【3月31日午後夕張駅でJR北海道主催お別れ式典】石勝線夕張支線最終日物語⑯

広告
広告
広告

前回までの続きはこちらをクリック

広告
広告

【千歳線733系普通列車+特急スーパーとかちで札幌→新夕張へ送り込み】石勝線夕張支線最終日物語①

【3月30日の新夕張駅の様子を見る】石勝線夕張支線最終日物語②

【3月30日9267D新夕張→夕張/車窓写真撮りまくり!】石勝線夕張支線最終日物語③

【3月30日9268D夕張→新夕張/持参した”あるもの”が?】石勝線夕張支線最終日物語④

【3月30日9271D新夕張→南清水沢/正午前の新夕張駅に”特急無課金組”が大集合?!/南清水沢駅から見えてきた人間模様と幕を閉じる時】石勝線夕張支線最終日物語⑤

【夕張市拠点複合施設→夕鉄バス本社ターミナル前→夕張市図書室】石勝線夕張支線最終日物語⑥

【「閉店準備」が出来た鹿ノ谷駅】石勝線夕張支線最終日物語⑦

【3月30日/9274D鹿ノ谷→沼ノ沢】石勝線夕張支線最終日物語⑧

【3月30日9275D沼ノ沢→清水沢/幸せな駅夕張】石勝線夕張支線最終日物語⑨

【3月31日朝の夕張駅】石勝線夕張支線最終日物語⑩

【3月31日9266D夕張→新夕張】石勝線夕張支線最終日物語⑪

【3月31日朝の新夕張駅】石勝線夕張支線最終日物語⑫

【3月31日9267D新夕張→夕張/急きょルールを変更】石勝線夕張支線最終日物語⑬

【3月31日11時頃の夕張駅→鹿ノ谷駅へ】石勝線夕張支線最終日物語⑭

【3月31日の正午過ぎに夕張市役所付近を歩く】石勝線最終日物語⑮

【日時】2019年3月31日(日)13:00~14:35

【場所】夕張駅(Y25)

【状況】9272D(夕張14:35発の新夕張行き)発車前にJR北海道主催のお別れ式典を挙行。その現場を見る。

★鉄道路線最終日のラジオ番組はイレギュラーな事が起りやすい?

日曜日の13時になりradikoを起動。ここからはラジオを聴きながら行動する事になるが、右耳にBluetooth対応イヤホン(ワイヤレス)を付けて、左耳は周囲の様子が聴こえるようにしておく。

「爆笑問題の日曜サンデー」(日曜日13:00~17:00、TBSラジオ)を毎週聴くが、遠征中は基本的にはリアルタイムでは聴かず、タイムフリーで同日中に後程聞く事にしているが、この日はいつも通りリアルタイムで聴く事に。すると冒頭からありえない事が起きた!冒頭普段は爆笑問題(田中→太田の順番)の2人が挨拶するが、太田さんの所で・・・

謎の人:「太田光の友達の太田ぴかりです」

田中:「横山!コノヤロー!!」

私:「横山!来たぁー!!」

しかし、太田さんの声はどこからも聴こえて来ない。これは前日のテレビの生放送で、はしゃぎ過ぎて頭を強打。そのまま病院送りになってしまい、大事にはならなかったが念のためこの日は休演となった。偶然別の用事で東京に来ていた広島RCC中国放送の横山雄二アナウンサー(東京に来た時には時間が許す限り、日曜サンデーのスタジオに遊びに来るように太田さんから言われている)が急きょ代役として出演したのだ。

まさかの展開に感激するとともに、太田さんの状況も気になるが、大事にはなっていない事が番組内でも説明されて、ある意味普段よりも中味が濃い放送に。

2018年3月31日の三江線最終日、radikoで「日高晤郎ショー」を聴きだしたら、ナント日高晤郎が休演!35年続いた中で休演はたったの2回だけ(残り1回は同年2月3日。これも病気療養のため)。この時は「元気になってそう遠くないうちに戻って来る」と思ったが、その4日後に病気で亡くなるとは予想すらしなかった。鉄道路線最終日の人気のラジオ番組は、出演者の突発的な休演や”神回”的な特別企画を行う事が多いのかも?!しれない。普通に考えれば、誰かが意図してやったのではなく偶然そうなったに過ぎないのであろうが、ありえない事が起りやすいのもこの日の世間的な雰囲気なのかもしれない。

★JR北海道主催の「お別れ式典」を見る

↑13:10に撮影したホーム入口の様子。14:35発の9272D新夕張行きに乗車希望のお客は並ぶように案内されている。正直言ってビックリするほど少ない。これが三江線の時ならば乗車するためだけに3~4時間待つ事は当たり前。最大で6時間近く待ったとも。発車1時間前に並ぶものならば、乗車すら出来ない状況とは大きく異なる。それでも決して夕張駅周辺に関係者以外の人が少ないと言うわけではない。既に19:28発の最終列車9278Dに乗車希望する同業者(鉄道ファン)の一部が、ナント!指定された位置に並びだしていた!

