゃんとした「さよなら運転」が出来るのは、留萌本線と根室本線の富良野~東鹿越のみとなると思うと、心苦しい。各線の最終日には行きたいと思っているが、やはり夕張支線のような最終日物語が展開されるだろう。「消えたらそれで終わり」、「消える前にしっかりと行っておきたい」、「消える直前にもしっかり行って、楽しみたい」と私は思っている。それには涙はつきものなんだろうと思う。少なくても笑って最後を迎える事は出来ない。湿っぽい事は確かに嫌いだ。でも、鉄道の最終日はなんだか湿っぽい気分になってしまう。二度と復活する事がないと言う事がわかっているのだから・・・。

新夕張には少し遅れて15:05頃に着く。折り返しとなる15:30発9273D夕張行きに乗るため、一旦下車した。

続く。

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

1件の返信

  1. 忍者てつ丸 より:

    高千穂鉄道も水害により線路流出や土砂崩れで、そのまま廃線になりましたね。
    偶然にもその1ケ月前に乗りに行きましたので間に合ったと言うのかどうか、複雑な気持ちでした。
    確かにお別れができず、ある日突然さよならは悲しいものがあります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。