私は最終列車はゆっくりと乗る事が出来ない事、最終列車は私のような遠くから来た人が乗るのではなく地元の人が乗るべきと考え、最初から乗るつもりもなかった。どこかの駅からささやかに見送る事が出来れば・・・と思っていた。

私は9272Dに乗るために、13:15頃には並びだす。先客は10人程度。JR北海道の背広氏等が誘導や案内をしており、「2列に並ぶように」言われる。それでも13:20の時点では長い列にならない。

NHKのカメラが正面にやってきた。夕張駅の出入口の真ん前に構えており、13:34着の9271Dから下車したお客の映像を撮影して、夕方ニュースの素材として使うのだろうか?それにしてもNHKは民放各局と比べるとかなり良い構図から、撮影出来ている。これもNHKならではのノウハウだろうか?

民放で比較的良い構図だったのがHTB(北海道テレビ)。言うまでもなく鉄道ファンで知られる依田英将アナウンサーが、カメラマンに「この構図から撮影した方が良い」と指示していたので、これは鉄道ファンならではの視点とか構図が活かされているのは、他局(NHKも含む)にはない強みだ。

9271Dは定時で到着。同時にヘリコプターも2機程度追いかける形で到着。テレビ局が空撮しているのは間違えない。すると約150人近いお客が下車。この列車では運賃精算をする人がやたら多く、全員が下車するまでに10分かかった。

暇だったのでスマホでTwitterのツイートを見ていると、「混雑するだろうから、汽車に乗るか?それとも単に見送るだけにするか?で迷っている」と出ていた。地元の人としては複雑だ。最後の最後だから乗るべき・・・と思うが、でも既に混雑している。混雑した状況で何が何でも乗るのは嫌と言う気持ちも十分わかる。三江線に比べれば確かに少ないが、普段の夕張支線の利用状況からすれば圧倒的に多い。「普段の夕張支線」ではないのだ。

13:50の時点で約200人が並ぶ。そのうちの90人は9271Dから折り返し乗車する同業者であった。その直後、背広氏から「ゆっくりと前にお進みください」と案内される。ホームの手前まで2列になって進む。一旦止まったが、特に長く待つ事はなく、そのまま乗車する事が出来た。13:55には車内に入っていた。

↑9272Dでは、先頭のキハ40-1763のホーム側の座席に座る。13:58の時点で通路側中心に空席があって、車掌が車内巡回して乗車券を販売している。

↑既に新夕張方の先頭部分では、式典の準備が出来ている。式典は14:10からレースイリゾート前の特設会場で挙行。島田社長等の関係者が挨拶を行い、その後ホームの式典会場へ移動。14:35に新夕張駅長の発車合図で9272Dが発車する流れだ。車内からは社長挨拶を聴く事は出来ない。車内からは完全に隠れた場所にあるためだ。

↑14:25頃に関係者が登場。島田社長以下偉い人が何にも並ぶ。夕張市のキャラクターや挨拶を述べる地元高校生の姿も。9272Dの運転士と車掌も運転席付近まで来て、高校生から花束をもらう。運転士と車掌が所定の位置に戻り発車準備を行う。14:35発車の時刻が来た。

↑新夕張駅長が9272Dの発車を認める発車合図を出す。車掌がドアを閉めて、車掌が電鈴(発車合図)を出せば、9272Dは発車させる事が出来る。駅長が発車合図を出してから少しして、9272Dは長い警笛を鳴らし、ゆっくりと夕張駅を離れた。

続く。

広告
広告
広告

KH8000

普段当たり前のように乗っている鉄道、バス、クルマは、意外と深い所まで知らない人が多いのではなかろうか? 例えば「何で大雨が降ると電車が止まってしまうのか?JRは簡単に止まるのに、私鉄が止まらない!その差は何か?」と素朴に感じるみなさんが知りたい”今話題のネタ”を、テレビ・新聞・SNSよりも詳しく、わかりやすく、深くしゃべり倒す!

おすすめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。